教育熱心な父親に困っています!!

レス29
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ブルマ

高校2年生の息子がいますが、主人は息子の顔を見ると勉強の話しかしません。帰宅して息子の姿を見るなり塾や成績の話です。食事中もです。。。
せめて食事中だけでも「勉強」の話はしないでと頼んでも受け入れてくれません。 最近では、息子は主人の顔を見たくないと言う有り様です。
こんな状態で、お恥ずかしい限りです。
主人いわく叱咤激励しないと子供はすぐ怠けると言うのです。 私は逆効果なので「見守り」たいのですが?!私の考えは、甘いでしょうか??
こんな状態で息子がぐれないか心配です。実際に、高校生のお子さんがいる親御さんからアドバイスを貰えると嬉しいのでよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 言えば済むって考えてる人多いわな

    仕事でもありますね。
    やたら叱咤激励する営業部長。
    それで下の者は皆優秀な営業マンなのかというと・・・?
    昼間の喫茶店や公園で暇を潰しているスーツを着ている人間の多いこと!

    さて、そんな営業マンが会社で上司にまた怒鳴られる。
    次の日に、やる気満々に変わった営業マンが颯爽と会社を飛び出していく様子が見られるでしょうか?

    別にトピ主さんの息子さんにやる気が無いといっているのではないですけど、ご主人の行動に効果があるかどうかは疑問だな。

    そういう部分をもう一度話し合ってみたら?

    ユーザーID:

  • うちは義父母が教育熱心です。

    高校1年生、中学1年生の子どもがいます。
    義父母と同居しています。
    高校生の子どもが、中学校に入った時から義父母(とくに義父)が子どもの進路、勉強、テストの結果に敏感になり
    成績があまりよくないと、食事中でも子どもを叱り、
    「親が勉強見てやらないといかん」といっていました。

    家庭教師の申し込み所も義父母がもらってきて、「費用は出すから家庭教師つけなさい」と自分たちで決めていました。 高校も子どもが第一希望が無理なので第二希望にかえるととても機嫌悪くし、せっかく子どもが気に入っている家庭教師の先生を辞めさせて、塾に切り替えるよう言って来ました。(ちなみに第2希望は合格)

    ただ、高校入学して、塾も通って成績が上向いてくると子どもの頑張りに対して、義父母が褒めるようになりました。 今は勉強のこと言われなくなっているので子どももほっとしています。 それと、たまに勉強の話題になると子どものほうから、違う話題に変えています。
    トピ主さんのご主人なにか趣味はないのですか?
    すきなテレビ番組とかあれば、そちらのほうに話が変えれるのに・・・

    ユーザーID:

  • ご主人に仕事の話を

    家にいる間中、話してはどうでしょうか。息子さんノイローゼになりますよ。。

    ユーザーID:

  • あなたも仕事の話をしてみる

    子供に勉強の話をするのなら、あなたがご主人に仕事の話を聞いてみれば如何ですか?
    息子さんもお父さんの仕事の話をどんどん聞いてみればいいのに、と思いました。
    一方通行になるから、嫌になるのでは?

    ユーザーID:

  • 子供の立場でした

     家では、小学生のころから成績とか学力に大変興味のある親に育てられました。遊びにもなかなかいかれないような塾の日程を組まれ、その塾の先生も、自分が暇だと自宅に電話をかけてきて、来るようにいうのです。遊びの予定は後回しで、ずいぶん親を恨んだものです。塾の先生のことも大嫌いです。

     しかし、その結果どうなったかと言うと、基礎学力だけはかろうじて身についたなと。これがあるとないとでは今後の人生にものすごく影響します。高校三年生のとき、成績が悪くて大学にいかれませんでしたが、社会人13年目に一念発起して中堅どころの大学の電気科にはいり、曲がりなりにも卒業できたのは、親からの尻叩きの成果です。
     夜学だったので、学生も多士済済でしたが、分数の割り算ができない社会人もいました。その人は、やっぱり4年で卒業は無理でした。

     教育熱心、大いに結構だとわたしは思います。

    ユーザーID:

  • 貴女が2つの方向でフォローを

    父にも母にも言われたら息子さんは息が詰まると思うので、夫がうるさく言うなら貴女は言うのを少し控えてあげればと思います。少しは逃げ道を作らないと。

    しかし父に関するフォローも忘れずに。「オヤジはうるさ過ぎる」という息子に迎合して貴女も夫を非難すれば、息子は父を憎むだけでしょう。
    「あんなにうるさく言われれば貴方も辛いかも」と息子に一定の同情を示しつつも「でもお父さんは本当に貴方のことを思って言っているの。そのことだけは理解してあげてね。」という話もするようにするといいでしょう。「お父さんは貴方がにくいからでなく、貴方を愛し心配してるからあんなにうるさく言うの。お父さんが一生懸命に働くのも貴方のためなのよ。あんまりお父さんにうるさく言われないためにも、貴方のためにもなるんだしさっさと勉強してしまいましょう」

    ユーザーID:

  • (父の能力+母の能力)÷2でいいよ、と。

    そのお子さんは一人っこさんでしょうか?一人っ子さんの場合、生まれた時から身近にライバルが居ない状態が長かったでしょうから、ある程度励まされたり脅かされたりしないと、お尻に火が付かないお子さんも多いと聞きます。きょうだいがいて、他の子は受験生でもないし怠けていても許されるのに、ある子だけが「勉強しろ」と言われている状況下で子供は親に反発したりグレたりする可能性が高いと思います。また、上の子より下の負けず嫌いの子が我こそは!と奮起するとすごい力がアップするケースも多いですよね。
    さて、お食事中お父様がうるさく勉強のお話をしたら、「あ〜ムリムリ。いくら頑張ったって、お父さんとお母さん2人の実力を足して2で割ったくらいでいいんだから〜」と曖昧なハードルを提示してあげてみてはいかがでしょうか?それもそうだ、と妙に納得することでプレッシャーが解けるでしょうし、あるいは「物足りないなぁ、ボクの力はもっと上だぞ」くらい感じてくれれば成功でしょうしね。

    ユーザーID:

  • 「休息コーナー」はありますか?

    学校では、教師に「勉強しろ」と言われて、
    塾では、講師に「勉強しろ」と言われて、
    家では、父親に「勉強しろ」と言われて…

    「勉強だけが人生じゃない。たまには息抜きも必要だ」
    と言ってくれる人は、息子さんの傍にいないのですか?

    母親が「教育熱心」の場合は、
    父親の帰宅と共に、「そんなの後でいいから、俺のメシ!」などと、
    母親の攻撃の矛先が交わされる事が多く、子どもは息を吐く事ができました。

    しかし、父親が「教育熱心」の場合は、
    「お父さんが帰ってくるまでに、コレを済ませなさい」と、母親に急き立てられ、
    父親が帰宅した時から、子どもは拘束状態になってしまいます。

    父親が変えられないのなら、母親が変わってあげましょう。
    「お父さんが帰ってくるのは8時だから、それまでは自由時間ね」
    「今日のテストの結果で、お父さんはガミガミ怒るかもしれないけれど、お母さんは、あなたが頑張ったって事は、よく分かっているからね」

    「あなたのテストの点数が何点であっても、あなたは、私の大切な子どもだから」
    という当たり前のことを、当たり前に示してあげましょう。

    ユーザーID:

  • お父さんは会社員?

    会社員なら、毎日夕食時にこう言いましょう。

    来年は部長?再来年は常務?5年後ぐらいには
    社長になってるよね?
    10年後には年収10億円ぐらい稼げるよね?

    ユーザーID:

  • それは心配ですね

    わたしの父が弟の顔を見るたびにそんな感じだったので
    弟が就職し独り立ちした頃にはほぼ絶縁状態になって
    しまいました。今もその状態はあまり変わっていません。
    父もようやく気づいたのか、今では後悔している様子ですが、何が悪かったのかは理解していない様子です。

    なかなか日本の家庭では実現しにくいことですけど、
    たまには家族会議を開いて個々の意見をぶつけ合うのは
    大事だと思いますよ。

    本音をぶつけ合えないから、相手が何を考えているかわからないから、相手を傷つけてもわからないんだと思います。

    ユーザーID:

  • 高3の母親ですが

    大学受験期の我が家でもありえない話です。そんなことをしても、マイナスの影響しかないのでは?食事中にまで勉強の話はしません。夫も勿論そうです。人が豊かに生きることにおいて、おいしくしっかり食べて、ぐっすり寝るのは基本です。

    お父さん、考え違いをされていると思います。人間の集中力というのは、長時間継続しません。授業中や塾など集中している時間以外の場所では、いかに上手に力を抜くかという「メリハリ」が大事だと思いますよ。

    力を抜く場所では抜くからこそ、本当に集中せねばならない場面での注意集中力が増すというのは、ストレス学では常識です。

    強烈な夫婦喧嘩をしてでも、やめさせたらどうでしょう。グレるで済まず、もっと深刻な話も無縁ではないように感じます。それくらい思春期の子どもは敏感ですよ。

    お子さんがかわいそうです。叱咤激励しているつもりでしょうが、かなり追いつめていると思います。お子さんを心身症にすることがお望みでしょうか。トピ主さん、体を張ってでも守ってあげてください。

    ユーザーID:

  • ご主人のいないところでフォロー

    「お父さんは、子供の成績だけが生きがい」
    「お母さんにもどうにもできない」
    「うっとおしいオッサンやと思うけど、我慢してつきあったって」

    こんな感じで面白おかしくしてしまったらどうでしょうか?息子さんの逃げ道を作ってあげて、仕方ないとあきらめさせたら少しは余裕ができるんじゃないかな。

    ユーザーID:

  • いつ休息すればいいというのか

    人間は起きている時間ずっとフル回転というわけにはいきません。身体だけでなく、精神もです。メリハリを付けて、どこかで息を抜かないと破綻します。学校の休み時間にはそういう意味もあるわけです。食事中なんて問題外です。おいしくないし、消化にもよくない。結果として脳にちゃんと栄養がいきませんよ。

    いまほどお受験が盛んでなかった、わたしが中学生のころ。クラスで隣に座っていた男子生徒の母親は、すさまじい教育ママゴンでした(保護者会で顔を合わせた母=有名私立校教師 が辟易したくらい)。大人しい子でしたが、高校受験まで半年を切ったころ、どんどんエキセントリックになり、ついに10日ほど入院してしまいました。自宅で親に追いつめられたせいだそうです。無事私立に合格した直後、教室で泣き崩れ、喜びの涙でないのが一目瞭然だったので、痛々しくてみんな何て声をかけていいのかわかりませんでした。
    いま手にはいるかわかりませんが、城山三郎『素直な戦士たち』という本をぜひお読みになってください。最近やはり親に勉強を強いられた子が家族を殺した事件がありましたが、三十年近く前に、すでにこんな本があったのです。

    ユーザーID:

  • 一言

     「事件にならないよう、子供の立場も尊重して。」と母親が父親に釘を刺しておきましょう。

     少なくとも子供が息抜きを出来る場所、時間を母親は身を張って作ってあげましょう。 世の中の尺度は一つだけではないのだと言うことも同時に子供には伝えておくべきだと思います。

     私の育った環境も似たようなものでした。後になりもっとずっと穏やかで楽しい家庭に育った友達もいるということを知り、うらやましかったです。 親と過ごす時間は人生の最初から4分の1。 楽しい思い出も必要です。

     

    ユーザーID:

  • 満足感ない

    だんなさんのように子供に「勉強しろ」と叱咤激励した時期もありました。

    で、子供もうるさいからしぶしぶながら机に向かいますね。そういう姿を見ても自分としてはまったく満足感ないんです。「やっぱり言わないとやらない子なんだ」とか「机に向かったってやってるんだかやってないんだか…」とか。立てば這え、這えば歩けの親心、ですがそれの微笑ましくないほうの気持ち。

    ふと、そう思ってみるとガミガミ言ってるのって子供のためでなく親自身が安心したいからだと気づくんです。ガミガミ言うよりも子供の目標を聞いたらそこへ近づく道を具体的に話し合い現状と照らし合わせて対策を練ったほうが良かったなぁ、といまさらながら思います。そうできるのはやはりガミガミのない話しやすい親じゃないと無理ですね。

    ユーザーID:

  • 奥様に一票!

    そりゃぁ、嫌ですね!
    トピ主さんのやり方の方が成績は、伸びますよ。
    私の周りだと有名大学に通ってるお子さんの
    親御さんの殆どが「勉強しろ!」と言わない人です。
    それは、学校や塾で耳タコの筈なので
    任せて置いた方が楽ですよ〜。
    その代わり言い方を変えて
    「しといた方が後が楽だし、自分の為になる」と
    教えてました。子供は、それだけで解るみたいです。

    ウチは、息子自身が勉強の話しかしなかったので
    家族中で逃げていました。
    出前やテイクアウトは良いけど
    外食は、息子に「時間が勿体無い!」と
    言われるので行けなかったですし・・・。
    親が言わないから、やるのか?
    息子がやるから、言わないのか?
    よく判りませんが、言われてやる子って
    少ないですし、例え言われてやったとしても
    天井が低いので伸び悩む気がします。

    親が言わないと何処までやったら良いのか
    判らないから、止める迄、やります。
    止めても隠れてやります。

    ユーザーID:

  • 自己満足ですね

    言わなければ何もしない。そういう子は、結局何のために勉強しているかわからなくなり、勉強から逃げるようになるでしょう。

    もしかしてだんなさん仕事うまくいっていないんじゃありませんか?そこからの逃避で子供に強く当たるとか。

    今は、昔のように情報がない時代じゃありません。ましては親の世代も勉強をしなくてすむ時代でもありません。

    自分が効率よく勉強することも考えなくてはいけない時代なんですよね。親が自分から進んで勉強や努力をしている姿を見せるのが一番だと思いますね。

    子供が変な風にならないとは限らないので、よく観察しましょう。親から子供が逃げているようでは、親子関係自体がおかしくなるかも。

    ユーザーID:

  • コンプレックス

    そういう父親ってよくいますよ。本人に学歴コンプレックス(一流校出身でないなど)がある人に多いようです。お子さんがかわいそうです。とんびが鷹を生むわけ無いんですから。「子どものことばかりでなく、自分のことも考えたら?」といってやりましょう。

    ユーザーID:

  • 勉強以外の話ができなくなるよ

    勉強の話しかできないと、勉強が終わる大人になると話すことがなくなりますよ。

    私がそうでした。
    結局勉強を叱咤激励している自分に満足しているような人でした。
    だから、別に人生の相談をしたところで、子供側からしたら全くお粗末なものだったし。

    自分の好きな料理、自分の好く行くお店、嫌な上司とのやり取りや、お得意様に大口受注を入れられたこと、話すことなんていろいろあるのに、どうして一番信用されない話題を選ぶんだろう。

    ユーザーID:

  • 鬼と仏

     ご主人が、どうしても今のペースを変えてくれないのであれば、少し考え方を変えてみませんか?子供にとって親は二人居るのですから、鬼と仏になりましょう。お子さんの逃げ場があれば、大丈夫。トピ主さんは、仏の役割を果たしてください。ご主人に強く変化を求めると、喧嘩になるでしょうし、「まあいいや」と良い意味で諦めてください。そして、時には、鬼が良い効果を発揮することもあります。

    ユーザーID:

  • やじろべえさんの言うとおりだな。

    やじろべえさんの言葉、そのまま伝えてみては?
    あんたのその方法で勉強するようになると思う?
    って感じですね。
    ご主人、管理職向いてないなぁ。

    私ならイライラして、効果的に人を動かす方法を学ぶいい機会なんじゃない?って嫌味を言っちゃう。
    (コレもダメですよ!!)
    あなたなら、もっと効率的に勉強に向かわせる方法を思いつくんじゃないかしら!すっごく期待してるわ〜、よろしくー、ぐらいで。

    ユーザーID:

  • ほどほどが大事かなぁ

    わたしは母親ですが,多分よそより教育熱心な方です。父親も。
    でも2人とも「勉強しろしろ」とは言いません。
    ガミガミ塾に行けとは言わないし,成績についてとやかくも言いません。
    その代わりわからないところは徹底的に見てやります。父親はテスト勉強の仕方を教えてやってます。
    例え塾に行っても,塾任せにしておくことは2人とも性格的にできないと思います。
    おそらくご主人とは違うタイプの「教育熱心」で,
    自主性に任せて見守るべきという考えの方から見ると「過保護」な親だろうと思います。
    親殺しの事件があると
    「わたしのこと殺さないでよ!!」
    と言っておきます。

    「教育熱心」とは何でしょう?
    ガミガミ言いさえすれば伸びるわけでもないだろうし,
    だからといって自主性に任せて見守るだけでもまたダメなんだと思うんですよね。
    叱咤激励もある程度は必要です。ある程度はね。
    でも叱咤激励が効果的なのは,本人にやる気がある場合だと思います。
    ほどほどが大事なんじゃないかなぁ・・・。
    夫婦のどちらかが叱咤激励型で言っても変えるつもりがないなら,もう片方がバランスを取ってやるしかないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • ご主人は、「教育熱心」というより単なる「受験教育熱心」

    な気がします。

    ご主人は、「学歴コンプレックス」を抱えているのでしょうか?
    現状が不遇であって、それを学歴のせいと考えているとか。そして、ある種ストレスの発散に子供にあたっているとか。
    外れていたら御免なさい。

    ただ、「学歴コンプレックス」のある親が、子供に高学歴を求めたときというのは、質が悪い。
    己が碌に勉強したこと無いものだから、加減やメリハリを知らないんだよね・・・

    ユーザーID:

  • 教育熱心?

    失礼ですけど教育熱心とは違うと思いますよ。
    単なるパワハラです。

    本当に熱心なら、自ら子供のためになる接し方を学ぶでしょ。
    単なる自己満親父ですよ。

    ユーザーID:

  • 言ってやりたい。

    「あなたが叱咤激励すれば、勉強する気になると本気で思っているの? あの子にだって感情はあるのよ。殴るだけが暴力じゃないんだからね」

    と言ってやりたいものです、ご主人に。

    ユーザーID:

  • そんなに熱心なら

    日曜(土曜)参観・学級懇談・学期末の個人懇談に出てもらったら?お父さんが出てこられる家庭もクラスに2〜3人はいます。先生も熱心な保護者を前にプレッシャーのかけ過ぎでつぶれた子のお話などしてくれます。

    義両親さまはどうですか?遊びに来て貰って食事の雰囲気を感じてもらえば 息子(父)にお小言を言ってくれないかしら。「自分のことは棚に上げて・・・」といやみの一つも言ってくれたらいいのですが。でも同じタイプの親だと避けましょう。

    塾の日だけでも食事は別時間にできませんか?これから高3になると週3〜4日塾で帰りも10時過ぎるのでは?塾の勉強室を利用しても出来るので お子さんがお父さんをウザく思うと自分で逃げると思います。我が家では小さい兄弟がいるのでやかましいという理由で「塾の学習室」で勉強して帰っています。

    ユーザーID:

  • ご夫婦揃って空回りかと

    トピ主さんの「見守る」って具体的にはどうするのでしょうか?
    ご主人が教育熱心、結構ではないですか。ただし、何をして教育熱心と言うかです。

    なんとなく、ご夫婦揃って「言葉の本当の意味をわかっていない」という感じがします。

    単に勉強しろ、よい成績をとれと言われても、それが自分の将来にどう結びつくか、
    それをサボった場合、どのような不都合が自分に起こりうるか?
    たった17年しか
    人生経験のない子供に想像できるわけがありません。

    お父さんが今あるのは、昔勉強頑張ったからと、自分の経験談にからめて話すとか、
    お母さんは今、専業主婦だけど、それでも基礎学力は何かを考えるときの土台として
    必要とか、具体的に「勉学の必要性」を教えましょう。

    トピ主さんご夫婦が、まず「子供に人生の先輩として意見出来る自分」になりましょうよ。

    私の母は、80歳に近いですが、今でも常に手の届く範囲に国語辞典を置いています。
    知らない言葉など、すぐに調べてメモしています。「書いても忘れるけどね」と、笑っていますが、小さな頃からそんな母の背を見て育った私は、
    やはり同じですよ。「学ぶ癖」が付いています。

    ユーザーID:

  • 子の性格による

    子どもにも性格があるので一概にくくる方が無理です。

    我が家の場合。
    長女=負けん気の強い性格。長男=一度凹むと自分で立ち直るまで誰が何を言ってもダメ。次女=おっとりマイペースで他人を気にしない。

    私は長女で、私にはものすごく叱咤激励する父が、弟には叱らないし、妹には関知せずといった態度をするのが疑問で仕方ありませんでした。

    大きくなって言われたのが、
    「おまえは、叱れば「くっそ〜!!!」と泣きながらでも勉強するし、次回「これ見てみろ!」と良い成績を突きつけてくる。でも(長男)は褒められればちょっとずつ頑張るけど、落ち込んだ時に叱っても「やっぱり僕は・・・」と悪循環。だから逆に褒める。(次女)は何を言っても気にしないから言うだけ無駄。他人と比べても意味がないから、本人が困った時に聞いて言ってあげるだけなんだよ。」でした。

    さっすが〜!我が父、子どもをよく見てる!と思いました。
    だんなさんに、「子どもの性格を見てあげて」と言ってみれば、何か変わってくるかも知れません。

    ユーザーID:

  • ご主人新聞読まないんですか?

    最近判決がでた、母子が死んで父と男子高校生だけが残った、哀しい事件がありましたよね。あの事件の新聞切り抜きでも見せながら、
    「あなたも、自分の息子をここまで追いつめたいの?」
    と言ってさしあげたら?「オレは違う」と言ったら「いいえ全く同じです」と。

    男って、本当に想像力がなくていけませんね。もし自分が、逆の立場でオヤジにぎゃんぎゃん言われて勉強する気になるかどうか、ちょっと考えりゃーすぐわかるでしょうに。

    息子さんに勉強する気を持たせるにはまず、父親による無用の干渉を排除すべきでしょう。でないと、勉強すること=父親の理不尽な圧力に屈すること、となってしまって、本当は勉強する気があっても、父の言うことをきくのはイヤだから勉強しない、という事態にもなりかねませんよ。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧