• ホーム
  • 子供
  • 小学生の娘に怒ってばかり。優しくしてあげたいんだけど。

小学生の娘に怒ってばかり。優しくしてあげたいんだけど。

レス25
(トピ主0
お気に入り4

妊娠・出産・育児

さくら

30代の主婦です。小学2年生の娘の事で悩んでます。毎日、勉強やら食事中の行儀の事、偉そうな口答えなどで怒ってばかりの毎日です。

私も大人げなく言い過ぎてしまって後で可哀相だったなと思うこともあるのですが、その時は、ここまで言わす娘が悪いとグッと我慢する事ができません。 私自身も母に同じように育てられた思いがあるので、そんな母親には、ならない、優しいお母さんになりたいと、ずっと思ってきました。でもダメなんです。

娘は、こちらが手をかけてやると頑張って成果が出るタイプなので放ったらかしにすると、遊んでばっかり、テレビを見てばっかり、自分から勉強しないとなり、それも不安です。すごくキツク怒りすぎてしまうのはどうしたらいいか。腹がたつ娘にどうしたら優しく出来るかアドバイスがあればお願いします。娘の事は本当に大好きです。

ちなみに、ママ友達とも、そんな話をするとウチも同じだよ〜。と言われますが、そんなレベルじゃなく叱責しています。ここまでキツク怒ってしまう自分を変えないと娘の天真爛漫な性格が歪んでいってしまいそうです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 少し発想を転換してみませんか?

    女の子ってどうして小学校に上がると豹変しちゃうんでしょうね!?うちの下の女の子もえらいこっちゃって感じです。
    でもね、さくらさんは2年生の頃、そういうテングになっちゃう時期ってなかったですか?
    私はそれなりにあったような覚えがあるんです。いっちょ前の口をきいて偉そうに振舞ってた時期。あと、「やりなさい!」と言われれば言われるほどやりたくなかった時期・・・親はイライラしてたでしょうね〜。
    今、自分がその立場に立ってみて、叱るだけでは子供も納得をしないという事を痛感しています。
    では、どうしたら納得するのか?(のせられるのか?)
    幸い、私は主人のおかげで専業主婦。
    娘が帰って来たら、「無事に帰って来てくれてママはうれしい!!」ビームをがんがん浴びせ、「宿題なに?一緒にやる?」と協力的な態度で迫ります。もし難しいものなら娘も大喜び、簡単なものなら自主的に始めますよ。できたらしっかりダメ出しも忘れずに。よくできていたら大げさにほめます。
    お嬢さんは、手をかけると頑張るタイプとの事。
    さくらさんも少し時間を作って、一緒にやってあげるといいかもしれません。

    ユーザーID:

  • まず受け入れて褒めるとこから

    私の母は小さい町唯一の保育所で保育士をしていました。30年以上も町中の子供達のお世話をし、数え切れないほどの保護者との関わり合いがあったんです。

    だから・・・ではありませんが、家庭での理想も高く世間体を非常に気にする人で、私の事を他人がどんなに褒めてくれても絶対に同意はせず、「だけどこうなの!」と悪い所ばかりをあげつらって人前でけなすのです。学級委員を毎年務め、成績も上の方、部活も県大会と頑張りましたが、一度だって褒めてはくれませんでした。

    褒めないのはともかくとして、人前でけなされるのは心底辛かったですよ。よく部屋で泣きました。幸い、父が優しい人で代わりに?よく褒めてくれましたので、今では笑い話ですが。母も今は、娘自慢孫自慢でうるさいと叔母から聞かされていますしね。

    まずはお嬢さんの良い所を認め、褒めて、ケジメのつかない所は冷静に言い聞かせる・・・から始めてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 怒ると諭すは違うと思う

    カルシウムはしっかりとっていますか?

    軽口ではなく、本当に訊いています。

    部屋は娘さんが勉強をしやすいように、整理整頓していますか?

    栄養をしっかりとって清潔な環境を整えていれば子供も落ち着くものです。

    ユーザーID:

  • 線引きをしては?

    お嬢さんのことが大好きで良いところも十分わかっていらっしゃり、またご自分のことを客観的に見ておいでなので、さくらさんはとっても素敵なお母さんだと思いますよ!

    例えば勉強についてですが、本を読んであげたり、図書館やお嬢さんが興味を持ちそうな講座に連れて行ったりと、一緒に学ぶ機会を増やすのはどうでしょう?子どもは興味を持つと本当によく勉強しますよね。一方学校の宿題などは思い切ってほっておく。しないで恥ずかしい思いをしたら、自分で「何とかしなきゃ」と考えるのではないかな。わからないところを聞かれたら、もちろん答えてあげるといいと思いますが。

    他のことでもそうですが、お嬢さんの領域(学校の勉強など)は彼女の問題と割り切るとともに、二人で楽しそうと思えることはどんどんしてみる。行儀なども本当に大切なものにしぼってみては?「あなたは何故〜なの?!」と怒るのではなく、「お母さんは〜と思うんだけど、あなたはどう思う?」と、その行儀の必要性を説明し話し合うスタンスのほうが、お互い疲れないのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • 自分の過去を清算して(怒)!!

    申し訳ないですが、読んでいて腹が立ってしまいました。早急にトラウマ・アダルトチルドレン関係の本を読んだり、ネットで調べたりしてください!
    娘さんに何を期待しているんですか?
    私は自分の親子関係が子へ連鎖しそうで子供を産みたくなくなった人間です。
    母になる前に自覚してください!
    娘さんが問題なのではなく、あなたが問題なのでしょう。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 1人の人間として見てあげて

    海外在住で14歳の息子が居ます。こちらの親や先生は子供をとにかくほめます。あまりの大げさぶりに驚く事もありました。「怒ってばかりでは子供は萎縮するし、やる気もなくなる。何か危険な事をした時に怒ればいい。」と言う考えです。私もそういうやり方にしています。息子が「今日学校で先生の手伝いをした。」と言った時も「偉いね。先生喜んだでしょう」ってほめました。息子は「え〜そうかな?でもありがとう言われたよ。」と言って笑っていました。日本人からすればわざとらしい気もしますが、ほめられて嫌な気はしませんよね。こちらでは「どうせ小さい子供だから何を言っても良い。」という考えはありません。お子さんをほめてあげてください。大きな心で守ってあげて下さい。お子さんはあなたを母親として選んできたのですよ。

    ユーザーID:

  • 相手に完璧を求めてる気がします

    大人だって30年以上も色々経験してきてるくせ未熟なものですよね。私も日々勉強でまだまだです。娘さんは、まだたったの8年程。育児してると、もう●才なのに!と思いがちですが、自分が8歳の頃、一体どこまで物事を理解し行動出来てたでしょう? 

    娘さんの偉そうな口答えや腹が立つ態度、それはとても判りやすい鏡。あなたの今までの接し方がそのまま返ってきているのでは。その跳ね返し合いは親が先に始めたはずですよね。相手は最初赤ちゃんだったのですから。 『怒る』というのは怒りの感情をぶつけるだけの身勝手。『叱る』事は理性も持って子を育てる愛情。身勝手を繰り返してると、自我がハッキリする中学生以降に大きな反発として返ってくるかも。 

    勉強や何かを躾けたいお気持ちは大切。それには先ず、人間に絶対必要な『愛情』を日々しっかり伝えてあげてこそ信頼し聞く耳も持ってくれる。 あなたには自覚と反省がおありなのだから立派です。大人も急には変われないし娘さんも急には変われません。怒りか叱りか?意識しながらどうかゆっくり頑張って下さいね。
    私自身、言葉の暴力で育ち、未だに傷が癒えないので子供には愛ある言葉を沢山かけています。

    ユーザーID:

  • 私もでした!

    同じく小2の娘がいて、半年前までさくらさんと似た状況でした。
    けれどカウンセラーの方と話す機会があり、そこから娘への考え方や接し方が変わってきました。

    まず、厳しい自分を変えて行きたいと思った時に、娘にそれを正直に言いました。
    「ママはあなたに良い子になってほしくて、厳しくしていた。けれどあなたはそんなにきつく言われなくてもわかる子だと、ママもわかる。ママもこれからは怒鳴りたくないから、優しく接するように努力するよ。今まで厳しくてごめんね」と。
    親としてはかなり恥ずかしく照れくさい言葉でした。でも自分自身が楽になったような気がします。

    気をつけているのは、自分が待つということ。
    娘の言葉をさえぎらず、最後まできちんと聞く。
    こちらの意見を言う時は命令形でなく、「こう思う」「こうしたらどうか」と言う。
    勉強やピアノの練習も「しなさい」ではなく、「何時になったら練習するのかな」「一緒に勉強しようか」という感じです。

    おかげで半年前に比べたら娘との関係も平和的になってきたと実感しています。

    ユーザーID:

  • うちもですよ〜 1

    小学1年の娘は一つのことをするのに余計なこと(踊ったりとか)が必ず入る、時間を気にせずのんびりしてて後で慌ててバタバタする、何回注意されても食事時に左手を添えない…書き出せないくらいです。

    そして私がいつもカリカリしてるのも同じ。怒ってるとダンナが「ママのそういう声を聞くとイヤになる」と言い、それにまたガオーッと吠えてしまう(笑)

    でも私もこれじゃいけないと思いました。娘が「言ってもきかない」のはいつも怒ってばかりいるから「怒られ慣れ」しちゃったせいじゃないのかとも思いました。

    で…最近は「1年前はできなかったこと」を探して「でも今はできる、すごい!」と自分でも娘の良い点を見つけるようにし、また娘自身にも「できるようになったね、すごいね」と褒めるようになりました。

                     続きます。

    ユーザーID:

  • うちもですよ〜 2

    例えば、時間割を一人でそろえられるようになった(時間はかかるけど自分でやってるのはすごい)、一人でシャンプーができるようになった、食べた食器を流しに下げるようになった(忘れちゃうこともあるけど声かけすればできるのはすごい)、一人で寝られるようになった、などなど。

    改めて考えると子どもって1年ですごくいろんなことができるようになってますよ。そこを褒めてあげたら「もっと頑張ってみようかな」って思うみたいで、以前よりは怒らずにすんでいます。でも、まだ大声だすことしばしばですけど(笑)

    あと、注意するときに怒った声は逆効果、ユーモアを交えた言い方をしたり、歌いながら、など、子どもが「あれ?何だろう?」と耳を傾けたがるような言い方にすることもあります。大人だって怒号は聞きたくないですよね。

    ユーザーID:

  • まずは自分に優しくなる

    1歳の娘を持つ父親です。

    育児書によれば、子供にイライラしているときは「自分自身にイライラしているのでは?」と書かれています。
    さくらさんはさくらさん自身について(育児以外で)「やらなければいけないのに、ちっともできていない」と感じることはないでしょうか?

    部屋の片付け、掃除、炊事、洗濯、ご近所づきあい、親戚づきあい、夫に対する約束や自分の態度、子供に対する約束や自分の態度。
    自分自身で振り返ってみて「やらないといけないのにできていない」とイライラしていないでしょうか?

    そうしたイライラがあると子供につい八つ当たりしてしまいます。
    もし心当たりがあるようでしたら解消法がいくつかあります。

    まず「できていないこと」は棚に上げて、自分で自分の「よくがんばっているところ」を思い出してください。
    その「よくがんばっているところ」に着目して、「ああ、よくがんばってるよね!」と自分自身を褒めてあげて下さい。
    母親は忙しいものです。全部を完璧にこなすなんてできるわけがありません。さくらさん自身の「がんばっているところ」を褒めてあげて、「できていないこと」は大目に見てあげましょう。

    ユーザーID:

  • まずは自分に優しくする(続き)

    それでも何かすっきりしない場合は、「やらなければならない」と気になっていることをひとつだけやってみましょう。
    あまり時間のかかるもの、難しいことは避けて簡単なものにします。
    娘さんが家から帰ってきたら笑顔で「おかえり!」って言ってあげるとか、ダンナさんに対してそうしてあげるとか、そういったことです。
    そしてそれがちゃんとできたら、さくらさん自身を褒めてあげて下さい。「私だってやればできるんだ!」という気持ちになって下さい。

    「ダメなところばっかり見てないで、いいところを褒めてあげる」。子供に対してもそうしたいものですが、母親は自分自身に対してもそうした気持ちでいることが大切です。

    と本に書かれています。参考になったでしょうか?

    ユーザーID:

  • 育児は悩むもの

    私も、子供につい怒りすぎて、反省してばかりなので、偉そうなことは言えません。
    でも、やっぱり、怒る前に、まずそのままの子供の在り方を受け止めてあげ、良いところを、いっぱい褒めてあげるということが、必要じゃないかな。
    勉強に対する姿勢は、そういう親子の絆の上で、変わっていくものだと思います。
    ただ、食事中の行儀が悪かったり、生意気な言い方に対しては、きちんと叱って良いと思います。

    私の友人は、怒らない、優しい母を目指していました。
    怒られることなく育った彼女の娘は、わがままで、大人全体を軽く見るようになりました。田舎から出てきた、その子のおばあちゃんが、どうしてこの子は、こうなのか、と嘆いていました。

    ユーザーID:

  • お姫様扱いする

    私の実践方法ですが、心理面では、日々やはり気に入らないことがあると本人は怒ったりするわけです。
    その時に、「あらあ、怒ってもかわいいわね〜♪(息子がいるのですが、その息子に向かって)ねえねえ、怒ってもかわいいけど、笑うともーっとかわいいのよね〜」(息子もうんうん頷く)すると、笑顔になるわけです。相手の怒りを真正面から受けないことです。

    整理整頓面では、単刀直入に、「お片づけはこうするのよ、片付け場所を決めて、好きなものはここに飾る、そうするとお友達にも来てもらえるし、何よりあなたがすっきりして、気持ちが良くなるのよ」とこちらは正面から教えていきます。

    もちろん褒めることも忘れずに。
    それと、かわいいわね〜、素敵ね〜、綺麗ね〜、を欠かさずに。ある面、お姫様扱いした方が、望むお嬢さんらしくなると思います。
    お姫様の基本は楚々としているものというのが前提ですが。
    素敵なお嬢さんでいられるような、お母さんでいることも大切ですよ。

    あ〜それより、うちの主人にこの私がお姫様扱いされたいわ〜!(爆)

    ユーザーID:

  • つらいですか?

    私も過激にしかり続けて育ててしまいました。幸いにも曲がらずに育ってくれましたが、今でも思い返す度に心が痛みます、なぜ褒めてあげなかったのだろうって。気づかずに仕事からのストレス、何も手伝わない夫への不満、自分の期待通りに動いてくれない子供への苛立ち、子育ての不安、こういうもの全てを子供に発散していたようです。もし当時、周りに話せる人がいたらずいぶんと違っていたかも知れません。
    さくらさん、まずご自分をプレッシャーから開放してみてはいかがでしょうか。
    今でも子供(23歳)は言います、褒められたことがない、いつも怒られていた、孫ができたらその分やさしくしてねと。
    すみません、自分の後悔文になってしまいました。

    ユーザーID:

  • これを読んでみては

    親野智可等というペンネームの元小学校教師の方が
    書いているブログを読んでみてはどうでしょう。
    「親力で決まる子供の将来 」というもので、10月は
    子どもの人生は子どものものとかしつけ強迫神経症とか
    について書いてあります。著作も割とありますが、
    ブログのバックナンバーを読むだけでも違うと思います。
    コーチングに関しては親と先生は立場が違うと思うので
    また別だとは思いますが。
    とにかく虐待の連鎖は避けましょうよ!

    ユーザーID:

  • 「手をかけてやるとできる」と考えてる方

    トピ主さんも、下のレスの方も、手をかけてやると伸びる、と考えてらっしゃるようですが、それって、自主的に自分ででさっさとやる気の芽を摘んでるのではないでしょうか。
    下の方も、「幸いに専業主婦」と書いてらっしゃいますが、共働きの親は「幸い」ではないのでしょうか。何か自己満足が見えて、嫌な気がしました。共働きの親を持った子、しっかりした子が多いですよ。

    今だからいいんですよ。でも、そんな調子で、「私がいないと」という発想してたら、子供さん自分でどうやったらいいか分からなくて躓く時が来るのではないでしょうか。

    荒治療になりますが、宿題でも何でも、何も言わずに我慢してほっとくのを一週間でもいいから続けてみたらどうでしょう。それで、宿題してなくて、朝泣いてても自己責任です。それで痛い目をして覚えていけばいいのです。

    遊びも、何時までにやめて6時以降はお母さんの手伝いをしないと、ご飯を食べさせないとか、けじめをつけていけばどうでしょう。親自身が、ワーワー言ってるだけで、それなりの態度を示してないと、そのままだと思います。

    ユーザーID:

  • 加藤諦三さんの本オススメ。

    加藤諦三さんお本で、PHP文庫から出ている本で 愛されなかった時どう生きるか 甘えと劣等感の心理学と扶桑社から出ている 心に橋を架ける言葉 と言う本がオススメです。この本の中では相手(子供)の問題と言うよりも自分の問題(劣等感や不安、不満、ストレスなど)を相手(子供)に投影している場合があって、何故、そうなってしまったのか?これからどうすればいいのか等が書かれています。トピ主さんが子供よりも自分の中に問題や自分では気づかなかったけれども、自分が子供時代に親にされてしんどかった事を無意識に反復行動をしている可能性も、もしかしてあるかもしれませんので、御一読して下さい。図書館などに置いてあると思いますし、アマゾンのレビュー等も参考にしてみて下さい。

    ユーザーID:

  • 怒らなくても

    うちの次女も手をかけて欲しがる子です。
    手をかけてやると張り切ってがんばります。
    怒らなくても手をかけてやることはできます。
    というかむしろ,逆なんじゃないかな?
    本当に手をかけてやれば,怒る必要などなくなると思うんです。

    例えば勉強時間を決めて,その時間になったら
    テレビを消してテーブルに座れば(うちはダイニングテーブルで勉強させてます),黙っていても隣に座って勉強を始めます。
    手をかけると言っても,ただ黙って隣に座って自分の趣味の本を読んでるだけです。わからなかったら教える程度。
    怒る必要なんかないですよ。

    ガミガミ怒ってイライラしている親の話しを聞いていると,
    「要するに自分が気持ちよくなりたいのに思うようにならないから怒ってるんだな」って思います。
    親の都合のいいように子どもを動かしたいのに動かないから怒るんです。
    ちょっと引いて,自分を振り返ってみてください。
    そういうことはないですか?

    ユーザーID:

  • 具体的に教えてください!>便乗です

    例1:学校から帰って来て、荷物を玄関に置きっぱなしで、「片付けなさい」「部屋にもって行きなさい」と優しく時間を置いて何度か言うが、通じず。

    例2:約束の時間(登校班やスクールバスの時間)が迫っている。残り約20分。今やっている事はどう見てもあと10分はかかり、彼女の身支度には最低15分はかかる。間に合いそうに無いので「時計をみなさい、長い針が○○にきたら時間になっちゃうよ」や「皆待っているから、もう少し急ごうね」「今はそれを止めて、支度しなさい」と言ってものんびり。

    どうすればいいでしょうか!?小学校1年生女児。
    私もトピ主さんのように?最後にはブチ切れます。
    ちなみに、実際遅刻しても、荷物を強制的に捨てられそうになってもケロっとしている子です。
    おだててもほめても、どこか冷静に大人を見ています。怖い人も同様。
    大人と同等の対応をしても、大人ではない。しかし子供扱いで世話をやくとそれは嫌。難しいです・・・・

    ユーザーID:

  • すみません、ウチも同じです・・・

    母親自身が「これだけは出来てほしいよね!」というものが、子どもがすんなり出来ないと、やはり腹がたちますよね!
    こちらは中学1年の娘です。やはり同じように怒鳴っています。
    叩いたりはしませんが、「言葉でおしりペンペン」したとすれば、私の手と娘の尻、双方ともに赤くはれ上がるほどに怒鳴ること、何度もあります。

    ウチもゲーマーでマンガ好き、宿題が出ていても、ごまかしてやらない、などは日常茶飯事です。
    この前は、ためにためた数学のワークが見つかり、とうとうごまかしきれずにやらせることにしました。
    が、遅々として進まず(やっていなければわからなくても当たり前)、結局は怒鳴りながらも模範解答を私が書いて、子どもに説明しながら夜遅くまで教えました。
    その日、子どもは昼寝をしていたので、翌日も元気に学校で遊んでようですが、こちらは寝不足、フラフラで仕事していました。

    ユーザーID:

  • すみません、ウチも同じです・・・2

    あとは、子どもとの協定で、お手伝い1こやるごとに均一料金でお小遣いを与えていたら(我が家は子どもの小遣い、完全歩合制です)、ラクなものばかりやりたがったり、大変なものの料金値上げをしゃあしゃあと申し出されて喧嘩したこともあります。

    ところで先日、職場で「正規分布線」を使う機会があり、その中でパーセンタイルごとにどの辺に娘の能力が位置するか、当てはめることができました。
    子どもの能力は、いろいろな面で、出来不出来があり、パーセンタイルのしっぽの方に近いもの(数学と英語)から、頭の方に近いもの(運動や洗濯物干し)までいろいろありました。
    気にしていた学校の授業の科目は、確かにダメ印(しっぽ付近)でしたが、全部が全部ダメ子ではない、ということが客観的に解り、仕方ないかも・・・と思えるようになりました。

    でも、『出来の悪い子ほど可愛い』は絶対ウソだ!と日々思って過ごしてます。

    ユーザーID:

  • 自分にイライラ

    『子育てハッピーアドバイス』という本をお勧めします。
    軽そうなイメージの本ですが、中身は濃いです(でも平易)。
    「3」まであるのですが、トピ主さんなら「2」が良いと思います。

    ●「やればできるのに」と、子どもを励ましても効果がない。
    ●「叱ってはいけない」と思っても、子どもを目の前にすると叱ってしまう。
    などの相談がのってます。

    子供だけではなく、親に寄り添ったつくりです。

    >娘の事は本当に大好きです。

    最高のお母さまですね。お嬢さんにも何度も言ってあげてください。

    実は私は独身で、自分の中の「子供」の再教育のために読んでます。
     

    ユーザーID:

  • 自分育て!

    子育ては自分育てです。
    親の感情をぶつけっぱなしにされて、娘さんかわいそうですね。優しくしたいなら優しくしてあげてくださいよ。
    親も成長しなきゃ子どもを潰してしまいますよ。
    あなたがカウンセリングにでも通って成長してください。

    ユーザーID:

  • 2度目のレスです

    「幸いに専業主婦」という私の発言で、働くお母さん方がご不快に思われたかもしれませんので、少し補足させていただこうと思って再レスしました。

    前回は字数の関係で私の家庭環境をお話できませんでしたが、私は両親共に公務員という共働きの家庭で育っています。父母とも当時はフルタイムで働く他に、3〜7日程の出張等もよくこなしていましたので、それこそ寂しい思いはたくさんしました。

    でも、母は躾の厳しい人で家ではビシビシやられましたから、よそから見れば良い両親にしっかりした子供達という家族に見えたでしょうね。

    今の環境はというと、転勤族の主人を持ち、結婚11年にして既に片手じゃ足りないほどの転居をしています。子供達にも、幼稚園で1度・学校で1度の転校を経験させています。

    子供時代に自分自身が寂しい思いをした事、自分の子供達には転校で不憫な思いをさせているのでできる限り心のケアをしてあげたい事、以上の事から「幸いにして」となりました。ですので、働くお母さんを否定しているわけでは全くありません。ご理解下さい。

    トピ主さん
    トピずれで大変申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧