芋たこなんきん

レス82
(トピ主0
お気に入り2

生活・身近な話題

なんば

NHK朝ドラの「芋たこなんきん」、大阪出身者としてはとても楽しみにして見ています。
所で、今日から登場した、町子さんのご主人の「中ノ島の別荘」というセッティングで使われてる古めかしいレンガ作りの建物、どこかで見たことがあると思いながら、思い出せないのです。
旧阪大医学部の建物か(中ノ島だから)、または、府庁の本庁舎もあんな感じだったな、と思ったり。大阪離れて少し時間がたってますので、分からなくなっています。
今日の回で、町子さんがお友達とお茶してた喫茶店も、やはりレトロなレンガ造りでした。そこもどこかで見たような気がしながら思い出せません。
もう大分少なくなってますけど、大阪の中ノ島とか北浜、淀屋橋の辺ってああいう建物残ってますよね。
できたらどなたか教えていただけませんか。

P.S 「芋たこなんきん」って、大阪では女の子の好きな食べものの代表として昔から言われてる言葉です。「なんきん」はかぼちゃのことです。私のHNの「なんば」は、もう年配の人しかいわなくなってますが、とうもろこしのことです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数82

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 田辺聖子さんのファンなので

    質問の返事が分からないのに、思わずのこのこ出てきちゃいました、すみません。
    朝の連ドラはもう何年も(十年以上かも)見てないのですが、田辺聖子さんの話と聞いて数日前から見始めました。
    自分が若くないせいか若いヒロインだと全然感情移入できないんですが、今回は楽しく見られています♪

    田辺さんが自著で「高台にある眺望の良い洋館に釣られて結婚した」と書いているので、どんな洋館が出てくるのか楽しみにしてました。
    案の定、素敵な洋館ですね。
    本物もまだ現存してるのかな〜?

    ところで田辺さんの著作にはよく「甘えた」という言葉も出てきますね。
    甘えん坊という意味の大阪弁らしいのですが、リアルで聞いたことがありません。
    これも若者はあまり遣わない言葉なのでしょうか?

    ユーザーID:

  • そういえば…

    セットと思って深く考えてみた事はなかったのですが
    見覚えが…ある!!!
    記憶と検索の結果、堂島浜の中央電気倶楽部という事が
    判明しました。
    私も中之島の和洋折衷な雰囲気の建築が大好きなので
    スッキリしました。めでたしめでたし。
    ロケ地検索に喫茶店のビルも出ていました。
    前を通ってみようっと!

    ユーザーID:

  • トピ主さ〜〜ん!!

    はじめまして。私のHNのひとつは「芋たこなんきん」なんです…。私が、このトピを立てようと思っていたら、早々と立ってしまい、先を越されちゃったよ〜(涙)。
    でも、とっても嬉しいんで、しつこくレスさせていただきます!!(決意表明)。なんでしたら、番組終了まで、続けませんか?(笑)。
    私は京都市出身ですが、「芋たこなんきん」の放送開始を楽しみに待っていました! 朝ドラは毎回期待せずに見始めるのに、この番組は違いました!!
    まず、大阪が舞台なこと。ヒロインが私の大好きな、藤山直美さんだということ。原案がこれまた私の好きな、田辺聖子さんであること。カモカのおっちゃんが出てくること。出演者がほとんど関西出身者で、聞き慣れた大阪弁(関東の人がしゃべる関西弁と違って、気持ちいい)が、ポンポン飛び出すこと。昭和初期の懐古シーンが素晴らしいこと。特に岸辺一徳さん、城島 茂さんが…。
    昭和40年代は私の子供のころで、とっても懐かしいことなど、挙げればキリがありません。
    今後の展開が楽しみです。また、レスさせてくださいませ。

    ユーザーID:

  • ロケ地ガイド

    「芋たこなんきん ロケ地」でgoogle検索すると、未確認情報も含めていくつかロケ地が書かれています。
    一つURLをご紹介しときますね。
    (個人的には、中央公会堂が私の好きな建物です。)

    http://loca.ash.jp/info/2006/a2006_imotako.htm

    ユーザーID:

  • 有難うございます

    わるねこさん、情報有難うございます。
    中央電気倶楽部だったのですね。確かに、サントリーの本社の近くに、古いビルがあったなあ、と思ってたんですが。早速、中央電気倶楽部のサイトを見ました。中もレトロ風ですごく趣がありますね。「倶楽部」がらみですが、私の前の職場が本町にありまして、仕事の関係でよく「綿業倶楽部」におつかいに行きました。綿業倶楽部も中央電気倶楽部と同じく昭和レトロな重厚な建物です。その頃は、「○○倶楽部」という建物が多く作られたんでしょうか。
    それと、ドラマロケ地の専門サイトがあったのですね。検索したら、喫茶店のロケ地となったビルも判明しました。淀屋橋の近くの芝川ビルでしたね。1階にブティックが入ってるのを覚えており、私も何回も前を通ったことがありました。
    私もすっきりしました。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 面白いドラマはいいですね!

    芋たこなんきん、九州人なのに、藤山直美さんに惹かれて、観てます。
    旦那さんも舅さんも皆さんいい味出してますね!

    セリフのテンポや、間合いも、とぼけた感じも楽しい本格的なドラマですね。
    枠に はまらない町子さんの生き方や、ちょっとオーバーなストーリーの展開が、毎朝楽しみです。

    ユーザーID:

  • タイムリーなトピありがとうございます!

    私は近代建築と旅と演劇が大好きです。
    しかも東京に生まれ育ったのにコテコテの大阪に惹かれます!・・という訳でこのドラマ、普段は朝ドラなどまず視ない私がすっかりはまってしまいました。

    特に篤田川賞をとった主人公が語らうシーンには悩殺されました!舞台が憧れの「綿業会館」だったからです。
    いろいろな建築のプロ向けの講座等で近代建築について学びましたが、大阪にはすぐれた建物が多数現存していて素晴らしいですね。「大大阪時代」の意識の高さをつくづく感じます。

    このドラマには時代背景もあって、たくさんの近代建築が出てくるので出演者の演技力とあいまって毎回本当に楽しみです。わるねこさんのおかげで別荘の謎も解けたし助かりました。なんばさんは難波の方かと思いましたが意味が全然違うんですね!
    大阪は何度訪ねても飽く事の無いミラクルワールドです。これからのドラマ展開がとても楽しみです♪

    ユーザーID:

  • そうか〜!私も見たことあるぞって気になってました。

    中央電気倶楽部、年に一回くらいですが、仕事で行きます。そうだったのね。
    私も淀屋橋界隈の雰囲気が好きです。地下鉄に乗ったら行けるところでもブラブラ歩いて行ったりね。

    朝の連ドラ、別のトピのレスで、はつらつとした若い(キレイな)女の子が主人公の方がいいよ〜、とあり、実はわたしも同感ではあるのですが、でもやっぱり見てます。以下、友人との会話。
    「主人公のモデルが田辺聖子さんやし、演じられそうな人、(顔的に)ちょっとなかなか居てへんなぁ。」
    「普通の女優さんやったら、怒らはるで。」
    「でもああいう感じのひと、その辺に結構いてるな。」
    「おるおる!」

    田辺さん、ごめんなさい。藤山さん、許して。
    でもわたし、「ああ、かもかのおっちゃん」のエッセイ、すっごい好きでした。高校生の頃、父親が買っていた週刊誌を盗み読みしていました。
    現代版源氏物語にも衝撃を受けました。
    今後の展開が楽しみです。知ってるところ、出てくるかな?

    ユーザーID:

  • 中央電気倶楽部

    堂島浜の中央電気倶楽部です。

    阪大医学部跡は跡形もなく再開発中です。

    中ノ島を散歩しているシーンでバックに映っていた大阪市役所本館は旧本館ですが、残念ながら合成です。
    (ビックリしました。)

    ユーザーID:

  • 「甘えた」

    >ところで田辺さんの著作にはよく「甘えた」という言葉も出てきますね。
    甘えん坊という意味の大阪弁らしいのですが、リアルで聞いたことがありません。
    これも若者はあまり遣わない言葉なのでしょうか?

    「甘えた」って関西弁だったんですか?知りませんでした。全国共通語だと思ってました。「甘えた」って言葉は、若者でも誰でも普通に使っていますよ。「甘えたやねえ」「甘えたやから」みたいに。

    ユーザーID:

  • 皆さん本当に有難う

    皆様本当に有難うございます。
    スレが掲載されるのが、投稿の順とは限られてないようで、わるねこさんへのお返事が先になってしまいました。東京モンですがさん、ごめんなさい。
    所で、私は事情で、朝ドラを常に毎日見ることができません。なので、東京モンですがさんの洋館をちゃんと見てないのです。神戸とかでロケしたのでしょうか。それと、「甘えた」ですが、私達(30代)もよく使いますよ。大阪では割と一般的な言葉です。
    先超されちゃった!さん、芋たこなんきんがHNとは知らず、失礼しました。ずっと、番組終わるまで続けるのいいですね。どんどんレス下さい。私も、おせいさんの小説は短編集(ジョゼと虎と魚達)しか読んだことはありませんが、いつか日経新聞で連載されていたおせいさん書き下ろしの「私の履歴書」(普通は記者が取材して書く)を楽しく読みました。京都と大阪は若干方言に違いがあると思いますが、いかがでしょうか。登場する役者さんが皆関西出身の方で、鈴木杏樹さんの関西弁を初めて聞きました。

    ユーザーID:

  • 皆さん本当に有難う2

    まいどっさん、御紹介のHP見ました。有難うございます。今回の朝ドラは、ふんだんに大阪の魅力を出す場所を使ってますよね。脚本家の方が「こてこての大阪ではなく、一風違う上品さを出したかった」意図だと聞きました。
    おせいさんが、金物屋で事務員をしていたというのは本当だそうで、「私の履歴書」で、その時に大阪商人独特の掛詞(例えば「『牛のおいど』は、『ものしり』=『モーの尻』」)をよく覚えたと書いてました。
    芋たこなんきんが始まってから、大阪の魅力を再確認しています。11月の末にでも、大阪に一旦帰ろうかと思っています(現在関東住まい)。

    ユーザーID:

  • 横ですみません

    「芋たこなんきん」とはそういう意味だったのですね〜。
    CMでその言葉を聞くたびに「???」な気持ちになっていたのですっきりしました。
    トピ主のなんばさん、ありがとうございました!

    「なんば=とうもろこし」は、昔、祖母が使っていましたよ。
    なんだか懐かしいです。
    私は京都出身なのですが「なんばん」と言ってました。
    地方によって違いがあるのでしょうか……うーん。

    >東京モンですが、さんへ
    さらに横ですみません。
    私は20代半ばですが「甘えた」という言葉は日常的に使っていますよ。
    本でもよく目にする言葉なので、てっきり標準語とばかり……そうですか、大阪弁だったのですね;

    質問内容とはまるっきり違うレスで申し訳ありません;

    ユーザーID:

  • タイルに見覚えが・・・。

    町子さんがまだ賞をとる前ですが、千葉先生を交えて作家仲間でお話してるシーンがありましたよね。
    あそこは確か日本綿業会館ですよ。
    タイルでできたタペストリーがとても素敵で
    土曜日に食事つき(なしでも可)で見学もできるそうです。
    大阪にまだこんな素敵な建物が残っていたなんて驚きです。

    ユーザーID:

  • 余談ですが

    芋たこなんきんのタイトルに引かれて、入ってきました。私も毎朝見ています。
    実は町子さんのご主人役國村隼さんのファンです。

    以前「バルトの楽園」という松平健さん主演の映画を見たときに、この方が松平さん演じる捕虜収容所所長の片腕役を演じていらっしゃって、その役柄の中で話すドイツ語があまりに流暢ですばらしかったので、ドイツ語をやっている私は、思わず釘付けになったのです。たぶん語学の感がすごくおありの方なのでしょう。
    プロフィールを見ると、國村さんはブラックレイン等にも出演されていて、もしかして英語も堪能?!
    素朴な町医者という役柄も逆にぴったりで、役柄によって七変化する國村さんのさらにファンになった次第です。
    大阪局の作った朝ドラは毎回今ひとつ好きにならないのですが、今回は最後まで楽しく見られそうです。

    ユーザーID:

  • ハンソンさんのおでんや、いいなあ

    「きらり」終了直後は番組の雰囲気が全然違うから、
    どうも心の切り替えができなかったけれど、
    先週あたりから、だんだん楽しくなってきました。
    録画分を何回も見直すほどです。
    友近や筒井康隆さんたちがいい演技をしているのも見ものですね!
    昭和40年当時の街の様子。
    CGを駆使していて、見応えあります。

    東京モンですが様。
    大阪育ちの私は41歳ですが、
    周囲も私も「甘えた」は、日常あまり使いませんね。
    使う年代は、もう少し上なのかなあ。
    いやいや、、
    小さい子供相手なら私も使うかもしれないなあ。。(笑)

    ユーザーID:

  • 横ですみません

    「東京モンですが」さん、私は30代前半ですが、「甘えた」という言葉、地元(阪神間)ではリアルによく使ってました。個人的には子供の頃、飼っていた犬に「あんたは甘えたやなあ」と話し掛けては撫でていました。

    ユーザーID:

  • え、地方性?

    うちでは「芋栗なんきん」といいます。女の子の好きなもの として言いますね。

    ユーザーID:

  • 「甘えた」聞いて育ちました〜。

    東京もんですが、さん、

    私は 「甘えた」(甘えん坊の意味)という言葉は普通に聞いて育ちましたよ〜。(40代前半です)

    神戸付近です。今思えば、祖母から聞いて覚えたのかも。

    懐かしかったので出てきちゃいました。

    ユーザーID:

  • 皆さんレス有難うございます

    掲載にちょっと時間がかかっているようで、いっぱいレス頂いて有難うございます。申し訳ありませんが、皆さん沢山いらっしゃるので、個別レスは割愛させていただきます。
    前のレスにも書いたのですが、実は私は芋たこなんきんを、毎日見ることができるわけではないので、思い出の綿業会館(運営してるのが綿業倶楽部だということを知りました。会館の名前が倶楽部だと思ってた)も出てたのを知りませんでした。
    綿業会館はちょっと建て増ししてあって、いつも用事に行くのに、建物の中で迷子になった記憶があります。国の重要文化財に指定されてるそうですね。
    これまで何件かおせいさん作品がNHKでドラマ化され、他にも藤山さんが出演してるのもありましたね(「欲しがりません勝つまでは」)。
    大阪レトロの建物が、北浜にも何箇所かありましたが「ステーキのスエヒロ」とか、「西田三郎商店」とかは、もう違うお店とか会社が入ってしまってますね。あと、同じレトロでも雰囲気は違いますが「コニシ商店」の町屋風建物も特徴的ですね。「丸福珈琲店」の入ってるビルも結構年季入ってますね。

    ユーザーID:

  • 芋たこ会

    先日、TOKIO城島茂くんがスタジオパークに出てはって、
    もう回想編は収録がすっかり終わったというのに、
    町子ちゃん、孝子ちゃん役の子役さんたちへの
    父親のようなあたたかい気持ち(涙まじりに)がいまだにある、、
    たぶんこの気持ちは放送が終わる来春まで続きそう、、、
    と語っていて、こちらまで目頭が熱くなりました。

    そう、回想編の俳優さんたち。
    とても仲良しみたい。
    山下徹大さんのブログ、
    「芋たこ会」の写真見られますよ♪
    http://tetsuo.arekao.jp/entry-3687b9060105b2f7ea13f6c2ddae6abf.html#Comment

    ユーザーID:

  • 「甘えた」情報ありがとうございます

    トピ主さん始め多くの方から「甘えた」情報いただき、ありがとうございます。
    よくつかってる方、あまりつかわない方、いろいろなんですね。
    世代や地域にもよるのでしょうか?

    (ちなみに私は40代で20年位前に数年だけ十三に住んだ経験があります)
    田辺聖子さんの作品でも「甘えた」の意味を毎回説明してから遣ってるので、わりと古い大阪弁なのかな?と勝手に想像してしまいました。

    「芋たこなんきん」今週も頑張って見てます。
    洋館もいいけど、徳永医院の建物も素敵だなと思って見てます。
    このトピが半年間続くといいなあ!

    ユーザーID:

  • スレ続けてくれて感謝してます

    皆さんこのスレ続けてくれて本当に感謝してます。
    東京モンさん書かれた徳永医院の建物、おっしゃるとおり本当にいいですね。

    私は大阪市某区出身なんですが、私の小学校ぐらいまで、徳永医院と同じような、古ーい医院が家のすぐ近所にありました。そこのおうちが、旧家みたいで敷地が広く、洋館もあり、子供心に、その秘密の屋敷に一度入ってみたいと思ってました。そこの先生はもうかなりおじいちゃんで、医院は外来診察は既に廃業し(古い看板だけはかけられていた)往診で限られた患者さんだけを診ていたようです。ここ患者さん一人もみないなあ、本当に医院なの、と当時は思ってましたね。

    てなわけで、私は小さい頃風邪を引いたりしたら、そこには行かずにもう一軒すぐ近くにある医院に行ってたんですが(小学校の校医だった)、そこの内部が、徳永医院そっくりで、受付には小窓が着いていて開け閉めしてました。当時の医院ってこんなんだったなあ、と懐かしく思っています。
    散々お世話になったその先生も、数年前お亡くなりになり、医院は廃業したと聞きました。残念です。

    ユーザーID:

  • 三男くんが可愛い

    三男役の男の子が可愛いと思います。
    大好きです。

    ユーザーID:

  • かもかのおっちゃん

    私も藤山直美主演と言うことで「面白いに違いない」と思い、ほとんど毎日見ています。

    ところで、ご主人の「かもかのおっちゃん」の発声、ちょっと聞こえにくくないですか?

    役作りなのか、あの俳優さん(國村隼さん?)の元々のしゃべり方なのか、
    藤山直美が舞台俳優らしい、滑舌の良いはっきり聞こえる発声なので、音量調整が
    難しいです。

    でも、おもろい。

    ユーザーID:

  • 何度もすみません

    おもしろいさん
    國村準さん、確かにしゃべり方がぼそぼそっとしてますね。
    私は國村さんを初めて知ったのが、10年以上前の朝ドラの「ふたりっこ」だったのですが、香子ちゃんの通う「将棋会館」の淡々としたマネージャー役が味があってよかったです。
    所で、藤山さんと國村さんがNHKドラマで夫婦役をするのは2回目です。数年前にやってた「ドラマ新銀河」の「この指とまれ!2」で、この時は藤山さんがお医者さん役、國村さんは板前さん役で、やはり國村さんが子供を二人連れて(まなかなちゃん)再婚して、藤山さんの家に一緒に住む、という設定でした。

    ユーザーID:

  • え!つかうで。

    いまさらながらの発言ですんません。
    「あまえた」っていう言葉は普通に使うで。
    28歳やけど使うし聞くで。

    あまり聞けへんっていうてる人はえせ大阪人やな。
    きっと。

    ユーザーID:

  • 子役が可愛いですね〜

    トピ主さま、是非是非このままドラマ終了まで続けましょうね。

    おせいさんの子供時代の子も可愛いですけど、徳永家の子供達の可愛い事!思わず、ニコニコしてしまいます。
    もちろん町子さん&健次郎さんの掛け合いも楽しいですね。
    来週からはいしだあゆみさん&火野正平さんが登場するようでますます楽しみです。
    とにかく、方言を使うなら、ドラマの舞台となる地方出身の役者さんを中心に配役すればいいのに、と常々思っていた私は今回のNHK大阪のキャスティングに感謝の念すら覚えます。
    多分、他の地方が舞台になっている時って、ご当地出身の方は方言が不自然でムズムズしてらっしゃるのではと想像します。

    ユーザーID:

  • >おもしろい様

    國村隼さん、もともとがボソボソっとお話される方じゃないかな、と思います。

    キル・ビルの組長さん、ローレライの軍医長さん、HRの八木田さん。どの役もボソボソと話してました。

    だけど、私は國村さんのそんな話し方が好きなんですよね。あのコワモテのお顔でハキハキと話されたら・・・あーダメダメ!絶対に今の話し方のほうがいいです。

    あ、そうそう。私は「甘えた」を聞いたのは初めてでした。関西とは程遠い場所に住んでおりますので。。

    ユーザーID:

  • 相手を思いやる言葉がいっぱいのドラマですね♪ 1

    >「あまえた」っていう言葉は普通に使うで。
    >28歳やけど使うし聞くで。
    >あまり聞けへんっていうてる人はえせ大阪人やな。
    >きっと。

    「えせ大阪人」というのは、
    たぶん私のレスへのご感想だと思いますが…、
    かなり胸にぐさーっと刺さりました(涙)。
    動悸がするほどです。

    落ち着いて想像してみますと、
    「たこ芳」のような居酒屋でまあまあ意気投合して、
    「あんた、えせ大阪人やなあ!」
    とニコニコ言われたなら、
    ここまでショックじゃなかったかな、、とも思います。
    笑って聞き流していたかも。
    やはり、ネットでの文章って難しいですね。
    私も気をつけようと思います。

    大阪市内(舞台の福島区はチャリで行ける距離)で
    生まれ育ち、以来ずっと今も市内在住です。
    「甘えた」という言葉は、
    実際私も言ったことあるんですよ。
    大体、ペットや子供を対象にして言っていたかな。
    が、ここのところ振り返ってみて、
    私の周囲であまり頻繁に使われていないし、
    私も使っていなかった、、、という印象でした。

    私の言葉足らずだったかもしれません(笑)。
    つづく

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧