酔っぱらいお父さんのお土産

レス83
(トピ主0
お気に入り4

家族・友人・人間関係

椿

先日、夫が仕事絡みですが、高級な鮨屋で食事をして帰ってきました。

私と子どもが冗談めかして
「いいなー、お土産は?酔っ払ったお父さんが寿司折をぶらぶらさせて帰って来るよね?」と言うと、夫は
「あんなの、ドラマやコントの中でしか見たことないよ。」と言いました。

私が子どもの頃、実家の父は飲みに行くとよく、
寿司折や甘栗のお土産を買って来てくれました。
帰宅が遅くてすでに眠っていても、父が帰宅した気配で起き出してお土産を食べるのが楽しみでした。

皆さんのお宅では何かありますか?
エピソードお聞かせ下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数83

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お姉さんですが・・

    うちの父はビール1杯で足の裏まで赤くなるくらいお酒に弱い人だったので飲み会のお土産なんてなかったのですが、
    なぜか私と姉が酒豪で仕事していたときはよく飲み会があり、末の妹がまだ学生だったときにお土産買って来てました。

    したたかに酔っているので詳しくは覚えてませんが、
    妹が言うには「○○ちゃ〜ん!お・み・や・げ!」と言って部屋に入ってきて(二人とも同じことを言うらしい)ミ○タードー○ツを10個(同じ物ばかり)とか「かっぱまき」だけの寿司とか「コンビニの肉まん」とかを置いていったそうです。(すべて妹の好物ばかりです。)

    運動部の妹はそれをほとんど一人で食べてましたね。
    さすがにドーナツ30個がお土産のときは抗議されましたが・・・。

    ユーザーID:

  • 酔ったお父さんのオミヤは。。。

    ドーナツ20個でした。
    娘は(当時22歳)は喜びましたが、私はため息がでました。そんなに食べないよ〜。
    酔うと気が大きくなるようで、沢山買ってしまうみたいです。お寿司の折も大きいし、ご飯は済んで歯も磨いてしまってるし。
    以後、今度一緒に連れてってと頼む事にしました。

    ユーザーID:

  • ケーキ。

    自宅近くのケーキ屋さんが夜遅くまで開いていたので飲んで帰って来るときはモンブランとシュークリームを買ってきました。

    父によると飲んだ後はケーキでしめるのが自分にとって一番よかったそうです。

    私たちはケーキが大好きなので毎日でも飲んできたらいいのにといつも父に言っていました。

    ユーザーID:

  • あの寿司折の中身は?

    「寿司折をぶらぶらさせて帰って来る」というの、私が子ども時代にはマンガやコントでのお約束でしたが、最近は見ないような気もします。
    まだああいうの目にすることがありますか?子どもさんもご存じということは、今もまだあるのかな?!どうなのでしょう?
    最近目にしなくなったと言えば、「バナナの皮ですべる」というのも見なくなったような・・・。

    昔からあの「寿司折の中身」が疑問でした。「握り寿司」かなと思うのだけど、それなら早く食べないと腐ってしまうし、お父さんが酒を飲んで帰って来るような遅い時間に子どもがあんなものを食べてだいじょうぶなのかなと。翌朝にまわして食中毒になっても困るしと。
    散らし寿司ならイマイチのイメージ。押し寿司って感じでもないし・・・。
    あ、でもトピ主さんは起き出して食べていたのですね!

    以上、つまらぬ疑問で失礼しました。
    ごめんなさい、うちの父、お酒が飲めなかったの。
    代りに仕事帰りに素面でドーナツやらアップルパンやら小さいフランスパンのサンドイッチなどを買って来てくれることがありました。

    ユーザーID:

  • 酔っ払い父さん、いました

     私の父も、ご機嫌伺いに、お寿司、持って帰ってきました。
     母は怒って既に寝ていて「かあさ〜〜ん、寿司だよ〜〜」と言っても「うるさい!この酔っ払い!あっちに行け!」と邪険にされてから、2階にいる私の部屋に落ちそうになりながら、昇ってきます・・・。

     で、仕方がないので「美味しそうだね。ありがとう」と言って受け取ると「早く食べ!ほれ!食べ!」とその場で食べさせようとしました(笑)

     懐かしい思い出です・・・・

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 小脇に抱えて

    小学生の頃です。

    父の会社でボーリング大会がありました。
    総勢30人くらい参加したそうですが、運動が得意ではない父が、なぜか好成績で賞品をもらってきました。
    白くて、厚さ10?ほどの大きな箱を小脇に抱えて帰ってきたのですが、中身はわからないとのこと。

    ワクワクしながら箱を開けたら、中身はケーキでした。
    縦に抱えて持ち帰ったので、20個くらいあったケーキは、
    全部片寄って形が崩れてました。

    でも、大喜びで食べましたよ。
    美味しかったです。(笑)

    ユーザーID:

  • 行くお店によっては・・・。

    居酒屋で飲んで帰ってくるだけなら、なにもなしですが、
    二次会で高めのクラブ(ホステスさんがいる方)に行ったときは
    ワインやクッキー詰め合わせや天ぷら(練り物の方)詰め合わせを
    簡単な手みやげとしてお店から貰ってきます。2000円位の品でしょうか。
    座るだけでウン万円というお店なので、あんまり行きすぎると
    会社の経費は大丈夫なのか・・?と経営者の妻としては少し
    心配(笑)ですが、月に二回くらいまでなら、お土産も貰えるし
    いいかなあ・・と思ったりしています(店の術中にはまってる?)。

    ユーザーID:

  • 懐かしい

    亡くなった父は昭和一ケタ生まれでしたが、ドラマやコントのまんま。
    酔っぱらうと、寿司を箱詰めしたお土産をぶら下げて帰りました。
    あれは、お金を出して買ってくるのですよね。
    裕福な家ではなかったのに、よく毎回買ってきたなあ、と思います。きっと、私たち子供が単純に大喜びしたからでしょうね。

    私や夫は、わざわざ高いお土産は買いません。コンビニのプリンでも、子供は喜ぶので…

    ユーザーID:

  • ドーナッツ

    先ず、実家の父の場合・・・
    私が子どもの頃ですが、
    父はお酒に弱いです。
    あまり飲み会はない仕事(職場)なんですが
    忘年会などはありました。
    ちょっと顔を出して、
    パチンコ(飲み会の時だけしかしない)して
    景品にチョコレートをもって帰るのがパターンでした。
    夫の場合、こちらもあまり飲み会はないですが・・・
    帰りの最寄の駅近くに、有名ドーナッツ屋さんがあり
    お土産はドーナッツです。

    ユーザーID:

  • 夜遅くにお土産は買って帰らない

    >帰宅が遅くてすでに眠っていても、父が帰宅した気配で起き出してお土産を食べるのが楽しみでした。

    今こんなことをしようものなら「太る、虫歯になる、余計なことをするな」と奧さんから叱られるでしょう。

    わざわざお金を出して地雷を踏むつもりはありません。

    ユーザーID:

  • 父のお土産

    うちの父はよく家で一度晩酌(家族と食事)してから近くの居酒屋にまた飲み直しに行ったりしてました。
    その時よくお土産に『焼きおにぎり』を買ってきてくれたのを思い出しました。

    『飲みに行く』って大人だけの世界ですし、それに足を踏み入れられない子供にとって父が(お寿司とかじゃないけど・笑)買って来てくれたのは凄く嬉しかったです。
    寝る前にちょこっと食べるっていう事も普段は無いですし、子供にとっても特別だった気がします。

    ユーザーID:

  • 覚えているのは

    あまり楽しいことではありません。
    母がトピ主さん宅と同じように「お父さんにおみやげは?てきいてごらん」というような、ちゃめっけのある人でした。
    子供だった私が父にそういったとき「そんなもんのために出かけてるわけじゃない!あてにするな!」というような返事がかえってきました。
    びっくりしました。同時に父の人柄も理解しました。
    お察しのとおり、父は他のトピで話題になるような、かなり問題のある人です。
    そういう人からのレスが少ないと楽しいトピになるでしょうけど…
    ミソをつけるようでごめんなさい。

    ユーザーID:

  • うちもお寿司でした

    親戚が以前寿司屋をやっていたので呑んだ後は必ずそこのお寿司でした。
    ヒモのついた例のあの包みではなかったけど、必ず起こされて「ほれっ!食えっ」と言われてました。
    で、何度も何度も「旨いやろ?な?旨いやろ?」と、こっちが「おいしいよ」と言うまで同意を求められます。
    で、その後父は夜中に気分が悪くなって起きてトイレに駆け込み・・・朝方いつも母に「そんなに呑むからやっ」と怒られるというパターンが出来上がっていました。
    それから20年余り経ちました。
    すっかりお酒の弱くなった父ですが、たまに実家に帰ると少量ながらもお酒の付き合いが出来るので、ああ、大人になったなぁと思う私なのです。

    ユーザーID:

  • 昭和48年生まれですが

    現在33歳です。小学校〜高校の頃の父はよく接待の帰りに銀座の高級お寿司を持って帰ってきてくれました。お土産は購入したのではなく、接待の席で余ったものを包んでもらっていたようです。取引先の人までが「僕はこれは食べないからお子さんにあげてください」と分けてくださったみたいです。有難い反面情けないような…。まあ、お給料じゃ食べさせてあげられない高級で美味しいものを子供に食べさせたいという親心かなと解釈してますが。
    ちなみに接待の帰りはお土産がありましたが、同僚との飲みの帰りはお土産ナシでした。バブル崩壊後は接待も少なくなりお土産もなくなりました。

    ユーザーID:

  • なつかしいなあ・・・

    ありますあります!
    私の父は仕事柄接待が多かったのですが、高級寿司屋では寿司折りを、美味しいと評判の焼鳥屋では焼鳥や手羽先の詰め合わせを、必ず買ってきてくれました!実家は朝パン食なのですが、パンのおかずが焼き鳥でした(笑)。子供心にものすごく覚えています。

    夫もお土産好きで、飲み会の帰りは肉まんやケーキを買ってきてくれます。翌朝レンジでチンして食べるとおいしいんですよね!
    私も飲み会帰りは同じように手みやげ持参です。

    そういうどうってことないものでも、子供心にはすごく新鮮で思い出に残るものですよね
    。すごく子供時代を思い出してしまいました。

    いいトピをありがとうございました

    ユーザーID:

  • お寿司ありました

    まさしく、あの折箱に入ったお寿司!バッテラかなにかだったと思いますが、一度だけありました。
    子供ながらに「ドリフのカトちゃんみたい。。」と思った覚えがあります。(古!)

    でも、よっぱらうとなんかお土産って買いたくなるんですよね。自分も泥酔した時に限って、変なものを買ってしまうようです。
    でかいぬいぐるみとか、知らないアーティストのCD、冷蔵庫いっぱいのプリンとヨーグルトなどなど。。翌朝、呆然としてました(笑)

    ユーザーID:

  • あまり遅いと食べられない。

     先日主人が高級すし店に連れて行ってもらい、相手の方の好意で、お土産つきで帰宅しました。でも12時過ぎに帰ってきて、その時間から「すしは食べられないよ〜」
    と、思いました。
     かといって、朝から「ウニやいくら」をもりもり食べられないし・・結局お昼ご飯にいただきました。
     こんな我が家に「土産は不要」?

     もう少し早く帰ってきてくれて、なおかつ「日もちする土産」だったらうれしいです。

    ユーザーID:

  • 生コカコーラ

    大分前、50年近くなりますが(古っるいな〜)、
    大学教授をしていた父が宴席の帰り、
    当時発売したてのコカコーラを買ってきてくれました。
    とはいえ、その時間は深夜。子供の熟睡時間です。
    ムリヤリ起こされて、寝ぼけ眼で飲まされたコカコーラ。
    しかもまだ自販機も冷蔵庫もあまり流通していない時代で、
    ずっと手にしていた生あたたかいコカコーラは、
    それはそれはまずいものでした。
    しかし酔眼で、自慢げに「うまいだろ?」という父には、
    まずいともいえず、早々と布団の中に潜り込みました。

    食通で、お話しにあるような寿司折り、珍味を数多く
    お土産に買ってくれた父でしたが、唯一とてもまずかった、
    なつかしい思い出です。

    父の亡くなった年齢に近くなり、
    子供を授かることのなかった人生で、
    子供に寿司折りを買って帰ることができないことが、
    波瀾万丈な人生の、唯一の心残りかもしれません。

    でも、亡くなった肉親や愛する人への思いは、
    ふっと心を軽くしてくれると思います。

    ユーザーID:

  • 自転車とピアノと真珠

    うちの父は非常に倹約家(ケチともいう…)だったので、まず買ってきませんでした。そもそも電車で帰宅するとき、電車に乗るのは9時過ぎなのに、なぜか終電でご帰宅。往復2時間の路線を行ったりきたりしていたのです。自分を見失うのにお土産など買うわけもなく。

    でも何度か、すごいことをやりました。
    帰宅したとたん「△△(私の兄、つまり息子)を起こせ!」と。寝ぼけ眼の兄が起きていくと、そこには真新しい、欲しがっていた自転車が。目を丸くする兄に、「お前へのプレゼントだ!」と泥酔した父。
    実は父の知り合いの娘さんが自転車屋に嫁いでいたのです。そこで、遊びに行って、安く売ってもらったがどうしても今日渡したいと父がごねたらしく。わざわざ父を送りがてら、自転車を持って来てくれたのでした。
    母は慌てふためき、兄は混乱し、私は乗りたがり…と、一騒動でした。

    ちなみに私はピアノ(嘘ではない…)、母は真珠のネックレスを同様の手口でやられました。
    いつも小さなものをくれたほうがいいのか、ドカンがいいのか。未だによくわからない、父の性格でした(もう死んでますが)。

    ユーザーID:

  • ぱぱあ〜

    今は亡き父親が、そうでした。
    ほぼ隔日で酔っぱらってのご帰還でしたが、
    いつもお土産がありました。
    飲屋街には、お土産用のお店が色々あったようで、
    ソース味の焼きそば、ちょっと高級なあんかけ焼きそば、お洒落なサンドイッチ、たこ焼きとか・・・
    私が勤め始めてからもずっと。
    真夜中に「おーい、ぼのぼのこお土産だぞー」って。
    太っちゃうと思いながらも、いそいそと受け取って、
    もぐもぐ食べておりました。そんな様子を父はにこにこ見ていたなあ。
    いつもは先に寝ている母親も、お寿司の時だけは、いそいそと起きてきたものです。
    うちの旦那は、やっぱりよく飲みに行くけれど、お土産って、一度だけ。ドーナツ。舅は外で飲まない人だから、そういう習慣がなかったみたい。
    子どもにとっては、とっても楽しみなのにね。
    あーあ、懐かしいな。思い出させて下さって有り難う!

    ユーザーID:

  • 懐かしいなぁ!

    うちの場合は、モスバーガーのソフトクリームでした。
    今からもう20年以上前かなぁ。
    一〜二月にいっぺんくらいでそんなにしょっちゅうではなかったけど、仕事が忙しくてあまり顔を合わせることのなかった父がモスバーガーの袋片手に陽気に酔っ払って帰ってきて、家族みんなで冷たくて甘いソフトクリームを食べる時間は至福の時でした。
    その名残でか、妹は酔っ払うとたまにハーゲンダッツを大人買いして帰ってきます。

    ユーザーID:

  • 家でまた食べちゃうんですよね

    先日、酔っ払った自分が折りをぶらぶらさせて帰る途中、
    ふと「この姿はドラマやコントのようだナー」と思いました。
    折の中身は、町内忘年会の一人ひと包みずつのお惣菜セット(からあげ、エビフライ、肉だんごや太巻寿司など)。

    実家は仲悪家族でしたが、酔っ払いの父親も一緒にみんなでひとつの寿司折をパジャマ姿でつついたものでしたなー。

    ユーザーID:

  • ありましたよ、うちの家でも。

    父は「こーてきた」といって夜中に家族をおこすのですが、
    だれも相手などしません(いやになってましたから)
    そうなるとどーしても食べさせたい父は、
    寝たふりをしている私の口をあけ、
    無理やりお鮨が口に中に…。

    高級なお鮨なんですよ。でも。。。
    今だったら喜んでいただくのですが、
    当時は子供だったので、酔った父の相手をするのが
    面倒だっんですね。

    今振り返れば良い思い出ですよね!!

    父にとっては仕事も付き合いも大変だったけど、
    お土産をかって買って帰ることは幸せだったのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • ピンク色の「おしぼり」みたいなもの

    「酔っぱらいお父さんのお土産」は、いくつかあったんでしょうけど、今でも鮮明に憶えているものがあります。

    私が小学校2、3年生のころですから、もう40年くらい前になります。
    ある日、あまり酒の強くない父が上機嫌で帰ってきて、私にくれたもの‥‥‥。
    それは、ビニール袋に入った、ピンク色の「おしぼり」みたいなものでした。
    何かと思ったら、それは、つぶれてくちゃくちゃになった綿菓子でした。

    たぶん、「こんなもの食べられない!」とか何とか、悪態をついたんだと思いますが、都合の悪い部分の記憶はうすれてしまって‥‥‥。

    職場のどういう飲み会だったのかは分かりませんが、子どもを喜ばせようと思って大事に持って帰ったのに、見るも無残につぶれた綿菓子を見て、いちばんガッカリしたのは父だったのかも知れません。

    そのころの父の年齢をとうに超えて、思い出すたび、親の愛をしみじみと感じています。

    ユーザーID:

  • うちの父親も酔っ払い親父でした

    寿司折にケーキ、いちごに巨峰、メロンなど、スーパーでは買わないような、贈答用のものを買ってきてましたよ。
    飲むと気持ちが大きくなるのかな。寿司折もその日に食べないと固くなってしまうので、寝てるところを叩き起こされて食べました。
    なつかしーなー。

    ユーザーID:

  • 過去に一度だけですが・・・

    私の父は自営業をしていて、仕事の付き合いで家にいない事がしょっちゅうでした。

    過去に一度だけ、お寿司の折詰めをお土産で買ってきましたよ(笑)母親も私もビックリ…

    そんな父も今は年齢のせいか大人しく?なりました

    ユーザーID:

  • 寿司折、ぶたまん

    なつかしいな〜、おみやげの寿司折・・・。

    わたしの父は、飲み会がなじみの寿司屋だったら、そこの寿司折がおみやげでした。そこで飲み会だとわかったら、母と起きて待っていたものでした。

    私は長崎の出身ですが、長崎名物には、コンビニの肉まんとは一線を画す「桃○○のぶたまん」という、一口サイズの肉まんがあります。お父さんたちの繁華街に店があり、ほろ酔い&泥酔のお父さんたちが、罪滅ぼしにぶたまんを買っていきます。

    父の寿司折を見習って、OL時代の私も遅くなったときには、近所の寿司屋で寿司折を買い求め、帰宅したものでした。父は、そこの大将から「この前、お嬢さんが来たよ〜」と言われるのがなによりもうれしかったようです。

    ユーザーID:

  • うな重

    我が家の主人は帰りはいつも10時過ぎ。
    いつも通り夕飯の支度をして待っていたんですが、帰宅してすぐ
    『ごめん食べてきちゃった』
    と謝りだす主人
    『何で連絡くれないの!!』
    と怒る私に
    『だからこれお詫びにお土産・・・前から食べたがってたよね!』
    手渡されたのは以前から私が行きたいと言っていた、高級鰻屋さんのうな重。

    お客さんとの打ち合わせの流れで行くようになってしまったそうです。連絡しなかったことよりも、私が行きたがっていたのに、仕事とは言え自分だけその鰻屋さんに行ってしまったことが後ろめたかったようです。

    でも私も子どもたちと夕飯を済ませた後で、お腹は食べれるような状況じゃありませんでしたが、お詫びとは言えせっかく買って来てくれた主人にも悪いし、何とか鰻だけは食べました。

    きっとおいしい鰻だったんだろうけど、食べることに必死であまり味は覚えていません。


    そういえば以前子どもたちにお土産とプリンを買ってきてくれましたが、カラメルが苦いと不評でした。

    我が家の主人のお土産はうまくいったためしがありません。

    ユーザーID:

  • あった、あった

    といってももう十数年前ですが、一度だけ主人がお寿司の折を持って帰ってきてくれたことがありました。
    嬉しかったなあ。

    ユーザーID:

  • アイスクリーム

    うちの夫は飲み会の後、酔っ払うとハーゲンダッツのアイスクリームを買ってきてました。多分駅にハーゲンダッツのお店があったからだと思うのですが。。

    「うぃ〜、お土産だよ〜ん!」
    袋にはだいたい6個位アイスが入っています。酔っ払っていても前回買った物を覚えているようで、違った種類を買ってきます。
    ハーゲンダッツの新作は、ほぼ夫の酔っ払い土産で制覇(笑)

    しかし、最近転勤で引っ越したので、ハーゲンダッツのお土産はなくなってしまいました・・非常に残念です。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧