• ホーム
  • 話題
  • 正月おせちは「手造り派」か「購入派」どちらですか?

正月おせちは「手造り派」か「購入派」どちらですか?

レス33
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

ゆき

毎年29日まで仕事して30日大掃除31日おせち造りします。

その為台所で立ち詰め。手は荒れ身体は冷え肝心の正月3ヶ日は寝正月に近い状態です。料理が下手ならデパートなどで予約したいのですが、母が家で造るのを喜びますし、私も料理は結構出来るので母の死後も毎年この時期になると迷います。自宅で作るには有る程度料理も限界が有るし、どうしても毎年同じ様な内容になります。費用は掛かっても良いので今年は購入しようか迷っています。

デパートなどの蝋で出来た折り詰めを見たらやはり家のものとは違うなーと思いながらも店員さんがどうされますか?の声にまた来ますと決心が付きません。購入派の方、思った以上に美味しかったですか?皆さんはどうされていますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お節好き♪

     クリスマスのご馳走よりお節・お雑煮を毎年楽しみにしてます。
     実家では母が毎年作ってましたが、今は独立して、まあ言い訳ですが、年末年始も仕事のため、お節はデパートで購入します。
     カタログを眺め、有名料亭のもの、ホテルのもの、テレビでお馴染みの料理人のもの…今年はどれにしよ〜かな〜と11月頃から吟味します。
     お味はもちろん、お値段だけのことはありますよ。母の定番のお節もいいですが、母なら入れないであろうものや、ちまちまと色んなものが詰まってて堪能しています。お節料理を作る腕も気力も時間もない私には、ありがたいシステムです。
     

    ユーザーID:

  • 数点買うのみ

    作っていた時期もありますが、あんまりお節が好きじゃないし、少人数で食べきれないので重箱に詰めるほどは必要ありません。元旦の朝につまむ蒲鉾と黒豆とあと2、3品を買うだけです。

    ユーザーID:

  • 作るものと買うもの

    膾や煮しめ、栗きんとんは作ります。
    でも、煮豆や田作りなどは毎年市販のものです。
    だて巻きも1回大失敗してから市販のものになりました。

    これに刺身やお雑煮で元旦の食事は終わりです。

    毎年全て作っていたら大変だと思います。
    また、今は昔と違って元旦からスーパーも開いているので、無理に作らなくても食べるものに困ったりはしませんね。

    毎年決まりきったものを食べるのが元旦という感じです。伊勢海老みたいな豪華はものは出ません。

    ユーザーID:

  • 作ります

    客が半端じゃないのと、家族も多いので買った日にゃ一財産潰しかねません。
    なので作りますが、非常に簡単な物ばかりです。
    お雑煮、お煮しめ、キントン、チキンロール、エビの黄金焼き程度で、後は蒲鉾切っておいたり、茹で卵の飾り切りとかで隙間を埋めます。
    お煮しめは保温鍋でドカッと作りますので手間要らず。キントンは茹でたらブレンダーでガーッと潰して味付け、チキンロールは巻いて炒めたら煮るだけですので、他の事をしちゃいます。お雑煮はスライサーで野菜を千切りしたらダシで煮るだけですので、アッと言うまです。毎年、大晦日に夕飯の支度をしながら仕掛けて、紅白が始まる頃には仕上げに入ります。お煮しめさえドッサリあれば満足な家族なので、これでもなんとかいけます。

    ユーザーID:

  • 無形重要文化財だと思って…

    手作り派です。確かに、デパートのおせちを見ると、ゴージャスでおいしそうですよね。ただ、それを見て「こんなのは作ったことないけど、おいしそう」というものや、新しい本などを見て、毎年新たな料理も取り入れています。

    あと、自分がおせち料理が大好きなので、買ってしまうと無くなった料理の補充がきかないというのも買わない理由です。
    さらに、性格的に一度買ってしまうと、易きに流れる…というか、おせち料理をつくらなくなって、子ども達にも自分の家庭のおせちの味を伝えられなくなりそうな気がします(受け継ぐつもりがあるのかは不明ですが)。

    そういうわけで、自分の家の文化財と言うと大げさですが、毎年気合いを入れて作ります。出来上がった時の達成感もたまらないんですよね。
    毎年、3が日はおせち三昧です。幸い家族もおせちが大好きなようで、喜んで食べています。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 物心ついたときから

    実家では物心ついたときから、お節は料亭の味、が当たり前だったんです・・・今でこそメジャーになったデパートのお取り寄せ料亭お節ですが、30年前はあまりやっているおうちは少なかったようです。祖母も身体が弱かったそうですし、ずっと生まれたときから料亭のお節でした。むなかた、美濃吉、大増などあれこれ試したようですが、ほぼむなかたで決まってしまっているようです。

    一時期行き着けのビストロのフレンチお節にも惹かれてたのですが・・・海外からたまに帰国して日本食が恋しかったので、珍しくお正月に帰国できると日本文化っていいなあ、としみじみするので、定番お節。海外在住時は紀文のレトルトお節セットを持っていったりしていました。

    ユーザーID:

  • 年に一度のたのしみです

    手作りです。
    忙しいし、材料そろえるのも大変だし、疲れるし、しんどいけど、やっぱり自分で作りたい。おせち作りは年に一度の楽しみです。

    ユーザーID:

  • 購入派

    自分でも作ることは出来ます。
    でも、毎年同じ味で飽きたので、ここ数年は購入して毎年ホテル、料亭、デパート、和風、洋風、中華など、変えて楽しんでいます。
    作るのは3人家族なので、残ってしまうのもいやです。

    ユーザーID:

  • 無しです。

    論外な意見だと思いますが、
    我が家は一切おせちは無しです。
    あまり好きではないので。

    でも自分で作るぐらいなのだからお好きなんですよね。
    無理をせず特に好きな2−3品にしてみては。
    おせちの製作疲れで寝正月になるのはなんか
    本末転倒な気がします。

    あとは買い足しでもいいし、無しでもいいのでは。
    実家の母は年をとってからおせちをホテルや料亭で買ってきているようですが正直なところ、結構高いので無駄なような気がします。

    ユーザーID:

  • 今年から購入決めました

    おせちは毎年、作ってました。家族が好きなものは自作、特別好まれないけど無いと格好がつかないものはスーパーのバラ売りを利用してました。しかしトピ主さんのおっしゃるとおり、年末の大掃除、買出しに加えて、朝から晩まで冷える台所の立ち仕事は年々辛くなる一方だし、結局、来客があればおせち以外にも刺身だのの酒の肴や温かい汁物など、別途用意しないといけないので、三日三晩、毎食台所に立ちっぱなしでちっとも楽になってない、ということに気づきました。元旦の朝にお重箱を開けた瞬間だけ”ほう”と歓声があがるだけで、二日目の昼にはもう飽きたなぁと言われ、いろいろ残ります。というわけで、普段からご馳走を提供しているんだから、正月ぐらいは楽させてね♪ということで、購入を決意。うちはネットで吟味して買いました。お酒の肴だけは頑張って作ろうと思います。

    ユーザーID:

  • 数年前から購入してます

    私が子供の頃は作っていました。と言っても、栗きんとん、なます、煮しめくらいであとは○文の製品を買っていました。すると結局あまるんですよね、一番小さなパックを選んでも。
    さらに母の田舎からいろいろ生鮮食品が送られてくるのでそれも食べてしまわなければならない。母も年を取って年末の大掃除&お節作りは体力的に大変になってきたのも重なって数年前から買っています。おいしかったお店もあり、「来年は絶対にここのにしないで!」というお店もあり・・・。
    もう一つ購入する難点は、毎年お重が増えることです。どこか食べ終わったらお重回収してくれるお店はないかしら。

    ユーザーID:

  • お節好きです

    3人家族で、手間も費用もかかりますが、作ります。
    買ってくるのは、蒲鉾と昆布巻きぐらいかしら。
    ただし、我が家のは見た目はお節だけれど、味はかなり薄いので、常温で3日はきついです。
    好きな味、おいしいと思う味を追求していくと、そうなってしまいました。
    普段あまりお惣菜など買わないので、買って来たものは味が濃すぎて口にあいません。
    煮しめは毎日火を通したりしながら、三が日詰めなおしてきっちり食べます。

    正直、ここまでしてお節をする意味があるのか?と毎年思いますが、主人のたっての希望と、子供も喜んで食べてくれるので、この暮れも作るでしょう。

    子供の頃、母が作るのを見ていました。
    娘も、私が作るのを見て覚えるでしょう。
    おせち料理には、普段のお惣菜の基本がほぼ入っています。
    特別、お料理を教えてもらったわけではありませんが、親元を離れてから料理を作る事で困ったことは少ないです。

    ユーザーID:

  • 購入はです!

    母も私も購入はです。お料理がそこまで上手でないのもありますが、実家は3人家族だし、手作りしても大変なだけ。しかも御節の様な凝ったお料理を何品も作っても皆そんなには食べません。美味しく、手ごろに購入できる御節がたくさんあるので使っていますよ。母は何気に素敵なお皿にもったりして、ちょっと手作り風にごまかしていますが(笑)、家族皆喜んで食べます。ちなみに私の嫁ぎ先は外国なので御節はありません!

    ユーザーID:

  • 両方

    特別お客もないので、家族の好物を作ったり買ったり。

    デパ地下で好きなものを買い、重箱にいれたり鉢盛りしたし。
    それも楽しいです。
    伊達巻きなどは簡単なので作りますし。

    塩カズノコをもらったので、冷凍して年末になったらそれをつけこむ準備をしています。

    なので、ホテルなどの段のをそのまま買うのより、好きなものを単品で買い、つめる、作る。
    です。
    半々かな。

    ユーザーID:

  • 購入してます

    実家にいた頃は、母と一緒に作っていましたが、
    結婚してからはデパートのお節にしています。
    2人だけだと、食べきれないくらい大量に出来そうなので。
    子供が物を食べられるくらいになったら、徐々に作っていこうと思ってます。

    ユーザーID:

  • あつこさんに同感

     30代夫婦のみ、子ナシです。ウチも作りません。黒豆という壁がいきなり立ちはだかって作る気になりません。かといって市販のものは味付けが濃いし、高いし…。

     今は元日からスーパーが開店していますし、不便を感じません。普段どおりの食生活をしていた方がよっぽど健康的。

     ということで、今後どうなるかはわかりませんが今の環境では作らないです。

    ユーザーID:

  • 手作りです

    15歳からお節を作り始めて、いつのまにか40年。今は腰痛もあって、たしかに楽ではないけれど、私にとっては年に一度の楽しみです。同じ物を作っても、年ごとに何かしら発見がありますし、何より家族が楽しみにしてくれているので、張り合いがあります。おひな様のばらずし、端午の節句の筍料理と鰹のたたき、春と秋の柿の葉ずし等々、季節ごとに必ず作る料理を家族そろっていただくのは、とても幸せなことだと思います。

    ユーザーID:

  • 手作り派

    子供の頃から手作りを食べてきました。現在は北米在住ですが、やはりお正月はお節をいただきたいので、できるかぎり自分で作っています。(だって、買うと高いんですもん!)

    実家では私が五色なますと栗きんとんの担当で、妹が伊達巻きと田作り、母が煮しめなどを作ってましたが、今は自分で一通り作ります。幸い食材がそれなりに揃うので、どうにかこうにか格好がつくような形にはなりますね。結婚祝いに友人からもらった漆塗りのお重箱もあるので、それにお節を詰めて写真を彼女達に送るのが毎年の楽しみです。

    クリスマスのどたばたが終わってすぐにお節準備と大掃除をするので、毎年てんてこ舞いですが、これだけはやめられません。

    ユーザーID:

  • 付き合いで

    一時期、母の仕事上の付き合いでお節の購入をしていました。
    結構高級なものだったようですが、我が家では不評でした。
    見栄えはすごくいいけど、母の味の方が口に合うし、
    初年度は不満続出でみんなガッカリでした。

    そして次の年からは家族が気に入っているものだけ
    (田作りや数の子、煮物など)作り足すように。
    それだと不満は出なくなりましたが、
    母が仕事を辞めて迷わず購入しなくなりました。

    毎年同じでも、見栄えが豪華でなくても、母の味は美味しい。
    年に一度のお節はやっぱりこれでないとね。

    一度購入されてみるのもいいかと思いますが、
    お気に入りのものだけは作り足すのをオススメします。

    購入時期一番よかったのは、お正月の席が華やかになったことでした。

    ユーザーID:

  • 手抜き手作り

    姉妹が実家に集って、男手も活用して、みんなで大量の御節を作るのが年中行事です。
    で、それぞれ持参した重箱に詰めて、タッパーに予備を詰めて、帰ります。
    近所に住んでいるわけではないですが、1時間程度の範囲に住んでいるので。

    今年は、結婚して初めて、御節無しの正月を予定しています。年末、夫が仕事なので実家で年越し、元旦早々夫も合流して温泉、となったので。

    なんてラクなんでしょう・・・。

    ユーザーID:

  • 一切無し

    結婚してからというもの、おせちを家で食べたことないです。お正月はお互いそれぞれの実家で過ごすようにしてるので(子ナシです)もっぱら実家でおせち食べてます。
    うちの実家は購入派ですが、旦那の実家は手作り派だそうです。
    実家が購入派になったのは祖父が亡くなってからなんですが、母も父も現役で働いてる為、たまの長期休暇は家でのんびりor旅行がしたいそうです。

    きっと私に子供が生まれたら、購入派になると思います。(私も一生働くと思うので)

    ユーザーID:

  • 母親と同じように手作りしてます

    私の母親は正月のおせちは手作りでした。

    晦日には小さい頃から子供ながらお手伝いをして育ちました。

    我家も母親と同じように子供に見せながらおせち料理を毎年作り続けております。

    新聞のチラシには毎日おせち料理の美味しそうな写真を目にしますが、なんていったっておせち料理は手作りに限ります。作り手の気持ちがあげる人に伝わります。

    親が購入派の人であれば自然に子供も購入派になるでしょう。だって作り方を知らないからです。

    母親の味を子供達に伝えるのも我家の文化だと思っています。

    ユーザーID:

  • もう止める派でしょうか?!

    昨年までは購入派でしたが来年<今年の末>からは止めようと言う事で一致。大晦日、元旦いつでも店は開いていますし美味くもない保存食を作ることも無いじゃないかという理由です。年末に里から送っていただくマグロ、鰤をいつでも刺身に出来るようにサクに切っておく=今年も案外御節以外の料理が好評だったので1軒くらい異端の家があってもいいじゃないか=のと黒豆<夫婦ともに好物なので>他2〜3品を見繕って作ることで終わり。暖冬で保存状態にも気を使わないといけないし、来客があっても直ちに対応可能な状態にしておくだけです。お正月に御節なんていい習慣でしょうが我が家は返上します。時代とともに習慣も変わっていくと言うことでしょうか?有る意味味気ない時代になってしまったと言うことなのでしょうね。食べたくなったら<よそ様へお邪魔しようかな>なんて不埒なことを考えている今日この頃です。

    ユーザーID:

  • 三位一体の技(笑)

    仕事上の付き合いで買わねばなりません。一番小さいのですが、買います。
    で、実家の母からも数品届きます。年に一度の楽しみを奪うのもナンなので、ありがたく頂戴します。
    だけど、その中には私が食べたい物があまり無いので、しょうがなく数品作ります。
    二人暮らしでこのボリューム。旦那は殆ど食べませんので、私が1週間かけてずーーーーーっと食べ続けます。最後には飽きます(笑)。でも、コレがお正月の勤めと思って頑張ります(笑)。
    一度で良いから、美味しいフレンチのおせちとか食べてみたいなぁ〜。

    ユーザーID:

  • 貰う派

    うちは貰う派です。
    何故なら旦那の職場で御節を作るから。
    しかも、中華・和食の2パターン。
    結構良いもの詰まってるのでお正月の楽しみになっています。

    中華も美味しいけど、御節ってイメージはやっぱり和食なので、中華は31日の夜に食べちゃってます(笑)

    作るにしても食材が高いし、出来合いを買ったら更に高いので、本当に助かってます。

    ただ、旦那の好物の数の子だけは毎年買って味付けしてます。

    ユーザーID:

  • 購入派です

    作るのがもうめんどくさくなって・・・
    もともと御節ってお正月くらい主婦を休ませる目的もあったのに正月になっても休むどころかどうせなんかつくらなきゃならないのなら
    年の暮れに忙しい思いをするのもうっとうしいし・・・
    御節って今より食糧事情の悪かったころにはご馳走だったんだろうけど
    「甘くて・塩辛くて・まずくて・カロリー高い」ので
    誰も好んで食べようとしないし・・・

    3〜5万の安物ですが購入して正月気分だけ味わって
    ちょこっとつまんで4日あたりには7割くらい廃棄ってのがここ数年の慣例かな
    あっ「たつくり」と「昆布巻き」はもともと一年中常備菜なので作るんですけどもう既に御節って感覚はないですね

    ユーザーID:

  • 買わない・作らない

    おせち料理って買うと高いですよね…
    高いわりにそこまで食べたい物は入っていない。
    なので一切買いません。
    実家では数の子や黒豆、栗きんとんなど数点を母が手作りしていましたが、結婚後は義実家でお正月を過ごすため、自分の家では何も作っていません。
    義実家でも、義母が黒豆を似たりがめ煮(九州ではお正月によく作る)を煮たりしているくらいですね。
    私は、数の子、栗きんとん、お雑煮、お餅があれば、大満足です!

    ユーザーID:

  • こだわりのある物だけ作る

    おせち、大好きなんですが自分で作るには年末は忙しすぎる。
    と言うことで、「こだわりのある物だけ作る」ようにしてます。
    後のものは「おせちってこんな物よ」と子供に教えるために買ってきます。
    ま、そういうものって子供は食べませんが、縁起物なので一応。
    具体的には、「甘い物」は作ります。
    伊達巻き、栗きんとん、黒豆など。
    私が甘すぎるのが苦手なので、これらの物は買ったら食べられません。
    子供も、甘いのは大好きでよく食べるのでだったら作った方が節約にもなるし、良いかなと。
    さらに時間があったら作るのが煮染めやなます。
    絶対買うのは田作りや、昆布巻きや、数の子など。
    お客様が来る家ではないので、適当に作ってます。

    ユーザーID:

  • おせちビッフェ

     毎年、年末は伊勢に行き、そこで年越をして東京に戻ってきます。戻る途中で、○都の千枚漬け、数の子、○波の黒豆、かまぼこ、○○牛の昆布巻きなどを調達してきます。伊達巻か錦卵、なます、お煮しめは作りますが、できるだけ少量でお正月気分だけ味わう感じです。

     朝の雑煮の時にそれらを食べ、お昼は自宅周辺がホテルだらけなので、おせちビッフェを食べに行きます。夜は、鍋や麺になることが多く、自宅のおせちは、2日と3日の朝だけで、それ以上は飽きてしまいます。

    ユーザーID:

  • 邪道な手作り派

    おせちも日本の伝統、形だけでも子どもたちに伝えたい、毎年できるものだけでも作りたいと思っています。(要領が悪いので全部作るのは無理)
    でも、嫁ぎ先は購入派。昔は義母も作っていたらしいのですが、今はデパートやホテルなどの和洋中おせちを買っています。どのおせちにするか選ぶ権利は嫁の私にはありません。

    せめて一品添えるだけでもと思い、なますや黒豆を手作りした年もありましたが、豪華なおせちの前には家族には見向きもされず、結局、自分で食べることになりました。ここ数年は、年末に前倒しする形で日常のおかずの一品としてさりげなく食卓にのせます。まあ、伝統を伝えるという意義は薄れますが、作り方を忘れないための苦肉の策です。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧