ヨーロッパでコタツ

レス23
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

Hana

朝夕が冷え込むようになったフランスで、ふと思い出すのが日本のコタツ。海外で生活を始めて10年以上経ちますが、冬が近づくと「コタツに入りたい、、、」と思います。

アメリカでは米国仕様のコタツが手に入るようなのでが、ヨーロッパに住みながらも、冬はコタツに入っている人いますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数23

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • は〜い

    お隣の国に住んでいます。
    畳の部屋を作った時に、コタツを買うことを思いついて、日本から変圧器とともに買って来ました。
    こちらに来た頃は、まだこんなに太っていなくて、秋ごろから「さむ〜い」と感じていたのが、今ではこちらの食事も完食できるようになって、脂肪の洋服も着込んでしまいました。その上、こちらの家は暖房は家中に効いているので、最初の頃はうれしくて、よくコタツに入りましたが、今では、ほとんど使っていません。
    子供が大きくなって、テレビをコタツのある部屋に移動したら、冬場はみかんでも食べながらコタツに入る生活をしそうです。

    ユーザーID:

  • 私も情報欲しいです

    私もフランスに住んでいます。本当に炬燵が欲しい。
    こちらではまだ全然知られてないですね。
    日本から船便で送ってもらうなど検討しています。

    一度お招き頂いた日仏家庭のお家に、大きな変圧器に接続した炬燵がありました。(お鍋して幸せでした)
    気になるのが電気代です。
    すごく掛かってしまうのは怖いですよね。どのくらい掛かるものなんでしょうか?
    もし情報お持ちの方いらしたら、お願いします。

    ユーザーID:

  • うちにはないけれど

    わたしもお隣の国在住です。
    ちなみに西隣の国です。

    この国には、ブラセロ(brasero)というのがあって、これがこたつとよく似ています。
    現在は電気で暖まるようになっていますが、昔は石炭だったそうです。
    http://en.wikipedia.org/wiki/Brasero

    テーブル(あまり大きくない丸テーブル)真下の床に、ブラセロを起き、テーブルに厚手の専用テーブルクロスを掛けます。で、椅子に座って腰から下をそのクロスの中に入れるのです。クロスはコタツ布団と同じ役割です。結構暖かいですよ。

    ひとつ残念なのは、ゴロンと横になれないことですね。床にゴロンっていうのはどうかと思いますし。

    ピレネーを越えた隣の国のものですから、手に入れるのはさほど難しくないと思います!

    ユーザーID:

  • いましたよ

    私がパリに住んでいた頃、日本人の友人二人がやはりコタツを持ち込んでいました。組み立て式の畳まで持ってきてましたよ。どちらの家もアパルトマンが完全に茶の間化していて、お鍋をしたりミカン食べたり面白かったです。

    フランスは古いアパートだと暖房の効きが悪いし、どんなに寒くても11月まで暖房が入らないところもあり(うちがそうでした)、羨ましかったです。

    確かパリで畳が手に入るはず。コタツはなんとか日本から輸送して、楽しまれてはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    日本から運んで来たとは、、、すごい。変圧器とか重かったのでは?!しかも最近はあまり利用していないとは、もったいない!!

    私たちは戦前に建てられた「アンティーク」な家に住んでいるので、窓など新しい物に換えたものの、冬は暖房費用がかさみます(全室暖房です)。

    こたつがあったらゴロゴロできるし、節約になるのになぁ〜とか、夢見る毎日。

    「こたつのある部屋」という言葉があたたかくて懐かしい〜

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • ここにもいま〜す!

    10年程前、結婚を機に日本から変圧器と共に持ってきました。
    コタツ本体は船便で運びました。
    関税が当時の額で370フラン位かかりました。

    室内の暖房は十分な位きいているので、いらないといえばいらないけれど
    あの暖かさと心地良さはまた別物なのですよね。
    部屋が既に暖かいので、『弱』で少し暖めれば結構長い間ホッカホカです。
    冬はミカンを食べながらお茶をすするのも良いですね。

    今では子供達のお気に入りの場所となっています。
    ランドセル広げて宿題をしていたりするのを見ていると
    自分の子供時代とだぶるのか、なんだか感慨深いものを感じます。

    置き場所さえ問題なければ、是非お勧めです!

    ユーザーID:

  • トピ主より2

    うにせんさんブラセロの情報ありがとうございます!ピレネーの側に住んでいるので、来週末にでもブラセロを見に行きたいと思います。

    日本から持ち込んで、しかも畳の上に置いている方もいると知り、感動。すごい、すご過ぎる。

    確かに足元から暖まるコタツは日本での思い出とも重なり、心から温まる気がするのは私だけ?

    子どもはまだいないのですが、「フランスでコタツに入る自分の子ども」を想像しただけで、なんか視線は遠くなり、理屈ぬきで「いいだろうなぁ〜」と思いました。

    ユーザーID:

  • 変圧器は現地調達?

    私もこたつ欲しい在仏です。帰国売りで出ていたことがありましたが、きっとすごい競争率だったでしょうね。

    ところで大型家電のための変圧器はすごく重いですよね。別件で探したのですが、BHVで買える、もしくは作れるだけの材料がありました。ご検討ください。

    でも、こたつ手に入れると、座椅子とかほしくなります。きりがありませんが(笑)、日本のお風呂を持ってくる人も居るらしいので、こたつならささやかなものかしら。

    ユーザーID:

  • 私だけじゃなかった!

    トビ主さんの在住国の下に位置する国に住んでいます。私もついこの間こたつの事を考えていました!果たして効率よくもちこんで使いこなす事は可能なんですかね?それにしても、こたつに入ってゴローンとしたいわー。

    ユーザーID:

  • こちらはアメリカですが・・・

    日本から、50センチ四方の小さいサイズのこたつを持ってきました。空港でのチェックインの際、女性係員が不思議しそうな顔をしながら、「お客様、こちら『こたつ』とありますが、中身は実際に『こたつ』でしょうか?」と。輸送中に壊れてしまうのを防ぐために、洋服等をクッション代わりに工夫して箱の隙間に詰めました。問題なく使っております。日本人はやっぱりこたつだぁ〜。

    ユーザーID:

  • CEマーク

    現在フランスの税関が非常に厳しく、家電製品にCEマークが付いていないと、税関で没収される恐れがありますよ。
    220V対応の日本製炊飯器を空輸で送ろうとしましたが、シールがなかった為に、その場(CDG)で破壊か日本へ返送の手段しかありませんでした。勿論、破壊費用も返送費用も自己負担になることを、考慮しなくてはいけません。(炊飯器は破壊より送り返す方が安く済む…と言われました)
    とは言え、船便の方が検査のリスクが少ない…と言われてはいます。いま打ち込んでいる日本製デスクトップPC(船便)は、変圧器を通して使っているので…非常に微妙な所です。

    ユーザーID:

  • トピ主より3

    あんすけさん、変圧器の情報をありがとうございました!日本でコタツのあんか部分だけを運ぶことを考えたこともあったのですが、変圧器を見てめげました。

    「日本のお風呂を持ってくる人も居るらしい」とは、もう椅子からずり落ちるかと思うほど驚きました。湯船を運ぶってコタツよりすごいかも、、、。

    食事など、普段は完全にフランス的な生活をしても気にならないのですが、コタツだけは毎年毎年「あぁ、ゴロゴロしたい、、」と思い出します。

    ユーザーID:

  • こたつもどき作っちゃいました

    こんにちは。
    欧州在住ですが、このトピ見ていたら無理と分かっていてもこたつに入りたくなり、夫に話したら「じゃあ、作ろう」と。
    小さな床に置くタイプの温風ヒーターとガラステーブルとあとは古いブランケットで作ったもので、本当に適当です。でも意外といいですよ。

    こたつというよりドライヤーの大きいもの、という感じなのでガーッという音、途中で熱くなりすぎる、など欠点はありますがね。外から風を送り込むので足は伸ばせて楽です。
    座布団や専用マットもあればいいのでしょうが、ないので使ってない固めの枕…。気分優先です。

    ユーザーID:

  • トピ主より3

    レッドピンキーさん、そんなに小さなコタツがあるとは知りませんでした!小さいのを運んできて、自分達で大きくする(例えば台を大きくする)という手もありますね。


    でもCEマークの話を聞くとちょっとひるみます。

    今朝のフランスは冷え込んでいますが、コタツへの夢は近くなっているのか、遠くなっているのかわかりません、、、。

    ユーザーID:

  • 電気敷シーツで

    欧州某国に住んでいます。

    普通に手に入る電気敷シーツを使って、コタツのようなことをしています。机は古い机の脚を切り、天板は知り合いに作ってもらいました。

    カーペットの上に電気敷シーツを敷き、その上にキルティングの薄いマットを敷き、机を置いて、さらにキルティング製の上掛けを掛けて天板を置いて完成です。
    かなり暖かいですよ。超寒がりの友人は上掛けもさらに電気敷シーツを使っています。

    ユーザーID:

  • ロンドンでコタツやってます。

    コタツ、日本から持ち込みました。畳は薄い正方形のものを6畳持ってきて、板間に敷いてその上にコタツを乗せています。変圧器はこちらで調達しました。
    漆の器にみかんなどを盛ってその気になっています。
    裏手には床の間らしきものも作りました。あとは相撲中継....?

    ユーザーID:

  • 知り合いは

    ごめんなさい、日本在の発言ですが・・・。
    コタツっぽく使うのなら、
    電気カーペットの上にテーブルを置いて、コタツ布団・板でコタツもどきになりますよ。
    暖かさも同じかんじです。
    っというより、電気カーペットの上にコタツを置いているお宅がけっこうあり、暖めるのは電気カーペットを使ってるみたいなのです。
    みかんを食べるにはテーブルがいるので、って事でコタツを置いているんでしょうね。
    もし輸送が大変なのでしたら、この方法でいいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主より5

    もう「もどき」を作ったとは、れんずさんの行動力はすごい!(感心)
    電気カーペットの案、良いですね。考えたことありませんでした。

    それにしても、ヨーロッパ各地でコタツを思い、色々工夫されている人がいることが分かり、なんともいえないうれしい気分です。

    一気に冷えたヨーロッパで、どうコタツしようか夫とただ今相談中です。

    ユーザーID:

  • カーペットが汗をかく?

    私も以前に考えました。冬はなんと言ってもコタツで寝るに限る、と。
     でも、床の部屋でもカーペットの部屋でも、コタツを置いているところは汗かいちゃうんじゃないでしょうか?
     カーペットなんて一度カビはやしちゃうと後が面倒で、ダニとか発生しちゃうかもしれないと考えて思いとどまりました。畳なら通気性が良いんだろうけど…実際はどうなのかな?

    ユーザーID:

  • もどき、やってました

    食卓の高さの丸テーブルに床までの大きなテーブルクロスを二重にかけて、テーブルの下にオイルヒーターを弱にして入れていました。
    椅子に座った状態で使ってましたが、なかなか快適でした。
    オイルヒーターの前は小さな温風ヒ−ターでしたが、温度が一定しなくて快適さにかけてました。

    椅子に床までの布カバーをかけて、温かさが足下から逃げないようにしたら完璧だったと思います。壁を背にして収納式のベンチとかもよさそう。

    私もこたつ作りたくなりました。来週BHVへ偵察にいってきま〜す。

    ユーザーID:

  • 持ってきた甲斐ありました

    オセアニアですが、年初に日本へ行ったとき、冬物大バーゲンで安売りされていた長方形の家具調コタツ(約1万円ほど)を手荷物の一部として持って帰ってきました。航空会社の規定をチェックしたら、長さがちょっとオーバーしてたのですが、重量制限は超えなかったため、事前の問い合わせでOKが出ました。担ぎ役だった夫はちょっと文句たれてましたが、例年になく寒かった今年の冬に実際に使ってみたら上機嫌。お鍋を囲んだ時には、重たい思いをして持ってきた甲斐があったと喜んでました。うちでは前に使っていたキングサイズの布団ベッド用マットレスを床に敷いてその上にコタツを置いてます。こちら生まれの娘もすごく気に入ってます。電気代もそれほどかかるとは思いませんでした。

    ユーザーID:

  • トピ主より6

    ブラセロ見ました!が、確かに足が伸ばせないのがちょっと難?

    コタツを運んできた方の話が増える度に、次帰国する時に「本物」を持ってくるのが一番かな?と思いつつ、電気カーペット案も捨てきれず、、、、

    ユーザーID:

  • あきれ蛙さんへ(カビやダニの件)

    水分を吸ってしまうことは私も気になっているため、こたつを敷きっぱなしにせず、週2〜3回は敷シーツを干しています。これで3年目ですが、カビが生えるようなことはありません。
    このように、電気カーペットのように厚くないから、扱いが楽です。

    尤も、私が住んでいる国は乾燥しているので、そのまま継続してもカビが生えることはないと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧