旅行が怖い!(駄です)

レス14
(トピ主0
お気に入り0

旅行・国内外の地域情報

自宅派

いわゆるパック旅行には縁が無く、ライブや観劇、友人
と会う為など、個人計画旅行が殆どなのですが、毎回、
どよ〜んと暗い気持ちになります。

理由は、迷ったり、道を間違えたりしたらどうしよう、
この靴で足が痛くならないか?寒かったら暑かったら等
「どうでもいい、細かいこと」すべてです。

なので、行き方を徹底的にメモ、駅構内図も熟読。
予定も検討を重ね、無駄の無いように計画、何度もシュ
ミレーション。それでも「ハプニングが起きたらどう
しよう」とクヨクヨ悩み、出発日には憂鬱に。
ホテルでも、翌日の予定を頭に叩き込むので精一杯。
帰宅するとヘトヘトです。
荷物も、あれこれ思い巡らし、出したり入れたり。
忘れ物があってもイヤなくせに、沢山持ち歩くのもイヤ
なのです。要するに、失敗が怖いのです。

普段はハプニングには強く、すべてに大雑把。適当です。
なぜか旅行に出るとなると、緊張しまくり。
折角の楽しみのために出掛けるのに、楽しみ<怖さ と
いう感じです。

色々計画立てたり、調べたりするのも旅行の楽しみの
一つ、という人もいますが、尊敬してしまいます。

同じような方、いらっしゃいますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 用意周到に周到にという点は同じ

    あれこれ心配して想定して準備しまくり、それが楽しみというよりむしろ面倒、苦痛というのは一緒かなあ?
    旅行中も翌日のスケジュールを考え、前の日はガイドブックなど深夜まで詳しく調べなおして疲れていてもなかなか寝るわけには行かない、はあ、疲れるわ。

    >「どうでもいい、細かいこと」すべてです
    わかる、私も気になりまくりです!

    でもそれだけ事前に調べまくるので後はあまり悔いが残らないのがよい点。そのためにあれだけしんどい思いをして調べるわけですが。
    調べまくった結果、ことが順調に運べば「調べておいてよかった」と思えますし、あれだけ準備したのに思う通りにならなかったらそれはそれで「あれだけ準備したのだから仕方ないよ。もし準備不足でうまく行かなかったのならやっておけばよかったと後悔するけど、あそこまでやってもダメだったんだから悔いは残らない」という気分になれます。

    こんなに細かいことにこだわらずに旅行できる人が羨ましいです。
    夫はこんな準備周到の妻の計画にタダ乗りして、苦労せずにおいしい思いだけしています。味をしめて夫は旅行に行きたがるけど準備が大変な私はもう嫌!と思う。(笑)

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    コマさん

    ありがとうございます!同じような方がいらっしゃったの
    で嬉しいです!はあ・・・そうなんですよね。なぜか
    用意周到にしてしまう・・
    コマさんと違う点は、失敗すると、あんなに調べたのに
    バカバカ!と自分を責めてしまう点。そこだけ「汚点」
    みたいにクヨクヨしてしまうんです。

    私は独身なのですが、夫さんのように、友人が便乗する
    感じになっています。自分がしたくてしているので、
    いいのですが・・

    友達で、やはり、あれこれ自分でプランを立てて旅行に
    行った人がいて「ネットで調べて、予約もネットでして
    ルートなんかも全部自分で下調べしたの。そっちの方が
    楽しかったくらい!」って言われ、尊敬してしまいました・・

    もっと肩の力を抜いて楽しめるといいのですけれどね・・

    ユーザーID:

  • 財布があればなんとかなる

    海外ならパスポートと財布
    国内なら財布があればなんとかなります。

    路がわからなかったら、人に聞けば大丈夫。
    寒かったら現地購入。
    暑かったら脱ぐ。
    痛くならない靴を履いていく。
    それでも痛くなるときは痛くなるんです。

    あとは、携帯とガイドブックがあればなんとかなります。

    私も乗る電車の時刻表やら、観光スポットの行き方やら細かに調べてプリントアウトして持っていきます。
    この間は夫が直前にその紙を眺めていて、家に置いてきました。
    なんとかなりました。

    イタリアで貴重品を全て電車の中でなくして、警察は英語があまり通じず、かなり辛い思いをしました。
    パスポートもお金もカードも航空券もなくなり、最後のローマでの買い物は何も買えませんでした。
    幸い友人が無事だったので、いろいろ借りたんですが。。
    でも、なんとかなりましたよ。
    そこから、まあまあ強くなりました。

    ユーザーID:

  • いるんだ〜!

    私と同じ人!!!(笑)

    色々考えすぎてしまう為、持ち物を決めるにも一苦労です。旅行の準備なんて、もう病気になりそうです。

    地図なんてもう出発前から頭にたたき込んでいるもんですから、現地に着いたら地元民のように歩けます(笑)

    「心配性」「臆病」なんて言われることもありますが、「現地に着いてから考えるわ〜」という人も、我々心配性が一緒に行くからこそ失敗が少ないのであって、それなりに役に立っていると思います。(海外旅行では重宝されてます)

    しかし「失敗」に弱い面は直したいと思っています。ハプニングも旅のスパイス!なんて言える日が来るといいなぁ〜。ま、その時は脳天気派の友を頼りにします!

    自分の弱い面と周りの弱い面、お互い補い合って楽しい旅ができるといいですよね。

    24日からハワイに行って来ます。。。
    とほほ。。。(既に病気になりそう!)

    ユーザーID:

  • 一度、むちゃをしてみましょう!

    私も、旅行は準備や下調べで疲れてしまう派でした。
    でも、今は楽しみ。旅行大好きです。
    変わったきっかけは、大雑把な夫との生活です。
    彼は大学生の頃、友人とわずかなお金で安い宿を泊まりつつ、バイクで何泊もの『予定のない旅』をしていたようです。
    家族を持った後も、車で外食に行ったまま、「明日休みだよね。」と、旅行を開始してしまうのです。
    「え?着替えは?オムツは?」と、焦る私。
    でも大丈夫。国道沿いのホームセンターへ寄って必要な物を購入し、あとは風まかせ。
    結局、当日飛び込みで泊まれるホテルが見つからず、深夜帰宅することもありました。

    何も持たなくても、日本国内なら、お金があれば何とかなるもんだ。

    と、実感しました。

    その後、夫も少し変わり、家族の旅行では宿の予約をしてから出かけるようになりました。
    私は相変わらず、細かい予定を立てて、下調べをしますが、いざとなったら何とかなると思い、旅行を楽しんでいます。

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 私も〜!

    私も、旅行の準備を考えると、出かける前から疲れきってしまいます。私の場合は現地での行動よりも持っていく荷物のことで憂鬱になります。以前旅行で衣類が足りなくて困った経験がトラウマになってしまっていて、カバンに入れ忘れがないようにエクセル表に「持っていくものリスト」を作っているくらいです。国内旅行ならまだいいのですが、長期海外旅行に行ったときは旅行の1ヶ月前から荷物の事で気が変になりそうでした。旅行は大好きなんだけどなあ。もっと気楽に行かれるようになりたいです。

    ユーザーID:

  • ズボラです

    私は国内外問わず、お店のある国しか行った事がありませんが、最終的に「そこで買う」を保険にしてます。寒かったら上着を買い、歯ブラシ忘れてたら買う。
    売ってる場所なら手に入ります。

    迷ったら地元の人に訊くでも良し、失敗ものちのちネタになれば楽しい。迷うかもしれない時間を考慮し、必ずフリータイムを計画します。時間が余れば散策。調べるのは「絶対行きたい所」だけです。欲張って計画してフリータイムを潰す事はしないかな。


    「普段は大雑把」なら、日常の延長(ちょっと遠出の散歩)みたいな気持ちで行けばどうでしょうか。

    ユーザーID:

  • 旅行に「失敗」はない−1

    私も以前は旅行があまり楽しめませんでした。
    事前の準備から気が滅入るのもわかります。
    それがあるときから、まったく楽しめるようになりました。

    なにが切っ掛けかな?と考えると・・・

    ひとつは、旅行に「成功」も「失敗」もないと思うようになったから。
    それまで想像通りの体験をできたことが「成功」と考えてましたが、そもそも旅行は日常と違う体験をするために行くものですよね?
    それなら、どれだけ予想外のことを体験できたかが、その旅行の価値ではないかと。
    楽しいことや感動したことだけでなく、恥ずかしい思いも苦い経験も含めて、その「旅行」だと思うんです。

    それと、ガイドブックなどで調べて行っても、結局空き時間にふらりと立ち寄ったスポットでの体験の方が思い出になっているのに気づいたこと。
    その場の空気に直に触れてみないと、自分にとってわくわくする場所かがわからないんですね。
    ただ温泉に入って、あとはキレイな景色や居心地のいい部屋の中で普段読めなかった分厚い本を読破する、という慰安旅行が楽しいと思う歳になったと気づいたのも、旅行の形を変える切っ掛けでしたね。

    ユーザーID:

  • 旅行に「失敗」はない−2

    それで、以前と変えたことを考えると・・・

    スケジュールに関しては、行きたいスポットを厳選するようになりました。
    まず、最低限そこさえ行ければ満足、というその日の「目的」を絞り込む。
    あとは、時間が空けばここも寄ってみる、というオプションをいくつか考えておく。
    目的の場所が屋外であれば、雨の日バージョンを同様に考えておく。
    こうして、絶対はずしたくない要所はきっちり押さえた上で、あとはその場その場で組みかえられるプランを考えておくんです。

    荷物に関しては、使うかどうかわからないもので、現地で調達できるものは極力持っていかない、と割り切る。
    国内ならコンビニが充実してますし、ホテルも相談すればいろいろ対応してくれます。

    服装に関しては、極力着まわす。
    一見前日と同じ服装でもそう覚えている人もいないでしょうし、同行者やホテルの方など旅行中とわかってくれている人は大目に見てくれるでしょう。

    あとは「旅の恥は掻き捨て」という心構え(あるいは意気込み)。
    これに尽きます。

    以上、参考になれば幸いです。
    それでは、楽しいご旅行を!

    ユーザーID:

  • 分かるな〜。

    私もこまごまと準備してしまう方です。
    逆にダンナはほとんど準備しません。
    以前ダンナ任せの旅に出たら、迷ったり時間を無駄にしたりすることが多く、「やっぱり調べときゃ良かった〜!」と後悔しました。
    結局下調べを念入りにして出掛けています。
    でも、日本国内なら財布とメガネ(ど近眼なので)さえあれば何とかなるということも分かりました。

    荒療治に、一度なんにも準備せずに出掛けてみてもいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • 愚痴です

    一緒に旅行に行く彼がアクシデントに弱い人(応用、適応、決断力ゼロに等しい)で、行く前から通常プランに加えて「雨が降った場合のBプラン」まで考えてるような人です。荷造りにしても10分で終わる私に比べ、いつまでも出したり入れたり出したり入れたり・・・。
    終いには悠々としてる私が憎らしくなるらしく「もっとちゃんと考えろ!俺一人でやってる!」とキレだしたり。その「計画的(彼はそう思ってる)」と言えば聞こえの良い「何でも事前に決めておかないとその場で決められない優柔不断な性格」がムカついて彼と旅行に行くのが嫌になってる今日この頃です。
    どうしたらそういう「無駄な心配」をしないでくれるのか私も知りたい。

    ユーザーID:

  • 詰め込みすぎ

    ガイドブックで計画を立てるのも良し悪しです。
    食事はこれ、合間の散歩はここ、メインはこの景勝地で、ディナーはこの繁華街!
    なんて修学旅行かツアー並にスケジュール立てたら、トラブルあるだけ焦ります。

    旅の目的は、食べつくしなのか、見学なのか、ショッピングなのか、保養なのか、決める。
    日程の1日当たりの主目的は1〜2つにして、あとは道すがら。

    ライブや観劇でフォーマルが必要なら、事前に宅配便で一式ホテルに送る。
    そして、観劇当日ではなく、前日からホテルに泊まる。
    暗記出来ない予定は、自分に無理してると考えてます。
    仕事なら無理もしますが、観光ですし気楽に。

    ユーザーID:

  • 私も同じようなタイプです。

    友人にも心配性過ぎと笑われてしまいます。
    それに欲張りなんですよね。時間を無駄にしたくないとか
    無駄なお金は使いたくないとか
    どうせご飯食べるなら美味しい店とかテレビで紹介されたところじゃなきゃ嫌とか。
    「少々ロスしてもいいや!」「万事お金で解決!」とか思えれば楽になれると思いますけど
    それもなかなか思えないんですよね〜ケチで貧乏性と言うか。
    でも時は金なりですからね。
    時間も有限なのでほどほどのしようと思う昨今です。

    ユーザーID:

  • おっちょこちょいなぶん楽観的

    わたしは下調べが大好きです!国内でも海外でも、いろいろなことを調べます。電車やバスの時刻、お昼ごはんはここでこれくらいの時間をとる、それからここへ行って、ああして、こうして・・・。国内で車旅行だったら高速の走行距離、PAの通過時間まで。あれこれ考えをめぐらせるのが好きなんですね。それで旅行前には、もう行ってきた気になっています。

    それでいて、せっかく調べてプリントアウトした時刻表や地図を置き忘れるんです。出発してから「ガ〜ン、わすれたぁ!」。毎度のことで、夫からも「大得意だもんね」と言われてしまいます。

    僻地へは行かないので、最終的には、財布とパスポートさえあれば何とかなると思っています。そして実際、なんとなかなってきました。海外で一人のとき、航空券を機内へ忘れてきたこともあるし、かばんを盗まれたこともありますよ。でも無事帰還しました。トピ主さんだって、一人で旅行に出られるんだから大丈夫ですよ!「なんとかなるさ!」と10回くらい唱えて、自己暗示をかけてみてください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧