思い出が私を苦しめます

レス12
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

マリエ

昨年離婚をしました。
離婚理由は元夫のギャンブル癖が治らず破綻しました。
現在はだいぶ気持ちの整理ができ、少しずつ前向きになって来ています。

しかし、ギャンブルを除けば素敵な人で、私にとても良くしてくれた元夫との楽しい思い出がたくさんあり、思い出しては苦しくなるのです。

最近、元夫がプレゼントしてくれた物や思い出の品を処分できました。
でも、写真などが捨てられません。
付き合った頃から結婚していた頃の一番身も心も輝いていた自分や元夫と私と愛犬が確かに幸せに暮らしていた写真やビデオが捨てられません。
引き出しの奥にしまっています。

ただ、いつか男性と出会い縁あってお付き合いなどできる事があったら、それらの思い出をどうしたらいいのでしょうか。
ましてや結婚などになったら…(できたらの話ですが)

捨てるという事は私の生きた証を否定するような気がして切なすぎます。
でも、たくさんの写真を残して過去を大事にしていたら次に出会った人に失礼な事かな、傷つける事になるのでしょうか?
でも今の自分には処分なんてとてもできません。
これは自分にとってもよくない事なのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数12

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今 考えなくても良いと思います。

     次に大事な人に出会ってから考えられたらどうでしょうか?
     正直、今の段階で「未来の夫を苦しめるかしら」なんて取り越し苦労だと思います。
     だいたい、そんな未消化なままで心から愛する人に出会えるのか疑問です。

     良い思い出、悪い思い出 時が経てばだんだんと消化、整理が出来るようになると思います。
     結婚したいほど大事な人が現れる頃には、単なる懐かしい思い出になってるんじゃないですか?
     私は結婚前に、以前大好きで付き合ってた彼氏の写真等 何の未練もなく捨てました。
     実際 彼に何の未練も無くなってましたから。

    ユーザーID:

  • 色々な見解があるでしょうが…。

    個人的に申し上げます。

    「女性」が想い出を拠り所、大切に想うのは、仕方が無い…と考えます。
    何も、辛い事や悲しい事があった時に「想い出に逃げ込む」と言う事では無く…そうですね。

    大仰に表現するならば「想い出があるから生きて行ける」と言うか…。

    ですが逆に申し上げるなら「想い出」に縛られ囚われて、判断を誤る事があることもまた、事実だと想いますが、この二つを切り分けようとしても、あまり意味が無いのではありませんかね?

    また、過去を棄てるも何も、記憶喪失にでもならない限りは、「今の貴女」は「過去の貴女」があるからこそ、今、ここに在るのですから、それを否定しても何も変わりません。
    逆に肯定しても、その本質は何ら変わる事はありません。


    僭越ながら、それを棄てる事が次へのスタートと、お考えなのかとお見受けしましたが「全ては心の問題」です。

    貴女にその「意思」が無いのならば、いつ如何なる場所、時間でも、ソコから離れる事は無いと断言しますが、
    貴女は間違い無く、貴女の選んだトコロに進んでいると思います。


    今はまだ、次のステップまでの充電期間なのかもしれませんよ?

    ユーザーID:

  • 無理に捨てなくてもいいのでは

    結果的に別れてしまったとしても幸せだった時も
    あったのでしょう?
    それもあなたの人生の一部ですよ。
    過去の出来事のよかったことも悪かったことも
    今の自分という人間を形作っている要素になっていると
    思います。
    あとから振り返ればあれがあったから今の幸せな私が
    いるんだと言える日がきっと来ますよ。
    その時まで見えないところにしまっておいてもいいのでは。そしてその写真が必要ない、と思えたならその時に
    心置きなく捨ててしまったらいいんじゃない。

    ユーザーID:

  • その時が来たら・・・

    何も今、すべてを処分してしまう必要はないと思いますよ。今後、他の誰かとお付き合い、結婚と発展していく中で考えればいいことだと思います。

    トピ主さんにとって素敵な思い出だからこそ、どう気持ちに折り合いをつければいいのか分からないのでしょう。
    今は思い出がトピ主さんを苦しめてるかもしれませんが、時が経てばあなたの人生を彩った、素晴らしいひと時だったと思える時が来るような気がします。

    私も離婚を経験してますが、楽しかった時もあったはずなのにそれを思い出すことさえなく、苦しかった日々を思い、涙することしかありません。それはそれで、とてもむなしいものです。

    今は無理をせず、いつかその時が来たら、改めて考えられたらいいと思います。
    元気を出して・・・

    ユーザーID:

  • みなさんありがとうございます。

    引き続きトピ主です。

    >苺さんへ

    ありがとうございます。
    過去の出来事があり、今の自分がいる。
    そして成長させてくれていると、私もそう思います。
    戻れないとわかってはいます。
    例え戻れたとしてもまた同じ裏切りに遭うのでしょう。だから戻りたいけれど戻りたくはない。
    ただどうしても昔を懐かしむ気持ちがあるんです。厄介ですね。
    花嫁の写真は残しておいてもいいですよね?
    一番綺麗な私です。

    >Mりんさんへ

    ありがとうございます。
    Mりんさんも辛い経験をされたのですね。
    こればかりはやっぱり時間をかけるしかないのかもしれませんね。
    彼と出会ったのは運命だったのかもしれません。そして別れる事も。
    これらの出来事が何を意味するのか、ずっと考えています。
    離婚で学んだ事もたくさんあります。

    良い思い出も悲しい思い出も、人生を彩どった素晴らしいひと時と思えるようになりたいですね。
    その時はもう、私はお婆ちゃんになってるかもしれませんが・・・(苦笑
    Mりんさんも一日も早く心が癒されますように。


    拙い文章ですみません。
    みなさんのおっしゃるように、とりあえず今は写真を締まっておく事にします。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • トピ主です

    >みかさんへ
    ありがとうございます。
    お恥ずかしい話、未だ消化できていませんよね。
    自己破産、使い込みと随分な事をしてくれたにもかかわらず、苦しかったハズなのに。
    なかなか理解されにくいかもしれませんが、ギャンブル依存症の人ってとっても優しくて世間ではいい人と思われている人に実は多いんです。

    元夫もその言葉通りの人で、結果的にはジキルとハイドのような二面性を持ち合わせた人でしたが、その一面である深い愛情を注いでくれた彼が忘れられないでいるのです。
    結婚に懲りましたが、一方ではやっぱり暖かな家庭で生き生きとしている自分が理想です。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    >KAさんへ
    ありがとうございます。
    思い出があるから生きてゆける、今まさにそんな感じなのだと思います。
    そして彼の亡霊に引きずられているといった所でしょうか。
    もう一度恋をして、でもいつか裏切られまた傷つく時があるのかな?
    ならば、過去の心地よい思い出に浸っている方が楽なのかも、と逃げている自分がいます。

    なんだか八方塞です。
    これほどまで逆境に弱い自分が情けないです。たっぷり充電したはずなのに。
    信頼し、全力で人を愛したつけがこれです。
    自分にこんな課題が与えられるとは、人生とは難しいですね。

    ユーザーID:

  • 男性の立場としては

    バツイチの女性をそれと知って付き合うのなら、あなたの過去はあなたの一部として付き合うでしょう。
    思い出があなたを苦しめるのなら、それを癒せる人間でありたいと考えるでしょう。

    また、ギャンブルで身を滅ぼしてしまったというのは男性側の性格とめぐり合わせの問題であって、セルフコントロールができなかった男性にすべての非があるのですから、あなたが苦しむ必要はまったくないと思います。
    あなたが苦しんでいると知ったら元夫もそれが原因で苦しんでしまうことになるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 今は処分しなくていいと思う

     今は思い出の写真については、アレコレ考えなくてもいいと思います。
     私はどちらかというと、悪いことも良いことも含めて、色々あったから、今の自分があるんだと思うタイプです。だから、ダンナにも色々な事があっただろうけど、その過程を歩んできて今のダンナがいるんだな、とか思えるタイプです。ダンナに限らず、友達に対してもそう。だから、私は今も持っている物があります(笑)

     トピ主さんが本来そういうタイプじゃないから、余計に「手放さなくては」と気を揉んでいるのかもしれませんが、心から好きになった人が出来た時には、きっときちんと処分できるように、心の中も整理できると思いますよ。
     だから、今は無理しなくて大丈夫。
     ただ、過去の思い出ばかりに囚われず、前向きに良いこと、楽しいことを探していって下さいね。

    ユーザーID:

  • 思い出は大切にしたほうがいいです!

     タイトルのように思います。
     無理して、忘れようとしたり、嫌いになろうとするのは自分的には、ちょっと…と思います。
     ただ、彼の良かった点、直したほうが良かった点は、きちんと分けることが大切と思います(冷たくなってないか心配です、この書き方。そんなつもりではないです)。直したほうがいいところまで良く見てあげようとしては、事実を見れません。
     結婚は、恋愛と違って、どうしても生活がかかわってきますから、やっぱり、ある程度計画性も必要だと思います。
     ギャンブルも、ほどほどならいいでしょうが、はまり込んで、生活よりも優先して日々のなぐさみにしてしまうのは、やはりどうしても現実を見つめられていないと、厳しいかもしれませんが、言わざるを得ないと思います。自立してもらおうとあえて厳しくするのも愛情と言います。それが相手を生かす道ならば。
     彼は優しい方だったと思いますが(友達を思い出します)、彼の持つ優しさ+自立が彼の要件なのかも知れません。それによって末永く愛情のある暮らしができるのかもしれません。
     自戒もこめて書き込みました。

    ユーザーID:

  • 誠に僭越ながら…。

    「人生は選択の連続」です。

    自覚のある・なしに関わらず、「今」選んだ先に未来が繋がっています。
    勘違いしないで頂きたいのは、何もこの理屈で「過去の選択を批判しろ」と言う事では絶対にありません。

    「自分で決めた事」は「自分で責任を取る」と言う覚悟を促す言葉だとも言えますが、振り返れば「全て」…とは申しませんが、自分の手にも「選択の機会」が委ねられていた事が解る筈です。


    今この瞬間もなのですが「何を選んで決める」のかは、貴女が決めるのです。

    もちろん「何も選ばない」と言う選択もありますが、貴女に目指したい、辿り着きたい未来があるならば、本当は何が必要なのか?は、今の貴女ご自身が、一番良く解っている筈…ですよね?

    後は、決めるだけですよ。時期の問題とも言えますが…。


    貴女の過去を全て受け止め、慰め、癒す事の出来る新しいパートナー。
    貴女は、まだ探しに行かなくても良いのでしょうか?


    貴女の進むと決めた道と共に思い出して下さい。貴女の強さも。

    あまり相手を待たせるのは、失礼ですよ?

    …と、私なりに背中を押してみます。もちろん、余計なお世話ですが。

    ユーザーID:

  • 捨てる必要があるのは

    写真じゃありません。
    今抱いていらっしゃる罪悪感です。

    楽しい気持ちにさせてくれた素敵な夫を
    捨ててしまった自分が許せないんじゃないですか?

    離婚は罪悪感との戦いです。

    あんなにいい人を悲しい目に合わせてしまったと
    自分だけを責める傲慢さは捨てましょう。
    あなた「だけ」の責任じゃないんです。
    離婚には彼にも責任があるんです。

    多分何度も何度も罪悪感に襲われると思います。
    そのときに↑を自分に言い聞かせて納得しましょう。
    心のそこから納得して、
    自分の分だけの問題を見つめなおせたときに
    次が見えてくると思います。

    私も頑張っています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧