妊娠・出産・育児

もっと楽しんで育児をしたい!

レス7
お気に入り1

バナナ

子供

6ヶ月になる子供がいます。離乳食や後追いが始まり、だんだん大変になってきました。子供がいれば家も汚れるし、家事も思い通りにならないのは仕方ない、と頭の中では割り切っているのですが、もともと神経質な性格なのですぐイライラしてしまいます。日中一緒に遊んでいても疲れてくると「早く寝てくれないかな〜」なんて思ってしまったり、寝かしつけながらも「寝たらあれとあれをやらなきゃ」と考えてしまい、常に頭の中がいっぱいです。やろうとしていたことができないと目に付くたび気になってしまいます。子供はとてもいとおしく思いますし、子供にあたったりということは今のところありません。常に元気で笑顔のママでいたいと思うのに、こんな自分の神経質な性格が嫌でたまりません。もっとおおらかに、楽しく育児が出来ればいいのに・・。子育て中の先輩方、何かアドバイスをお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 逆説的に考えましょうよ。

    私も一人目はそうでした。
    子育てでおわれて子どもがいる生活になかなかスムーズにシフトできないんですよね
    子どもがいるのにいない時と同じように家事をこなそうと考えていたんですね。
    部屋の片づけ、洗濯、常に清潔で料理も凝ったものを作りたい・・・。
    へとへとでしたよ。

    別トピックでどなたかが書かれていましたが育児はある種の諦観が必要とのこと。全く同感です。

    トピ主さんは自分の子どもが健康で順調に発達して当たり前、と目の前の幸福に気が付いていないから
    余計に高いところを見てしまうのではないかと思います。
    私が思うに極端なことを考えるといいんじゃないかと。例えば
    「我が子がずうっと寝たきりの動けない子だったら思うように家事が片づいてどんなに楽だろう。」
    とは思わないですよね。
    我が子が健康で活発なことを、順調に発育しているからこそ部屋が散らかることを感謝しませんか?

    ユーザーID:

  • その感情懐かしいです

    私はその昔、「このまま君達とずっと遊んでいたいよ〜」と子供達の前でマジ泣きしたことがあります。
    子供って楽しい事は絶対に自分からはやめようとしないし、「もう一回!一回!」ってなっちゃうんですよね。だから必ず私から「もうおしまい!」と言わなきゃいけなくなっちゃう。
    この後の晩御飯作りやお風呂、全部誰かやってくれればいいのに〜と本気で思いました。
    でもママでもあって主婦でもあって、やるべき事はやらないといけなくて(涙・涙)

    とりあえず、やる優先順位を決めましょう。
    どうしてもやらないといけないものだけを優先させて、あとは時間のある時やパパに頼れる時にやる。
    当面は0歳さんと一緒なんだから、お子さんに関係する事だけを一生懸命やったらいいと思います。
    あと、どうしても気になる事は、毎日午前中のうちに
    済ませてしまうのがいいと思いますよ。
    毎日の習慣にしてしまえば、そんなに苦にならず終わらせてしまえます。
    ハイハイにつかまり立ち、歩き出すのも楽しみですね。あまり小さな事にとらわれずにおおらかな気持ちで頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 旦那さんは?

    私の持論で恐縮ですが、家庭内で母親が楽しんで育児をするのは、夫の協力と理解が不可欠だと考えてます。

    夫が大きな子供にならないこと。
    夫が積極的に子育てに参加すること。
    夫が妻に一人になれる時間を提供すること。

    子育てで悩んでる方(私も含め)のご相談を見かけるたびに、旦那さんは何をしてるのかなーと思います。

    初めてのお子さんで神経質になる気持ちもよく判りますが、まずはあなたが余裕を持つためには、旦那さんの協力がなにより一番必要だと思います。

    旦那さんはどんな風に育児に参加されてますか?
    家の中が多少ちらかったり、汚れたり、食事の準備に手を抜いてもOKな方ですか?

    ユーザーID:

  • 分かりますよ

    私も一人目のときはとぴ主さんのように、
    常に何かに追われてる感じで焦ってました。
    やることがあるから、寝てほしいがために、
    寝かしつけにやっきになって、寝ない子に
    イライラしたり。
    今二人目(1歳)と一緒に家にいますが、
    すごく楽しいんですよね。
    「適当にしていい」ところと「適当にしてはいけない」ところが、分かったからだと思います。
    「適当」というのは悪い意味でなく、要所要所を
    押さえておくということ。
    掃除も普段はクイックルワイパーだったし、食事も
    大人の分は多少手抜き、離乳食だってまとめて作って
    冷凍は当たり前。
    だっこしながら食事の支度とかしてます。危なくて
    だっこしてあげられない時は多少泣いても、「ごめんね〜」と言いながらやっちゃってるし。
    「適当にしてはいけない」のは、危険なものを子ども
    から遠ざけるのと、子ども自身を不潔にしないこと、
    あとはたっぷりのスキンシップ。
    こんな風にいい意味で力の抜けた楽しい育児を、
    一人目のときからやりたかったと悔やんでます。
    あと適度に力が抜けているほうが、意外と効率よく
    家事がこなせたりしますよ。
    気持ちに余裕があるせいかな。

    ユーザーID:

  • 適当に手抜き

    5歳双子(2卵性男女)の父親です。乳児の子育て大変かと思います、ご苦労様です。もう本当に毎日戦場真っ只中という感じかと思います。でも成長してくると、また違った大変さが出てくるので、やはり適度に息抜きといおうか、手抜きが必要です。
    初めてのお子さんのお母様ですから当然神経質にもなります。「ミルクは熱すぎないかしら」「口に入りそうな物は落ちてない?」時には「この子、息しているかしら」なんて事も。旦那様に協力していただくと同時に、手を抜ける事は徹底して抜きましょう。お子さんはお母さんの鏡です。イライラや不機嫌は敏感に伝わります。健全な精神状態を保つ為なら何でもOKです。
    お母さんがご機嫌〜子供もご機嫌〜可愛さ倍増〜育児が楽しい〜の連鎖を作って下さい。これからどんどん可愛くなります。楽しむ為にも無理をせず手抜きしてください。御参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 私も同じく

    現在6ヶ月の男の子を子育て中です。
    トピ主さんと同じように離乳食が進んでいくことや自我が出始めいろんな感情を見せたり、お料理をしてる時に泣いて思うように料理が進まなかったり、、『ふぅ大変だな』と思うことは多々あります。
    でも目が合うだけでニコっと笑う我が子を見れば、ふぅと思っていた気持ちも一気に吹き飛びます。

    恥ずかしながら私は最初から完璧にこなせるなんて思ってなかったし、旦那も子育てを頑張ってるだけで十分という考えの持ち主。週末は平日私が出来なかった掃除を手伝ってくたりと、私自身この環境を旦那が作ってくれたお陰で子育てをとても楽しむ事が出来ています。

    いろいろキチンとやろうとすると子供と向き合う時間は少ないです。たまには出前になったりお弁当を買ってきてもらったりしてもいいと思います。お部屋もお客さんが来る時くらい綺麗にしておけばいいと思うし、普段は最低限の清潔が保たれていれば十分と私は考えています。

    今しかない可愛さを楽しまなくてはもったいないですヨ。お子さんもせかせかしているママよりゆとりのあるママの方が嬉しいんじゃないかなぁ?

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    みなさん、たくさんのアドバイスありがとうございます。みんな同じような思いをして子育てされたんだな〜、と思ったら気持ちが軽くなりました。

    私の主人は「子供の世話以外は手抜きでいい」といってくれます。ご飯が作れなかったら「帰りに買っていくよ」とまで言ってくれます。どうしてせっかくそう言ってくれる主人にもっと甘えられなかったのかと後悔しました。

    ただ自分の完璧主義な性格を優先して周りの大切なものが見えてなかったんだなぁ、と反省しました。

    子供の今の成長は今しか見れませんものね。その日のうちに家事が終わらなくても死にやしないですし(笑)また行き詰ったら皆さんのアドバイスを思い出しつつ頑張りたいと思います。ありがとうございました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧