友達とどう話したらよいか、わからない

レス13
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ぎんねこ

現在、中学三年生の娘ですが、おとといの晩、悩みを打ち明けられました。学校の友達とどう話したらよいか、わからない、と言うのです。小さい時から、言葉が遅れていて、お友達と上手におしゃべりができない子でしたが、クラスの人達などにどういうことを話していったらよいか、わからない、しゃべれない、と言うのです。自分の興味の赴くまま、気軽におしゃべりすればよいのよ、と言ったものの、私も深く考えてしまいました。

確かに娘は、能弁でも雄弁でもありませんが、心にも無いことを言ったり、人を陥れることをする子ではありません。父親にも母親の私とも、家ではよく会話します。他人と会話が出来ないということは、私自身、考えられないことなのですが、同じように学校の人たちとどう話していったらいいか、わからない、と言う悩みをお持ちの方、どういうことなのか、教えていただけないでしょうか。娘は運動部に三年間所属していて、クラスには三人組の友達がいます。
話下手と取れば良いのでしょうか。どうやったら、この悩みを乗り越えられるでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おしゃべりなだけが良いわけじゃ・・

    3人組みでお友達がいらっしゃるのですね。
    次から次にお話する子、黙って聞いてるけど笑ってる子など、いろいろなタイプの子がいて良いと思います。

    どうしても興味あることが違ったりしたって、友達なら
    「○○ちゃんはこういう子だから」とわかっているのでは?と思います。
    みんなそれぞれに個性がありますよね。

    どう話してよいかわからないときは
    お友達の話をよく聞いてあげるだけでも、全然違うと思います。
    うなずいたり笑ったり、時には質問してみたり。
    「自分から何か話さなきゃ!」と気負わなくても良いと思います。

    的外れなレスでしたらごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 友達との会話

    中学三年生ですか?私の孫くらい。

    別に心配なさる事はありません。今時のキャピキャピしゃべる事の多い同級生の中で、お嬢さんが戸惑われるのは無理も無いことですし、気軽にしゃべれる子供と、そうでない子供と、色々ですよ。

    全く心配は要りません。意識してしゃべってもご本人には苦痛でしょう。
    もっともっと本を読んで、お嬢さんが語彙を沢山身に付けられ、成長なさったら、人との会話は自然に出て参ります。家で普通に会話なさってるのですから、ご心配には及びません。

    ユーザーID:

  • 過保護すぎ

    思春期に悩みはつきものです。誰にだって、小さな悩みから大きな悩みまで沢山ある時期ですよ。それを乗り越えて、次の悩みが出てきたらまた答えを探して自分で乗り越える・・・その連続です。

    親が「どうやったら、この悩みを乗り越えられるでしょうか」とここで質問するという事は、適当な答えが見つかったら、お子さんに「こうしろ、ああしろ」ともう中学三年生にもなっているのに、指図するのですか?言葉が遅かったといってもお友達もいれば、運動部にも所属しているんですよね?出しゃばって、子の自主性を奪い取るようでは、この先何一つ自分で解決していけない人間が出来上がりますよ。

    私だって同じ悩みを思春期に持ちましたが、頑張って自分で解決しましたよ。お子さんは相談しただけで、何とかしてほしいと言っているわけではないのではないので放っておくのが一番です。

    ユーザーID:

  • 今のままで

    トピ主さんの娘さんは、おしゃべり上手ではないことで、辛い思いをされてきたことがあったということなのですかね?

    これは私の妄想でしかありませんが、仲良し3人組だと、何か2人でペアを組む時に、自己主張が控えめな娘さんがのけられたことがあったとか…3人って学校生活において、なかなか大変だったりしますよね。それだけが娘さんの悩みではないと思いますが。

    こういうことでも、控えめな性格は損をすることがあるような気がします。だから、娘さんはおしゃべり上手な自己主張の上手な人がうらやましく思ったりしたのでしょうか…。

    無理に自分を変えようとはしなくて良いのではないでしょうか。相手の気持ちのわかる人、痛みのわかる人で良いと思います。学生時代は何かと明るい人が光って見えたりしますが、明るいだけが全てじゃないと思うので。

    ユーザーID:

  • 話せないのではなく

    話が合わないのだと思います。
    両親と会話ができているのなら
    話す能力がないわけではないと思います。

    十代の少女達には、独特のノリがあり
    それに乗れない子はついていけない、何を話せば乗れるのかわからない、と、いう感じなのではと
    思います。

    うちも中三の息子がいます。
    一応友達もいて
    部活や勉強の合間に誘われて映画やボーリングに
    いったりして遊んでいます。
    でも自分から誘ったり、本心を打ち明けたり
    本当に興味がある事を話したりしないようです。


    勉強だけは得意な子なのですが
    試験が終わって結果がでると、「何点だった?」
    などと聞かれると少し低めにいうそうです。
    「本当の事なんか言っていいことなんかないから。」
    と、いっています。

    うちの子は要領がいいから表面的な事を話して
    過ごしているのでしょうがお嬢さんは純真で
    自分を正直に出そうとして言葉につまってしまうのでしょう。

    お互いわが子にいつか自然に話せる友達ができるといいですね。

    私はその時まで子供の聞き役でいようと思っています。

    お嬢さんとうちでたくさんお話してあげてください。
    今はそれしかない、と、思います。

    ユーザーID:

  • 皆さん、有難うございました。

    どらさんまで、読ませていただきました。暖かい言葉を戴き、うれしかったです。
    何で親が出てくるのさんの、辛口の意見も、母親ならではの視点で、なるほどと頷きました。
    皆さんの意見をまとめて、娘に「この間の悩みだけれどね・・」と、話して聞かせました。やはり、友達の中で、どんどん話すタイプで無いので、気後れするのが理由だったようです。
    実は悩みを打ち明けた翌日、スッキリした様子で帰ってきて、「私は私、別に良いんだ」と言っていました。あるがままの自分を受け入れるしかないことに、気がついたようです。
    話すのが得意な子もいれば、聞き役に回る子もいる。先ほど、「私どちらかと言えば、聞き役だよ」と答えていました。今度は、聞き上手になるように、頑張ればいいわけです。
    いつしか、もっと話題が豊富になって、みんなの前で臆せず、スピーチが出来るようになったら・・心の中で、娘に頑張って、と思いました。

    ユーザーID:

  • 私もそんな時期ありました

    現在27歳の子持ち主婦です。
    小学校高学年、中学校くらいでそんな時期がありました。転入してから周りに気を使うし相手が傷つかないか嫌われないかとか異様に気にする時期がありました。

     けどそれも必要なことだったと思います。相手を思いやれたり相手の立場になって考えることができるようになったと思います。
     高校、大学、社会人になった時には本当に合う友達や彼氏ができてそういう時期もあったなぁって思うようになると思います。

    ユーザーID:

  • 無口というのも味がある

     べつに能弁じゃなくても、お嬢様はちゃんと運動部にはいり、三人組のお友達もいるじゃないですか。
     これはすばらしい財産ですよ。
     だいたい、話し好きの人は、自分がしゃべったことで自分が窮地に陥ったりしますから、そのままのお嬢様を愛してあげてください。

    ユーザーID:

  • 聞き上手は話され上手

    私も人と話す事は子供の頃から苦手です。自分から友達を作る事もしませんでした。一人っ子のせいかと心配した母は習い事をさせたりイベントに参加させたりと苦労したようですが、あまり効果なかったようです。
    そこで母が取った策は「人の話をしっかり聞き、相手の気持ちを正確に汲み取る」「相手の信用を裏切らない」という訓練でした。
    気がつくと長い付き合いの友達がどんどん増えていました。一度「私あんまり話上手じゃないのに何で友達でいてくれるの?」と親友に聞いたところ「話をしっかり聞いてくれるから相談しやすいし、誠実だからよ」との返事。
    そこで気がついたのは「聞き上手は話され上手、これで友達ができないことはないんだ」ということです。
    そして私は今、IT関係のインストラクターをしています。慣れていけばなんとかなっちゃうもんです。
    なのでトピ主さんのお嬢さんにも安心させてあげてください。

    ユーザーID:

  • 長所は人それぞれ

    子供の頃お嬢様と同じ事で悩んでいました。私は、一人っ子で、大人の中で育ち、大人びた考え方をする子供でした。姉妹間のぶつかり合いがなく、両親の考え方や、こうあるべきという理想に影響を受けていたので、自分をうまく出せず、同年代の子供との付き合いは苦手でした。学校では、注目を浴びたり、人を押し退けるのがいやで、本音で話すと相手を傷つけるのではないかとも思っていました。皆でさわぐより、自分に合った人と深い付合い方をする方が好きで、そういうところは、大人になっても、変わりませんが、それが私らしさだと思える様になりました。それから、テンポよい会話を楽しむ人もいれば、じっくりと話を聞き、心を込めて話をする事を好む人もいます。人はそれぞれです。お嬢様の長所をお判りなので、何も心配ないと思います。素敵な女性に成長されますよ。

    ユーザーID:

  • 子供にとっては大きな悩み

    話す前に無意識下で「話してもいいかな」と考えてしまうのでは?
    気にしすぎるというのは先天的な性格によるものと、育つおりの人間関係によるものの2種があると思います。
    わたしは兄姉から反感をかわないようにしていたので大人になっても相手に気を使いながら話してしまい、疲れます。そして、そういったつき合い方は相手をも疲れさせてしまいます。(大抵、相手は自分が疲れる前に離れていきます)事実関係に気づいたのは中年になってからです。
    別の可能性として話す機会が少なかった、という事はありますか?許可を得てから「うん、ううん」を言うのみだった時期があるとか。以前何かの報道で知った事ですが、幼少時に子供への質問に母親が代わりに答えてしまっていたので極端に話さない子になった、という件がありました。

    上記は私の経験から書いた事であり、もし不愉快な気分にさせてしまったら謝罪いたします。
    家族からの影響は当事者(この場合は娘さん)以外の人が想像する以上に大きなものでしょうから。

    ユーザーID:

  • うらやましいくらいです

    お嬢さんは、お母さまであるトピ主さんには、
    「自分から」相談を持ちかけたのですよね。
    それでしたら、大丈夫かな、と思います。

    私は、同じような年齢の頃、
    家族にも友達にも気安く話しかけていましたが、
    誰にも相談は出来ませんでした。

    思うに、家族に相談できる、というのは、
    人間関係の基本ができていて、それを応用させるだけの
    段階ですよね。(その、応用が難しいのかもしれませんが)

    そういった人間関係のベースが無い人間は、
    どこへ行っても根付くことが出来ません。
    悩みながらでも、人の心に根付くことが出来るのは、
    きっとお嬢さんのようなタイプですよ。

    それから「自分から」アクションを起こした、
    というのも大事なことです。
    普段ひかえめでも、芯が強いと思います。
    こういったものは、後付で身に付くものではなく、
    お嬢さんの素質です。
    羨ましいと思います。

    何のアドバイスにもなりませんが、
    お嬢さんは、今のままで十分に素晴らしいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • いいなぁ

    娘さんは些細な悩みでも聞いてくれるお母さんを持って本当に幸せですね。
    うちの母なんて友達との関係が上手くいかなくてこちらは切実だった悩みを打ち明けたところ「嫌われてるんじゃないの?」と言う人でした。

    もし私の母がトピ主さんみたいだったらもっと大らかに楽しく学生時代を過ごせたのにと思いました。
    自分の話ばかりしたがる子が多い中で聞き役になれるって素敵だと思うし人の悪口などを言わないってそういう子は「何でも相談できる信頼のおける人」になっていましたよ。
    素敵なお母さんと娘さんだなと思いました。
    うちにも娘がいるので将来そうなりたいと思います。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧