応援する=援助ですか?

レス91
(トピ主0
お気に入り7

趣味・教育・教養

そらまめ

今年の夏休み義弟家族が
遊びに義弟実家に来たときの会話なんでが
甥っ子がじいちゃんに僕今度私立の中学校受けたいん
だと言ったそうです。その言葉に義父母は
そうかじいちゃんたちも応援するからと
言ったそうです。

先日義弟からTELがあり来年は○中学校受けるから
合格したら学費援助頼むねと言われたそうです。
なんでわしらが学費出さないといけないんだと言うと
夏休み帰省した時応援するからって言ったじゃないか
と言ってきたそうです。義父母はお金を出すなんて
一言も言ってませんでした。

普通応援する=援助なんて考えますか。

それとも私たちの認識が甘いのでしょか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数91

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私立中学だから、では?

     義弟さんの職業を存じませんが、一般的な収入だとしたら、私立中学は「お金のかかる学校」ですから、そういう解釈をされることもあるかと思います。
     逆に、応援しない場合の理由は「お金がかかるから」というのがあると思うので、応援してくれるなら学費も…と期待しちゃったのかも。
     そういう人がいてもおかしくないとは思います。

    ユーザーID:

  • へ?

     応援≠援助でしょう。違いましたっけ?
     話が妙な具合で伝わったのかも。

    ユーザーID:

  • 甘くないデス

    だって甥っ子さんへ「応援する」と仰ったのですよね。
    だったら「合格できるように応援する」の意味だと思います。

    これが義理の弟さん(親御さん)へ「応援する」と言ったのなら、「金銭的に応援する」という意味にもとれましょうが。

    自分たちの都合のいいように解釈なさったようですね。
    援助してもらいたいときはきちんとお願いすべきですよね。3年間となるとかなりの額ですし。

    ユーザーID:

  • うちでは応援は援助

    大人が旗振って応援…
    あんまりないかも。
    「じいちゃんが応援してるぞ、勉強がんばれ!!」
    「マジ応援!そっちかい!」
    ってネタかも。


    うちではうちの子の海外旅行とか実家の母が「応援するから」といいます。
    つまり少し出してあげるってこと。

    家を買い替えるんなら応援するからっていうのもお金のこと。
    大人が旗ふりはしません。

    でも、その家しだいなのでわかりません。
    うちは応援はフレーフレーではなく、お金です。

    ユーザーID:

  • 孫と祖父母の会話ですよね

    私立中学を受験するという孫に祖父母が「応援してるからね」と声をかけることが即援助になるとは思えないです。「頑張って」と励まされた程度に子供は受け取ると思うんですが。子供から親に伝わった時に=金銭的な援助をしてもらえる、という発想に結び付けられたんでしょうね。

    それにしても義弟さんとの直接の会話なら「援助してもらえるかも」と思われても不思議はないですが、子供を通しての又聞きでは…。私が親の立場なら「おじいちゃん達も応援してくれてるから、勉強頑張らなきゃね」ぐらいの言葉を息子にかけるにとどめます。ちょっと義弟さんのはやとちりな感じが否めません。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 私は・・・

    応援=応援であって
    応援=援助では無いと思います。
    応援するのは心の中で祈るって言う意味かな、と
    私は思います。

    孫に私立を受けると言われれば『応援するよ』って
    言う以外に何と言うのでしょう?
    それとも『おじいちゃんは応援できないなあ。お金無いから』なんて
    言わないですよね。

    ユーザーID:

  • そりゃないよ…

    親が学費を工面しきれないような学校に通いたい?
    なんですか、それ?頼りがいのある裕福なお家だから、
    ついアテにされてしまったのかもしれませんが、
    なんで別の家庭の援助なんかする必要があるんですか。
    私だったら年老いた両親に、そんな恥ずかしい事頼めません。

    ユーザーID:

  • 義弟さんが甘えてる

    もし義弟さんからも「受けさせたい」と話があったのなら援助がほしい含みはあるでしょうが、甥っ子さんの言葉だけならそこまで考えて受け止めるのは無理だというか、不必要だと思います。
    本気で援助がほしいのなら子供にほのめかしてもらうのではなく、きちんと義弟さんら親がお願いするのが筋でしょう。
    私立中学は受けなきゃいけないわけじゃないですからね。

    ユーザーID:

  • じゃあどういう応援?

    「応援する」といったときには、何をイメージされていたのですかね?
    「応援=金銭援助」と短絡的に考えるのもどうかとは思いますが、「フレーフレー○○ちゃん」という応援をするとも思えませんね。
    言質とられるような安易な発言だったということでしょうね。「○○ちゃん。頑張ってね。」でよかったのではないですか?

    ユーザーID:

  • 考えるでしょうね

    立場が違うと受け取り方も違ってきますから。
    援助を期待している人の頭の中は<応援=援助>となっていてもムリはないような気がします。
    その先の高校も私立なら援助もまだまだ続く訳ですね。せめて大学は国立に入学出来ると良いですね。

    ユーザーID:

  • そういう人いるのね!

    応援する≠金銭的援助 でしょう。
    おじいさんは「頑張ってね」と励ましたかったのだと思いますよ。
    それよりも老親に臆面もなく学費をたかる精神構造がいやしいと思います。

    ユーザーID:

  • だったら

    『「応援」を、お金を出す事だと思ってたんだったら訂正する。お金は出せない』とすぐに言ったほうがいいのでは?
    きっぱりと「お金は出さないよ」という意思表示をするべきですね。
    だいたい、お金を出してもらって当たり前のように思ってるようですが(義弟)、もしそうしたいのなら、先におじいちゃんに聞くべきです。「出してもらえる?」と。

    でも、自分たちの甲斐性で私立に行かせる事ができない経済状態でありながら、私立を受験させるっていう事自体が信じられません。
    お金に余裕のある家、もしくはパートでもなんでもして、私立に行かせたいというのであれば、それはそれで勝手でしょうけどね。

    ユーザーID:

  • なんで援助?!

     応援するって「勉強頑張れ」って励ますって事じゃないのかな〜って思いましたけれど・・・。

     お金の援助って、随分話が飛躍していますね。

    「応援っていってもお金は出せないよ」って今からでも言っていいと思いますけれど。
    それで、入学できないっていうならば、親の見通しが甘かったって事で、仕方ないんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:

  • フレーフレー

    「応援=金銭的援助」なら松坂にも世界バレーにも町内会の運動会で老体にムチ打って走る隣のおじさんにもお金出さなきゃじゃない。
    何で俺が松坂にお金出さなきゃなんだよ。(でも松坂応援してるよ)って言ってやれ。

    ユーザーID:

  • いやそれは,

    義弟さんの認識が甘いでしょう。

    ユーザーID:

  • ずるーい!

    [受けるんだ]ではなく「受けたいんだけど」がポイントなんですよ!これははっきり言ってお伺いでしょ?

    受けたいんだけど?→応援する=お金を出す
    と取られてもしょうがないのでは?

    義弟もちゃっかりしてますね〜
    あえて、孫に言わせちゃうなんてずるいなぁ!
    孫の頼みなら断れないしね〜

    お金が無いなら受験させなきゃいいのに!

    ユーザーID:

  • は?

    ないないない!
    ありえない!!

    主観ですが、か弟って甘えた考えの持ち主が多い気がする。
    別家族・別家計なんですから、自分達の責任の範囲でしないとダメに決まってるじゃない。

    じじばばから「援助するよ」と言われない限り、
    援助してもらえる、と思い込むなんて独立した大人のすることじゃないと思う。

    義父母だって老後の準備やら介護やらこれから色々お金がかかるでしょうに、
    義弟さんはそういうこと、ま〜〜〜〜ったく考慮してないと思いますよ。
    これを機会にご主人とじっくりお話してもらった方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • ずうずうしい

    孫と祖父だけの会話なら、ただの応援でしょう。

    =援助って、随分都合のいいように解釈しましたね。
    せめて「合格したらご褒美に息子の欲しいモノ買ってやってくれ」ならわかりますが。

    ユーザーID:

  • トビ主です

    みなんさん
    お返事ありがとう
    ございます。
    言葉ってむずかしいですね。

    義弟は一般サラリーマンです。
    奥さんは専業主婦で子供は3人です。
    5年前には推定3千万円の一戸たてを
    買ってもらっています。聞いた話なので・
    一応推定と言うことで
    義父母は80歳と78歳なので
    今援助してもあとが続かないと思うのですが
    今回のことでは二人とも困惑しています。
    義弟に応援すると直接言ったわけでもないのに
    なぜこんな事になってしまったんだと・・・
    今度家の主人が弟に電話をいれると怒ってました。
    何を言うつもりなんだろう
    怖くて聞けないです。

    ユーザーID:

  • 「孫を」応援だもの

    「応援すると言ったのは、孫に対してである。難しい中学を受験するというのだから、精神的なバックアップをしようじゃないか、ということだ」

    「大体、子供に教育をつけてやるのは親の務めではないか。子供が受験のために努力しようという時に、親のお前が最初からその親の懐を当てにするというのはどういう了見か。示しが付かないではないか。頑張った子供を私立に入れてやりたいなら、親もできる限りの努力をして費用を捻出しなさい」

    「そして来年合格しても、どうしても学費のめどが立たなかったら、その時はおじいちゃんのところに遊びに来るように言いなさい。私立に行くばかりが道ではない、お前の父親は決して甲斐性無しというわけではない等等、噛んで含めて話して聞かせるから」

    と、お義父さんからお義弟さんに、きっぱり言うのがいいと思うんですが。最初から年寄りを当てにしちゃいけませんよね。もう、自分が親なんですから…。

    ユーザーID:

  • 上手く事を運ばないと

    孫に言わせるなんて、卑怯だけど、その場に義弟もいたとしたら応援を援助ととられても仕方がないかもしれません。
    一番の問題は、お孫さんが「おじいちゃんが援助してくれるから、受かったら私立中学に行ける」って思っている場合。
    上手く受け答えしないと、義父母がお孫さんに恨まれる可能性があります。
    旦那様も感情的にならず、甥っ子の気持ちを考えながらちゃっかり者の義弟と話すべきでしょう。

    ユーザーID:

  • かぼすさんと同意見

    「受けたいんだ」と言うことは「受けたいんだけど、なにかしら問題があって受験できないかも」ってことですよね?
    何も問題がなかったら「受けたい」なんて希望ではなく「受けるんだ」と決定になるでしょう。
    その問題が金銭的なことだったんでしょうね。
    祖父母は学力的なことだと思ったんでしょうか?

    これが「○○中学校を受けたいんだけど、うちは金銭的に余裕がないから受験できないかも。」と言われて
    祖父母が「応援するよ。」と言ったとしたら「応援=金銭的援助」と言うふうに受け取るのは普通ではないでしょうか。
    今回のケースは語尾を濁して言った孫の言葉の真意を祖父母が感じることができなかったということではないでしょうか。

    単なる「勘違い」で済まされないほど状況は深刻ですか?
    「お金を出す気はない。」と言ってシカトしたら問題が起きそうですか?

    ユーザーID:

  • おそらく、それは

    甥っ子に受験の話をさせた時点で義弟さん夫婦は自分の親に資金援助させるつもりだったんですよ。
    こういう経済的に親離れしない大人が増えているようですよ。

    ユーザーID:

  • 同じな訳がない

    金銭的援助なら「お金は心配するな」「援助する」などはっきり言いますもの。
    第一授業料という大金に対してそんな軽々しく約束はしないと思いますよ。
    私の両親も姪の受験を応援しておりますが、ここでの応援とは講習会の送迎やその他マンパワーが必要なことを示していまして、授業料は関係ありません。

    ユーザーID:

  • 実の親子だからかな。

    義弟さんだって、他人にはそういう言葉のとらえ方はしないんじゃないかなあ。そんな理不尽なことも言わないと思いますよ。
    実の親子だから、甘えているんですよ。多分。

    ユーザーID:

  • 便乗させて下さい

    義弟の長女は某私大の薬学を出ました。かなりお金がかかったようで、義実家にいくたび「女の子にそんなお金をかけて!」という義母の愚痴を、心の中で義弟夫婦が決めることでしょうと思いながら黙って聞いていました。

    電話の度、義弟は「金が無い」とそればかり言っていたようですが、ある時ついに援助して欲しいと泣いて電話してきたため義両親は数百万出したという事を夫から聞きました。義弟は「それなら少しだしやろう」と言ってくれるのを期待していたんでしょうが、いくら待ってもその言葉が出ない為、なりふりかまわず泣きついたのだなと私は思いました。

    義両親にとってなけなしの老後資金です。それなら卒業後月2万でも3万でも返すべきと思うのですが、貰った気でいるらしく返済の話しは聞きません。

    夫には他にも兄弟がいますがみな遠方に住み、高齢の義両親のめんどうは近くに住む私達夫婦がみています。まだ寝たきりとかそういう状態ではないけれど、私は釈然としません。

    援助の話は私も知らないことになっており、他の兄弟も知らないこと。言えばもめるでしょう。私は言いたくて(告げ口したくて)たまりません。

    ユーザーID:

  • 義父母と義弟の問題では?

    義父母は気持ちの問題として応援すると言ったのではと思います。しかし学費のことで頭がいっぱいの義弟は、勝手に「学資援助」だと勘違いしてしまったのでしょうね。

    言葉の行き違いだと思います。
    義父母が「そっちが勝手に誤解しただけでこっちはそんなつもりはなかったし、実際、学資援助なんて無理」と思うならそうはっきり言えばいいと思います。
    「そんなつもりで言ったんじゃないけど、向こうがそう誤解して期待してしまったならかわいそうだ。無理してでも出してやるか」と思えば出せばいいし。要は義父母の考え次第だと思う。もちろん、「そういうつもりじゃなかった」とはっきり断って何の問題も無いことです。

    貴女方はこの件には一切口出しせず、義父母と義弟との話し合いに任せた方がいいですよ。貴女方が口をはさめば話がこじれる。
    ただ義父母に「お金が続かず、結局私達が義弟を援助せねばならぬことになるようなことだけはお断り」とはっきり言っておくことは必要かもしれないが。これは義父母にだけ言って義弟には言わないこと。

    ユーザーID:

  • 普通そうです

    応援するといったのなら、このケースなら資金援助と考えるのが普通です。
    そうでないのなら、いったい何を応援するの?
    別に行くことを反対されてとか相談受けたわけでないし、スポーツの大会にでるんだとかいわれたわけでもないのに・・・・

    トピ主さんは、この状況で応援するといわれたら、何を思います?お金出してくれるのかなと思いません?
    まさか、「フレーフレー」って応援してくれるとは思いませんよね?

    ユーザーID:

  • ご主人が話を?

    ご主人が弟さんに話をされるんですか。
    ホント、なんか怖いですね。
    親の財産を弟一家に取られまいと兄夫婦が援助に反対しているみたいで。
    トピ主さんまで巻き込まれてしまいませんか。

    ユーザーID:

  • うちでは応援=金銭的援助です

    そのご家庭の経済状況にもよりますから、こういう話は難しいですよね。

    私の実兄は平均的年収のサラリーマン、
    2人の子どもは中学から私立で(妻は専業主婦)
    「応援して」と言われて私の両親は兄に月10万程の援助をしています。

    両親はずっと民間企業で働いていたので、老夫婦の生活費は月々の年金だけで十分おつりがくるほどあります。
    住まいも当然持ち家で、貯蓄もそれなりにありますので、
    10万程度の援助は全く問題になりません。

    我が家は平均よりちょっと多い年収があり、かつ子どもは一人、
    さらにずっと公立なので経済的に全く困ってないので、
    実家に応援をお願いする必要はありません。
    ですから、余力分は兄一家に援助してあげてね、と言ってあります。
    兄一家が生活に困る姿は見たくありませんからね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧