心や体の悩み

おちこんでいる友人の話の聞き方

レス24
お気に入り1

杉男

健康

友人がかなりおちこんでいて、何度か話を聞いています。
精神科にも通っているようですが、いわゆる「10分診療」で、話しきれず。かなりたまっているようです。カウンセリングも費用が高いし、「とりあえず、できるだけ話を聞いて、少しでも胸のつかえがとれたらいい。」と思っています。

私以外は他に本音を話す相談相手がいないようです。
何か、「話の聞き方」とかこういうときに留意することあればアドバイスお願いします。 また同様の経験のある方の経験談(どちらの立場でも)もお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数24

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 愚痴を聞くコツ

    以前、自殺志望の子供と話す機会があって、
    なんとか思い直してもらおうと話し方を勉強しました。

    一番大事なことは、すぐに否定しない事。

    どんな突拍子の無い事でも、馬鹿げた事でもです。
    「君はそう思うんだ。私はその話を聴いて〜と思ったよ。」
    否定するにしても、まず受け止める事は必須です。

    あと、感想を言うときは主語を「私は」とハッキリ言う事。
    「それは〜だ。」と言われると一般論を言っているように聞こえます。
    つまり「君は間違っている、世間一般では〜だ」と聞こえる訳です。

    相手の話を繰り返すだけでも、聞き上手の第一歩ですよ。
    一緒に鬱にならないように気を強く持つことも大事です。

    あげればきりが無いですが、とりあえず重要な事を。
    まとまらない文章で申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • 傾聴してみては?

    相手の話に口出しせず、ひたすら聴く。
    うなずいたり、相手の言葉を繰り返して相手の話を聴いているリアクションもしながら。

    相手にこうしろと指図はしないことと、「頑張れよ、たいしたことないよ」などの言葉を控える。

    相手の気持ちに寄り添って心を持って聴いて見てはどうでしょうか?

    私の経験では自分はプロではないので、話を聴いているうちに相手に良くなってもらいたいから変化して欲しいという傲慢な感情が湧いてきたり、相手のネガティブな感情をもらってしまい、かなり精神的にきつかったです。
    相手もこちらに依存してきて、電話やメールを頻繁に送ってきました。
    結局、自治体(無料の所もあるはずです)や専門機関のカウンセリングを紹介して、友人とは少し距離を置いています。

    トピ主さんは相手との境界線を作れる方なら、傾聴をオススメします。相手の感情に巻き込まれることのないように注意されてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 大変だけど.......

    できるだけ相槌を打つ、意見や解決策などは言わない(どうしたらいいか教えて欲しいという要望があったときだけにする)
    とにかく聞いてあげる、ただそれだけで友人の気持ちが楽になるんです。
    特に女性は、ただ聞いてもらうだけでいいんですよね。
    答えは、すでに自分で決めていますから。
    あれこれ言って欲しくないんです、ただひたすらに聞いて欲しいんです。
    私も、何人かの愚痴や話を聞いてあげたことがあります。
    「聞く」ってことは、本当に大変なことなんですよね。


    かなり大変ですけど頑張ってください。

    ユーザーID:

  • あまり親身になりすぎないほうが良い

    お友達のことが心配なのは解ります。でも、あまり親身に
    なりすぎないでください。

    私にも、そういう友人がいました。最初は、頼ってくれる
    のだし、カウンセリングの相手とも合わないようだった
    し、と、親身に話を聞いていました。
    が、だんだんエスカレートしてきて、夜中や早朝に電話、
    電話に出ないと精神不安定になり、会いに来る、など
    こちらがまいってしまうような行動をとるようになりました。

    トピ主さんはカウンセラーでも、身内でもないのですから
    ある程度、話を聞く、というくらいでとどめておいて
    ください。でないと、全体重をかけて、もたれかかって
    くるかもしれません。受け止められれば良いですが、
    精神的には、こちらがウツになるくらい、大変かも・・

    ユーザーID:

  • お察ししますが、大変ですよ。ね。

    私にも同様の友人がいます。

    彼女と会うと、ほぼ9割以上彼女が話し続けます。
    他の知人にもそのようです。

    こちらもフラストレーションたまるのですけど、
    病気だから仕方がないのです。

    彼女も余裕がなく、彼女にとってつかまえた相手は全てカウンセラーなのです。相手かまわず所かまわず、身の上話を延々とし続けます。

    黙々と否定せずに傾聴する。
    これしかないですよね。

    ユーザーID:

  • 同感と共感

    大学時代臨床心理学を専攻していました。
    そこでカウンセリング概論なども取りましたが、大事なことは
    「同感するのではなく、共感すること」
    どう違うかというと、同感はその人になりきって同じ気持ちになること、共感は自分は自分として同じ気持ちになること。
    とても分かりにくいですが、いくら親身になって聞いていても所詮他人のことである、と自分で自覚することです。
    そうしないと「転移」ということが起こります。
    これは相談者の気持ちをまるごと自分の中に受け止めてしまい、自分も同じような精神状態に陥ることです。
    実際にどう聞けばいいのかということですが、やはり否定するようなことを言わない、言葉を遮らない、励まさない、「そうね、辛かったね」と共感していることを示す、などです。

    とはいっても相談事を受けたら、自分にも跳ね返って精神的にけっこう来ますよね。(だからわたしはカウンセラーになれませんでした)
    でも所詮は他人事ですから、ある程度は聞き流す耳を持つことをお薦めします。

    ユーザーID:

  • 共感して聞く

    まず、相手に共感して耳を傾けるということが重要です。「そうなんだ」「そう感じたんだ」「大変だったねえ」と、相手の話を受け止めることです。

    そのうえで、時々、ここぞという時だけに「でも、もしかしたら○○なのかもしれないよね」と少し違う角度から見た場合にどう見えるのかをちょっとだけ示す。相手の言うことを否定して「それは違うよ。こうだよ!」というような言い方は決してしないようにしましょう。 

    相手が「もう嫌だ。死にたい」などと言うときは、「そんなこと言わないで。私は○○ちゃんの味方だよ」と伝える。話を聞くことを続けるだけで、大分、元気が出てくると思います。

    トピ主さんは大変でしょうが、そのお友達はとても幸せ者ですね。 トピ主さんのような優しい友人がいて。

    ユーザーID:

  • そういうときは。。。

    ひたすら同意するしかないんではないでしょうか?
    話を聞いていて
    「それだったらこうした方がいいのでは?」
    とか「経験上、こうするといいですよ」なんて
    言ったらすぐ、
    「でも」とか「だけどね」って言われちゃいませんか?

    本人、悩みとか愚痴を言いたいだけで別に解決したいわけではない場合が多い気がします。
    相手の話を途中で遮らないように最後まで聞いて
    相づちを打ちつつ
    そして。。。一番大事なことなんですが
    親身になって聞かないこと。
    鬱病の友達の話を親身になって聞いていたらこっちまで鬱になりかけました。

    カウンセラーって親身になって聞いていないか強靱な精神の持ち主なのかなって思ってしまいました。
    一通り聞き終わったら同意してあげて、
    「こうしたらいいよ」とは言わないで「こういう事出来たら素敵だね」って感じで言ってあげるといいと思います。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    私が以前落ち込んでいた時に、友達に話を聞いてもらっていました。今こうして元気に暮らせているのは、彼女のおかげだと心から思っています。だからとぴさんも、その方の支えになってあげれるといいですね。

    でもあまり真剣に聞いてると、自分の体がまいってしまわれるので、ほどほどでいいのではないでしょうか?私の相談にのってくれた方も、ふん、ふん、と聞いてくれる時は聞いて、ちょっとした時にアドバイス程度のものをくれました。彼女は本当に前向きで、私の意見とは180度裏返して答えてくれました。

    彼女自身楽観的だったので、それがよかったのかもしれません。二人一緒になって落ち込んでたら解決するのにもっと時間がかかっていたような気が。。だからとぴさん自身、あまりストレスにならない程度に相談にのってあげるのが一番だと思います。

    ユーザーID:

  • 経験から

    黙って聴く事が大事と言うレスが多いようです。
    自分も又聞きなので、間違っていたら大変申し訳ありませんが
    経験からも「その通り」と思う事があるのでレスします。

    相手の意見を「まず」否定しないのは絶対です。
    ですが、自分の意見を言わないで傾聴しつづける事は危険です。
    相手はネガティブな事を話す事で、もっとネガティブになり
    事実を確認する作業に延々付き合わされる事になります。
    これではこっちがネガティブになります。

    自分の意志をハッキリ持ち、自分の意見を織り交ぜて会話する。
    確かに相談相手は聴いて欲しいだけなのでしょうが、
    ユーモアのあるポジティブな言葉は、カウンセリングだけでなく
    聴く側の防衛策として必要だと思います。

    常に頭を働かせて、客観的に捕らえる事が
    一緒に鬱にならずに済む方法だと私は思っています。

    ユーザーID:

  • 「私が」立ち直らせようと思わないこと

    ある時期ものすごく落ち込んで落ち込んで、人に愚痴っていた次期がありました。
    その時の体験から、なんとか私を立ち直らせようと(それはそれで有り難いことなんですが)、頑張れとは言わないまでも、それと同義語を延々とされるのはただ「頑張れ」と言われるよりも辛かったです。
    説教される状態になるのが辛いんです。
    落ち込んでいる人の話ってわかりにくいし、同じ事を何度も言うから聞いている方もうんざりするんですよね。自分もそうだったし逆に聞く立場になったこともあったのでそう言う気持ちはどちらも何となく解ります。
    聞いて貰う立場からすれば、とりとめのないわかりにくい愚痴を、なんとか理解しようと聞いてくれること。そして一緒に悲しんでくれること。説教しないこと。否定しないこと。ですかね。
    落ち込みは最終的には自分自身で立ち直るしかないのですから、自分が治してやる的考えは持たないで、
    少しでも苦しみを理解してあげることですね。

    ユーザーID:

  • 無理の無い範囲で

    友達に「人生相談魔」な人がいます
    優しい楽しい娘なのですが、落ち込むと友達片っ端からに愚痴・相談をするのです。
    まじめに聞いて励ましたりアドバイスを話す友達もいるんですが、困ったことに自分の気に入らないことを言われると逆切れして「もういい!どうせ私が悪いんでしょ!」。。。当分はメールも電話も一切無視されます。
    今は聞き流し加減に、美味しいものを食べて十分眠りなさいとしか言えなくなりました。

    友人は特例とは思いますが、聞く側が疲れたりケンカになったりしても辛いので
    あまり背負い込まないで話を聞いてあげてください。
    もう他の方が言われていますが共感して聞いてもらうだけでも少しずつ気持ちは楽になるのではないでしょうか。
    私は愚痴を聞いてもらう時相手の、あなたの話を聞いてるよあなたを意識してるよ(片手間でないよ)という雰囲気だけでずいぶん癒されます。

    ユーザーID:

  • キケン

    微妙な質問です。

    キケン、できるだけ専門家に任せましょう。
    病名の明示がありませんが病気によっては、1度、そうした関係を構築すると大変なエネルギーの負担になることがあります。

    アナタが耐え切れなくなったとき、キケンなのです、病気の人に。

    どうしても、お役に立ちたくて、カムバックまで責任を持つという強固な意志がおありなのであれば、主治医に面会して、指示に従ってください。

    わたくしなら、エクササイズや雑談程度にはつきあいますが、基本的には専門家に任せます。

    ユーザーID:

  • よくいわれること

    1)頑張れ、は禁句 同情も禁じ手
    2)答えのようなことは言わない 聞くに徹する
    3)いくら親切心からでも あなたの(素人)過度のかかわりは悪影響を及ぼすことがあると知る

    本当は、あなたは手を出さないのが一番いい気がする

    理由は他の方のレスでほとんど述べられてるとおり

    ユーザーID:

  • トピ主です⇒アドバイス参考になりました。

    皆様

    いろいろとアドバイス 励ましありがとうございました。
    現在下記心境です。又下記方針でいきたいと思います。

    1 基本的には専門医にまかせる。但し自分の対応できる範囲、かつ自分に「感情転移」しない範囲で、時間を区切って話を聞く。聞き方は「同感」ではなく「共感」とし、自分までおちこまないように気をつける。⇒私は今のところ、おかげさまで、大丈夫です。
    2 基本は「まず、話をきいてあいてをすっきりさせる。」ただし、自己防衛、相手のきづきを促す意味でも、あまりのマイナス思考には 遠まわし等自分流に反論意見もいう。
    3 「ミイラとりがミイラになってもいけません」が、「情けは人のためならず」ともいいますし、できらだけの応援、見守り、援助をしたいと思っています。 以上

    ユーザーID:

  • すごい!

    杉男さんの話の受け方が非常にまとまっていて「すごいなぁ」と思いました。
    思わず「発言してよかった」と感じました。
    もとから話の受け方が上手な方だったんですね。

    杉男さんなら万一直接お話を聞くことになっても、大丈夫だと思います。
    相手の方もきっと「あなたなら」と思ったのでしょうね。
    偉そうに講釈を垂れて恥ずかしい限りです。

    ユーザーID:

  • TOCさん ほめ上手ですね!

    TOCさん

    ほめ上手ですね。レスうれしかったです!内容といい、タイミングといい。すばらしい!その要領で後輩も、ほめるところを探して、自信とりもどせるよう応援していこうと思います。ありがとうございます!

    ユーザーID:

  • 私の場合…逃げてしまいました

    あくまでも私の経験談ですが…
    年に数回会う程度の知人がいます。
    知人(40代未婚女性)は、7年間無職・家族不仲で悩み、自分は不幸である、この先どうしたらいいのかわからないと嘆く日々。引きこもっています。

    そんな知人と6年関わってみてわかったことは、励ましや助言はタブーであり無意味であること。
    ただ一方的に話したいだけなので、私は「うなずく置物」になります。
    また、頑固でプライドが高く、被害妄想・他人への羨望が非常に強い傾向にあります。

    そんな知人は年々友人を失い、唯一相手をしてくれる8歳下の私をすごく頼ってきます。

    数年前から、会えなくて淋しいと泣かれ、私から連絡が無いことや私が知人以外の人とばかり遊んでることを責められ、妬かれ…。

    あまりにも依存されていることが怖くなりましたし、この先ずっと知人の話を聞く覚悟も自信もないと改めて感じました。
    また、知人がもし天涯孤独になった時に、知人にとってたった一人の最後の友人になる勇気も正直ありません。

    卑怯かもしれませんが、この2ヶ月、知人から逃げています。心が痛みますが、中途半端な気持ちでは関係してはいけないと思いました。

    ユーザーID:

  • 中途半端な気持ちではいけないに同感!

    天天さん

    経験談および アドバイスありがとうございます。
    ある程度の覚悟をもって接しています。又今 後輩は孤独ですが、「思いやり」ももっている人だと思っています。
    ただ どこかで考え違いをしているか、気づいていないことが多いだけだと思います。(そこは自分で壁をやぶってきづかないとダメと思いますが)。私も違いはイロイロありますが、同様の経験・苦労をしてきていますので・・・

    それにしても親身なアドバイスは深謝

    ユーザーID:

  • 傾聴と共感

     側にいてあげる時間を多く作る。無理にアドバイスしたり、話しかけるよりも、頭をなでたり、背中をさすったりしながら、相手の話をよく聞いてあげる。たまにうなずいてあげる。傾聴と共感の態度で接することが大事と思う。そうなんだ〜、そうだったんだ〜、大変だったね〜、よく頑張ったね〜・・・など、相手の話す内容を理解出来るよう聞いてあげること。マシュマロのように、ふわっと心を包み込んで支えてあげてね。元気になるといいね。

    ユーザーID:

  • 鬱病か、そうでないか

    こちらこそ、感想にまでお返事感謝します
    ただ褒めるのは苦手で、思った事をそのまま書かせて頂いただけです
    あ、これ終わらないのでここまでという事で(笑

    さて、他の人の意見と違っていたので、専門家のサイトで調べてみました
    重要なのは鬱病かどうかで対処がまったく違う事だそうです

    鬱病は病気、薬による治療が必須で、カウンセリングは危険との事。
    しかし、普通に落ち込んだ方へはカウンセリングは有効とのことです

    見極める方法として自分以外の人間に(相談相手を含む)意識が行くか
    もし「ありがとう」が言えるなら、カウンセリングも効果があるということです
    その場合、傾聴が有効とありました
    傾聴とは相手の話をそのまま全て受け止めて聴くことだけでなく
    相手がより多くのことを話せるように、また話している間に自分なりに
    悩みや不安の整理が付くように助けることです

    ユーザーID:

  • 情は人の為ならず

    わたしの深読みでしょうか?
    情は云々の意味はトピヌシさんは理解されていると思います。
    トピヌシさんの仰っている事は
    「周り回って自分に帰ってくるから気をつけます」
    =明日はわが身(大袈裟ですが)って雰囲気がかんじられました。
    相談されているお友達のこと真剣なんですね。

    ご自分が取り込まれて同じ「鬱状態」になりませんように。。

    ユーザーID:

  • よっと様へ

    「情けは人のためならず」の意味は○の意味を理解していったともりですが、文脈から違いますでしょうか?

    いずれにしても、アドバイスは深謝。

    ユーザーID:

  • TOCさん 参考になりました

    アドバイス参考になりました。

    1 「ありがとう」といえるので、少なくとも重度のうつ病やうつ病の急性期ではなく、カウンセリングが有効と推察されます。又本人は精神科にはかかっています。本人のこれまでの経験・考え方かた会社や家族には今のところ内緒にしているようですが・・
    2 おっしゃるように、本人の考えが整理され、前向きな方向に考え方がいくように・・・と思っています。「共感」と「本人の気づき」がポイントでしょうね。
    3 あせらずにじっくりも必要と考えています。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧