蟷螂

レス15
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

しまの薔薇

タイトルの字・・・読めた方!いますか?
そーです!カマキリです!
小町にはゴッキーが嫌い!…というトピが時々立ちますね!(好きな人は少ないと思いますが…)
私はゴッキーも嫌いですが…カマキリも大嫌いなんです!
住んでる所が田舎の為、今の時季…結構、出てくるんですよ〜奴らが!!!
今日も職場の窓ガラスにぺた〜っと何時間も張り付いてました!ひいぃ〜〜〜!!!
あの三角の頭、釜のような手、プックリとしたお腹…全てが気持ち悪い!!!
しかもハリガネムシって寄生虫まで持ってる!!!
私と同じく…奴らが苦手な方、いますか???

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 読めませんでしたッ

    「ん?とかげ?」って開いてみたらやはり違っておりました。無知です。

    蟷螂って一発で変換されるのですねぇ、はじめて知った。

    時折ブロック塀の上とかで、気持ちよさ気に風に吹かれてたりしますね。何考えてんだろう。
    見かけたら心の中で「シャーッ!」と勝手に効果音をつけています。

    あとどうしても「悪女かまきり」とつぶやいてしまいます。野郎かも知れんが。

    ユーザーID:

  • かまきりの思い出

    わ〜なつかしいです。カマきりですか。
    私も都会とは言い難いところに住んでいますが、そういえばカマきりは見かけませんね。
    子どもの頃、そうあれは、かなり前、カマきりの卵発見でポケットに入れて家に持ち帰り、そのまま忘れて..
    あらら、たいへんたいへん、カマきりが孵化してしまって、それはそれはたくさんの子カマきりがウジャウジャ
    「ぎゃ〜」っと母の悲鳴が..という思い出があります。
    カマきりは子どもの頃は、どちらかというと好きでした。よく素手で捕まえたものです。でも、大人になったいまは嫌いです。そういえば、カマきり見かけませんねえ。環境破壊のせいでしょうか。

    ユーザーID:

  • 大嫌い!!!!

    私が嫌いなもの・・・
    爬虫類・両生類・幼虫・カマキリです。

    カマキリは、やはりあのぷくっとしたお腹が気持ち悪く、かっこも得体が知れなくて拒否反応を示します。
    孵化したばかりでも、一丁前にカマキリのかっこしてるから、小さくても大嫌いです!!

    ユーザーID:

  • たんらん

    中華街で買った小学生向けの言葉の中国語単語ポスターが部屋に張ってあるんですけど、そのポスターで一年中見ていたので「蟷螂」を見て自然と「タン・ラン」と呼んでしまいました。中国語も字は一緒なんですね。

    ユーザーID:

  • 虫全般ダメな人って多いですよね。

    蟷螂が嫌いというと江戸川乱歩の化人幻戯でしたっけ?
    あの怖い夫人を思い出します。
    蟷螂に限らず虫が苦手な人って多いですよね。
    私は仕事で客から「取って」と言われてゴキブリにムカデ、蜂などと対峙していくうちに平気になりつつあります。
    でも潰れて中のものが出てきたときなど泣きそうです。

    ユーザーID:

  • 読めました(笑)

    カマキリ、お嫌いですか?
    私はあのフォルムときれいなうす緑色が好きなんですが……。

    故・杉浦日向子さんの漫画「百日紅」で、姉娘が死期が近い目の見えない妹に
    カマキリのことを「つめたくてほっそりとしてさやいんげんのようだよ」と
    説明する場面があります。
    カマキリを「さやいんげん」に例える発想に驚くとともに、「うん、似てる!」と
    深く納得したことでした。

    ユーザーID:

  • 幼稚園のとき、、、

    みんな椅子を持ち寄って輪になって座り、
    生きた「カマキリ」を手の平に乗せて、
    右から左へお隣の子に渡していく、、、
    というようなことをやらされました。
    生き物との触れ合いワーク、、ってことだったんだと思いますが、
    虫が苦手だったので、ちょっと身震いがしました。
    トピ主さんだったら泣いているかもしれません(笑)。

    父親が時々、カマキリの卵を持ち帰って、それをとうに忘れ、
    ある日、おびただしいカマキリッ子たちが部屋中、右往左往、、
    てこともありましたっけ(汗)。

    でも正直、ゴキが断トツ。ワースト1です。
    ゴキが通った場所があればエタノールで拭きまくって消毒。
    寝室で見かけたら数週間、悪夢を見るほどのPTSD症状?(笑)が
    出ますけれど、、、
    クモもカマキリも触るのはイヤだけれど、居るのはまあ平気ですね。
    横ですが、
    ゴキ増加でクモがいなくなる、、と聞いたので、
    家でクモを見かけると、「よろしくね」とお願いしています(笑)。

    ユーザーID:

  • とうろうの運動会

    自宅にささやかな家庭菜園を作っています。元来がぐうたらなため、農薬の類は一切使いません。おかげで美味しい野菜が取れますが、それ以上に昆虫類が沢山よってきます。天道虫、コガネムシ、ハチ、花アブ、キリギリス、バッタ、クモ、蝶々…そしてカマキリ。

    夏のある日、トマトの様子を見てたら葉っぱやらクモの巣に絡まりまして、大汗を流しました。洗面所で汗を拭こう…とすると顔面を走り回る小さな虫。

    最初クモの子でも着いているんだろう、などと思いつつ鏡を見ると、5mmほどのカマキリの子が私の顔面を走り回っていました。

    成虫がそのまま小さくなった感じで、確かに可愛いのですが、成虫のメスは交尾のあとオスをムシャムシャ食べるそうです。カマキリに生まれなくって良かったと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主でございます

    トピ主です。
    共感して下さった方やちょっと意外な情報まで下さった方…駄トピにも関わらずレスを下さってどうも有難うございます!
    さて、先日、某番組で「昆虫を食す」なる特集をやっておりました。「むむむ…何だかイヤ〜な予感!」と思ったとおり!予感は的中!!!
    な!何とカマキリを唐揚げにして食べてました!
    ひいぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ〜〜〜〜〜!!!!!
    思わず失神寸前になりました。しかもタイミング悪く私は食事中で一気に食欲減退…泣!
    ちなみに、カマキリを食した女性レポーターの方は「エビのような感じですねぇ〜」と爽やかにコメント…何とも度肝を抜く行為ですね…
    余談ですが・・・「蟷螂」と書きますが「螳螂」とも書くみたいです。

    ユーザーID:

  • 忘れたけど

    確か、意味のある虫だったようにおもいますよ。

    カマキリとかトカゲもトカゲはヤモリといって家を守るといわれている。最初は気持悪かったけど、家にトカゲが出てくるのは言いといわれ、窓に張りついているトカゲを気にしなくなりました
    カマキリはなんやったかなー。ご先祖さんのお使いの虫やったかなー。忘れたけどそう言った類の意味のある虫のはずです。
    例え虫でも命あるもの大切にという事でしょうか?。

    トイレ掃除をしたら綺麗になるというけど、誰もがトイレを掃除をするのはいやだからそのように言っているのと同じように。
    カマキリについては、本当のところどうかわかりません。
    でも、私は信じていてカマキリの出現に喜びを感じます。

    ユーザーID:

  • 蟷螂様々

    我が家の庭では、毎年春になるとカマキリの産卵が見られます。
    只今も、既にカーキ色に変色し、ぷっくりと大きく膨らんだお腹の妊婦カマキリがノロノロと徘徊しています。

    正直不気味な姿だし、ボクサーのフェイントみたいな動きも好きになれないのですが、それでも矢張りカマキリ様々なのです。と言うのも、丹精込めて育てている草花の葉を食い荒らす、憎きバッタを退治してくれる益虫だからなのです。

    話は逸れますが、カマキリとバッタの関係は実に興味深いです。
    春、産まれたばかりの小さなカマキリの子供をバッタが食べ、秋は逆に、大きく成長したカマキリがバッタを食べる。密なる食物連鎖です。

    物凄く小さいけれど、親と同じ姿で産まれてくる黄緑色の子カマキリは可愛いですよ。

    ユーザーID:

  • 『カマキリ嬢とゴキブリ氏』〜夏物語

    北海道出身ですが関東に来るまでカマキリとゴキブリは見たことがありませんでしたので、どちらも初めて遭遇したときは感激したものです。

    カマキリ嬢には関東で過ごす最初の夏のある日、玄関先でお会いしました。
    ドアを開けると正面足元に大きなカマを振り上げてお出ましでしたが、はじめて見る美しい黄緑色のお姿にしばし見入ってしまいました。

    ゴキブリ氏には同じく夏の夜にジュースを買いに行った自販機の元でお会いしました。
    最初は大きなカブトムシ(メス)と思って、飲んでいたジュースを捨て、紙コップをかぶせて捕まえようとしました。
    でも足が速くて追いつきません。自販機の下にもぐってしまい、あとから悔しさに堪えきれず夫話すと「それはゴキブリ!」とのこと。
    逃げられた時捕まえられなかった負け惜しみに「内地のカブトムシはさすが暑さに強くて足の速さが違う!北海道とは大違い」と思った私です。
    まさか、あれがかの有名なゴキカブリ氏だったか!と夜も眠れないほど興奮しました。

    あれから十数年・・・カマキリ嬢にはなかなか会えずにいます。ゴキブリ氏には相変わらず逃げられており、別の意味で悔しい思いをしております。

    ユーザーID:

  • 蟷螂の斧

    生まれたばかりなのに親と全く同じ姿をしていて、相手がどんなに大きくても強くても鎌を振りかざして向かっていく。
    決して恐れず、怯まず勇敢ですね。

    中国の故事に「蟷螂の斧」と言う逸話がありますね。

    以前は体長8センチ位の立派なやつを見かけたが最近は小さなやつばかり。
    周辺の自然環境が変わったのかな。

    ユーザーID:

  • 結構大丈夫

    先日,会社でお掃除のおばちゃんが,
    『ちょっと!蟷螂大丈夫な人,誰かいる?』
    と聞いてきたので,なぜか私が行っちゃいました.
    蟷螂が建物内に入ってきているので外に出して欲しかったらしいのですが,
    行ってみると,体長5 cm程度のミニ蟷螂でした.
    つまんで無事外の植木の中に離してあげました.

    ユーザーID:

  • 「とうろう」じゃないの?

     「蟷螂の斧」っていう言葉は知ってますが、読み方は「とうろうのおの」であって、「かまきりのおの」じゃないですよね?
     短歌や詩で漢語的表現をあえて用いるような場合を除き、日常の日本語で「蟷螂の斧」以外に「蟷螂」という漢字を用いることはないと思います。

     確かにパソコンでは「かまきり」で「蟷螂」って変換するし、国語辞典にも「かまきり」に「蟷螂」の字が当ててあるけど、違和感がありますね。
     「蟷螂」って書いてあればやはり読み方は「とうろう」であって、「かまきり」と読ませたければふりがなをつけるべきだと思うんですが・・・。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧