• ホーム
  • ひと
  • 物が捨てられない母(食料まで・・・)どうすれば?

物が捨てられない母(食料まで・・・)どうすれば?

レス24
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

めんどり

65歳の母は裕福に育ち、今も十分収入があります。でも、物が捨てられません。そのくせ、買いまくります。

衣類や食器、古物を購入しては開封もせず放置、置き場所がなくなると家を増築します。バザーなどは面倒くさいそうです。それでも自分のお金でやっている事なので私は何も言わないのですが、食料にも同様なのです。

まだ家にある物でもお構いなく衝動買いし、「あら、トマトあったわぁ」と、腐りかけのトマトから「もったいない」と食べ、買ったトマトは放置され傷む、のループです。また、冷凍物は何年でも大丈夫、という持論があり、先日は平成5年賞味期限の明太子が食卓に。色がおかしい、と思って気付きましたが、「大丈夫よ」と・・・実家には大型冷蔵庫、冷凍庫が計4台(夫婦二人暮らし)大整理しようとすると怒るし、してもまた同じ事が起こります。私は同居ではありませんが、実家の食べ物、怖くて口に出来ない事があります。

あまり母にきつい言葉をいいたくありません。母は「頂き物の食べ物が多いから」といいます。幸い、今までお腹を壊した家族はいませんが、お金はあるのだから新鮮なものを美味しく食べて欲しいだけなのですが・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちの母も

    ハハ(笑)。うちの65歳ママもそうですよぉ。
    「いつか使えるから」と「何かに使えるから」と包装紙、手さげ袋、なんでもとっておきます。
    単価の安いお洋服を、安いというだけで買わずには気がすまないらしく、元私の部屋は母の「安もの服のクローゼット」となっています。

    食品に関してもその通りで、
    極めつけは、何年か前に「カスピ海ヨーグルト」流行ったじゃないですか。
    雑菌が入って?変な匂いになったのに認めようとせず、「もったいない」と食べ続けていました。胃腸が丈夫なのが取り柄なのでおなかを壊すこともなかったみたい。父と私は呆れ顔。。。こんな調子です。

    モノを捨てられない人は過去に執着するというけど、明るい性格なのに、大昔の姑事件のことは今も根に持っているらしく、耳だこ状態で聞かされています。

    この癖は、、、治らないのかもしれないです。解決策になっていなくてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 賞味期限が切れているものは一切食べない宣言を!

    義母が物を捨てられない人です! 食べ物はもちろん、衣類から、新聞やそのチラシなども全て捨てずに取っておくので、家は文字通の豚小屋。小さいゴキブリが家中を徘徊していました。そこで無数のミニゴキブリ達と毎年一週間の滞在を強いられる私は精神的に強くなったような気さえします。ミニで良かった(笑)。掃除があまり得意でない私でさえ、この状態は酷すぎる! と思ったので義母の了解を取り食品類の点検をしたのですが、6年前に賞味期限が切れている缶詰なども発見(笑)! まあ、よく今まで健康に生きてこられたなあと妙に感心しました。むしろ不潔な環境の為にバイ菌とかには強くなっているんでしょうね(笑)。清潔過ぎる環境で育った人の方がバイ菌に対する抵抗力が弱いので病気になりやすいって言う説もありますよ。そんな義母に育てられた主人はとっても丈夫ですし。今まで大丈夫だったんだから、これからも大丈夫なんじゃないですか? どうしても受け付けられないなら、お母様に、賞味期限が切れているものは一切口にしないと宣言するしかないんじゃないですか?

    ユーザーID:

  • 全く同じです!!!

    うわぁ〜!!うちの母とほとんど同じ…。(うちはトピ主さんのお母様のように裕福ではないのですが…▼)
    私も結婚して家を出ていますが、実家に戻るのが憂鬱になるほどです。一度なんて、賞味期限が2年近く前に切れたお茶を、私と夫と2人で飲みなさい!と送ってきましたよ…。(悪気は全くないらしいのですが…)
    なんとかこの癖を直してもらおうと、私は何度か「あれを食べてお腹を壊した。一晩中苦しんだ」と、あえて嘘をついてみました。でも、いっこうに直らないんです。食べ物だけでなく、洋服やその他小物も、とにかく家の中でどんどん増え続けています。これって、いったいどういう病気なんでしょうね…?解決方法になっていなくてご免なさい…。

    ユーザーID:

  • それはね、

    物の整理で困った事がないからですよ。多分戦時中を経験したご両親に育てられたのでしょうね。

    私は私の母が、物を捨てない人で(戦時中の物のない時期を体験したから、アタリマエなんですが)、母の死後、母の残した物の整理と、処分に2年を費やしました。私はそのころ主人の会社でフルタイムで働いていたので、(見かねた娘が手伝ってくれましたが)それはそれは、大変でした。経験しないでは分からない辛い仕事です。ウッカリ捨てたら妹達から非難されるし、ほっとけばカビが生えるか、汚れてしまう。母が住んでいた家の庭にペンライトやタバコの吸殻を見つけたときはゾーッとしました。早く、家中をかたずけて、家を壊してしまわないといけないと思ったのです。

    私はあなたのお母さんよりも年長です。
    今、セッセと家財を処分してます。ヨメサンには頼めないし、娘に辛い思いをさせたくないから。

    お母さんの習慣を今更、変えるのは難しいと思います。でもね、せめてあなたがお母さんに預けてある物を引き取る事は出来ますよね。

    ユーザーID:

  • 強迫観念

    強迫性障害じゃないかと思います。

    そこまでいくと性格や癖の域を超えてます・・・

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ウチも!

    私の母も、冷蔵庫、台所はグチャグチャです。
    お気持ちわかります。
    私はもう、お手上げ状態です。
    そして私は、反面教師で、極力、食料は溜め込むのが苦手です。だから、まとめ買いができません。
    私も母の血を引いている分、いつかああなって・・・と考えてしまうのです。
    私は、以前、一緒に住んでいる時は、賞味期限切れ、腐った野菜を捨てる事をしていましたが、母は快く思っていなかったと。
    だから、離れて暮らす今は何もしていません。
    荒れてはいるとは思うけど、口うるさくはなりたくありません。
    今のところは、それで事はながれています。
    アドバイスにはならなくて、スミマセン。

    ユーザーID:

  • いつか使うは10年たっても使わない

    私の母も物を捨てられません。
    田舎の家なので収納に困っていないことも溜め込ませている原因かもしれません。
    そのような母との物捨てバトルは20年近く続いているでしょうか。
    ここ数年は母もやっと物に対する執着が薄れてきたように思います(母80歳です)。
    私が母に言っていることは「いつか使うかもしれない物は10年経っても使わない」
    「必要な物は必要な時に買えば良い」等などです。
    母が着ていない洋服やバッグは私がもらってから、処分しています。
    食料品もそうです。20年前のコーヒーもありました。お湯を入れて、どのような味がするか試してから、
    母の目の前で処分しました。
    冷蔵庫の中に正体不明の物体があると、母に「これなんだと思う?」と聞きます。
    母も、元の正体は本当に分からないようです。とぼけていっしょに笑ってます。
    2年ぐらい前、母の家の冷凍庫をキレイにしました。
    やはり正体不明の物体がありました。
    いまでは、私も母もバトルに疲れてきました。
    お互い妥協することが多くなってきました。
    トピ主さんのお母様はまだお若いので、啓蒙活動を
    続けていけば、きっと良い結果が出ると思います。
    がんばってください。

    ユーザーID:

  • 私も同じ

    31歳の女性ですが、あなたのお母様と同じ病気(?)です。安いとなると、買わずにはいられない。もっと安いものを見つけてしまうと悔しくて、前に買ったのがまだたくさんあるのに、またまた買ってしまう・・・

    以前、近所の店で靴下の大安売りをしていたことがあり、タンスの中には、一生かかっても履ききれないほどの靴下が詰まってます。

    賞味期限切れのものを食べるのも、しょっちゅう・・・

    私は全然お金持ちじゃないから、無駄な買い物をしてしまったと思うとストレスだし、収納場所にも頭を悩ませてます。

    買わなきゃ良い。分かってるのに出来なくて、苦しいです。

    ユーザーID:

  • 捨てずに整頓だけしてみるのは?

    賞味期限が切れている物があっても捨てないで、同じ種類の物をまとめて、何がどれくらいあるのか一目で分かるようにしておく。

    買ってある食器や衣類はとにかく出して使うように勧めてみる。バザーが面倒ならトピ主さんが手配して、リサイクルショップなどに引き取ってもらう。

    土地の路線価格から不用品で使えなくなっている面積に何万円支払っている事になるか計算して、無駄を解ってもらう。これは、お金に糸目を付けないタイプなら効果が無いかもしれませんが。

    65歳といえば戦後の物の無い時代の記憶があって、物に囲まれていないと不安なのかもしれないですね。

    ユーザーID:

  • 病気なんだと思う

    実母がそうです。実母の実家もそうです。
    あれって何なんでしょうね。
    ちょっと裕福な家庭に育ったせいかのかな?と思うこともしばしば。
    トピ主さんのお母さんと同じような症状ですよ。

    私の家に一週間ばかり遊びに来たことがあるのですが、たった一週間で物がうんと増えましたね、もうびっくり!
    この勢いなら実家がああなるわけだ・・と妙に感心しましたよ。
    死ぬまで直りません。

    ユーザーID:

  • 同じです

    実家の母も66歳で、同じです。(号泣)おまけに夫婦でだからたちが悪い。

    いろんなものを(食材中心)買っては冷蔵庫に入れ、腐らせるのか冷凍するかです。何で夫婦2人が大型冷蔵庫を満タンにしているのか。
    買ってそれぞれ、独立した子どもに色々配るのです。(お米とか、ペットボトルのお茶とか、野菜とか)

    腐らないものはいいんですが、生鮮食料品はほんと、困ります。宅配便がみかん箱で3箱ドーンと送られてくるんです。大根20本て、どうよ。
    最近「そうじ力」と言う本を読んで、うちに運がないのは、送られてくる野菜を腐らせるせいだ!と思っています。

    あの年代は、ものが捨てられない、物に対する執着心に加え、自分たちのことより子どものために何かをしたいと思っている人が多いのじゃないでしょうか。
    「ありがとう」と言われるのが生きがいなんでしょうね。もったいない!怒るのはやめました。何を言っても聞く耳持たず。逆に「人がせっかくあげてるのに、文句を言うな!」と逆切れ状況。

    自分達のお金なんだから、もう好きにしてくれと、あきらめました。私はご近所にせっせと大根を配ることにしました。

    ユーザーID:

  • うちも同じ

    実の両親と祖母、義母がそうです(60代と80代)

    別居しているときには、気にならず放っておきました。食料はおなかを壊して痛い目にあわないとわからないと思います。同居している今は、パッケージに大きく消費期限や、購入日を書いておきます。それでもだめで、買い物の時には必ずメモをもたせます。家にある食材、今日買う食材。毎日のメニューを決めて余計なものは買わせない(それでも安いからと買ってきます)いただきものがあるときは、それから消費するように、計画的に順番に開封していきます。

    衣類、食器、古物も「いつか使う」と捨てません。了解を得て(最近は怒るので大事でないものは勝手に)リサイクルショップ、オークションを利用。なくなっていることにも気づかない始末。野菜が送られてきても、二人暮しのところに大根20本、白菜6個などありえません。物の計算ができないのかとも思いましたが、「誰かにあげればいい」という考えのようです。もし、欲しいときになかったらという危機感でも買い込むようですが、今は必要なら必要な時にいくらでもかえると言い聞かせてます。

    実家に帰られたときに、黙って処分することをおすすめします。

    ユーザーID:

  • 私の母もです。(65歳)

    物の無い時代に育ったからか、異様に物に執着します。不要品を溜め込むに加えて、広告にタダでもらえる粗品を見つけては(それが必要でなくても)、お店の前に並びます。「何でも、もらわないと損」だと。

    頻繁にスーパーに行っては、見切り品(半額シール)をまとめ買いし、結局食べきれず。冷蔵庫は腐った物でパンパン。どの部屋も長年溜め込んできた物でパンパン。
    ゴミの中に埋もれて狭い暮らしをしてる父母を不憫に思い、こっそり留守中に掃除したら、母にすごい剣幕で怒られました。「掃除したら、どこになにがあるか分からなくなる!」「勝手に物を捨てるな!」(←腐った食べ物でも)
    情けなくて涙が出ました。父はもう慣れたようで、自分の部屋だけはきれいにしています。

    それでも、「そんなんしなくていい!」と怒られながらも、汚い家に帰省するたび、せめて拭き掃除だけでもと掃除しまくっています。一緒に帰省してくれる夫に、こんな汚い家で過ごさせるのが恥ずかしい気持ちもあります。

    ゴミが有料化される昨今、早めに粗大ゴミ(壊れた掃除機)など出したいのですが、そんなことしたら絶対許さないでしょう。

    なんか、むなしいですね。(ちょっと涙)。

    ユーザーID:

  • うちも

    70過ぎの両親が夫婦ともにそうです。

    私が小さい頃は、「片づけなさい」と小言を言っていた母が、いまでは、ゴミ屋敷でくらしています。
    足の踏み場もありません。

    口癖は、
    「片づけなきゃいけないと思っているの。でも、体がしんどい。(それほどの莫大な量)それに少し片づけると、その場所にお父さんが物を置く」
    です。

    うちは父もそうなんです。
    たとえば作りもしないプラモデルを、「いつかつくる」と、何十個も買いだめ。やすいものがあれば、いくつも買い込みます。父は良い人ですが、「片づければ」というと、「ええから、もう」とふてくされます。

    子供が産まれて6年。
    あまりにも家が汚いので、物理的に帰省できません。
    かなしいです。

    いつか、びしっと言わなくてはいけません。
    でも、遠くの場所から言うだけでは無理なんです。
    老いた老人の体力ではもう無理なんです。
    そして、老いた老人の「癖を変える」のも、もう無理っぽいんです…。
    せめて私が近くに住んでいれば、なんとか改善の余地もあるのかな。

    ユーザーID:

  • 大根20本

    qさんの投稿に笑いました!(って当人は笑い話じゃないんですけど)
    誰かにおすそ分けしてあげなさい、って言うけど、わざわざ山のようにたくさん買って、おすそ分けもないだろう!と思いますよね。
    いくつになっても、親は子どものこと考えてくれる。それは本当にありがたいと思います。がっ!少しは意見も聞いてくれと言いたい。(言っても無駄)
    この間は、3年前の賞味期限のビールをどん!とくれたのですが、主人は「ちょっと金属くさい」と言いながら飲んでくれました。ごめんねー。(飲ませる妻も悪いか)実家に行ったら必ず冷蔵庫の掃除をしております。

    ユーザーID:

  • ウチの母だけじゃないんだぁ。

    ウチの70を過ぎた母もそうです。

    年寄り一人暮らしなのに大型冷凍庫、大型冷蔵庫、小型冷蔵庫がありどれもいっぱい。
    何度言い聞かせてもダメ。
    いつか食べる。孫達が来たら食べさせようと思って・・などなど理由はあるようですがそんなもの誰も食べません。
    一度息子が冷凍やけした肉ですき焼きを食べさせられトラウマになっています。
    母が怪我で入院した際に大掃除したら出てきましたよぉ、1990年のあんまんや焼きそば。
    でも今は元通り(涙)

    今、海外在住ですが年一回の一時帰国はその片付かない家の中、冷蔵庫を想像しては足取りが重くなります。
    夫は夫の出張時に一緒に帰って顔を見せてやればと言ってくれますが2,3日大掃除かと思うと気軽には帰れません。

    どなたかが言ってますが、ウチの母も開店記念などの粗品が大好き。
    家には使っていないブランド物の頂き物があるのに粗品のお皿を5枚集めたよなんて喜々として報告してきます。 あ〜あぁ。

    ユーザーID:

  • 再RESです。

    67歳になります。
    私は今年の春から秋にかけて、家の中を整理しました。その理由については他のトピでも最初のRESでも書きました。モノを処分するのは膨大なエネルギーを必要とするんです。その疲れから体調を崩してしまい、未だ立ち直れてません。
    私は私が動けなくなった時、死んでしまったとき、娘に大変な、しかも辛い仕事をさせたくなかったから、「今しかない。」と思って始めました。これほど大変な仕事と思わなかったので、ちょっと遅かったかなあとさえ思っています。

    主人はあまり賛成しませんでしたが、なんとか説き伏せて始めました。

    物の処分に対する罪悪感はかなりありました。でも、それ以上に私の場合は、母の遺品の処分の時の辛さが勝っていたのだと思います。

    お母さんがかたずけたいとおっしゃったら、是非力を貸してあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • うちもです

    伯母、祖母、義母がそうです…戦前・戦後の物のない時代を送った人たち。大事に何もかも溜め込んでます。

    先日、伯父がなくなり、家の整理をしたら、昭和のものが山のように出てきて、従兄弟が捨てようとしても、伯母が「いつか使える」と言い張ったそうです。
    従兄弟は「見ていないときに捨てるよ」と言ってました。

    義母は10数年前に買って一度も着ていないセーターを大事にタンスにしまっています。いつか着るそうです。そういう義母は6LDKに一人暮らし、タンスは4棹もあります。

    …もう誰にもとめられません。何も言う気もおこりません。ヨコ気味ですみません。

    ユーザーID:

  • うちのばあちゃんも、そう

    同じです!ホント、困ってます!昔の古い着物や道具、使いもしないくせにしっかりとってます。
    新しく物を買わないだけマシかもしれませんが、「もったいない」と言っては使う当てのないものをひたすらしまい込みます。

    家を建て替える際に、何とか捨ててくれるように頼んだけど絶対譲らず。死ぬまで呪ってやる〜ぐらいの勢いで、結局ばあちゃん専用の物置小屋(部屋、じゃなくて小屋!)を建てさせられました。
    もちろん、ばあちゃん専用の冷蔵庫もあります。中身はいつのものか分からない漬物や、冷凍した野菜。冷凍すれば半永久的に食べられると信じてます、はい。

    家族はもう諦めてます。ばあちゃんが死んだ後じゃないと片付けられないって、腹を括って何も言わないことにしました。今更言って直るとも思えないし。
    さすがに食べ物に関しては「いつのものか分からないから食べないよ」とはっきり意思表示して、誰も食べません。その効果がようやく出てきたのか、最近では自分からすすんで怪しい食材を捨てるようになりました。ほとんど捨てる羽目になるんですけどね・・・。

    ユーザーID:

  • 合理的な母

    うちの母も「捨てられない世代」ですが、バンバン捨てます。というか必要ないものは安くても買わないし、もらわない。子供の頃は「せっかくタダなのに・・・」と少し不思議な気持ちでした。化粧品などのおまけでポーチや試供品のセットをお店の人が出してもその場で「いらない」という人でした。

    ポイントシールなどもいっさい集めません。大根も1本100円3本200円でも「絶対に」1本しか買いません。けれど旅行が大好きで趣味・旅行にはお金を惜しまないところがあり、要するにお金を使う目的がはっきりしているのです。シンプルに暮らすことに慣れればこんなに快適なことはないですよ。うちも紙袋なんか一枚もないですが困ったことはありません。

    ユーザーID:

  • 捨てない。という「趣味」だから干渉しない

    捨てない事を「趣味」と考えては。
    自分がやりたいからやっているだけ。周囲には否定する筋合いがありません。

    昔の人のそういった癖をみると、「日本も以前には、私たちには知りえないけれども物を大切にする時代があったのだな」と感じます。

    新鮮な食品を美味しく食べてほしい。なんて、余計なお節介では。
    自分のお金をどう使って、自分がどう食べようが、そんなことは本人の勝手なのです。新鮮なものよりも、食品が沢山蓄えてあることのほうに、価値を置く人がいても問題はありません。正解はひとつではありません。
    細かくだめだめと禁止されて否定されるほうが、本人にとってはストレスだし迷惑なのでは。

    トピ主さんが古い食品を食べたくないのなら、そう宣言して自分の分は持参すればよいでしょう。実家なのだから、可能でしょう。

    何に価値を置くかは、個人の問題です。
    周囲に迷惑がないなら、個人の勝手では。

    ユーザーID:

  • うちの母もすごい

    実家の冷蔵庫に何年も未開封で鎮座しているカッテージチーズ。冷蔵庫を開ける度に気になり「捨てたら?」と何度言っても頑なに「使う」と言い張る母。よく見ると賞味期限が『昭和』!ある日こっそり開封してみると、容器のサイズの10分の1くらいに縮んだ奇妙な物体が(笑)その後、私が捨てたことにも気付かない母。

    両親2人暮らしで大型冷蔵庫と冷凍庫が1台ずつ。中身のメインは祖母が作った野菜や惣菜、漬物類。サラダ用ドレッシングも4、5本封が開いていて賞味期限切れ。「どれか空になってから新しいの開ければ?」と言うと「だっていろんな味試したいもん」と。

    母は掃除はマメにするものの、物をほとんど捨てないため、その『溢れた物を収納するための家具』等を買い足す始末。父は新しいもの好きなので、常に最新型の電化製品で溢れかえっており、その分部屋が狭く感じる。実家に居ると圧迫感で落ち着きません。

    私は物が増えるのがダメなタイプ。常にオークションやリサイクルショップで現金化、両親にも「何か売るものない?」と聞いています。今では「気をつけないと家の物をたらこに全部売られてしまう」と恐れられています(笑)。

    ユーザーID:

  • どのみち怒るなら捨てる

    私なら、ですが黙ってどんどん捨てますね。
    ものが増えるのは耐えられない。冷蔵庫がぐちゃぐちゃなのも嫌。買い物直後たくさん入っていることはあっても、正体不明のものがあるなんて考えただけで、嫌ですね〜。

    冷蔵庫なら行く度にどんどん掃除しちゃいます。捨てなくてもトラブル、捨てても怒られるなら、捨てます。それが嫌になったら行くのを止めるか、、、。
    それかもう見て見ぬ振りで、いっさい関わらないか、どちらかしかないんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 見つからないように捨てる

    うちの母も超溜め込んでます。1999年の食品なんてざらです。

    先日帰省したとき、母が不在のときに姉と私が、通常の家に戻るために、実家から出たのですが、私は邪魔になっていたサラダオイルの12本入りセットを大家族の姉に「持ってかえれば」と所有権もないのに持って帰らせました。まだ他にも何本もありましたし、大きな箱が邪魔だったので。

    あとで母にその旨を伝えようと思いましたが、母の性格から言うと、もったいないとか言い出しそうで、(最近昔ほど姉に対して気前がよくないんです)黙ったままです。母は3日しか経っていないのにその存在すらすっかり忘れたようで「あれはどうした?」なんて一言も言われません。

    こっそり捨てるか売りさばくか他の人に渡すかするのがいいと思いました。言うと大騒ぎなので、黙って、というのがポイントです。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧