傷口に「消毒・ガーゼ」は逆効果?

レス19
お気に入り0
トピ主のみ0

たこのみち

健康

こんにちは。先日ネットのニュースでタイトルの内容の記事を読みまして、本当かどうか知りたくレスを立てました。内容は、切り傷等の傷口は
「消毒せずに、
 水道水で綺麗に洗って湿らせた状態のまま、
 ラップ(台所用のアレでいいそうです)でくるむ」
のが、一番良い治し方だというもの。

ネットで調べた限り、お医者さんサイドでは「医学の新常識」と言われているようですが、日常で使用するにはどうなのでしょう??
理屈はわかるんですが(消毒液は傷を治す細胞まで殺してしまうとか、湿った環境の方が治癒細胞がよく増殖するとか)ちょっと実践するには勇気がいる内容なんですよね(汗)
雑菌に弱い体質の人(私もそうですが)が消毒しないままの傷を放置しても大丈夫なんでしょうか・・・・。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数19

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わたしも、わたしも!

    思わず私も発言しちゃいます。

    もう一年前のことなんですが、バイクで転んで
    擦り傷ができました。ひざとすねと足首です。

    初めに行った医院では、ばっちり消毒(痛い!)
    ガーゼ、で、初日はとにかくひりひり痛いの
    なんの。。。

    ところが、その日ネットで、あるサイトを見つけ
    ました。それがラップ療法です。

    早速その日からやってみました。
    まず痛くない!ラップの傷にあたる部分あたり
    にヴァセリンを塗って、それで巻くのです。
    すると、たしかに汁がでてきて
    「おお、効いてる、効いてる…」と実感。

    一週間ぐらいで、傷の部分がつるつるのピンク
    になりました。

    ちょっと深い傷のところも、「ハイドロコロイド」
    というのを薬局で買ってきて貼ったら、治っちゃい
    ました。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます!

    レスを頂いた皆様、ありがとうございます!!
    先日、ドラッグストアにて「キズパワーパッド」を
    見てきました。た、高いですね(汗)でも効きそう・・・。
    幸い、今のところお医者さんにかかるほどのケガはしていないので「うるおい療法」を試す機会はないのですが、もしあったら、ちょっと試してみようかと思います。

    ためになるレスを色々頂き、本当にありがとうございました!!

    ユーザーID:

  • このトピに出会えて良かった!

    私も「ためしてガッテン」とキズパワーパッドの広報情報で傷は乾かさず覆って治すのが正解とは知っていましたが薬も要らず水道水で良いとは知りませんでした。

    それにしても随分前ですが傷にぶぁ〜っとスプレーをかけて粉末が傷を即効で乾かして治します・・なんて商品ありましたけど説得力ありましたよね。なんたって乾いた方が治りそうな気がしますもんね。

    でも知り合いが自転車でスッ転んでそのスプレーしたら乾いて何日かして幹部を動かしたらその乾いた部分がおせんべのようにひび割れその先端が傷を刺激して益々痛くなり病院に行ったという話を聞いてひょえ〜と思ったことがあります。

    あとトカゲちゃんのお話私信じられます。指が生えた人を知ってるんです。(それって普通?)事故で、でも思いこみで絶対に治るって信じて最初指がだんだん伸びてきて完全になったとこで爪ができてきてました。恐るべし人間の可能性!!

    ユーザーID:

  • 傷パワーパッドはだめでした

    たくさんの方がJ&Jの傷パワーパッドをあげられていますが、わたしは大変なことになって結局、2週間ほど病院に通う羽目になりました。
    傷口は丹念に洗い、使い方を熟読しましたが、ちいさな傷でも必ず化膿する体質(血液検査によると体内菌が平均値の5〜6倍!)なのであわなかったようです。

    トピ主さんも雑菌に弱いとのことですので、今までどおりにされたほうがよいのではないでしょうか。

    ただ、まったく化膿しない体質の妹はきれいに治りましたしキズを気にせずお風呂も入れて便利、とのことでした。

    ユーザーID:

  • うるおい療法、ありがとう

    私も膝をひどく擦りむいた時、ネットで検索して見つけました。
    もう感激!なんの痕も残らず完治しました。
    みんなに言いまくりましたよ。

    ユーザーID:

  • おすすめですよ!

    閉鎖療法、まだまだ浸透していないですが、確かに傷の治りは早いです。
    ただ傷がグジュグジュしてくるのが、不快かもしれません。
    これは傷を早く治す為の大事な液なのですが、化膿した場合も同じようにグジュグジュしてきます。
    臭いなどで違いはわかるのですが、素人さんだと見極めできない場合もあるので、医師の指示の元行うのがいいでしょう。

    なお、ちょっとした切り傷、擦り傷の時はジョンソンの傷パワーパッドがおすすめです。
    これもラップ療法と同じ効果です。
    手軽に使えるし、交換時期もわかりやすいです。

    ユーザーID:

  • うわ〜!

    横ですが、トカゲちゃんのレス、読んでいてムズムズしました(汗)でも本当なのか気になりますね!
    私もかさぶたにするより早く治ると聞いた気がします。絆創膏の新しいヤツ(?)もそんな原理ですよね。

    ユーザーID:

  • ラップ療法いいですよ

    家族に車椅子利用者がおりましてしょっちゅうお尻に褥瘡ができます。

    これまでは褥瘡治療用の特殊なテープを貼っていたのですが取り替えるたびに再生してきた組織がはがれてしまい、なかなか治りませんでした。

    いろいろ調べた結果、乾燥させないほうが治りが速い、つるつるした摩擦の少ない素材を使ったほうが組織を温存できるとわかり、ラップ療法を始めました。

    ラップといっても、家庭用のではすぐ破れるのと雑菌の不安があったので医療用の粘着フィルムを下着のほうに貼って使っています。
    治りは速いし、キレイに治るので褥瘡ができる頻度も激減しましたヨ。

    ユーザーID:

  • キズパワーパッドと言う商品があります!

    J&Jの製品です。バイク事故で擦り傷を負った時に使用しました。確かに直りは以前より早く楽でした<年はとったのにね!>どなたかのレスにありました「湿潤環境保持療法」と言う学説の応用と言います。タイトルの商品名で検索するとJ&JのHPの中に詳しく説明が載っていますのでここでの説明は省きますが、要は「傷口からの分泌液には傷を治したり、痛みを抑える成分が含まれているのでそれを保持して自然治癒力に任せたほうが早く綺麗に治ると言うことです。買う買わないは別にして一度ご覧になってください。

    ユーザーID:

  • 湿潤療法ですよね

    湿潤療法ですよね。傷口を乾かさないほうが早く怪我が治る事は半世紀前から知られていました。それを数年前日本のお医者様が誰でもできるように体系化したんです。

    基本としては・・・
    ・皮膚の細胞は細菌感染に強く、多少雑菌にさらされても問題ない。(消毒の必要は無い)
    ・傷口に入った砂粒などの異物や、剥がれた皮膚の残りかすを綺麗に取り除いて洗浄すれば、殺菌しなくても化膿する事は無い。(消毒の必要は無い)
    ・傷口から染み出す液には、傷口を治すホルモンや細胞がたくさん含まれており、これをそのままに保つことで早く直る。(表面をラップなどで保護)
    ・傷口を消毒しないことで、傷口の細胞が活発に活動して怪我を治すことができる。
    ・・・と言った事をよりどころとしています。

    湿潤療法を行う上でもっとも重要なのは、傷口を綺麗に洗うことです。これを守らないと化膿して酷い事になりますからね。

    最近は湿潤療法用の絆創膏も売っているので、気軽に試してみてください。

    ユーザーID:

  • 水道水とラップで治りますよ

    実際に医療の現場で外傷や褥瘡に実戦しております。
    砂や泥がついたかすり傷などでも、そのままだと痛いので麻酔のスプレーをした後水道水をかけながら歯ブラシでブラッシングして十分に汚れを落とせば、後は基本的にサランラップでも大丈夫です。包丁で切ったような綺麗な傷なら水道水で流すだけです。先進国では注射や採血の消毒も水道水のところもあるくらいです。

    例外として、汚い釘などが深く刺さった場合とか動物による咬傷は消毒したり開放創にして傷口にガーゼを入れたりしています。

    熱傷やかすり傷では治りかけの頃に臭い汁が出てきてこれを化膿しているものと思い込んで消毒してくれる病院に駆け込んでしまう人がいますが、ここが我慢のしどころです(医者でも知らない人は知らない)。

    汁を吸収しながら湿潤環境を保てるハイドロコロイドドレッシング材という物があります。
    http://www.jnj.co.jp/consumer/bandaid/products/medicaltools/index.html
    のように市販されているものもありますよ。

    ユーザーID:

  • 早く治ります

    しかも綺麗に!
    去年、子供が火傷をした時に、実感しました。
    手の甲全面の火傷(水ぶくれになる程)でしたが、流水+ワセリン+ラップで処置し、完治しました。

    今はよ〜く見ないと分からない程、綺麗です。乾かさないから、処置の時も痛くないんです。これは本当に助かりました。
    擦り傷、切り傷なんかは自宅でも大丈夫だと思います。
    「カサブタ作るより断然いいです」傷跡が綺麗ですから!

    「モイストヒーリング」「湿潤療法」等と言われるもので、木林さんのレス中のサイトに、詳しく載っていますので、良く読んでみると分かります。
    病院での処置が必要な怪我の場合ですが、湿潤療法を実施していない病院も多いので、実施しているか調べて行く必要があります。

    ユーザーID:

  • そんな絆創膏?売っています

    「キズパワーパッド」と言う商品名の絆創膏売っています。
    子供が怪我した時に使ってみましたが跡もきれいになっていました。


    でもつい消毒したくなるんですよねぇぇ

    ユーザーID:

  • また生えてくる

    水道水は実はプチ消毒水なんですよ。
    うすーく消毒剤が入っています。洗い方が足りなければばい菌の勝ちですが丁寧にあらえば消毒剤がかちます。
    軽い傷なら水洗いだけでも十分というのは理解できます。
    傷口は濡れているほうが治るときいたこともあります。最近の医学は色々ですね。床ずれも乾かさないで湿った状態のままのほうが治るとか。ただし湿った状態は雑菌(緑膿菌など)が繁殖しやすいので、そこでラップなのでしょうかね?
    たとえば手足を切断したとしても断面が新鮮な傷口(治らない状態)のままでいると、数十年かけてまたはえてきて復活するそうです。トカゲの尻尾のようですね。本当かな?

    ユーザーID:

  • 正しい知識と経験の元で、、、

    閉鎖湿潤療法、湿潤療法、うるおい療法,閉鎖療法と呼ばれている治療方法ですね。良いみたいですよ。

    ただ、その方法について正しい知識と経験が無い状態ではかえって危険でしょう。我々には今までの消毒薬を使った傷への処置方法が、体に染み付いてますから、中途半端な処置になってしまい、傷を悪化させ生命に危険があるかもしれません。

    ちゃんとお医者さんで治療をお願いした方がいいと思います。

    参考になりそうなWebを記しておきます。
    ・閉鎖湿潤療法について詳しく載っています。
    ・『家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療−皮膚外傷のラップ療法−』という記事があります。
    が、その方法について正しい知識と経験が無い状態ではかえって危険でしょう。我々には今までの消毒薬を使った傷への処置方法が、体に染み付いてますから、中途半端な処置になってしまい、傷を悪化させ生命に危険があるかもしれません。ちゃんとお医者さんで治療をお願いした方がいいと思います。

    新しい創傷治療
    http://www.wound-treatment.jp/

    ユーザーID:

  • 実践しました

    秋に指先を2ミリほど切り落としてしまったので
    知人のお医者様のアドバイスの下、実践しました。
    傷が治るまでに掛かる時間が他人の3倍、
    すぐに化膿する体質ですが、
    1ヵ月ほどできれいになおりました。
    放置ではなく、毎日水道水で軽く
    (洗いすぎると増殖した細胞まで洗い流して
    しまうので)流水洗浄+ラップ交換でした。

    病院での治療では今でも殺菌後アルミホイルで包む
    場合も多いのですが(これも傷口を湿った状態に
    保っていることに変わりは無い)
    こちらは傷口の状態が患者にはわかりにくい、
    次の通院日まで着けっ放しなので異臭がするなど、
    結構不快で、手軽に家で処置できるラップの方が
    快適でした。
    患者本人が自身の傷の状態を把握できるので、
    もしおかしいなと思ったらそのときに医者に
    駆け込めばいいかと思います。

    難点があるとすると、ラップが透明なので
    (これは利点でもあります)そのままでは
    人前にグロテスクなものを晒すことに
    なりかねないこと、薄いのでクッション
    代わりにならないこと、でしょうか。
    ラップの上からガーゼ等で覆うことをお勧めします。

    ユーザーID:

  • ためしてガッテン! で数年前にやってました

    でも台所用ラップではなく医療用の滅菌フィルムです。
    乾かして、かさぶた作るより早く傷は治りました。
    でも素人が台所用ラップで代用することは、あまり勧められないと思います。
    とくに
    > 雑菌に弱い体質の人
    は止めたほうがいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 本当です。

    私は八月に足に、比較的深い傷を負ったときこの方法を試してみました。始めは消毒しなくてもほんとに大丈夫かしらと思いましたが、ほんと水道水でいいんです。
    私は傷口が深くて大きかったので、サランラップの代わりに薬局で売っているワセリンが塗ってあるガーゼ(ガーゼといってもワセリンでべたべたなので傷口にくっつくことはありません)を使いましたが、サランラップと同じ仕組みだとおもいます。しかも傷口はいつもぬれているので、はがすときも痛みがなくてほんとに楽でした。だいだい1週間であたらしい皮膚ができてきて、3週間目にはほとんど治りました。これには私の家族も治る速さにビックリでした。子供の怪我の怪我だったら1週間で完治です。
    だまされたと思って実行してみる価値はありですよ。

    ユーザーID:

  • 母は、看護士

    母が、実践していました。

    朝、晩(?)毎日、水で洗ってラップを巻いていました。
    やり方は詳しく知らないですが、早くキレイに治っていましたよ。

    母は、新陳代謝がそんなによくない50代前半です。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧