家庭菜園てそんなに癒されるのですか?

レス17
お気に入り0

杉男

学ぶ

友人から家庭菜園をすすめられて、将来やってみようかなと思っています。友人はそういってますが、そんなに、癒されるのですか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 「住めば都」って感じです。

     愛着がわけば、家庭菜園でもペットでもその他の趣味でも、「癒される」と思います。その辺は、比較するものではありません。
     ただ、生物は「育つ」ので、物相手とはちょっと勝手が違い、その良くも悪くも手がかかる点が「癒し」効果になるようには思います。

    ユーザーID:

  • 一言。

    人、それぞれです。

    合わない人は、合いません。

    ユーザーID:

  • こればっかりは

    やってみないと分からないかも?
    なかった人でも、実際やってみると「これが意外と楽しいのよー」と言う人もいますし。
    やる前も、やってからも「やっぱり向いてない」と言う人もいました。

    そういう私は、土いじりにはまったく興味ありません。
    虫がいたらどうしよう、とかミミズがいたら・・と思ってしまうし、スーパーで買ったキャベツに小さい虫が付いてただけで、キャベツ丸ごと捨ててしまいます。(鳥肌が立ってしまって・・)
    花を育てたり動物を飼う事にも興味ありません。
    なにか欠落してるんじゃないかと思う事さえあります。

    「持続」というのが苦手なのです。
    家庭菜園も、手をかけないといけないですよね。
    ずっと続けられるかというと、自信ないので・・・

    ユーザーID:

  • 人と場合によるかな

    小町で「人それぞれ」と答える人には毎回カチンと来るのですが (だって当たり前だもの・・・)、こればっかりは人と場合によると思います。

    私は18歳から数年間、たった一人で広い家庭菜園を管理しなければならない立場でした。
    バブル時代に東京23区内在住の女子大生で、毎日トマトの脇目摘んだり、モモに袋かけたり、庭でタケノコ掘ってたのは世界中で私だけかも知れません。(笑)
    蚊に刺されるし日焼けするし、当時は嫌で嫌でたまりませんでした。

    でも中年のいま、マンション住まいなのに野菜やハーブをせっせと作っています。
    今の私は、癒されてると思います。
    若いときの私は、まったく癒されませんでした。
    将来の私は、わかりません。

    ユーザーID:

  • 人によるよ〜

    たとえば、土を触るのが苦手な人、虫などがいやな人、などは逆にストレスになるんじゃないかしら。

    知り合いのおば様に、お花を植えたいけど、土を触るのがいやでできない、という人がいます。私なんか、腐葉土とかのにおいっていいにおいだと思いますが、その方は、臭くて気持ちが悪いんだそうで。

    一方、実家の母は、土いじり大好き、3坪ほどの庭で家庭菜園やっています。今植わっているのは大根とプロッコリー。大根はかなり良い感じになってきました。
    一日中どころか、夜になっても畑に居ます。「周りに緑がないと私はおかしくなっちゃうのよ」とアルプスの少女ハイジ状態になっています。

    好きな人は癒されるとおもいますよ。

    ユーザーID:

  • 土に触れる。

    陶芸でもそうだけど、土に触れることって良いらしいですよ。
    園芸は植物が育つから、楽しみにもなるし。
    普段と違うことをする。
    なのでそれを生活の糧にしている農家の人は、逆の趣味がむしろ癒されるのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 人によりけりです

    癒される人も多いようだけど、多分、私には合わないだろうと思います。

    ・土などで手や身体が汚れる
    作業が面倒。
    ・家庭菜園に虫はつきもの。虫を殺すのも苦手。殺虫剤使用も嫌。食べる時の影響も心配だし、撒く時に自分にも被害が出そう
    ・水遣りなど頻繁に世話をしないといけないのが面倒
    ・きれいな形にきちんとできるかどうかわからない。変な形や出来の悪い作物も。それらも全部食べないといけない。出来る時には一度に出来るので、同じ野菜ばかり片付けないといけない。
    ・せっかく苦労して育てた作物が、鳥などに荒らされたり泥棒に盗まれることも

    ざっと考えただけでも次のような理由から私には合わないと思われ、手を出していません。

    ユーザーID:

  • かなり個人差があるでしょう。

    花とか土とか好きならいいでしょうねぇ・・・・。
    観葉植物も育てられない私は、絶対ダメです。そんなことしたら、ストレスになってしまう(笑)。

    将来、もっと自分に時間もお金もあったら考え方もかわるかなあ。。。。

    ユーザーID:

  • 私はダメでした

    蚊に喰われる。日焼けする。爪が汚れる。
    そのわりに,うまく作物が育たない。
    うまく育ったと思ったら家族が食べない。
    続けるのがストレスになってきたのでやめました。

    一方,私の両親は,兼業農家か!?というくらいはまってしまいました。

    向き,不向きがあるようです。

    ユーザーID:

  • 趣味の世界ですので、

    私も「人それぞれ」だと思います。
    ↑上の方でレスされた方は、カチンと来るかもしれませんが(笑)

    でも、一度やってみる価値はあると思います。
    私も友人の勧めで3年前から始めてますが、楽しいですよ。

    天気の良い日は水やりの後、ぼーっと眺めたりしてます。結構、落ち着きます。

    ユーザーID:

  • おいしいから

    うちの家庭菜園は家から車で20分のところにあって、週末にしか行けません。ですから週末のうち最低1日は農作業でつぶれるので、旅行などずいぶんしていません。植え付けや、夏の草取りが大変なのは言うまでもないですが、収穫もたいへんです。うちは二人なのに大量にとれるので、捨てるわけにもいかず、親戚や知り合いに配るため、洗ったり荷造りして送ったりの時間もバカになりません。そのうえ、夫も私も腰痛持ちで、気をつけていても一年に数回は「あ、痛っ!」という思いをします。

    それでも菜園をやっているのは、うちの野菜がおいしいから。「癒し」でなく「食い意地」。あとは、皆さんに喜んでいただけることですかね。

    ユーザーID:

  • 笑っちゃうけど、ダンナが

    狭い庭にスペースを作ってはじめてブロッコリーを植えました。「予想外」な成長度合いに驚いてた頃はまだ甘かった・・・。
    ある日気づけばいーっぱいな青虫が・・・(30匹くらいかなー)
    青ざめ、植えなきゃよかったーっと嘆く私にダンナが一言「ボクが取ってあげよう」
    それからは毎朝虫取りに精を出してるダンナ。みんな取ったつもりでも翌日になると何故か一匹いるのだそうです。窓からこっそり見てみると嬉しそうに退治して野菜の世話をしているダンナ。
    その後自転車に乗って出勤していくダンナの背中は気のせいか笑っていました・・・(?)

    結論
    虫嫌いな私は癒されません(むしろストレスです)
    虫退治が楽しくなったダンナは、癒されているのでしょう。

    ユーザーID:

  • 気軽にやってみよう

    ベランダの小さなスペースでハーブや野菜を育てています。
    アブラムシが大量についてギエーっ!となったり、紫蘇が全滅したり、なかなか思い通りになる物ではありませんが、芽が出た時の興奮、花が咲いた時の喜び、収穫する時の楽しさなどなど、様々の感動が味わえます。
    土いじりなどの経験が全くないのでしたら、手始めに小さいプランターで2〜3種育てるところから始めてみてはいかがでしょうか。プチトマトなどが簡単な割に収穫も多くてオススメです。

    ユーザーID:

  • 元々好きなら

    元々植物を栽培するのが好きな人なら、癒されます。
    例えばクラシックが好きな人は、ショパンを聞いて癒されますが、
    苦手だと思う人は、ぐーぐー寝るか、退屈でイライラします。
    そういうことです。
    ちなみに私は農家なので、さっぱり癒されません。

    ユーザーID:

  • わたしは好きだけど・・・

    わたしは趣味が園芸だから癒されますが,
    人には勧めません。
    向いてない人には絶対向いてないと思うから。

    ユーザーID:

  • 人によります。

    私の母はいわゆる「緑の指」で、花でも野菜でもなんでも来いの人です。
    早朝アオムシ退治に情熱を燃やし、土に牛糞を混ぜ、苦土石灰を巻き、
    腰が痛いの日に灼けたのと言いながらも幸せそうです。
    私は「アオムシはチョウチョになるんだから見逃してあげなよ」派。
    母にはしんどい力仕事などは手伝いますし、
    ミミズを見れば「あ〜土肥えてよかったね〜」くらいは言いますが、
    毎日毎日は勘弁してよと思ってます。

    まずはお手軽に、プランタ栽培で適性の有無をはかられてはいかがでしょう?

    ユーザーID:

  • 子育てと同じ!!

    植物もペットも子供もみんな同じですよぉ!みなさん家庭菜園が好きな人は、こまめにお世話をし、成長する姿を見ることによって癒される、という感情を持つと思います。食べられる野菜・果実になるまで育つということは、お世話をがんばった自分に対する神様からのごほうびです。

    でも自然界の営みですから、天候とか害虫・病気など不可抗力なことで残念な結果になることもありますから、収穫を目標にしすぎると辛くなりますよ。虫が嫌いとか、世話そのものが面倒、ならやめといたほうがいいと思います。うちは今年ベランダで初めてゴーヤを栽培しましたが、幼苗のときは襲来する虫との闘いでしたし、毎日水をやらねばならないです。でも、すくすくと育って素敵な形の葉を茂らせて真夏の日差しを防いでくれ、毎日たくさんの大きな実を成らして私の労に報いてくれました。

    まずはためしに初心者でも作りやすい野菜やハーブを鉢植えやプランターで小規模に始めてみてはいかがでしょう。特にハーブは丈夫なものが多く、日常的に料理にチョコチョコと使えるのでオススメです。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧