義父と二人きりの食事

レス10
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ひろみ

今年の春に結婚し、結婚と同時に同居しています。主人の母はすでに他界していますので、舅と義弟と私達夫婦の4人家族です。

主人は帰りが遅く毎日23時頃に帰宅します。その為、夕飯は舅と義弟と私の3人で食べているのですが、先週義弟が来月からアパートに引越して、一人暮らしをすると言いました。

それについては全然構わないのですが、私が気になるのは毎日舅と二人きりの食事になることです。舅はとてもいい人なのですが、口数が少なく全くと言ってもいいほど喋りません。

いつもは義弟と私が会話をして、舅は黙って聞いているといった感じです。主人に相談しましたが『親父と食べたくないなら好きにしろ!』と言って怒るため会話になりません。舅が嫌いなわけではなく、むしろとてもいい人だと思うのですが、あまりにも会話が成り立たない為、沈黙が続くのが正直辛いです。

みなさんならどうしますか?ご意見を宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うるさい舅さんより

    いいんじゃないでしょうか?
    私も義父と夫の三人暮らし。義父と二人での食事も多いです。だいたいテレビつけてます。
    義父は新聞読みながらなので、よけいに話しませんが、慣れれば気詰まりではありません。
    時々、義父の田舎が出てきたり、好きだった山登りの話題や、昔仕事で暮らしていた東南アジアやアメリカなどが出てくると注意をうながして、話題にします。
    あまり気にしないほうが良いと思います。

    でもご主人怒るなんて、もっとちゃんと話を聞いてよ!
    って感じですよね。
    そちらの方がむしろ、気になりました。

    ユーザーID:

  • 音楽

    イージーリスニングのCDをかければ如何ですか?
    レストランのように。

    ユーザーID:

  • 沈黙がつらい人もいれば

    世間話が苦手な人もいます。その気持ちを理解しろとは言いませんが、自分とちがう考え方生き方の人がいることを認める必要はあると思います。
    お義父さんが、トピ主さんの作って出した料理をおいしそうに召し上がっているのであれば、それで良し、とすることはできないでしょうか?あまり気を使わなくても大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

  • 慣れますよー

    床の間の置物くらいに思って眺めましょう。口うるさいより数段ラクですよ。

    ユーザーID:

  • おつきあい&自己防衛 1

    世代も生活スタイルも違う人と二人きりで毎日決まって食事をしなくてはならない気重さは、中々分かってもらいにくいものですよね。

    私はほぼ完全分離の二世帯住宅に住み初めて間もなく、昨年義母が他界し昼・夕食を義父に作る事になりました。私の義父もとにかく無口で、こちらから話をふらなければまず一言も言葉を発しません。話しかけても「そうだねえ」で終了です。食事の感想も一年間一言もありません。

    この生活が始まって何ヶ月かは、昼食は一緒、夕食は「おつきあい」、というパターンでした。私の夫も帰宅が遅いのですが、私はそれまで通り夫と夕食を共にする、従って義父とは食べないけれど、夕食を義父の食卓に運び、食べ終わるまでお茶を飲みつつテレビを一緒に見る振りをして、何とか話題を見つけ、新聞を熟読して時間を潰し、食べ終わり少し経ったら食器を下げつつ「おやすみなさい」を言う、という「おつきあい」です。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • おつきあい&自己防衛 2

    その後、夕食が遅い私には昼食の時間が早すぎお腹が空く、という理由で、昼食も「おつきあい」にしました。

    本当の理由(沈黙の食事の苦痛や食事中・後の音、その他マナーの違和感などです)を高齢の義父に指摘したくないので、「おつきあい」で自己防衛しつつ、その時間は笑顔で一つでも会話を。。と努力しています。

    そして、その「努力」を夫に認識してもらう為にも、細かい報告とアピールは欠かしません。

    夫はいつも感謝してくれ、嫌だった事には義父の代わりに謝ってきます。(謝って欲しいのではなく、分かっていて欲しいだけだから、と答えています)

    長くなりましたが、最初は週に1度でもそのように変えられないでしょうか。例えば「今日は夫と私には脂っぽいメニューにして、お父さんにはお一人分別料理を作ったので、手順上おつきあいだけにしますね」など。

    ユーザーID:

  • おつきあい&自己防衛 3

    相手に合わせた食事を作ってあげて、一緒に時間を過ごしている事をしっかり伝えていけば、女性よりある意味大雑把な男性陣に違和感を与えずに自分の居心地の良さを守る道もある気がします。

    ちなみに、私達の場合、夫の休日は基本的に義父のスペースで三人で昼・夕食を共にしています。(三人分の重いお盆は夫が何往復もして運んでくれます)

    三人ですと気も音も大分紛れるので、決まって一緒の食事でもそれほど嫌ではないですし、義父の為ではなく、夫が親の事に関して後悔しない為にしている事だと割り切っています。

    義父が外出嫌いで旅行も外食もしづらくストレスが溜まるとか、私の具合が悪くても自分では買い食いもしてくれないとか、いろいろありますが、私の場合、今の所このまま続けていけそうです。

    ユーザーID:

  • テレビつけるとか

    あのー。
    トピ主さんの言っていることは分かるんですけど、
    口うるさい舅、料理に難癖つける舅、酒を飲みながら食事するからいつまでもダラダラしている、酒を勧めてくる
    など、無口より対処に困る舅はいくらでも居ます。
    無口だけならテレビをつけるとか、ゆっくり時間をかけて会話をしてゆくとか多くの対処方法があるのでは?!

    確かに食事は楽しく美味しく食べたいのは本音ですよね。
    気持ちは分かるんですけど、少しでも前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 無理しなくても良いのでは?

    テレビで観たのですが、老夫婦が「今日から食事は別々にしましょう」という内容だったと思います。

    今まで気遣いながら、キッチンで向かい合って食事をしていたけれど、好きな時間に好きなテレビを見ながら、気遣わずに食事をしたい・・・

    これ、本当ですよね。いつもでは寂しいですが。

    義父さんに、一度「お部屋でお食事される方がよろしければ、そちらにお持ちしますよ」と言ってみては?

    ユーザーID:

  • ステキな思い出

    がたくさんある方のようですので、埋もれさせるのは、Mottainai。上手に聞き役にまわってみてはどうでしょうか? もちろん、アナタの感想や意見を自由に言っていいのですが……

    それには、たとえば、いまいまの完全燃焼テーマとして彼の体験<山><アジア><アメリカ><9歳の思い出><とっておきのエピソード><もっとも楽しかった思い出><悲しかったこと><辛かったこと>他、お亡くなりになられた奥さんのこと・人生の転機etc.それぞれ文章に纏めるといいですね。彼のお孫さん=アナタのお子さんや、曾孫さんへのメッセージとして……そのプロセスで、話題が豊富にある怡しい食卓になるでしょう。

    物価などを盛り込めば、ある種の文化遺産にもなります。先ずは、年表・年譜をつくるところから始めてみるように上手に勧めてみてください。

    楽しいことだけでなく悲しいこと辛いことの記載があることで教育的な効果を持ち得ます。

    書くのが苦手のようでしたらアナタが聞き書きで書いてあげましょう。なんとなく違和感を覚えて、次第にご自分で書きたくなるでしょう。Good Luck!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧