恋愛・結婚・離婚

同僚を異性として意識するきっかけ

レス6
お気に入り0

ぴーちゃん

男女

もうすぐ30歳になる女性です。
最近、全く意識していなかった同僚の男性をふとした瞬間から意識するようになってしまいました。
突然の出来事で、彼が私を支えるためにボディタッチがあったからなのですが、それ以来、なんだか気になる→意識する→好きになる となっていきました。
しかし、相手の男性はおそらく私の気持ちの変化に気づいていません。彼に彼女はいません。
社内恋愛になるのであからさまに気持ちを出せないでいます。しかし、できれば私のことを異性として意識してくれないかなあと思っています。飲み仲間で、つまらないことを話せる間柄です(二人で飲んだことはありません)。
そこで、最初は同僚や友人としてしか見ていなかったけれども、ある日異性として意識しだしたきっかけなどあれば教えてください。

特に男性の方で、女友達を好きになった瞬間や恋人になった経験があれば教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「良いな」と思った瞬間。

    今は、僕の妻として主婦業に勤しんでいる彼女は、
    元々は、僕の1年上の先輩同僚でした。

    1年しか違いはないのに…
    大学のレベルでは、僕の方が上なのに…
    …といったプライドがあって、初めは、出来る彼女を、「ツンケンした女」としか思えませんでした。

    でも、ある日、残業している時に、自販機コーナーに立ち寄って、
    ついでに、実家に電話を掛けました。
    「母さん? 肉じゃが、サンキュ。マジ美味かったよ」
    「あのグレーのコートを送ってもらえるかな?」
    「うん。正月には帰れると思う」
    などと話した後、目の前に彼女が立っていました。

    「お母さんと電話してたの?」
    慌てて携帯を閉じる僕に、彼女は言いました。
    「うん。要らないって言っても、食いもんを送ってきて…」
    と、言い訳する僕の言葉に被さるように、
    「優しいお母さんね?」
    と、ニッコリ笑いかけてくれました。

    学生時代の彼女に、「母親と電話した」というだけで、「マザコン」扱いされた僕としては、その瞬間、彼女が「聖母」に見えました。

    「他人を誉める姿」は、誰でも美しいものなのですが、
    「自分の身内を誉めてくれた彼女」に、僕はあっさり墜ちました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ご意見どうもありがとうございます。
    やはり男性は、女性に母性のような、温かく優しいものを求めているのかなあと感じました。
    引き続き、ご意見をお願いします。
    特に男性の方に書いていただくと嬉しいです♪

    ユーザーID:

  • 妻や彼女の話ではないのですが

    小学校の時の話です。
    席が隣だった女の子なのですが、普段は割と気の強い友達どうしでまとまって
    いる子で、どちらかといえば苦手なタイプでした。
    ところが、ある日、自分が授業中に腹痛を覚えていた時に、たまたま落とした
    消しゴムを彼女が拾った際、私の表情に気づいて「大丈夫?」と心配してくれ
    たのです。
    彼女の表情と発言に思わず「おっ、彼女、優しいんだ・・・」とプラス評価に
    なりました。
    それで、好きになった・付き合ったというところまではなかったのですが。

    男は女性の『優しさ』に弱いもの。
     ・彼が困っていたり苦しんでいる時には「大丈夫?」、病気明けには「お体
      の方はもう良いの?」と声をかける
     ・日常の中で「ありがとう」と感謝の言葉を表してみる
    といった、さりげない優しさの表現を心掛けてはいかがでしょうか。

    ちなみに、流行の「ツンデレ」である必要はないと思います(苦笑)。

    それから、トシハル様の素敵なエピソード、読んでいて心温まりました。
    (奥様のご発言はもちろん、トシハル様のお母様へのお礼の言葉も)

    ユーザーID:

  • 女性ですが

    私の付き合っていた人が落ちた瞬間を私は知っています。

    中途でほぼ同時期に入社した彼と2年くらいは単なる顔見知りで、その後同じ部署で仕事をすることになりました。

    私のほうが年上でキャリアも上。
    彼はキャリアがないけど人望のあるタイプ。

    私は彼に越されないよう突っ張ってました。そんな私を彼は可愛げのない女だと思っていたみたいです。仕事以外の話しはほとんどしませんでした。

    ある日深夜に及ぶ残業中(二人きりじゃなかった)ふっと私が素になって「疲れたし眠い〜」みたいなことを子供っぽく言ったところそれを聞いた彼は心底ビックリした顔で
    「そういうところがあったんだ〜」って。

    それを聞いたとき「あ、この人私を見る目を変えたな」ってはっきりわかりましたよ。

    実際、後日食事に行こうって話しになりお付き合いが始まりました。

    自分もそうですが、意外な部分が自分の「ツボ」だとあっという間に恋に落ちます。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    女性として意識するきっかけには、普段とてもそんな風には見えないのに、ふとした瞬間に思ってもみなかった優しさを感じて意識するようになることが多いのですね!
    私も、その彼に優しく、気づかって接してみます。
    みなさまどうもありがとうございます。
    引き続き、コメントをお寄せくださいませ。

    ユーザーID:

  • 女ですが〜

    私は主人と社内恋愛でした。

    主人の事がずっと気になっていたけど行動に出せずにいました。

    きっかけは私の力技です。
    危険な賭けでした。

    主人が体調を崩して数日間会社を欠勤していました。
    独り暮らしだから大丈夫かと社内で心配する声が上がったので、住所録をこっそり見て彼のアパートに見舞いに行ったんです。もちろん消化のいい食料を携えて。

    弱っている時に女性からお見舞いされたら通常より更に意識が高まりますよねぇ。
    対象外だったらこの行動はドン引きされますが、主人にとってはツボだったらしく、それ以降主人からのアプローチがじわじわと続き、交際が始まり結婚に至りました。

    やっぱりさり気ないけど明らかに自分だけに優しい思いやりって効果バツグンだと思います。
    私のは行過ぎた行動ですが(笑)

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧