されて嬉しいこと

レス13
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

藍白

ごめんなさい、変なタイトルで。

私は精神疾患なのですが、少しずつ回復しています。
私の場合、回復のきっかけは、人に優しくされた記憶でした。
世の中は、自分を傷つけるものばかりじゃないと。
だから、私も人に優しくしたいと思いましたが、人によってされて嬉しい優しさと嬉しくない優しさがあると思います。私がひねくれているせいでしょうか?

そこで、お聞きしたいです。
皆さんにとって、優しさとはなんでしょうか?
優しさって難しいと思うのです。人によっては偽善ととらえられることもあるでしょうし。

変な奴だと思われる方もいらしゃるかもしれませんが、もし良ければ教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は

    変な人とは思いませんよ!

    ご病気だということですが、しっかりしていらっしゃる。他人のことを考えられることは良いことです(健康体で自己中は沢山居ますからね)

    優しさとは・・難しいですよね。
    やさしくするのも当然ですが、厳しくするのも優しさの1つだと思います。

    私は優しさとは他人に対する「思いやり」だと思いますね。

    トピ主さんのいう
    >嬉しい優しさと嬉しくない優しさがある・・
    とは、人に対する思いやりがあるか・ないかじゃないでしょうか?
    いくら優しくたって、自分の考えの押し付けや必要以上の干渉は当人にとって有難迷惑。当人の為にはなりません。この場合結局は自己満足でしかないのでしょうね。

    トピ主さんの優しくされた記憶、大事にしてくださいね。勇気が湧きますよ!

    ユーザーID:

  • わかります

    変な奴なんて思わないですよ♪

    私もトピ主さんと同じようなこと考えます。
    よく、自分がされて嬉しいことを人にもしようっていいますが、人によってされて嬉しいことって違いますよね。

    例えばうちの父が大病を患ったとき、治った後も実家に帰るたび私は「どう?体調は?調子いい?」と心配して聞いていました。
    反対に妹はもう治って元気になったのだから、いちいち心配して子供をあやすような態度をとる方が、病人扱いになるから、大丈夫大丈夫!ってあえて声をかけないタイプでした。
    うちの父親は私のやり方の方が嬉しかったみたいです。

    逆に、私の親友は心配されるとネガティブなエネルギーをもらうようで、かえってウザいと言っていました。
    うーん、悩みます(笑

    こういう内容の意味でよかったですか?
    的はずれだったらすみません。

    ユーザーID:

  • そうだなあ

    気持ちを汲み取って貰える。
    「あなたの為を思って」「あなたが苦労しないように」と押し付けがましくない親切。
    下手になぐさめたりとかをしない。

    黙っているのですが、何が嫌なのか、よく理解をしてもらっている。

    たとえば、独りにしてほしい時やそっとしてほしい時に、余りやたらと、話しかけないようにしてくれたり、身体の調子の悪い時に黙って布団を敷いてくれたり、消化の良い料理を作ってくれるような感じでしょうか。

    ユーザーID:

  • 思いやり

    1.やさしさとは思いやり
    2.されてうれしいのは、気持ちのよい「挨拶!」

    ユーザーID:

  • 普段の生活の中で・・

    自動ドアではなく、
    ガラスの重たいドアを次の人(私)まで
    持っててくれた時。

    エレベーターで既に乗ってた方から
    「何階ですか?」
    と聞かれた時。

    横断歩道で
    車の運転手が止まってくれて
    「お先にどうぞ」
    と手の平を見せた時。

    こんな時私は嬉しいです。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 感情移入能力

    人にやさしくする、って要は感情移入だと思ってます。
    「このひとは今どんな気持ちなんだろう」
    「きっとこうされたら嬉しいんじゃないかな?」
    とその人の立場に感情移入すること。

    ひょっとしたらよかれと思ってしたことが見当違いかもしれないから、自己満足な親切になるリスクもあるけど。

    常に笑顔でいることも不特定多数の周囲の人へのやさしさだと思います。
    意味の無い笑顔でも、無表情より会う人を明るくするからいいかなと思ってます。

    ユーザーID:

  • うれしくない優しさは打算の優しさ

    やさしくされるのがうれしいのは、
    やさしさという愛情をもらうからだと思う。
    街で見知らぬ人から、家族から、友達から、
    やさしくされると「愛」を感じる。
    いつもどこでも誰にでもやさしくなれる人は、
    たくさんの愛を持ってる人。

    逆に受けても全然うれしくない優しさは見返りを強要する打算のやさしさです。

    ユーザーID:

  • 難しいですよね

    前にテレビでやっていたのですが
    客室乗務員の面接でこう答えている方がいました。
    「あなたにとってサービスとは何ですか?」という質問で
    「お客様はいろんな事情を抱えて飛行機に乗っている。
    もし落ち込んでいるお客様がいたら
    声をかけないのも1つのサービスだと思う。」
    というものでした。
    私はこんな答えが出来る人が素晴らしいと思いました。
    やさしさは1通りじゃないと思います。
    相手を思いやって、その人に合わせたやさしさが出来るような人になりたいですね。

    ユーザーID:

  • 優しさは液体のように

    相手が「器」で、こちらはそれに「注ぐ」側です。
    相手の入れ物に合わせて「優しさ」は形を変えます。

    「偽善」と思われてしまったら、それは相手の「入れ物」に合わせたのではなく、氷のように形をこちらが決めてしまったものを入れたのかもしれません。

    すこしで溢れる人もいますし、注いでも注いでもなみなみにはなかなかならない人もいます。
    いきなり熱湯を注ぐ人もいれば、いつも適温で注ぐ人もいます。

    またその「入れ物」そのものも、同じ人でもいつも形や大きさが同じとは限りません。

    今何を注ぐべきなのか、どれくらい注ぐべきなのか、相手を慮ってそっと注ぐ。

    そんなイメージで「優しさ」について捉えています。

    ユーザーID:

  • 優しさって

    優しさって難しいと思います。自分でもそんな気持ちは全然ないけど偽善的だなって思っちゃうときもあるし、それでも相手に喜んでもらえたらそれは優しさだと思います。あとは、心のそこから笑った笑顔。優しさってそんなところにある気がします。

    ユーザーID:

  • 信じてもらえる自分

    「信じてもらえる自分になりなさい。それが優しさ」
    と言われた事があります。

    つまり
    どんだけ「君が心配」と言われても、落ち込んで会いたい時に避ける人より、普段そっけないけど、落ち込んで会いたい時は駆けつけてくれる人が、優しい人なんだと思います。

    「あなたを信じて良いんだね!」と相手に思われる様な自分になりたいです。


    変な質問じゃないですよ〜。
    私も「大丈夫?」と一見優しいのに本当に大事な時に無視されたりすると「あれは何だったの?偽善なの?」と思っちゃう瞬間があって...。
    何をもって優しいと思うかは、その瞬間では判らないかもしれません...。

    一目会っただけではすぐ人を信じられないのと一緒ですかね?ムズカシイ。

    ユーザーID:

  • ヒトコト

    優しさって、相手への思いやりだと思います。

    お店で、店員さんがかたずけをしていて、
    お水のおかわりがほしいな
    メニュー頼みたいなって 思ったとき、

    後で、お水おねがいします
    後で、オーダーお願いします

    って、後で、 とかのヒトコトがあるだけで、
    店員さんは気持ちが助かると思います。

    小さい一例ですが、
    どの人に対しても、
    自分の優先よりも、人の状況把握できることが
    されてうれしいことかな?

    ユーザーID:

  • 相手を思う

    みなさんのおっしゃることに重複しています。
    小さなことであれ、大きなことであれ、相手のことを思っての優しさは通じるものだと思います。

    私は小さな子が大好きですが、微笑んで子供も微笑み返してくれる時とそうじゃない時があるのはなぜだろうと思っていました。
    自分に微笑んでもらいたいと思っているときは、喜んでもらえないことが多いようです。
    その子を喜ばせようと心から思っているときは、ほとんどの子供がニコッとしてくれます。不思議なものですが、きっと通じるんですね。

    「してやってる」という思いがあると、それがまた伝わってしまうものでもあります。自分がどう思われるかを埒外に、相手がしてもらいたいことや困っていることを考えて行えば体外通じるものだと思います。あと、自分の好意を受け取ってもらえないときは、それはそれとするのも優しさですね。

    私も最近、場を和ますことについて考えます。たぶん、トピ主さんが考えていることに通じるんでしょうね。ちょっとヒントになりました。ありがとう。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧