日本酒を使った鍋料理について

レス10
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ながねぎ

以前、どこかのエッセイで見ただけなのですが、今年から自分で料理をするようになり、思い出したらどう〜しても作ってみたくなりました。
ですが、詳しいことも何で読んだのかも忘れてしまっています。作ったことあるよ!または聞いたことあります!という方、情報をください。

覚えているのは、
・日本酒または酒と水を半々で煮る
・材料は豚肉、油あげ、水菜(とか白菜)
・味付けは塩
・しめは、うどん

気になっているのは、日本酒のアルコール分です。煮立てただけで飛ばすことができるのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多分飛ばないと思う

    以前、お鍋を食べに行った際、お鍋のお出汁がとてもおいしくてどんどん御わんに入れて飲みました。そしたらすごくしんどくなって顔が真っ赤赤になり、酔っ払い状態になりました。ヘロヘロ。しんどいよぉ〜。
    恐るべし!あのおいしいお出汁にはお酒がたっぷり使われていたと思われる。
    (お酒は注文してないしまったく飲んでません)

    何年か後、同じ店に行って同じ鍋を注文しました。今度は警戒してあまりお出汁を飲みすぎないようにしましたが、次の料理を持って来てくれた仲居さんが私の顔色を見て(真っ赤)、「だいぶお酒を飲まれたんですね」と。
    飲んでないって・・・。

    ということで、お酒をたっぷりお鍋に使ったらアルコール分残ると思います。
    私がアルコール探知機並みにアルコールに異常によく反応するということもあるのかもしれませんが。
    ちなみに夫とかは「別に何ともない」と言ってたし。

    ユーザーID:

  • 酒<ササ>鍋ですが色々です!!

    酒鍋のレシピなんですが酒の量と言うのがミソでして100%からそれ以下まで色んな割合で作ります。100%の場合は完全に煮切ってしまえばほとんど感じないくらいになります。が!、炎が1m半くらい上がりますからウチではガスコンロで土鍋が温まるくらいまで暖めベランダで卓上コンロで沸騰させ火をつけアルコールを抜きます。それに昆布を敷いたり普通の鍋に則って進行。気にならない人は出汁と酒の割合を3:1とか1:1など好みの割合で直接入れればいいでしょうし、気になる人は鍋で使う量の酒を先に煮切っておけば気にならないのではないでしょうか。厳密なレシピはありません。コンソメで割ってもいいのですよ。具も牛肉、豚肉、白菜、水菜、茸類、レタス等味の合う組み合わせで結構です。もうシーズンに入っておりますね。これからは出番が増えるでしょう。色々とお楽しみください。

    ユーザーID:

  • トピずれ失礼します

    ホットワインが体を温めると聞き、本当は煮立たせないものだそうですが、アルコールに弱い私は充分煮立たせて飲みました。でも、みるみるアルコールがまわり真っ赤になって、昼間から爆睡してしまいました!奈良漬で酔っ払う知人もいるので、お酒に弱い方は要注意かもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 飛びますよ

    ごめんなさい、そのお鍋のことはわかりませんが、アルコールの飛ばし方は知ってます。参考になれば。。。。

    同じような分量(水・酒が半々)で水炊きをよく作ります。
    お酒は炎が出なくなるまで煮切れば、アルコール分は飛びますよ。
    コツはまずお酒だけを沸騰させること。
    かなり高く炎があがりますので、コンロの周囲に燃えるものがある場合は注意が必要です。
    どれだけ沸騰させてもお酒の上に炎が出なくなったら、だし汁を入れます。
    これでアルコール分が無い鍋のだし汁の完成です。

    私は一定量(自分でもわからない)以上のアルコールを摂取するとジンマシンが出るので、普段まったくアルコールを摂取していません。
    そのせいでシャンパン一口で真っ赤になり、三口で吐きますが、きちんとアルコール分を飛ばしきるまで煮切ればアルコールが残ることはありませんよ。

    ユーザーID:

  • ヨコから失礼します。

    私はとても寒がりです。ただ今、新の酒粕で甘酒を作って楽しんでいます。ところがいつも甘酒を飲むとボーッとなり、だるくて ? でした。
    やっと、その理由がわかりました。
    私もアルコールが全くだめなんです。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 酒塩鍋(さかしおなべ)ではないでしょうか?

    妹尾河童さんの著書、『河童が覗いたトイレまんだら』で紹介されている、「酒塩鍋」ではないかと思います。
    もしかして、別の本でも紹介されているのかもしれませんが、「エッセイのなかで」「しめは、うどん」というのだと、この本かな、と思いました。
    材料は豚肉以外は同じもので、粉山椒や生姜でたべる、と書いてありました。

    上記の本では、P.21〜26で詩人の高橋睦郎さん宅でごちそうになったお料理、として紹介されています。
    気になるアルコール分の飛ばしかたも記述されていて、要約すると、
    「土鍋の蓋を取ると一升のお酒が煮えたぎっているので、それにマッチで火をつけて、アルコール分を飛ばし、火が消えてから具材を入れて煮て食べ、仕上げはうどん」
    のだそうです。
    「物凄い火柱がたつ」のと、「五分ほど燃え続ける」とのことなので、もしも試されるのであれば、火をともすときは気をつけてくださいね。

    お酒をじゅうぶんに温めたものに火をつけてアルコール分を飛ばす、フランベっていう行程は、グランマルニエで仕上げる、クレープシュゼットとか、西洋料理でも多いですよね。

    書いていたら、おなかが空いてきちゃいました。

    ユーザーID:

  • 横です

    >アルコールアレルギーさん
    なべでお酒のアルコール分を飛ばすことで思い出しました。
    私のばーちゃんが生前、よく正月料理の煮炊きものを作ってたのですが、その中に「もろこ」(琵琶湖でよくとれる小魚)の煮物がありまして、なんと生きたままのもろこちゃん達を、日本酒もろとも鍋に放り込んで、アルコール飛ばしながら煮てました。
    祖母は鍋の中で燃え盛るもろこちゃんに手を合わせ、「なまんだぶ、なまんだぶ」と唱えていましたね。

    本筋・・アルコールのとばし方は、アルコールアレルギーさんのおっしゃるとおりです。先にお酒だけ鍋に入れて、鍋の中の火が消えるまで煮詰めることです。

    ユーザーID:

  • お店を知っています

    お答えとはならないかもしれませんが、素晴らしいお鍋を出してくれるお店を知っています。
    そのお店では、美酒鍋、と名づけていて(検索してみてください)、水は一切使わず、完全に煮きったお酒で作るのだそうです。
    確か広島の造り酒屋さんの経営で、東京では青山(伊藤忠近く)にあります。
    本当に、今でも夢に出るくらい美味しかった・・・食べたーい!!!
    お店の方がものすごく御親切で、作り方を教えてくださったのですが、なんだか曖昧になってしまいました。残念です。

    ユーザーID:

  • 広島からです

    東広島市の西条地区ですが、このあたりの郷土料理に美酒鍋(びしょなべと読みます)というのがあります。
    日本酒で肉ややさいを炒るかんじの鍋です。塩コショウで味付けしてたべますがなかなかおいしいです。私はなべ用の日本酒も飲んじゃいましたが、これもなかなかいけます。
    このあたりは造り酒屋が多いので杜氏さんたちがたべていたものらしいです。酒蔵レストランや居酒屋での定番メニューです。

    ユーザーID:

  • わたせせいぞうの豚鍋

    1.材料はしゃぶしゃぶ用の豚肉と、ホウレンソウのみ。
    2.土鍋に日本酒と水を半々に入れ、ショウガとニンニクの皮をむいたものをひとかけずつころり。
    3.鍋が煮立ったら、豚肉はしゃぶしゃぶっと、ホウレンソウもさっと火を通すだけ。
    4.たっぷりのダイコンおろしにレモンを絞り、お醤油でいただく。

    我が家では少々アレンジして豆腐、モヤシも追加し、薬味に刻みねぎなども加えて楽しんでます。
    小学生の娘も平気で食べてるので、アルコールは飛んでると思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧