• ホーム
  • 男女
  • 何もかも失ったのにまた生きていきたい・・・

何もかも失ったのにまた生きていきたい・・・

レス24
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

ジーレン

夏・妊娠5ヶ月の頃に母を亡くし、それから秋に結婚した夫とは春に離婚ということになってしまい、また夏がきて今度は2歳半の子供を心臓病で亡くしました。

悲しいことに麻痺し、朝から呑んで何もしない不潔な生活をしていました。唯一の身内の妹と友達に支えてもらい、今、生きさせてもらっています。

嫌なこともあるけれど、生きていこうと思いました。

彼氏もいます。ほとんど知っています。

私、幸せになってもいいんでしょうか!?

子供を忘れている一瞬があります。写真を見せて話したり、泣いたりしてしまいます。

彼氏もそばにいてくれたから生きてこれたけど、前夫が子供を亡くしたショックで体と精神を病んでしまったのに私だけが丈夫に生きていることに罪悪感を感じてしまいます。。。


どうしていいかわかりません。
まだ8月に一周忌を終えたばかりなので、もう少し私は落ち着いた方がいいのでしょうか・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 責任

    TOCと申します。
    お母様、お子様の死去、離別、大変辛かったですね。

    誤解だった場合は大変失礼とは思いますが
    夏に妊娠5ヶ月だったと言う事は、まもなくご出産でしょうか?
    今はそのお子様に対してだけ、意識を向けた方が良いと思います。

    さて、ご自身だけが幸せになっても良いか、について私の意見を言います。

    これから何年かを頑張って不幸になることが、あなたの責任です・・
    そんな訳ありません!
    そんな責任の取り方はおかしいでしょう。

    母親、子供、前夫への責任をあなたが取る事は出来ません。
    出来たとしても、元には戻りません。
    自分を責めても、他人を責めてもです。

    ただ、幸せになることは怖いですね。もう失う事なんて嫌だと思います。
    でも、死ぬ事を恐れて生きていては、生きる意味がありません。
    失う事を恐れず、今持っている大切なものを選んでください。

    人生の責任は、既にご自身の手にあります。
    不幸になった分、あたりまえの事が幸せになる権利も得ました。

    さあ、どうされますか?

    ユーザーID:

  • 何をおっしゃる!

    何かと自殺の話題が絶えない昨今、よくぞ生きることをあきらめなかった。きっとご褒美ですよ。
    散々不幸を味わったんだから、今度はうんと幸せにおなりなさい。今は亡き大事な方々に感謝をなさい。そして、落ち着いたら、その幸せを、周りの人にも分けてあげなさい。

    ユーザーID:

  • 幸せになって下さい。

    亡くなったお子さん、またお母さんの分も一生懸命
    生きて下さい。

    あなたが幸せでないと、亡くなった人が可愛そうです。あなたが幸せになる事が一番の供養です。

    ユーザーID:

  • それは

    亡くなられたお母様とお子様が、支えてくれる彼氏を連れてきてくれて「頑張ってね」とエールを送ってくれてるんだと思います。

    自分だけが丈夫に生きてるなんで思わないでください。だって過去に悲しみやツライことに麻痺してしまっていたご自分がいたじゃないですか。最初から丈夫だった訳ではなかったと思います。

    罪悪感は無理に消そうとせず、亡くなった方々を一瞬でも忘れてしまっている自分を責めたりせず、支えてくれる人がいるありがたさや感謝の気持ちと同居させながらでいいと思います。そしてもちろん、幸せになってくださいね。

    ユーザーID:

  • 幸せになって下さい

    どれ一つをとっても、家族の一員として、娘として、女性として、母親として、とてもとても耐え切れないようなご心痛かと思います。

    周りに支えてくださる方達がいらっしゃって本当によかったですね。

    これだけの辛い思いをされているのですから、これからは必ず幸せになっていって下さい。
    親を死別や離別で亡くすのは全人類が経験しなくてはいけない事です。

    私の知り合いにも何人か、お子さんをなくされた方達がおります。


    離婚も新しい道への分岐点でありますから、新たな人生のスタートです。 悲観的になってしまうかもしれませんが、これだけの辛い思いをしたのですから、その分幸せになる権利がありますよ。

    それから、しばらくはカウンセリングなどを受け、色々な思いを話されていくと、少しずつ精神的にも楽になるかと思います。

    あなたが幸せになることが、お母様とお子様の成仏につながると思います。何もかもなくしてしまったかもしれませんが、あなたというかけがえのない命は失ってません。人間には悲しみをバネにするすばらしい力が備わってます。ご自身を大切に。。。

    ユーザーID:

  • それでも生きなさいと言います。

    http://www2.odn.ne.jp/aao49560/z15.3hotoke.htm

    「丁度よい」と言う詩があります。

    苦しみを知ったからこそ見える、ただそこにあるだけの
    平凡な温かい光りに気付く事もあるのだと思います。

    生ある限り生きましょう。
    精一杯生きて下さい。
    それが亡くなられた方への供養でもあると私は
    思います。

    ユーザーID:

  • たまに、冬の線香花火をやってみたいですね

    今まで生きてきて、失ったものを指を折りつつ数えてみてもせんない事です(せんない、というのは義母に教えてもらった言葉です。すこし古い日本語かな?)。人間そう簡単に、都合よくジ・エンドとは行かないものですよね。ある瞬間、悲しい事をふと忘れて微笑むことができるのでしたら、現時点で満点なのではないですか。「人生、終わってみればプラス・マイナス0」と考えられるほど私も修行ができておりませんが、「人生、悪い事ばかりでもない」で、いかがでしょうか?お互い、行けるとこまで行ってみましょうよ。良い事か、悪い事かはわかりませんが、何かありますよね。

    ユーザーID:

  • 周りの人たちに言ってあげて!

    >何もかも失ったのにまた生きていきたい

    >嫌なこともあるけれど、生きていこうと思いました。

    何かの事情で誰かを支えてる人間って相手に”足手まといだから死んでしまいたい”とか”私なんて消えてしまった方がいい”とか言われるとものすごく打ちのめされるんですよ。

    ”あなたが生きていきたい”、”幸せになりたい”という気持ち、
    周りの人に自分が今なら言えると思う時がきたらでいいから伝えてあげて。
    何かの代償を求めてあなたを支えてるわけでなくても、
    彼女たちはとても幸せな気持になるはずです。

    妹さんとお友達、そして彼氏と共にお幸せに!

    ユーザーID:

  • はい

    トピ主様:

    お辛い思いをなさいましたね。
    お子様・お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

    ***************

    生きて行きたいと思われるのは素晴らしいことです。
    まだ、時間があまり経っていないことなので落ち込んでしまったりすることもあるでしょう。

    でも、生きて幸せになりたいというのは人間のものすごく当たり前な欲求ですし、トピ主さんはそうなる権利があります。

    一歩一歩前に進んでくださいね。
    是非、お幸せになってください。

    ユーザーID:

  • あなたはあなたです

    あなたが幸せになって何が悪い!

    あなたが幸せになって誰が不幸になる?
    だれがあなたの不幸を望む?
    あなたが幸せになって何の不都合が?

    反対に、あなたが不幸になることを望んでいる人なんていないのでは?
    幸せになることを望んで、みんな手助けしてくれているのではないでしょうか?

    そろそろ縛り付けてしまったあなたの心、楽にしてあげましょうよ。

    元旦那さんが気がかりなようですが、離婚した以上は彼は彼で立ち直るべきです。


    あなたはあなたで

    幸せになっていいのです!

    ユーザーID:

  • お子さんが見てますよ

    つらいですね。

    でも、そんな辛そうなお母さんを
    お子さんは空からどんな気持ちで見てるでしょう?

    私は母を二歳で亡くしました。

    覚えていませんが、写真は沢山残っていました。

    空からお母さんが見ているから頑張ろうって
    思って生きてきました。

    トピ主さんの幸せな気持ちを何より望んで
    見てくれてると思います。

    ユーザーID:

  • どんなことがあっても生きていかなければなりません

     がんばって生きて。それしかいえません。

    ユーザーID:

  • 人生山あり谷あり

    何もかも失ったからこそ生きるべきでしょう。これからは手に入れる一方ではありませんか。

    何もかも満ち足りているなら、それ以上は望むすべもない。そんな人はいないだろうけど、もしいるとすれば生きている理由がない。

    山は麓から見上げた時が一番大きく見えます。登り始めこそ面白い。

    登りきって頂上に立てば、そこにあるのは征服感と一時的な満足感のみ。あとは下る一方です。

    過去は過去として置いておきましょう。感情を抜いてしまえば、いろんなことが学習できるよい財産になりますよ。

    ユーザーID:

  • いやいやまだ大事なものをお持ちです

    生きる気力があるじゃないですか。

    ユーザーID:

  • 前進あるのみ!

    生きて生きて幸せになって。

    そして感謝を忘れずに。

    ユーザーID:

  • 生きてください

    ご不幸が重なって、精神的に参ってしまったトピ主さんのお気持ちがよく分ります。

    でも今の状況を理解してくれる彼がいるのですから、ご自分をあまり責めないで、ゆっくり時間をかけて彼と今後の新しい人生を作り上げていったらいかがでしょうか。

    亡くなったお母様、お子さんの分までトピ主さんは生きていかないとダメですよ。

    ユーザーID:

  • いいんですよ

    たくさんの辛く、悲しい経験をされましたね。
    いままで大変な思いをしてきたんだから、その分幸せになってください。
    あなたに笑顔が戻って、これからの人生を幸せに過ごすことが亡くなったお母様とお子さんが一番望まれていることですよ。

    ユーザーID:

  • なぜいけないの?

    ごめんなさい、内容がよく読み取れなかったのですが…。

    亡くされたのは、お母様が亡くなった時にお腹にいたお子さんですか?それとも上にもう一人連れ子さんがいらしたという事ですか?当時お腹にいたお子さんがいまあなたの傍にいるのなら、その子のためだけを考えても生きて行くしかないと思いますが…。

    それとも、授かり婚をされて半年後、出産前に離婚をして、その二年後にお子さんを亡くされたのでしょうか?お子さんはどちらが育てていたのですか?出産前なのだからスレ主さんかと思うのですが…だとすると、元旦那様が心身を壊されたのは本当にお子さんを亡くした事が原因ですか?いや、心身を壊された前夫さんというのは、春に離婚した元旦那様ではなく、その前に離婚した方(=お子さんのお父さん)という意味ですか?

    不潔な生活というのもよく分かりません。掃除などが出来ずという、文字通り不潔という意味ですか?それとも倫理的に良くない行いをしていたという意味ですか?

    ユーザーID:

  • 大変でしたね

    妊娠中にお母さんと死別、2歳半というのに亡くなってしまったわが子、旦那さんとの離婚と大変なことが続いてしまいましたね。
    他の方も書いていましたがよく自殺などせず、生き残ってくれましたよね。
    亡くなった人たちの分も頑張って生きることがトピ主さんの使命です。
    幸せになるのが怖いのはたしかにあるでしょう。
    でも幸せになってはいけないなんてことはありません。
    逆に早く幸せになって欲しいと思います。

    ユーザーID:

  • 生きたいのは…

    何のために…
    誰のために…

    その答えがあるなら生きましょう。

     それより、落ち着くとはどう言う意味でしょう。一周忌を分ち合える彼ならそれも良いでしょう。寂しさを埋めるだけでその先がないなら止めましょう。

     全てを失ったと言っても、自分に命は失っていません。余命、何ヶ月と言う人間もいるのです。

    ユーザーID:

  • 子供の立場から

     私はもう30過ぎですが、もし自分の母が不幸であるならば、大変悲しいです。
     お母さんもお子さんも手放しでトピ主さんが幸せになることを喜ぶと思います。

    ユーザーID:

  • 何に対してですか?

     お子さんが亡くなって一周忌、再婚の話しなどがあるという事ですか?もう少し落ち着いた方が良いとはどのような意味でしょう。
    精神的なことならば、今のように段々に悲しみを昇華出来ると良いなと思います。
    再婚の事でしたら、もうしばらく待たれても良いと思います。結婚したら前の悲しみだけを引きずっては行かれません。支えてくれるだけの彼が今度は貴方の悲しみを誘ってしまうこともある夫という生活を共にする現実の人になります。まだまだ心が弱い時、もう少し時間を持った方が良いように感じました。

    ユーザーID:

  • 祖父の死後、私に起きた不思議

    私の祖父は10年ほど前に90才で他界しました。
    戦前に大陸にわたり、満州で終戦を迎えたそうです。
    生前、ことあるごとに「もう一度、満州に行きたい」と言っていましたが、夢叶いませんでした。

    私にわずかな異変が起きたのはその直後です。
    もともと中国の歴史・文化には興味がありましたが、現代の中国には興味がありませんでした。
    それなのに、祖父の死後、なぜか「中国語」が習いたくなり、2年かけて3級をマスター。定年を迎えた父を連れて「旧満州帝国」を1ヶ月まわりました。
    その1ヶ月私がずっと感じていたのは祖父の存在でした。
    「祖父が私の体・心を借りて、満州に帰ってきたんだなぁ」
    と。
    そういえば、私は以前はほとんど晩酌というものはしなかったのですが、祖父の死後、なぜかビールを毎夜2本ずつ飲むようになっていました。
    きっとお酒好きの祖父が、私の口を借りて、ビールを飲んでいたんだと思います。

    トピ主さん、ぜひ幸せになってください。貴女の幸せは貴女の体や心を通して、亡くなった子供さんやお母さまが感じていらっしゃることなのですから。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。

    暖かいお言葉、本当にありがとうございました。

    自分ひとりで立ち直ったような気がしていましたが母親・息子との思い出、支えてくれた周りの人たちのおかげですね。
    そしてなにより今回こうして全く知らない私の為に励ましの言葉をくださった小町の皆様、またよりいっそう生きていく気持ちが強くなりました。


    実は生理が遅れていて、昨夜検査薬をしたところ陽性でした。
    彼氏も喜んでくれました。

    今日は祝日なので、明日仕事前に病院に行ってきます。嬉しい報告をさせていただきたいです。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧