あの本のタイトルが思いだせない!

レス9
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

もじこ

皆様こんにちは。

本を探しているのですが、タイトルをど忘れしてしまいました。

内容は
主人公夫婦の成長記録のような小説です。
印象的なシーンは

結婚式当日、新婦の控え室に
新郎が二股をかけていた「詩織」?という女性が乱入
ナイフで自殺を図ります。
そこに式場のベテランスタッフが来てなんとか式を続行するも
新婦の靴に血痕が・・・

こんな波乱万丈の幕開けに続き
新婦が株で大損したり、浮気したり、舅がボケたり。

なんだか心もとない情報ですみません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら
どうぞ、教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それはきっと

    実は私もいまその本を読み返している
    ところなので、すぐにピンと来ました。

    自殺を図ったのは”詩織”ではなく”沙織”ですよ!
    その本は・・・
    唯川恵の”ベター・ハーフ”です。

    あと私は同じく唯川恵の”刹那に似てせつなく”
    を呼んだときも衝撃!を受けました。
    もし読まれてなかったらお勧めです。
    (ドラマになりましたよね?私は見ていませんが)

    ユーザーID:

  • 『ベター・ハーフ』唯川恵 集英社文庫

    披露宴に乱入してきたのは「沙織」です。

    ユーザーID:

  • たぶん・・・

    私の記憶では、たぶん『ベターハーフ』という直木賞作家の唯川恵の本ではないでしょうか。

    夫婦という形をとても考えさせられる本ですよね。
    私も以前図書館で借りて読み、あんまり面白かったので購入し、何度も読んでいます。

    唯川恵は昔の作品より、ここ数年の作品がとても面白いですよね。
    ものの見事に女性の心の底を映し出している気がします。

    ユーザーID:

  • ベター・ハーフ

    それは、唯川恵の「ベター・ハーフ」でしょう。
    最近読んだばかりなので、すぐわかりました。
    読み応えのあるお話でしたね。

    ちなみに、冒頭で結婚式の控え室に来たのは「沙織」(さおり)で、後半にも、また出てきますよね。

    ユーザーID:

  • これかな

    読んだことはないのですが。。。
    唯川恵:ベターハーフ

    ユーザーID:

  • それは

    たぶん「ベター・ハーフ」という小説じゃないでしょうか。
    唯川 恵さんです。

    ユーザーID:

  • たぶん・・・

    唯川恵さんの「ベターハーフ」だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    うわー!ウレシィ〜〜(^^♪

    皆様、ありがとうございました。
    今から本屋へ直行です!

    感謝、感謝です!!!

    ユーザーID:

  • 重なりますね

    このトピをきっかけに「ベターハーフ」を読んでみました。
    主人公と違ってバブル後世代ですが、自分に重ねながら読みましたよ!!上司と不倫した経験等はありませんが、登場人物達の些細な心の動きが絶妙で、「あるある!」の連続でした。
    いい本に出会わせてくれてありがとう!

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧