喪中ハガキの差出人

レス22
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

kim

今年の春に同居していた義父が亡くなりました。

喪中ハガキは義母が注文しました。できあがったのを見せてもらったら、文面は、家族の誰が亡くなったのか明記されておらず(これは一般的によく見られることですが)、差出人の名前が義母と夫の連名になっていました。手書きで私の名前を書き足せばよいことでしょうが…。

一瞬、義母と夫が夫婦のように思えてしまいました。そして、少し考えてみると文面に誰が亡くなったのか書いていないので「夫を失った義母」と、「妻を失った私の夫」が、同居しているという理由から一つにまとめたハガキを出しているというようにも見えてきました。考え過ぎかもしれないですね。

そういう喪中ハガキを見たことがありますとか、うちの喪中ハガキも義母と夫の連名です、というご意見が聞ければ安心します。教えてください、同居している義父が亡くなったときの喪中ハガキの差出人はどう印刷されていますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は見たことないです

    喪中のはがきは毎年受け取りますが、そのような連名は見た事ないです。
    出すならお母様の名前のはがきとトピ主さんのご夫婦連名の2種類なのではないですか?

    ユーザーID:

  • 喪中葉書

    連名の喪中葉書は良くあります。

    喪中葉書を出す相手は良く知った人ばかりですから(知らない人には出さないでしょうから)たとえ年賀状の挨拶程度の方でも、喪中葉書を貰えば、亡くなられた方は推察できるはずです。

    普通は喪主の名前で出しますが、特に商売などをしていると、喪主が亡くなった当主の妻で、跡取り息子がいる場合など、連名にするのは普通の事です。

    ユーザーID:

  • 祖父が亡くなったときは

    伯父、伯母、祖母の順で連名になっていました。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    minaさん、私のつたない文章を読んでくださり、有難うございました。
    そうですか…。こんな喪中ハガキ、見たこと無いですか…。

    義母が相談も無く注文したのですが、義母の真意を測りかねます。そしてそれを「宛名書きをしてくれ」と、私にそのハガキを渡す夫の真意も測りかねます。家族と思ってもらえていないのかしら…。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    chomicatさん。
    葬儀が家族葬だったので殆どの人が義父が亡くなったことを知りませんが、うちは商売をしているので跡取り息子と喪主の連名なのですね。なんだか腑に落ちない気持ちでもやもやしていたのでホッとしました。ありがとうございます。

    sunuさん。
    「伯父、伯母、祖母の順で連名」というのもあるのですね。姪っ子にとって私は叔母ですので、sunuさんの場合ですと私の名前も記されるのでしょうが、義母よりも前に名前が来るのはなんだか気が引けます。あとあと気にかかるよりはむしろ私の名前が無くて良かったのかもしれないと思えてきました。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • あります

    別居していますが、義母と夫(長男)の連名で出しました。義母の希望です。
    私の友人には、手書きで私の名前を書き足しました。

    ユーザーID:

  • 年賀ハガキと同じに

    喪中ハガキは通常年賀ハガキの代わりに出すものですから、差出人はいつもどおりにするのが一般的だと思いますよ。
    貴女の友達宛にご主人とお母さんの連名じゃ実におかしいですよね。
    ひょっとして
    「貴女は肉親じゃない、貴女はこの喪の悲しみの仲間ではない」という義母さんのアピールなんでしょうか…

    ユーザーID:

  • 知らなかった

    母と息子の連名はよく見ますが、亡くなった方がわからないような文面って、、それはいまだかつて見たことありません。

    「身内が亡くなりましたので、、、」とかいう書き出しでしょうか。
    そうなんだ〜と目からうろこでした。

    ただ、母と息子の場合は、息子さんはたいてい独身でした。でも、まだ喪中はがきってそんなにたくさんもらったわけではないので、まだまだ知らない常識があるんだな〜という感じでした。

    喪中はがきを作るときって結構身内も混乱してますし、母一人じゃ心細くって息子さんにせめて連名にしてもらったのでは、、、。うちも文面作るとき家族会議になりましたので。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    ぺんこさん、レス有難うございます。
    私と全く同じ事例なのですね。自分の名前を書き足せばそれでいいこと。頭では分かっていても何となく違和感が残ったのでトピを立てたのですが、同じものを作ったという方がいらっしゃったので、こういうのもアリなのだとわかりました。有難うございます。

    キウイさん、私の感じた違和感を代弁してくださって有難うございます。まさしく、「貴女はこの喪の悲しみの仲間ではない」とアピールされたような気持ちです。しかも、義父の葬儀や初盆で一番働いたのは私だと自負があるので余計に違和感がありまして。。。

    以下、愚痴です。ごめんなさい。
    義母は一度も花を供えたことがありませんし、仏壇の掃除も全くしません。亡くなって三日目以降毎日パチンコに出かけてラストまで打ってきます。遠いお墓だからと言って未だに納骨が終わっていません。私が代わりに行くというとそれはダメだと言います。亡くなってからもう3回も旅行に出かけているっていうのに。。。

    ユーザーID:

  • 最近喪中ハガキを発送しました

    いろんなサンプルを見ている中で、「亡くなった方がわからないような文面」というのはわりあいよく見かけました。
    そのタイプの喪中ハガキを受けとったこともあります。

    家族など、複数の人が同じハガキを使用したいという場合に便利なのだと思います。
    トピ主さんの場合なら、お姑さんにとっては「夫◯◯」、ご主人にとっては「父◯◯」、トピ主三にとっては「義父◯◯」となるように、続柄は人によってまちまちですから。

    その点についていえば、変わったことではないと思います。

    差出人名の方は、周囲に親世代と同居している人が少ないためかもしれませんが、私は経験ありません。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    まめまめさん、レスありがとうございます。
    まめまめさんは母と息子の連名はよく見られるのですね。妻が居るのに妻の名前は無くて。
    心細かったにしても、家族会議とは行かなくても、せめてひとこと相談してくれたらそれなりの納得ができたのになぁと思います。

    しかしながら、違和感や疎外感、ひどくいえば悪意を感じてしまった私はまだまだ知識が足りないのですね。


    ちなみに、誰が亡くなったか明記しない喪中ハガキの文面は、うちの場合、「喪中のため年頭のご挨拶は謹んでご遠慮申し上げます」という書き出しです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    もけもけさん、レスありがとうございます。

    続柄は人によってまちまちだから誰が亡くなったか明記されていないというのは私も納得いくのです。しかし、それにくわえて差出人に自分の名前が外されていると、普段の義母や夫の態度まで考えてしまい、モヤモヤした気持ちになってしまったのです。
    しかし、「跡取り息子と喪主の連名だ」と思うことで落ち着いています。(実はまだ拭いきれないモヤモヤ感はありますが。。。)

    ユーザーID:

  • うちも喪中です

    トピ主さんお気の毒です。そりゃないですよね!!

    実はうちも義父が亡くなりまして、先日喪中はがきを送付しました。
    義母・義理姉一家・ウチの三家族がそれぞれハガキを注文して、それぞれ送付しましたよ。
    ですので当然、義母は一人の名前、私たちは夫婦連名です。それが普通だと思います。

    私だったらきっちり抗議します!納得いきませんもの。自分だけ手書きなんて悲しすぎます。喪中はがき云々の話だけではなく、自分が軽んじられている気がすると思います。

    ユーザーID:

  • こういう場合

    お姑さんの関係の方にはお姑さんの名前で出して「夫00が他界しました」と書いた方がいいですし、御主人の関係の方にはご主人の名前で出して、「父00が他界しました」と書いた方がいいですね。

    もし私があなたなら「これを受取ったら誰が亡くなったかみんな疑問に思うよ」って主人に言いますよ。そして上述した事をアドバイスとして伝えます。

    ユーザーID:

  • うちもそうです

    別居(車で1時間ぐらい)嫁です。
    義父が亡くなった喪中はがきの差出人は、
    義母と夫の連名でした。
    義母がそのように注文してました。
    ちなみに住所は、義実家の住所で・・。
    (我が家は、仮住まいではなく、7年前に家を建て、持ち家なので義実家に帰る可能性はゼロです)
    義母には義母なりの気持ちがあるのだろうな、と
    私は思っています。
    別に住んでいるけど、おまえはこの家の長男なのよ
    という気持ちのあらわれかな、と。
    それは、当然のことなので、あまり気にしていません。
    (そしてもちろん、私の名前は印刷されていません)

    ユーザーID:

  • 聞いてみました

    昔連名でいただいたことのある方に聞いてみました。

    連名なのは、家族で同じはがきを使うからとの答えでした。その方は当時はまだ独身で家は出ていましたが仕事はしていたので会社関係にも出すために、社会人として自分の名前がないと、、、と思ったそうです。兄弟はまだ学生さんだった。
    別に作るより一緒に作ったほうが無駄がないから、、。
    聞いてみるといちいち納得しますが、トピ主さんの場合は落ち着かないですよね。
    でもお舅さんが亡くなって、奥様の名前も入れるのかといったらその事例も見たことがないので、なんともいえないです。でも同居しているのだし、、とも思うし、、、。

    こういうことは、最近は合理的に済ますことが多いので細部まで配慮がなされないこともありますね。
    それこそ家族会議で決めたことならよかったのにね。
    あんまり気になさらないほうがいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    いちごさん、レス有難うございます。
    今更刷り直しもお金がかかるし、先日手書きで書き足して投函したらなんだか「もうどうでもいいか〜〜」という気持ちに変わってきました。
    でも「トピ主さんお気の毒です。そりゃないですよね!!」この一言、嬉しかったです。気持ちをくんでもらえたと思えました。


    もえさん、アドバイス有難うございます。
    目にした瞬間そう言えたら良かったですね。とっさに言葉が出てこず、タイミングを逃してしまいました。夫は蒸し返した話(こと、義母が関係する話)には、手のつけられないほど激怒しますので今更言えませんし、上記の通り、今は私もこだわりがなくなりました。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    さよこさん、大人の考えを持つことが出来る、素晴らしい方ですね。
    「義母なりの気持ちがあるのだろうな」「当然のこと」と、さらりと流すことが出来なかった自分が恥ずかしいです。
    頭の下がる思いです。有難うございます。


    まめまめさん、再び有難うございます。私のトピを気にかけてくださっていたんですね。
    そう、気にしないことが一番ですね。そして、投函してしまったらあとは受け取る人がどう思うかであって私がそこまで気を配る範疇ではないのだ、などと思うと、気持ちが楽になりました。
    そう考えてしまうアタリがまだまだ大人の考えに至っていないのでお恥ずかしいですが…。

    ユーザーID:

  • 受け取ったほうは・・・・

    一昨年、友人(女性)の名だけで、どなたが亡くなったのか書いていない喪中はがきを受け取りました。
    彼女は既婚なので、もしかしてご主人?と思い、
    もやもやし、電話するのも変だしな〜と1年待つと、
    今度は家族連名の通常の年賀状が来て、ホッとした
    次第。
    ご商売をされているなら、義母様・ご主人様の連名は
    アリとしても、どなたが亡くなったかを書くのは、
    常識のように思えます。ご近所なら分かるでしょうが
    遠いところに住んでいる友人にしたら、あなたが亡くなったのかも!?と気をもみますよ。(不吉なこと書いてごめんなさいね)お友達には、必ずあなたのお名前を追記してくださいね。妙な誤解をされないように!

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    にゃんさん、レスを有難うございます。
    私も今年、女友達から旦那様の名前のヨコに手書きで名前を書き足した、どなたが亡くなったのか書いていない喪中ハガキを受け取りました。
    ご主人のご両親?まさかお子さん?と、確かに気を揉みますね。

    私は自分の名前を書き足しましたが、中2の娘の名前(元気でとても死にそうにはない ・笑)を書き足していませんでした。きっと気を揉んでいる人がいるでしょうね。反省です。
    それぞれに作ると不経済ですが、せめて世帯に分けたら良かったのにと思いました。まぁ、義母が独断でしたことなので何も言えませんが。

    ユーザーID:

  • 私なら

     トピ主さんの義親宅は商売もしているという事ですから、そういう連名もアリなんですね。(私は知りませんでした)

     きっと私なら、それ(義母が印刷を頼んだ分)はそれで、義母の知人と商売関係だけに出し、自分の家庭の分は自分達で別に印刷すると思います。

     ウチも今年、私の祖母が亡くなり喪中です。亡くなった祖母の名前も入れました。子供の名前は一瞬迷いましたが入れました。家族だし。

     特に亡くなった方の名前が入っていないなら、なおさら、そうしたと思います。その前に、誰が亡くなったかを知らせない事はしないと思います、私なら。名前よりも、自分からみて誰(父とか祖母とか)がなくなったかという事って、重要なんじゃないかと思います。

     例えば今年の我が家の場合は、ダンナから見ると少し遠い縁だけど、これがダンナの両親だったりすると、受け取る側の気持ちも変わってくるように私は思うのですが。気にしない人は気にしないんだろうけど。 

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    リボンさん、レス有難うございます。
    私も義母が独断で注文したものは義母の知人と商売関係だけに出したかったのですが、注文枚数が200枚。普段家族全員で購入する年賀ハガキの枚数の倍です。商売と言っても零細ですので義母の知人と商売関係だけでは30枚ぐらいしか捌けません。
    義母と夫の気質を考えるととても無駄をおしてでも自分の意見を言うなどできなかったのです。

    誰が亡くなったかの文面、確かに必要ですよね。ハガキを送った後に問い合わせの電話がいくつか来ました。
    いつか、私が決断できる場面があったらそのときはリボンさんのお考えを参考にさせていただきますね。有難うございます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧