趣味・教育・教養

バレーボールのアタック。自主練のやり方や上達の秘訣を教えて!

レス18
お気に入り1

かれん

学ぶ

小学4年の娘は、強豪バレーチームに所属しているバレー大好き少女。
小学生バレーはローテーションがないのですが、
娘は、ものすごくアタッカーをやりたがっています。でも、監督は娘のことは卒業までずっとアタッカーとして使う予定がないらしく、アタック練習をさせてくれません。
同じ4年生に、アタッカー候補が3人いるので、その3人を育てていくみたいな感じです。(その3人は娘より長身です)

娘はよく「公園でアタック練習したい」というのですが、毎日のチームの正式練習で忙しいので、明るい時間には、なかなか、公園にも行けません。

来年の新チーム結成まで、あと半年ちょっと。
2年生から始めたバレーボール。
こんなにも莫大な時間を使って打ち込んできたのに「アタックは全くできません」なんてことになるのは、私としても、ちょっと納得いかない・・・。

監督は、アタッカー以外にはアタック練習させてくれないんです。だから、私としても、娘には、ぜひ、アタッカーになってほしい。

良い自主練習方法や、アタッカーになるためのアドバイス(監督へのアピール方法など?)、ありましたら教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 毎日なわとび

    ジャンプ力UPでアピール
    なわとびは手軽で効果的です。
    あと、アタックは腹筋、背筋力が大事です。
    腕力はいらない。

    ユーザーID:

  • 壁打ち

    基本的に親が口出すことではありませんし、監督へのアピールなんてのもありません。

    中学になれば6人制なのでなんでもできないと困りますが、アタックなんてすぐ憶えるんですよ。
    簡単なんです。

    今は基本のオーバーを上に向ってひとりでするのがいいです。

    アタックが上手になりたいなら壁打ちです。
    ネットもなくジャンプもしなくてもいいです。
    一人で練習できる方法です。
    壁を正面に地面に向ってボールをたたき、壁にあたって返ってきたのを直接、また地面に打つ。
    のくり返し。
    これって難しいんですよ。


    手首のスナップをきかしてフォームがきれいで安定し、利き腕ではないほうをいかして、と。
    素人はきっとできないし、ましてや小学生の腕力では無理かも。
    ともあれしてみてはいかが?
    私バレー経験が長いので、うちの子に教えました。

    ユーザーID:

  • 他チーム探して見て

    監督の方針がそうならしょうがないと思います。監督に抗議するのは ちょっとよろしくないかと。
    監督にも選手育成のプランがあるかもしれませんから。
    強豪チームなら練習がハードですよね?
    個人差があると思いますが、成長期にやっていい練習と 故障の原因になる練習があるのです。

    娘さんは まだ小学生です。成長期真っ只中なので、ジャンプ練習には まだ向いてない体かもしれません。背の成長が期待される選手なら 足の故障をさせたくないのかも しれないですね。

    お母さんも今を見るのではなく 娘さんが中学、高校とバレーを続けるのならば長い目で見守ってください。

    どうしても不服なら 他のチームを探してみるのもいいのでは?

    ユーザーID:

  • 母もハジメヨウ!

    私も小学校から高校までバレーを続けていました。
    小学校ではじめたての頃、学校で練習出来ない日はよく近所の区民体育館へ練習しに行きました。
    区民体育館では一般開放日にバレー、バスケ、バドミントンなど、時間で区切られてネットも張ってくれています。
    ボールの貸し出し(高校生用の大きさ)もあるので、友達同士でよく自主練しに行ってました。
    また母親がママさんバレーに参加していたので、そこで一緒に練習させてもらってましたよ。
    これを機にお母様もハジメられたらいかがでしょうか。
    私も身長は163センチと小柄ながら、ジャンプ力や瞬発力を練習で身に付けることで高校時代はインターハイにも出場することが出来ました。
    どうぞ母娘で楽しみながら続けて下さい。

    ユーザーID:

  • リズムとミート

    私もかつて熱血バレー小学生でした。
    今の小学生はローテがないと最近知り、それではバレーの楽しさや、
    選手が育たないなあ、と思いました。
    ですので娘さんには是非とも頑張ってほしい!背が足りない分はジャンプでカバーです。
    あと基礎的な事を言えば、正しい助走です。
    トスはいつも同じとは限りません。軽くジョギングをしてそこでパンと手をならして助走→ジャンプ→アタック素振り。助走は1歩、2歩、3歩の3パターンで。
    あとはミートです。ボールをなげてあげて打ち返す練習も。(ジャンプなし)ミートができていれば安定があると見なされ、チャンスがくるかも。
    是非頑張ってください!!

    ユーザーID:

  • ふぁいと!

    私も中学からバレー部に入りましたが、ほかの部員たちは小学生のころから続けていた経験者ばかり。そこで、自主トレに精を出しました。まず、毎日スクワットをしてジャンプ力をつけました。握力をつけるために、お風呂の中で、手を開いたり閉じたりの繰り返し。それから、家の庭で、ボールをたたくタイミングとポジションをつかむために、自分で自分の前方にボールをあげて、助走、ジャンプ、最高点でボールをキャッチ、着地、という練習を繰り返していました。後は、手をまっすぐ振り下ろす練習のために、タオルを持って、アタックの腕の動きの練習、タオルをビール瓶に変えて、同様の練習もしました。そして、部活は、みんなより早く行って、一人で練習したりもしていました。結果、レギュラーポジションを獲得できました。がんばってください。

    ユーザーID:

  • アタック以外でアピール!

    私の中学時代とそっくりな感じですね。私はアタッカーになりたくてなったわけではなく、セッター志望だったのに背が高かったのでいきなりアタッカーになりました。

    私は背が高かったのでかなり得をしましたが、アタック練習に参加できないならその他のサーブやレシーブを練習中は頑張って、そこからアピールしていくのはどうでしょうか。監督に直談判できたら話は早いのでしょうが、アタック練習にも加われないなら全員で出来る練習でアピールしましょう。私も最初は「いいサーブ打つなぁ」というところからレギュラー入り&アタッカー転向の話は始まったので。

    それからジャンプ力は必要です。腹筋背筋はもちろん、下半身強化、スパイクを打つのに欠かせない手首の強さ、トレーニングを頑張ってほしいです。私は下半身強化で毎日雑巾がけをしていました(笑)

    レギュラー入りできるといいですね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    縄跳び。ジャンプ力強化には良さそうですね!
    腹筋、背筋力も大切なのですね。
    参考になります。

    監督の気まぐれ(?)で、ごくたまに前衛に入れてもらうことがあって、そんな時は、娘もアタックを打つこともあるのですが、タイミングが合わなくて空振りしたり、ものすごく肘が曲がったまま打ってしまったりします。はぁ〜〜。たま〜にしかないチャンスなのに・・・・。そういう時に、上手に打ってみせれば、監督が「おっ?」って思ってくれるのに・・。

    肘が曲がったまま、打ってしまうのだけでも直ってほしいのですが、何か良いアドバイスはないでしょうか?
    アタック練習は、一切、やらせてもらっていません。
    人数の関係など(?)で、たまたま、前衛に入れてもらったときだけが、アピールのチャンスなのですが・・・。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    ご意見、ありがとうございます。
    娘はチームを変えるなんてことは全く考えていないと思います。

    練習は超ハードです。体を壊してはいけないので、あせらないように言い聞かせたいです。
    一応、レシーバーとしては期待されているようです。
    外反母趾になってきてて、夫が「バレーで毎日、爪先立ちしてるせいじゃないのか?」と言ってますけど、どうなんでしょう?

    「壁打ち」は、チームの練習時間に、やらせてもらっていて、けっこう上手にやってます。でも、ネットに向かってアタックを打つ練習は、やらせてもらえません。(でも壁打ちも良い練習なんですね。集中してがんばるよう励まします。)

    娘は、テレビの世界バレーを興奮しながら観ていて、何度も「早くアタック打ちたいなぁぁぁぁ!」と叫んでおりました。
    中学生になったら、アタックも打てなければ(リベロやセッターじゃない限り)レギュラーになれないですよね? でも、レシーブよりアタックのほうが短期で覚えられるという話も聞いたことあるので、とりあえず今はレシーブをがんばりつつ、何か良い、アタックの秘密特訓があれば、来る日に備えるためにも準備をしておきたいのですが・・・。

    ユーザーID:

  • 素質の問題

    監督がアタックの練習をさせているということはアタッカーとしての素質があると見込まれているか、レシーブには才能がないと思われているかのどちらかだと思われます
    4年生にもなっていれば、監督さんは運動神経の良し悪しはスグに見抜けますしね

    本人に監督から注意を受けているのはどこか聞き出して欠点を修正してはいかがでしょう?
    それから柔軟性も大切ですので、トレーニングの後は十分にストレッチを行って下さい

    ユーザーID:

  • アタッカーは身長が全てです。

    私の中学校は全国優勝したような強豪校でした。ジャンプ力が一番の私でも中一の時は160センチなかったのでバレー部に入れませんでした。ジャンプ力がなくても運動神経が鈍くても長身の子がアタッカーになっていました。(私は陸上部でハイジャンプをしました)

    全日本の竹下選手を見ればわかるようにセッターなら長身でなくてもできます。

    ユーザーID:

  • シャドウも大事

    元エーススパイカーの男です(中学・高校・大学・企業にて)。

    皆さんが書かれていることは全部大切です。まだ書かれていなくて大切なことをあげると、それはシャドウ練習です。自分の目標とする選手のビデオや写真を頭に叩き込み、それに近づくように、ボールなしでスパイクを打つのです。何回も何回も。助走から入って、ジャンプと同時に肘を思い切り上に上げて、ビュッです。着地をソフトに(猫のように)することも忘れないで。この練習はどこででもできます。

    当然、目標とする選手の体格は、自分の体格に近い人を選ぶべきです。

    あと、肘の曲がりは、いろいろ原因がありますが、「強く打とう」と思って力むと、肘が曲がります。もちろんタイミングがずれるのは、それ以前の問題ですが。

    ユーザーID:

  • 2度目です

    まずは、娘さん4年生ですから お母さん あせらないで!

    2回目のレス読みました。 トピ主さんの 娘さんの願いをかなえたい焦りが感じられました。(違ってたらごめんなさい)

    4年生でアタックをビシッ! なんて難しいと思います。 バレーの基礎は足腰です。安定した足腰があって全てのプレーができるのです。 プロのバレー選手はテレビで見ると華奢だけど、間近で見るとガッチリしてます。足腰が結構太いんです!! 

    アタックは頂点でボールを捕らえて打ちます。基礎ができていれば誰でも必ず習得できます。
    だからね、壁打ちはとっても大事です。アタックはミートが命!

    あと、中学にもよると思いますが、小学生バレーのときにアタッカーでないからといって まったくアタック練習をさせないとは ありえないようですが。

    ちなみに、最近のママさんバレーは すごいですよ。
    ママさんでも勉強になると思います。

    ユーザーID:

  • う〜ん

    肘が曲がってしまうのは、力みすぎたり練習していないためフォームが完成されていないなどの要因が考えられますが「空振り」はちょっと・・・
    私も地元の強豪といわれるチームで2年生からバレーを始めましたが、4年生の頃にはスパイク打ってました(背が足りなかったので山なりスパイクでしたが)
    厳しいようですが、アタッカーに向いていないのでは?

    バレーはチームプレーなので、仲間が拾ってつないでくれたボールを打つわけですから「かっこいい」だけでアタッカーになりたいと言われても・・・
    決められないアタッカーは必要ないですから
    お母さんも、もう少し冷静な視線で見てくださいね

    ユーザーID:

  • 二度目です

    私は中学からおばさんになってもずっとバレーしてます。
    世界バレーでもわかるように「拾う」「つなぐ」「2段トスをあげる」というのがいかに大事かわかると思います。

    まずはレシーブからです。

    私も高校生の時アタッカー(エースの対角)で、クロスでアタックラインの内側に打ち込んだり時間差ではいったり…そんなことよりレシーブが大事だとたたきこまれて、レシーブワンマンばかりされてました。

    娘さんのその歳はレシーブ重視です。
    腕で面をいかに作るか、やドライブかかったサーブを押さえ込むとか、腰を落してアンダーで正確にトスにもっていくとか…
    あとは一瞬の判断、そしてセンス、ムード出し。
    これができるほうが監督は重宝します。それと声をしっかり出すといいです。


    壁打ち、ホントににできてますか?
    肘が落ちる、曲がるのにうまくできてるはずはないのですが?左手あがってますか。
    母親の欲目で物事を考えるのはよして監督にまかせましょう。

    ともあれ、バレー人口が増えることはうれしい限りです。
    がんばれ!応援してあげてね。

    ユーザーID:

  • 足腰の鍛錬でしょうね

    四年生ぐらいなら、まだ足腰のしっかりしてない時期ですから、走り込みですね。海の近くにお住みなら、砂浜を走るのは大変良いです。後、ヒンズースクワットとかも出来ますね。低身長の選手で活躍している選手は、皆、足腰がしっかりしていて、短距離走が速い選手が多いです。しかし、お子さんの年齢を考えるとジャンプの練習そのものは、まだ、それ程お勧め出来ません。膝への負担が大きいと思います。

    後は、ゆる体操でもさせて、体のセンターを感じさせるようにすると、良いと思います。

    ユーザーID:

  • アタックのタイミング

    お母さんがトス(ボールを高く上げてあげて)、ボールが頂点(一番高い位置)に来たときに、ジャンプして打ってみてください。 

    ユーザーID:

  • 酷な言い方だけど

    お嬢さんが頑張っているからこそ応援したい気持ちは分かります。そして、その気持ちはどの親も同じだと思います。
    でも、すべての母親があなたのような考えだったら、チームワークも何もあったもんじゃないって事になりませんか?
    監督は「見てるときに上手だから」とか「本人がやりたがってるから」という理由で候補を選んでるんじゃないでしょう。
    やはり、身長その他色んな要素を見出して3名の候補を絞ってるんだと思います。
    それなのに「納得がいかない」とか「娘にはアタッカーになってもらいたい」って、指導者にとって1番困る親ですね。
    親の熱意が違う方向へいってる事に気づいて下さい。
    一心同体もいいでしょうが、もうちょっと大人としてお嬢さんを見守る事ができませんか?
    アタッカーになれない場合、気持ちをどうフォローしてあげようかなど。
    練習するのは悪い事ではないですが、お嬢さんは今現在アタッカーとして「磨けば光る原石」とは監督の目に映らなかったのです。
    「勘違いな応援」ではなく「叱咤激励」でお願いします。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧