新幹線が怖い!心の病?

レス9
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

薬嫌い

先日、仕事の都合で久々に新幹線に乗らなくてはならなかったのですが、出発して早々、スピード感と次の停車駅が1時間以上後で自分の力ではどうにも止められないことを考えたら急に「怖い怖い!どうしよう?」と焦り、ものすごく汗をかいていました。もう、車掌さん見つけて「とめてー!」と言いたいところだったのですが、他の方に迷惑かけてはいけない一心で「大丈夫、大丈夫」と自分に言い聞かせて恐怖は10分位でおさまりました。今まで新幹線に乗っても何にも感じませんでした。目的地に着いて普通電車に乗り換えたのですが全くそのような恐怖は無く、また、帰りの新幹線は停車駅が沢山あったので特に怖くはありませんでした。3ヶ月程前まで鬱で心療内科に通っていて薬を飲まなくて済んでいたのに、また、薬を飲まなくてはならないかもしれないと考えると病院に行くのも嫌です。今後年に数回だと思うのですが新幹線に乗る機会があると思います。こういう恐怖は病院に行かなくても治るものなのでしょうか?自力で治した方いらっしゃいますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 新幹線

    確かに不安になりますよね。
    ほかに人が一杯乗っているし、
    ほかの人も仕事で新幹線を使用することもある。
    皆、同じことを思っているかもしれないんだ。
    そう思っていたら、気が楽になると思います。

    ユーザーID:

  • それってパニック症候群では!?

    タレントの高木美保さんがトピ主さんと同じように、電車内で急に不安になって、いてもたってもいられないほどの恐怖心があったそうです。
    彼女の病名はパニック症候群で、原因不明の発作が何度も起き、死にたくなるような気持ちにまでなり、投身自殺を考えた事もあるそうです。
    一度病院で検査をして下さい。

    ユーザーID:

  • 私も気分が悪くなります

    出張が多い生活をしています。私は、「のぞみ」に長く乗っていると、気分が悪くなります。「のぞみ」で名古屋日帰りは、辛いです。関西日帰りなんて、とんでもないです。
    「のぞみ」の場合、辛い人は結構います。

    旅行代理店のパックツアーを利用して、「ひかり」のグリーン車を使っています。うまく使うと、「のぞみ」で行くより安いです。停車駅もそこそこあるので、大丈夫です。

    日程が詰まっている時や、急ぐ時は、前日に現地入りをします。
    可能な限り、「のぞみ」での日帰りを避けると、違いますよ。

    ユーザーID:

  • 新幹線ではないですが・・・

    トピ主さんの気持ち、何となく分かります。
    自分で制御できないものが止まらないってわかった時の恐怖-
    私はそれで車を運転できなくなってしまいました。
    片側2車線で県境にかかる大きな橋を渡っていた時「ここでは止められない。止まったらみんなが事故にあって死ぬかもしれない」って思ったらものすごい冷や汗が出てきて恐怖感に襲われたんです。それ以来運転ができません。
    私の場合運転しなくても困らない環境なのでそのままにしていますが、やっぱりどこかで治した方がいいのかなあと思っています。

    ユーザーID:

  • 私も全く同じです

    私も最初にそのような状態になったのは夜の新幹線でした
    居ても立ってもいられなくなり、車内をウロウロ歩いては今どんな顔してるのか、鏡を見たりして「顔は他の人から見ても、変には見えないんだな」と思った事を覚えています

    その後は、止まるまで降りられない!という恐怖から急行にも乗れなくなり、わざわざ各駅停車を使ってました
    高速道路の渋滞に巻き込まれても同じ状態になるようになってしまい、何年間か遠出は控えてました

    でも、10分位で確実に治まってきて、その後は出てこない事は分かったので、どうしても乗らなくてはならない時には、用心のため冷たい水を用意しておき、細いストローで飲んだり、何とか時間稼ぎをして凌いでました

    現在は、事故や何かの原因で停車してしまい閉じ込められたら、という用心のため飲み物は手放せませんが、《面倒なので飲まなくても済ませられる》という状態にまで回復しました
    面倒くさがりやのため、病院には一度も行ったことはありません

    いつでも、海外に行ける立場なのに、飛行機の中で起きたら・・と、その不安から行けないのは悲しいと思うことがあります

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 私もなったけど

    最初は次の駅まで5分以内の普通列車でも、吐き気と脂汗、めまいに悩みました。一度は病院で薬をもらいましたが、徐々にガムや飴でも気分が楽になるようになり、薬に頼らずにすむようになりました。
    そのあと仕事上、東京から金沢に行く機会が増え、寝てしまえれば何ともないのですが、途中で目が覚めてしまうと、ガムや飴も効かないほど恐怖感が増してしまい、どうにもならなくなったことがあります。不思議と隣に知人が同行していて、大丈夫だよと抱きしめられると、ふーっと力が抜けて、なんでこんな苦しい思いしていたんだろう?と思うほど回復するのです。そのうち、1人きりでパニックになったときも、知人が意味もない(?)呪文を教えてくれて、つらくなったらこれを唱えてね、と教えてくれたことで、その言葉で解放されるようになりました。病は気から。気さえコントロールできたら、大丈夫!

    ユーザーID:

  • パニック障害。

    それはパニック障害ではないでしょうか!?
    私は飛行機の中で発症しました。
    それ以来、特急電車や人ごみの中、高速道路の渋滞など、すぐに抜け出せないような場所に行くと気分が悪くなり、冷や汗が出てどうしようもない様な気持ちになります。
    最初は何処か悪いところがあるのではと不安でしたが病名が判り対処法などを知ると気分的に楽になりました。

    一度心療内科を受診してみてはどうでしょうか?
    決して珍しい病気ではありませんし、お守りがわりに処方してもらった頓服薬を持ってるだけでも安心できます。
    もしパニック障害ならば、早めに病院を受診したほうが治りやすいらしいです。
    放っておくと鬱病などを併発して、外出すら困難になるので、早めの受診をおすすめします。

    ユーザーID:

  • 私と似てるかも

    私は特に乗る前と乗った直後にそういう気持ちになりました。
    私の場合は理由は少し違うのですが、長時間乗らなければいけないことがダメだったのは一緒です。
    そんな時はトピ主さんみたいにとにかくガマンしつづけました。
    そして、次にまた乗るときに思うんです、「この前あんなに動揺したのに平気だったんだから今回も大丈夫だ」と。
    あとは、同乗者には気付かれないようにしていました。頼ってしまうと治らない気がして。
    そうしているうちに、いつのまにか大丈夫になっていましたよ。

    でも、それまでの期間は長かったですねー。
    それに、人それぞれだし、素人判断も危険なので、やっぱり心療内科に行かれることをおすすめします。その後、私は別の症状が出てきて心療内科に行きました。病院によっては薬ではなく漢方を処方してくださるところもあるようですし、カウンセリングを受けるだけでも少し良くなるかもしれませんしね。

    大丈夫、いつか新幹線でリラックスできている自分がいますから!!

    ユーザーID:

  • 病名つけるなら、パニック症候群かな?

    こんにちは。
    タイトルどおりなのですが、病名つけるとなればパニック障害にあたるのではないでしょうか?

    でも、病気となるのは、本人がそれをどれくらい苦痛に思い、生活に支障がでるのかによるかもしれないと思います。
    新幹線に乗る機会も少ないみたいだし、もし不安になってもまた10分くらいで落ち着いたら「まあいいか」って思うなら、病気というほどでもないと思います。

    誰にでも苦手なこともあるし、心配、不安なこともあります。閉所恐怖症、高所恐怖症など・・・いろんな病名みたいなのがありますが、多くの人にあることだと思いますよ。

    私は医者でもなんでもないので、あくまで参考程度でいいのですが、このくらいのこと多くの人にある、と思えばちょっと気が楽ではないですか?そして、ちょっと不安になって調子悪くなっても、また調子がしばらくして戻ればOKくらいに考えると、気も楽になって、新幹線も怖くなくなるかもしれませんよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧