趣味・教育・教養

遂に出た!「のだめ」で「ラフマニノフ」が・・・

レス25
お気に入り2

ゆき

学ぶ

クラシックファンには堪らない「ラフマニノフ」の
「ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18」が、遂に
「のだめカンタービレ」で演奏されました。
「ラフマニノフ」の第3番の方が好きという人が
多いようですが、私は2番の方が大好きです。
私は子供の時から漫画・アニメを全く見たり読んだりする習慣がないまま大きくなりましたが、
最近ドラマや映画化された元はそういうものが多いと聞き、今更ながら自分の視野の狭さを感じる今日この頃です。
若い人向けのTVドラマでクラシックを取り上げて貰えばそれをキッカケにファンが増えると思うと嬉しいですね。
昨日は勿論、2番3番をじっくり聴きながら寝ました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 村主のラフマニノフもよかった!

    月曜日の放送での演奏は,ちょっとカクカクした歌い方だったのが残念かな,というのが個人的感想.
    昨年の村主章枝の演技のBGMもラフマニノフでしたよね?
    特に年末の全日本(優勝したときの)のフリーはすばらしかった.
    スケートで使う音楽はすべりやすさや盛り上がり等,詳細にわたってデジタル的にコントロールした演奏を使うようですね.

    ユーザーID:

  • 高橋大輔選手

    私はフィギュアスケートが好きなので、「高橋大輔選手のフリーの曲」と覚えていました(笑)
    いい曲ですよね。
    のだめを見ていて、高橋選手の滑らかなスケーティングが頭に浮かびました。

    ユーザーID:

  • 私も大好き〜〜

    わたしもこのドラマ気に入ってます!
    クラシックファンにはたまらないドラマですよね〜〜

    ユーザーID:

  • 同感です。

    友人が見ているというので、前回、初めて見ました。
    面白い!はまりました。

    若者の恋愛を、前面に出したドラマが多い中、とても面白くて、老若男女が安心して見る事が出来るドラマ、貴重ですね!

    話題になっている事は知っていたのですが、漫画という事で、なんとなく手に取らずにおりましたが、多くの人の心を掴むものは、メディアに関係ないんでね決して、漫画を軽く見ているわけではないのですが、反省いたしました。

    ラフマニノフ、久しぶりに聞きました。
    私も2番の方が好きです。

    ユーザーID:

  • 見ました!

    「遅い〜!」
    と叫んでしまいました。

    普段聞いている演奏よりテンポが異様ともいえるくらい遅かったので。
    学生オケだから仕方がないのでしょうか?
    でも「ラプソディ〜」や「ベト7」の時はそんなこと感じなかったのですが。

    私は持っているCDは、
    ・リヒテル&カラヤン&ベルリン
    ・アシュケナージ&プレヴィン&ロンドン
    の2枚なのですが、(普段聞いているのはアシュケナージ)
    皆さんのお勧め演奏があったら、ぜひぜひ教えてください!!

    ちなみにラフマニノフのピアノ協奏曲で好きなのは、
    2,1,3,4の順番です。

    もちろん、「のだめ」後に取った夕食のBGMは1番と2番でした。

    ユーザーID:

  • のだめは少ししか見てないけど

    私はラフマニノフの3番が好きです。
    2番もロマンティックで美しくて好きです。
    中学生の頃、弾いてみたくて楽譜を買いましたが、
    冒頭から指が届かない・・・撃沈でした。
    昔、小泉今日子さんが、「少女に何が起こったか」
    のドラマで革命のエチュードや熱情ソナタを
    弾いていたときにも、学生仲間で流行ったなあ。
    (音大付属とかじゃないですよ。)
    クラッシックを聞かない人が多いので、
    クラッシックを話題にすることは少ないですが、
    ドラマをネタに、「あの曲いいよね」って、
    話せたらいいですよね。

    ユーザーID:

  • ラフマニノフ

    ピアノ協奏曲第2番ハ短調作品18-2番ってこれでしょうか?昔、確か「7年目の浮気」でマリリンモンローがトムイウエルとの幻想画面でこの曲をかけていたような記憶があります。演奏時間は約10分ですが・・。

    http://classical.doctorjoe.net/Rachmaninoff%20piano%20concerto%202.mp3

    ユーザーID:

  • のだめがきっかけで…

    クラシックに興味を持ちました。コミックで読んで以来一体どんな曲なんだろう?と気になってはいましたが、ドラマで初めて耳にしました。すごく素敵な曲ですね!録画していたので千秋が演奏するあのシーンだけ繰り返し聞いてしまいます…。CD欲しいです。

    ユーザーID:

  • えっ、そうなんですか?!

    トピ主さん、3番のほうが人気があるって本当ですか?
    好き嫌い以前に、クラシックファン以外の人には
    3番はほとんど知られていないという印象があるのですが。
    さすがに2番は超メジャーなので、
    知らなくてもメロディを聞いたことある人が多いでしょうが。

    かく言う私は、トピ主さんと同じく
    2番のほうが断然お気に入りです♪
    『旅愁』(旅情ではありません、念のため)という古い映画で
    この曲が印象的に使われており、その映画もお気に入り。
    3番が使われているのは『シャイン』ですね。

    『のだめ』で嬉しかったのは、千秋くんの練習シーンで
    ピアノだけの2番を聴けたことです。
    身近に音大生でもいない限り、めったに聴けないのでは?
    実際、私も初めて聴きました。

    ユーザーID:

  • 学園祭の回、楽しかった!

    ピアノ協奏曲第2番&ラプソティー・イン・ブルー、両方とも大好きな曲なので、学園祭の回の放送をとても楽しみにしていました♪
    私もみゅーさんと同じくフィギュアスケート好きなので、千秋が繰り返し練習していた第一楽章後半の盛り上がりは、イメージがすっかり「高橋大輔選手のストレートラインステップ」です(笑)。

    コミックスのピアノ協奏曲第2番のシーンは、どのあたりを演奏しているのかわかるように描かれているので、時々曲を聴きながら該当のコマを追って楽しんだりしています。

    ユーザーID:

  • 私も2番がすき

    玉木君は千秋のイメージじゃない!!と思いながら毎週見ている間に慣れてきました。
    漫画の原作と台詞までいっしょのドラマを見ながら、改めて漫画家は絵も台詞も描いてすごいんだなと実感。

    漫画の中で初めてラフマニノフの2番を知り、CDを買い、オケも聞きにいきすっかりはまってしまいました。

    楽譜もちょっと見てみたけど、とうてい弾けそうもありません(涙)
    3番もいいけど、やっぱり2番がいいですねえ。

    ラフマニノフのチェロソナタやピアノソナタもすごく美しいです。お勧めです。

    ユーザーID:

  • 前略おふくろ様

    初めて、テレビドラマで「ラフマニノフ」を聴いて衝撃を受けたのは、
    「前略おふくろ様」でした。

    ユーザーID:

  • 教えて、略語!

    のだめの中で

    「ラフマのピアコ2」

    と表現されてましたが、この略は
    ドラマか漫画の中だけで使われてるものですか?
    それとも、音大生や演奏家の方々が
    日常的に使う略語なのですか?

    とっても興味があります
    どなたか教えてください…!

    ユーザーID:

  • ラフマニノフでスケートと来たら!

    やっぱ、伊藤みどりさんでしょう!あのオリンピック唯一のトリプルアクセルはラフマ2番だったですよ。
    最近、後半のジャンプは得点高い、って解説されてますが、あの時、1回目失敗で、後半に再度チャレンジして成功したんですよね。やっぱり、伊藤みどりさんジャンプの天才だ!

    話は変わりますが、
    先日、某公共放送でラフマの3番やってました。
    ランランさん(パンダじゃないよ、古っ!)。
    ミルヒ〜のアドバイス聞いたのか、くねくね身悶えるように魅せてましたね。もとい、音楽に没頭してました。ですよ。

    ユーザーID:

  • 略語

    アマチュアオケの者です。

    たかつさん>
    私の周りではピアノコンチェルトはおしなべて「ぴーこん」ですね。
    あの場合なら「らふまのぴーこんにばん」と言うかな。
    ラフマニノフの交響曲2番なら「らふに」。
    同様にして
    メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト
    →めんこん
    チャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルト
    →ちゃいこん
    ブラームスの交響曲3番→ぶらさん
    ドヴォルザークの同8番→どぼはち
    主よ人の望みの喜びよ→しゅひと
    モーツァルトのレクイエム→もつれく
    ・・・と呼びますが、一般的かどうかは分かりません。

    関係ないですが、ワーグナーのマイスタージンガーをちょっと編曲して縮めたものは「マジンガー」と呼んでました。

    ユーザーID:

  • 略語

    めめさんの略語はクラシック系の仕事やファンなら
    フツーに使ってると思います。

    マジンガーも時々使いますけど一般的(?)にはマイスターですかね

    ラフ2はツィマーマン、アシュケなど聴きましたが
    ガブリーロフ/ムーティ版を好んで聴いてます

    ユーザーID:

  • シャイン

    映画「シャイン」ですっかりラフマニノフのファンになったものです。 そのせいで3番が一番好きです。 でも2番を聞いたら次に好きになりました。 今は2番と3番のCDコレクションをしています。  
    ドラマや映画でファンが増えるのっていい影響だと思います。 のだめ、ぜひ見てみたいです。教えて頂きありがとうございました。 

    ユーザーID:

  • ヨコ:めめさん、palomarさんに続いて略号

    もつれく が出たところで、合唱編。

    バッハ
    ミサ曲ロ短調:はーもる(ドイツ語でロ短調の意味)
    マタイ受難曲:またい(何のひねりもなし)
    ヨハネ受難曲:よはね(同上)

    ベトベン
    荘厳ミサ:みさそれ(ミサソレムニスの略)

    ベルディ
    レクイエム:ベルレク

    >主よ人の望みの喜びよ→しゅひと
     これは知りませんでした。私ゃモグリか?
    >ワーグナーのマイスタージンガーをちょっと編曲して縮めたものは「マジンガー」
     これ結構笑えますね!

    おまけ:
    ベトベン交響曲3番:えろいか
    って言いませんか?

    モツァルトの交響曲第2番は もつに
     そんな、訳ないでしょ! ぎゃぼん。

    ユーザーID:

  • 毎週楽しみにしています。

    ラフマニノフの2番はよく聴いているのですが、先日のドラマの中でのだめちゃんが練習していたように、ピアノ部分だけの演奏は普段聴くことができないので、凄く興味深かったです。

    また、ピアノの部分をのだめちゃんが弾き、オケの部分を千秋くんが弾いていたのを聴き、連弾も初めて聴いたので、また違った楽しみ方が出来ました。

    詳しい方に伺いたいのですが、ピアノをオケに合わせる前というのは上記のような方法で練習していくのでしょうか。・・・というと、オケ部分の楽譜(ピアノ用に編曲した)というのは、音大等では当り前にたくさんあるということなのでしょうか・・・。
    ふと、疑問に思いました。

    ユーザーID:

  • 合唱略語に横レス。

    ベルリオーズのレクイエムがベルレクで、
    ヴェルディのレクイエムがヴェルレクです。(唇摩擦音を強調)
    フォーレのレクイエムはフォーレク。
    デュルフレのレクイエムはデュルレク。(ちょっと言いにくい)
    ここまでは多分皆さん賛成してくださると思いますが、賛否両論なのが
    ブラームスのドイツレクイエム→ドツレク。「どつく」と語感が似ているので嫌がる人もいます(笑)
    あと、合唱じゃないけどショスタコービッチの8番を「たこはち」…ファンに殴られます(苦笑)

    ユーザーID:

  • レヴィン女史門下生

    ラフ2は、ヴァン・クライバーンの演奏がだんとつに好きです。
    (第1回チャイコフスキー・コンクール優勝者で、中村紘子さんの著作の中でも触れられていた、アメリカ人ピアニストです。)

    紅葉の始まる時期に、このCDを大音量で聞きながら、ワイン畑を縫って続くハイウェイをひとりでドライブしました。(アメリカ西海岸在住です)
    うほーぅ、快感。

    ユーザーID:

  • 略語楽しいです

    クラシック好きの夫の話(演奏家ではありません)

    やはりピアコンでなくピーコンで メールにはPコンと書いてきました

    チャイコ(チャイコフスキー)とプロコ(プロコフィエフ)は言うけど
    ラフマとは言わない(きいたこともない)そうで

    モツレクとタコハチは言うそうです

    バラ1・スケ2といえばショパンのバラード1番とスケルツォ2番

    横にそれすぎてすみません

    ユーザーID:

  • 略語かあ。

    私が知っているのは
    ドヴォルザークのチェロ協奏曲を「ドヴォチェロ」
    チャイコフスキーの交響曲第5番を「チャイ5」
    リヒャルト・シュトラウスの英雄の生涯をふざけて「ひでおの一生」ベートーヴェンの交響曲3番英雄も「ひでお」
    私が入っていた吹奏楽団ではバッハの「主よ人の望みの喜びよ」を「イースーチー」カンタータ147番だから1,4,7をなぜか中国語読みで・・・。
    同じく吹奏楽曲で「バラの謝肉祭」というのがあるのですが、「ばらしゃ」と言う人と「ばら肉」と言う人がいました。なんか、通っぽくて使ってしまう若き日の自分を思い出してしまいました(恥)ちなみにピアノ協奏曲はピアコンよりもPコンの方が言いやすくて好きです。

    ユーザーID:

  • 激しくヨコですみません

    「バラの謝肉祭」ですかあ、懐かしいです。
    高校のとき吹いてました。

    チョト、エピソドを。
    HNの通り、ホルンだったので、冒頭のpの所、
    散々、「小さく」と言われとても辛かったです。
    コンクルの時千秋に「小さく」と言われ、むかついてた、ウィルトールのホルンみたい。
    ところが、常任指揮者が用事で、顧問の先生が代振りされたとき、
    「ここは、もっと歌って!」
    わあ、こんなにすてきな曲だったんだあ!とはじめて知りました。
    指揮者の一言で音楽って全く変わるもんなんだと、痛感した瞬間でした。

    ユーザーID:

  • 千秋のラフマが遅いのは

    >ツカサ様

    千秋のラフマが「異様に」遅かったのは、
    その後ののだめの「ラフマ」の速さを際だたせるためかと・・・
    (決して学生オケだから仕方なくではないデスよ☆)

    千秋のピアノ吹き替えの人も
    のだめのピアノ吹き替えの人も
    すごい技術だと思います。

    ラフマにかぎらず、
    ノリノリバージョンと
    だめだめバージョンを絶妙に弾き分けてて

    丁寧に作られたドラマだなあと感じます。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧