優しさについて思うこと

レス11
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

紫のビオラ

夫婦はお互いを写す鏡と言います。どうして優しくしてくれないの、変わってくれないの、と相手を責めて変えようとするよりも、まず自らが相手に優しくなることや自らが変わることで、相手もまた、関係もまた良い方向に変わっていくものと思います。理屈ではわかっています。しかし、これがなかなか実践するのは難しく、自分は正しいと思い、どこかで相手を責める気持ちが捨てきれないのは、私も含め、結婚生活の長いかたほど経験されたこともおありだと思います。自らが優しさを持つことで、相手にも変わってほしい、関係を良好にさせたいと思うことは、言ってみれば下心のある優しさのような気がします。そういうものを一切抜きにして、自らが優しくあるためにはどう考えれば良いのでしょうか?色々と考えずに自然にわいてくるのが優しさなのでしょうか?夫に対して愛情はあります。しかし、自然に優しさがわくという感じはありません。そんな私が素直に優しさを持つには、どう考えれば良いのでしょうか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なぜ優しく出来ないのですか。

    愛情があるのに、優しい気持ちになれない原因は
    何ですか。
    愛情があれば自然に、何かしてあげたい
    と思うものではないんでしょうか。
    優しくされないからしたくないのですか。
    相手が喜んでくれたらそれだけでうれしいと思うのですが・・・。
    見返りを求めているから相手が何もしてくれないのが気に入らないんじゃないでしょうか。
    優しく出来て相手が喜んでくれたらうれしいと思いませんか?
    だんなさんに優しく出来る心の余裕がないんだと思います。
    優しくされたらうれしいですよね。
    でもまずは、だんなさんに求めないで、優しく出来たって事を、満足してみることから始めてみてはどうですか。もしかしたら、だんなさんも少しずつ変わってくるかもしれないですよ。
    だんなさんが変わらなくても、優しく出来る心の余裕があるということで、心のバロメ−タ−になりますよ。

    ユーザーID:

  • あせらないで

    「ああしてほしい、こうして欲しい」は、私も若い頃にありました。「やさしさ」を相手に求めすぎてきました。でも、ある程度の年齢になってやっと気ずいたんです。「優しさを相手に求めるなら、自分が先だ」ということを。でも、打算の優しさではないですよ。自然な愛かと思います。これは、言われて気がつくことではないんです。頭で考えて判ることでなく、自己流の優しさをやっとつかむんですよ。頭でなくて、心なんだけど、これは経験しないと説明できません。だから、あせらないでね。きっと、判る日がきますよ。

    ユーザーID:

  • 自分の人生にイニシャチブをとるしかないのだと

     人を幸せにするには、まずは自分が幸せにならないとできない。人に優しくするには、自分が優しくされてありがたく思えて、そして人にも心から優しくできる。と私は思います。だから優しくされる事、幸せになる事を求めるのに罪悪感を抱いてはいけないと思います。それは人間であれば当然の素直な気持ちだから。

     「どうして思いやりがもてないの」と責め続けてそれで一生を終えてしまった人がいます。自分の影響の及ばない領域がある事に気がつかないまま責め続けたんですね。もし気がついていたとしても、だからといって離婚して自立し、新人生を歩むにはあまりにも勇気が無さすぎたかもしれません。

     相手もあなたの優しさを求める人なら、トピ主さんの心の叫びはきっと相手に届くんですよ。相手がトピ主さんの愛や優しさを求めていないなら、何をしてもきっと彼の心の琴線に届かないかもしれない。こちらが優しくして愛をあげてもそれも効き目はないんです。

     離婚の勧めをしている訳ではないですが、相手に期待をかけるよりは自分でできる事を考える、そして自分の人生にイニシャチブをとるしかないのだと思います。

    ユーザーID:

  • 相手を自分と置き換えること

    結婚して15年経ちます。
    喧嘩をしたことは一度もありません。主人は先日朝帰りをしました。

    でも主人のことは信じていますから、お帰り〜 帰ってこないから盛り上がってたのかなって思ったよ。楽しかった?とだけです。

    あまり、深くは訊きません。男性は女性が考えるより仕事仲間の関係はシビアだし、女性の一人や二人いてもかまわないと思っています。

    ま、もし離婚してくれと言われたら即座に応じるつもりでもいます。でも自分が彼に置き換えたら、こんないい女を手放して損をするのは彼だけだと思ってますので(苦笑)

    相手にこうなってほしいとは思いません。どうせ自分も不完全な人間ですので。。

    ただ自分をいつも彼に置き換えて接しています。あ、今肩を揉んでほしいのかな。とか 今日はお弁当作ったら喜ぶのかなとか。

    あまりそれに対しての見返りは考えませんね。考えただけ自分が損をするような気がして。。。

    ユーザーID:

  • 私かと思いました

    こんにちは。
    トピ読んで、私が書いたのかと思いました。

    でも違いました。私は、夫への愛情そのものも疑い始めています。


    「愛って何?」ととぼけた質問をした私に、母が言いました。「人を愛するってことは自分を愛すること」って。

    その愚問の意味を私は何も語らなかったんですが、母は、察しているのだと思います。


    なぜ、優しくできないのでしょう。
    優しくすれば、相手が変わるのは事実。わかっているんです。でも継続しない、お互いに。

    自分を愛すればこそ、愛にあふれた(ような)家庭生活を営みたい、だから優しくすればいいんだと、わかっているけどできません。そう、下心があるみたいで。お気持ちよくわかります。

    彼の方が、子犬のように私にまとわり付いて、バブルだったし本当に高飛車な私、でした。
    その「彼にすごく想われている」状態が継続していると疑わなかったのに、実は彼の気持ちも20年で変わってました、きっと。

    そのあたりの納得のいかなさも、私の場合は原因かなとも想うのですが。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 優しく出来る時に

    男性が意地悪になるのは大抵女性が「もっと自分や家族に構ってほしくて」自分を非難してきた時だと思います。
    「して欲しいことがあるならそれを言えばいいのに、何で俺が責められなきゃいけないわけ?」それがよけいに妻の怒りを煽るとは思わない。
    男性は自分がわがままをさせてもらってるとは認識出来ないので、そう見えてしまうわけです。
    そんな時に優しく出来ないですよね。
    とにかく感情は極力押さえて、ビジネスライクに話すとテキは素直に自分の落ち度を認めます。甘えで怒ってると見られると損です。
    優しくするのは自分の心に余裕がある時、風呂上りに気を利かせて飲み物を出すとか、彼がいない時に靴をぴかぴかに磨いてあげるとか、相手が「してもらった」と思えることをしてあげるといいんじゃないでしょうか。
    自分もしてあげたと思えるし。
    それは人によって様々だと思うので、夫が何を望んでいるか?を気が付いた時にこまごまとやってみる。
    腹が立つ時、気が向かない時は優しくしないでもいいと思いますよ。でも怒りはその場で冷静に早めに決着をつけ、後々引きずらないことが大事!
    ご自分の気持ちを大切に。

    ユーザーID:

  • 難しいです・・・

    とても難しい問題だと思います。
    優しくしても、相手が優しさと受け止めてくれない場合もあるものです。受け止め方が違うと、結果が全然違ってきてしまいます。
    先日、夫の会社が急に停電になり、びっくするほど早く帰宅したことがありました。「こんなに早く帰ってきて、どうしたの!」と聞くと「停電で〜」と話が盛り上がりました。次の日、夫の上司の方が同じように奥様に聞かれ、つい「早く帰って来ちゃ悪いのか!」と怒ってしまい、険悪なムードになったという話をしていたそうです。(勿論、奥様はそんなつもりで言った訳ではないでしょう)
    優しくされて当たり前と思って感謝もしてくれない人にも、ずっと優しくし続けているとバカバカしくなってきたりすることもありますよね。似た感性を持っていない人だと、優しさに気づいてもらえない事もありますし。
    優しさも会話と同じで、キャッチボールのような「やりとり」が肝心だと思っています。相性もありますから、とても難しいと思います。

    ユーザーID:

  • 形から入ってもいいと思う

    下心のある優しさからでも、いいのではないでしょうか。相手との関係を良好にしたいから、まず自分から相手に優しさを示す。

    初めから下心アリと自分でわかっているのですから、相手がその優しさによって変ることがなくても、なんとなく納得できそうですよね。もし、それによって相手が変ったとしたら、次には自然とトピ主さんも優しくできるかもしれない。

    ご主人に対して愛情があるなら、あんまり考え込まずにまず行動(優しくする)してみる。気持ちは後からついてくる気がしますよ。

    ユーザーID:

  • わかるー

    私も夫にずっと冷たくされて優しく出来ませんでしたよ。だから不平不満の塊でした。
    でも、私も「ありがとう」「嬉しかった」「助かったよ」「それいいね」なんておべっかじゃなくて言葉にして言うようにやってみました。
    それは私の知っている大好きな友達が普段やっている会話を真似てみたのです。
    そうしたら、しばらくしたら夫の態度が変わってきました。ビックリしました。でも何年もかかりましたけどね。
    私とはもうやり直せない、自分は人に優しくなれない、強要しないで欲しい、とキッパリと言い切っていた夫が、少しずつ私に優しい声をかけるようになりました。
    あなたが変われば相手も少しずつ変わります。無理だと思ってもやってみてくださいね。

    ユーザーID:

  • 何故

    尊敬の念があれば、
    自然体でやさしく思いやりのある気持ち、
    その心がめばえるはずです。

    今一度、感謝の気持ちを持って
    接してみたらいかがですか?

    人は一人では生きられません。
    夫婦は似た物同士、合わせ鏡そのものでしょう。

    ユーザーID:

  • 難しい

    私も夫に対して優しくありたい、と思っていますが、これがなかなか難しいです。
    自然に湧き出る優しさ、という感情はあります。
    あります、が、それは飼い犬に対してです。
    躾を少し失敗して、ちょっと困った事ばかりする犬なのですが、それでも可愛くてたまりません。
    多分、見返りを求めてないからだと思います。
    しかしながら、夫に対しては、つい見返りを求めてしまいます。
    この「見返りを求める気持ち」というのが、自然に優しくできない原因ではないかと思います。
    最近では、サービス業の気持ちで接するようにしています。
    笑顔で接客、丁寧な応対、みたいな。
    自分が疲れない程度に頑張っております。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧