妊娠・出産・育児

譲るけど、譲ってもらえない…(娘のことです)

レス20
お気に入り1

お抹茶

子供

6歳の娘は、家では自分の気持ちを自由に言えるのですが、幼稚園ではお友達を優先してしまうようです。

何かを使って遊んでいる時に「貸して」と言われると、本当はまだ使っていたいのに「いいよ」と貸してしまい、しばらく我慢した後「貸して」と言っても貸してくれないことがよくあるらしいです。それどころか「見てないで。そばにいないで」などと言われたと聞いて、大人気ないですが思わずムカー(怒)

お遊戯会の役決めの時も、やりたい役があったのに他の子もやりたいと言ったので譲ったらしいです。エライねと褒めてはいるのですが、娘が「本当はあの役やりたかったの」などと言うと私が切なくなって…(苦笑)そのためか3年間脇役です。ウチの園は子供の自主性に任せた役決めなので、仕方ないのですが。

優しい良い子だと思うのですが、いつも損をしているようで親バカながら可哀想になってしまいます。自己主張ばかりでも困りますが、そんな子に押されていつも影になってしまう娘が不憫で。
私自身人に気を遣ってばかりでなんだか低く見られるような嫌な思いをよくするので、娘にはそんな思いをさせたくないのですが…

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数20

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お手本を見せる

    >私自身人に気を遣ってばかりでなんだか低く見られるような嫌な思いをよくするので、娘にはそんな思いをさせたくないのですが…
    とありますが、娘さんは、お母さんの真似をしているのではありませんか?
    良いお手本を見せてあげてください。

    ユーザーID:

  • そういう子、大好きですが

    ちょくちょく貧乏くじひいちゃう立場なのも、事実ですよね。大人になって男性と付き合うお年頃になったら、「控えめな性格のよい女性」と「男の子に甘えてうまく使う女性」の場合、モテるのは後者だったりしますし。←世の男ども、見る目を養えッ!

    ちゃんと自分の言葉で言える娘さんとのこと、あとは少しの勇気だと思うんです。で、意外と有効じゃないかと思うのは、「大声で叫ぶ」。いやフツーの公園とかでじゃなく、山や丘でヤッホーなんて言う、あれです。
    「○×の役、やりたかったー!」
    「△○は私が使うのーーッ!!」
    と、大声出していい場所で、叫んでみませんか?トピ主さんも一緒にやってあげればいいと思います。「おっきなダイヤモンド欲しいー!」とか。(笑)
    言いたいことを声に出すって、けっこう慣れもあると思うんです。だから「あれしたい、これしたい」って言える子はいつも言えるし、言えない子はいつも言いづらい。

    人の心のわかる、優しい娘さんなんですよね。そんな娘さんを育ててるトピ主さんも、素敵な方なんだろうなと思いました。

    ユーザーID:

  • 良い娘さんです!

    5歳双子(2卵性男女)の父親です。思いやりのある優しい良い娘さんじゃないですか。きっとトピ主様にソックリ似たのですよ。損だ得だなどと考えずに、素直に褒めてあげてください、きっと将来廻りから親切にされますよ。親切は必ず廻りまわって返ってきます。
    確かにその歳で我慢をする事は大変かと思いますが、学芸会では脇役でもトピ主様宅では毎日堂々の主演女優ですよ。ご家庭でそれだけ愛されていれば素直な良い娘さんになると思います。これからも変わらずたくさんの愛情を注いでください。
    大変無責任ですが一言でした。

    ユーザーID:

  • 相手の子の気持ちもわかる

    「貸して」といったら「いいよ」と貸してもらったのに、それを横でジッと見つめられると・・結構プレッシャー感じると思います。「じっと見ないで」と言ったお子さんの気持ちもわかります。

    私は「自分が嫌なら譲らなくていい」と教えていますが、お友達ともめたことはないようです。娘はまだ使いたければ「もう少し後でいい?」とか「ちょっと待ってね」といっています。絵本などは「じゃあ一緒に見よう」といっていました。

    誰かとペアになる時は、帰宅後にしょっちゅう遊んでいる仲良しの子達の誰かとなっています。あまり親しくない子に誘われたら「ごめんね、別の子誘ってね」と断っているようです。

    自分が嫌なのに譲る、なんだか損したような利用されているような暗い気持ちになる・・それなら譲らない方が健全だと思いますよ。「優しい子」と「都合のいい子」は違います。

    ユーザーID:

  • 我慢している

    お嬢さんの行動は、もっと年長の子どもの場合
    優れた行動だと考えられますが
    お嬢さんの年齢では、いい傾向ではありません
    どうして我慢するのでしょう
    我慢を重ねると必ずストレスになります
    お母様は、我慢したことをほめるより
    我慢しなくてよいことを教えるべきではないかと思います

    賢くて周りのよく見える、優しいお嬢さんですね
    させなくてもよい我慢はできるだけ避けてください

    ユーザーID:

  • 今は静観するしかない

    人には生まれながらの性格というのがあります。
    自己主張が出来るといえば聞こえはいいですが、そういう強い子は優しくないですし、我侭だったり強引だったり攻撃的だったりします。小さい頃は、素の性格だけで生きているので、それが成長するにつれ色んな体験をして(痛い目にあって)、対処の仕方や自分をコントロールする事、本音と建前を学んでいきます。

    その年齢で優しいというのは、大人の優しいとは違います。トピ主さんのおっしゃるとおり、自己主張の出来ない弱い子です。でも、人間だれしも自分の素の性格から出発して、勇気を出して主張する事、そしてもっと経験を重ねれば、利害が一致しない状況での調整能力を身に着けていくのだと思います。

    強くて優しくて、元気でお行儀が良くて、あれもこれもと親は贅沢を言っちゃうんですが、そんなスーパーな子供は存在しないと思います。お嬢さんの今の辛さは、彼女に自分に足りない部分を自覚させ、問題を解決する能力をつけるための必要な試練だと思います。優しく見守ってあげてください。

    ユーザーID:

  • うちの子も。

    うちの子も保育園で自分が使っているおもちゃをお友達にすべて貸してしまうんです。
    なので、先生が気にして取り返してくれるみたいなんですが、そのおかげがうちの子は誰ともけんかやいじめを受けないらしいです。
    家では何でも「自分の物よ!」って感じの子なので初めて先生にその話を聞いたときはびっくりしましたが、その分家では自由に遊びたいのかなぁって思いました。
    トピ主さんのお子さんみたいな子、大好きです。
    優しいお子さんですね。

    ユーザーID:

  • グジグジ言ったらエラクないぞ

    今後、色々な経験を通し色々な自信をつけていくことで自然と改善されていくことだと思うのですが、娘さんの身近におられるトピ主さん自身が「私自身人に気を遣ってばかりでなんだか低く見られるような嫌な思いをよくする」という意識のまま大人になってしまったんですよね。

    だったら、トピ主さん自身の意識改革・行動改革が先ですよ〜。
    ……で終わると申し訳ないので、1つだけヒントを。

    相手に譲ったという事実を「エライ」とだけ評価していたら、そうなりますよ。
    エライと評価してもらうには「相手に譲る」しか選択の余地がないじゃないですか。
    相手に譲った行為を褒める他に、アドバイスしてあげられることがないか考えてみてください。

    そしてトピ主さん自身も「譲るばかりで低く見られるような嫌な思い」をしなくて済むようになってくださいね。
    いっそ譲るなら譲るで良いんですよ。後からそのことをグジグジ言ったり気に病んだりするのが問題なのであって。
    譲りたくないけど譲る――それって一見親切なようでいて、実は外面重視なだけの人だとも思うなあ。

    ユーザーID:

  • まわりの大人が気づいてくれるといいですね

    読んでいて胸がきゅーんとしてしまいました。娘の幼稚園のお友達じゃないですよね?
    うちの娘は気が強いです。言いたいことをはっきり言います。借りたい時は「貸して」と言います。貸してと言われて貸せない時は「今はだめ、後でね」と言います。借りたいのに貸してもらえなかった時は諦めずにずっと張り付いて「いつなら貸してくれる?」としつこくきいてます(涙)
    本人に「まだ○○ちゃんは使いたがってたよ」と言うと「なんで?いいよって言ったじゃない」と無邪気な顔で返されます。 嫌な時に嫌って言われなかった事は娘にとっては受諾されたということになるようです。建前と本音というのがまるでわかってない・・。きっとトピ主さんのお嬢様のようなお友達が陰で悲しい思いをしてると思います。お友達やそのママには「嫌な時には嫌って言ってね」と伝えてます。幼稚園の先生にも説明して何かある時には相手の子のフォローをしてほしいと頼んであります。 トピ内容に対してのアドバイスじゃなくてごめんなさい。 接点はない方だと思いながらもつい謝りたくなってしまう幼稚園児の母でした。まわりの大人(特に当事者のお母様)が気づいてくれるといいですね。

    ユーザーID:

  • 交渉のスキルを教える

    やさしいお嬢さんですね。その良さをちゃんと認めてあげるトピ主さんも、すてきなお母様ですね。

    ただ、損をするかどうかは別にして、あまり人に遠慮して自分の希望を表に出さないでいると、本人の精神状態によくないですよ。ここは一つ、お母様であるトピ主さんが、「お互いに希望を言い合って、なおかつケンカにならない」方法を教えてあげましょう。

    たとえば、遊んでいるおもちゃを「貸して」と言われた時には、「いいよ。でも私もう少し遊びたいから、もうちょっと待っていてね」あるいは「いいよ。でも私も遊びたいから、100数えたら交代して使おう」などと交渉する。 

    また、学芸会などでやりたい役があったら「やりたい!」と主張するのは悪いことでは無いと教えましょう。「やりたい人がたくさんいたら、じゃんけんやくじ引きや多数決などいろいろな方法で決めればいいんだから、『やりたい』ってちゃんと言っていいんだよ。言わなきゃみんな分からないでしょ」と伝えましょう。

    他の方もおっしゃっていますが、ひょっとしたらトピ主さん自身が遠慮がちな人なのかもしれません。お母様が交渉のお手本を見せるというのも良いかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • うちの息子も・・・

    お嬢さんと同じタイプです。幼稚園の頃、やはり自分が使っている遊び道具を、「貸して」といわれると
    「いいよ」と譲るタイプでした。他のことでもお友達優先が多かったです。でも、そんな息子は、
    「優しい○○くん」とみんなの人気ものでした。先生にも「○○くんが優しいおかげで、みんなも優しさを学んでいます」とおっしゃってくださいました。確かに親としては損しているんじゃないかと心配ですよね。だけど今年、小学校に入り、相変わらず他の子優先ですが、少しづつ自分の主張も言えるようになっています。これから先、お嬢さんも優しさの中から少しづつ強さを学ばれていく事と思います。どうか、優しいお嬢さんをたくさん誉めてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 譲れないときはゆずらなくていい

    うちの娘もちょっとそういう傾向があります。小学校に入ってから特に、帰宅後学校の話をしながら「本当は○○がよかったけど…」と言うことが多くなりました。

    そういう時には、どうしてもやりたいことやほしいものがあるならゆずらなくていい、でも、それほどでもなくて、納得して人に譲ったなら、あとから「…だったけど」とは言ってはいけないと、いろいろな表現で言い続けました。納得しないままに雰囲気に呑まれたり流されたりしないで、自分で決めることが大切、そして、自分にとってどうしても必要だと思ったら、我を張ること自体は悪いことではないということ、ただしそのためには相手と競わなくてはならないこともあること、をわかってもらいたいと思っています。

    お嬢さんは、気持ちのぶつかり合いの緊張感に耐えて自己主張する強さを、まだ身につけていないように見えます。でも、「…のに」と言えるのなら、潜在的にはその力を持っているはず。争いごとをこのまない穏やかな性格の上に、でも主張すべきは主張するというスタンスを身につけられれば、とてもバランスの取れた社会性のある大人になれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 必要なときはどうか母の応援を!!

    大丈夫です。本当に本当にやりたいことは譲れないと思う。どうしても譲れないことが出てきた暁にはどうぞどうぞ応援してあげてください。たとえお嬢さんが30歳になっていてもね。優しくみえる人ほど頑固だったりするでしょう?

    わたしはOLですが、時々フリーの仕事もとっていて、たいていは、良い条件のお仕事もフリーのお友達に回してしまうのです(だってお仕事なくては大変でしょうから。わたしはOLもしてるしね)。でもどうしても譲れない仕事は絶対に譲りません。情報も渡しません(笑)。

    小さいときいじめられて、それでも先生に「怒ったらかわいそうだから(いじめっ子を)怒らないで〜」と言ってみたり、動物園に行って餌付けをしようとすると他の子に順番を抜かされ挙句の果てに餌を取られたり、大きくなってからは上司に「こんなにお給料要りません」と言ってみたり、ちょっと嫌味なヤツかもというくらい控えめです。でも本当にやりたいことは全部やってきたし、これからもそうするつもりです。

    ユーザーID:

  • それも将来魅力の1つになるのでは

    将来、友達のことや両親のことをしっかり考えていけそうな優しいお子さんですね。子供さんに無理をさせてやりたいことをやらせるのも大切ですがかえってそれでは子供さんのいいところが失われるのでは?

    世の中には自分中心の人、他人中心の人、両方持ち合わせている人がいると私は思っています。子供が自分中心の人になるよりは他人中心、またはやりたいことには頑固に自分をしっかり持ち、意味のない状況で自分を中心には考えないそんな子供になってくれる方が私はいいと思います。文才がなくすみません。

    ユーザーID:

  • 褒めるポイント

    トピ主さんに厳しいかもしれませんが・・・
    私も似たような子供だったので言わせてください。

    お母さんに褒められるってプレッシャーです。
    どなたかも書かれてましたが、
    譲ったことを褒められると、次から譲るしか選択できなくなります。

    だからもしお子様が
    「本当はあの役やりたかったの」って言うのだったら、
    "じゃあ今度はお友達にそういってごらん!"って言ってあげてください。
    そしてそれが出来たら褒めてあげてください。

    譲っても、自分の主張をしてもどちらでも褒められるんだ・・・ってことでバランスを学んでいくと思います。

    ユーザーID:

  • 譲れるところは譲り、譲れないところは断る

    つい気が弱くて、譲ってしまって、後でもんもんとする。その気持ちは分かりますが、お母さんが、「私は損ばかりしている」という意識だとお子さんもそういう風に思うように育ってしまいます。
    あなたが嫌な事は嫌ときっぱり言い、後はカラッとするようにしましょう。

    しかし、集団の中では、必ずどちらかが損ばかり、という事はありません。だれもが「本当は嫌なんだけど、今回は譲ってあげましょう。」と思う事があるものです。大人の間でも、周りを見渡してみれば、分かると思いますよ。

    先ず、あなたのその意識を変えましょう。

    ユーザーID:

  • 私もそんな子供でした。

    私の場合は母親がとても自尊心の低い人で、私が我慢すれば丸くおさまるんだから〜とか、女の人が意見を言うなんて生意気、嫌な事があってもニコニコして周囲に合わせなくちゃね、とか、言葉でも態度でもそういうメッセージを私に送っていたし、本人もそういう生き方を本心では嫌、納得出来なくても受け入れて生きてきた人でした。だから私が小さい頃は自分の意見を言うのはいけない事でホントは嫌なんだけど、周囲に流されて〜って言う事もよくあったし、トピ主さんのお子さんのように譲っても私は譲ってもらえない事よくありました。現在も似たような事で悩んでいます。こうなったのはお母さんのせいよっ!!(笑)と言うつもりは全然ないのですが、小さい頃は良くも悪くも同性の親を参考にしますよね。後、うっかり自分の意見を言うとワガママ言うな!親の気持ちも知らないで!となじられる事が多かったです。トピ主さん親子の場合とは状況が違うと思うのですが、まず、トピ主さん自身が自尊心を持って、子供にも自尊心を持つべきだし、持たないとダメだよ〜とお話されたらどうでしょう?それと、もしとんちんかんなレスだったらごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 大事なことは

    「優しさは弱さとは違う」
    と言う事です。

    私は教育者、父が経営者です。

    やはり学校で教える「優しさ」

    と父が接する「現実」には違います。

    優しさと一緒に強さを教えることも

    大事です。留学とかどうでしょうか?

    「主張する大切さ」も「語学」とともに学べますよ

    社会に出ると優しさだけでは生きていけません。

    ユーザーID:

  • もっとはっきり教えようと思います。

    皆さんありがとうございます。

    娘は優しい子だと思います。でも、嫌なことは嫌と言っているようなので、これまで目立ったトラブルはありません。意地悪をされると突っぱねることは出来るのですが、お願いされると弱いようで…
    私も「自分が嫌だと思ったらすぐ譲らなくてもいいのよ。『今使っているから後でね』って言ってもいいんだからね」と言うのですが、娘は「でも、貸してあげるのがお友達でしょ?」と。ただ、娘は私ほど気にはしておらず、貸し借りのことも発表会の役のことも納得はしているようです。
    私は自分自身の経験で、物事を強引に押し通す人を度々許してしまったことがあり、娘がそんな思いをするのが可哀想と思ってしまっています。私のようにその場の流れに流されず、きちんと自分の気持ちを伝えられるような子になってほしいと思っています。

    ユーザーID:

  • 大人ですね〜

    丁度、ウチの息子が、そんな感じでした。
    誕生日にやっと買って貰ったゲームソフトも
    その日の内から毎日お友達が沢山来て、
    本人は、全く触らせて貰えないくらい大賑わい。
    で、「全然、やらせて貰えないの?」と聞いたら
    「僕は、皆が帰った後にゆっくり一人でやるから
    イイんだ〜」との返事。
    {わぁ!この子って大人だわ!尊敬するわ!}って
    本気で感激してました。
    だって、自分だったら絶対に嫌だし、同じ事は
    出来ないですもん!
    そんな息子の所には、大人しい子、スポーツマン、
    秀才、不良っぽい子、面白い子と色々なタイプの子が
    集まって来ました。
    実際にウチの子としか遊ばせないとか
    ウチの子だけは、家に呼んでも良いとか
    結構、耳に入りましたので、イジメられてた訳でも
    損してたばかりでもなさそうです。
    親の方も【損な子】とレッテルを貼るよりも
    【大人】【人間が出来てる】と
    褒めてあげた方が良い気がします。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧