• ホーム
  • 男女
  • 「嫌い要素多々=本当に嫌い」になれない人の感情の理不尽さ…

「嫌い要素多々=本当に嫌い」になれない人の感情の理不尽さ…

レス8
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

抹茶色

別れた彼に対してです。
付き合っていた間にひと言メモ的に付けていた日記。
読み返してみるとかなりの頻度で悩みや愚痴が書かれています。
付き合っている時は、気付いていてもそれほど苦にならなかった彼の性格。
別れる理由にはならなかったけれど後付の理由にはなる事を今たくさん書き出せます。
彼から言い出した「キレイな理由」の別れ。
私も納得し、後腐れなくキレイに別れたのですが、その後発覚した彼の大嘘。
彼的には嘘を付いたのではなくそれが彼の遣り方だったみたいですが、そんな遣り方、私は大嫌いです。
それは彼も知っていたはず。
今も仕事で顔を合わせ、その時の彼は自分の遣った事に負い目を感じているのが在り在りで、それを見て私はバカじゃないかと思います。
私の態度は冷たいです。
嫌な女ですが、普段は自信家、けれど人に嫌われたくないと思っている人だったので、自分の遣り方が今の状況を招いた事を十分思い知れば良いと思ってしまっています。
しかし…それでも彼を嫌いになれないのです。
今はもう愛情ではなく情なんだと思っていますが、その情が大きすぎて彼を憎むことが出来ません。
何なんだろう…人の感情って…

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私もそうだった

    私もトピ主さんと全く同じでした!モヤモヤ感、イライラ感、未練ではないのに思い出しては不快な気分になる事の繰り返し。苦しかったです。
    いい意味でも悪い意味でも、やっぱり存在感が大き過ぎて、簡単には忘れられないものなのかもしれないです。私はそのモヤモヤした気持ちが3年ぐらい続きました。一生この苦しさが消えないのかと思ったぐらい、ホントにつらかったけれど時間は優しいクスリでした。(笑)
    トピ主さん、今は苦しいと思いますが、いつか時間が解決してくれると思いますよ!元気出してね。

    ユーザーID:

  • 共感と言うのかな・・・

    嫌いな要素の目立つ相手に対して、
    共感のできる部分を見つけてしまうことがあります。
    自分の例なのですが、どこか自分に似ているなと思える部分などを見つけてしまうため、大嫌いって感情にはなかなかなれない。そのためだと思います。
    遠い遠い過去に自分と似たような苦労を味わってきたことがあり、同じような喜びを味わって生きてきたんだな。
    と思うことも度々あります。

    ユーザーID:

  • 本当にそうですよね。

    正論とか法律とかでまったく解明できないんですよ。こういう問題って。名だたる世界の文学者が、最後の最後まで固執するテーマだと思いますね。小町のみなさんって真面目な方が多いから、「恋愛に固執するなんて幼稚だ」とかダンナがひどい、嫌いだって書くとすぐ離婚だ慰謝料だって騒ぎだすけど、本当は恋愛って人間の感情の中で一番不可解で難解でお手上げな問題なんですよ。
    トピ主さんがおいくつか知りませんが、そういう「訳わからなさ」が恋愛にあるって知ったことは、これからの人生にきっとプラスになります。

    ユーザーID:

  • 嫌わなくてもいいでしょう。

    誰かを嫌ったり憎んだり軽蔑したり、なんて普通はしないほうがいいことですから、そういう感情が湧かないのなら、それでいいのでは?

    ドロドロの怒りが溜まっているのに気付かないフリをしているわけでも無さそうですし、きっともう「悪い所も知っているけど、他のことも良く知っている、どうでもいい存在」になっているのでしょう。

    ユーザーID:

  • 寛容な自分が嫌いですか?

    ・憎まないと気が済みませんか?
    ・憎むことで幸せになれますか?

    どちらでもないのなら、憎むことに固執しなくて良いのではないでしょうか。何故そんなに自分の心に執着するのかがよく解かりません。
    「それでも相手を心底憎めない」という心は、相手との繋がりの深さを意味するもので、生きていく上で大切な事の一つだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 最近似たようなことを考えております。思いにふける晩秋ですね。

    今は晩秋かい!?と言われそうですが、なにぶん今が紅葉真っ盛りの地域に住んでおりますのでご容赦ください。

    詳細は伏せさせていただきますが、やはり恋愛ごとで似たようなことを考える機会が増えました。
    愛憎とはよく言ったものだと思います。
    憎しみを伴う愛を知ったことで、私もひとつ成長できたような気もします。

    トピ主さんにとってその人はどういう存在なのでしょうね。
    文章を拝見し、単なる前彼とは違うような気もしました。

    私にとってのその人は、そういう感情を私にもたらした点で、やはりそれまでの人とは違います。

    自分の心境にただただ驚く毎日です。

    ユーザーID:

  • 苦しいです

    同じ気持ちです、トピ主さんと…。

    いっそ憎んで大嫌いになれば、楽になれるのではと思うのに。
    いつもいつも朝目覚める度に絶望が蘇ります。
    なんであの頃に戻れないのかと落胆します。
    あとひと月で別れて1年になります。
    季節がひと巡りすれば、少しは忘れられるのでしょうか。

    トピ主さん、今どんなお気持ちですか?

    ユーザーID:

  • いや(辛口)

    さっさと嫌いになるなり無関心になるなりして、
    まだ見ぬ新しい恋に思いをはせてお肌でも磨いた方がいいと思います。
    回りの友だちはあなたを見てやきもきしてると思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧