水野秀方という女流日本画家

レス5
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

おみなえし

クリスマスプレゼントに義理の妹(アメリカ人)から素敵なアンティークの絵がおくられてきました。説明書きには「Woodblock by Mizuno Hidekata(1895-1944)」と書いてあります。一年の各月の季節や行事をテーマにした少女や若い女性の日常を書いた日本画のシリーズのひとつらしく、私がいただいたのは「Sudden Shower」(夕立?)という9月の分です。紫色の着物を着た若い女性が縁側で、雨でぬれた秋の庭を眺めている絵です。

インターネットでこの画家についてわかったのはほんの少しで、水野秀方という、大正時代に少女向け雑誌のイラストや絵葉書で活躍した女流日本画家らしい、ということだけです。この画家についての情報、なんでも結構です、教えていただけますか。

それからこのシリーズの名がかいてあるのですが、草書で読めません。「家屋の義」のようにみえますが??です。とてもすてきななつかしいような絵で、これから一生のお付き合いになりますので、この画家のことをもっと知りたいのです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 海外から検索

    グーグル米、英サイトで調べてみました。
    お手元にあるのはこのサイトの絵ですね?
    http://www.davidsongalleries.com/artists/hidekata/hidekata.html
    やはり、米版小町のようなところでこの画家のことを尋ねている方がいて、『水野年方の弟子。その後、妻となった。』との投稿をみました。しかし、ソースは書かれていませんでした。

    また、ある米国のギャラリーでは絵葉書アーティストとして紹介していました。

    水野年方(享年42歳)の弟子を挙げてみると、鏑木清方、池田輝方、池田蕉園がおり高名なようなので、此方からお調べになってはいかがでしょうか?

    あまりお役に立てずにごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 国会図書館とボストン美術館

    国会図書館に滑稽堂が出版の「家庭の花」という、水野秀方画の図版12枚・32×45cm というのがあるようですが、閲覧はマイクロフィルムのようですね。

    ボストン美術館に絵葉書きが5点ありますので、検索ページでArtistの欄に名前を入れて検索してみてください。

    http://www.mfa.org/collections/search_art.asp

    ボストン美術館の解説によると1875年・明治8年生まれとなっています。
    年方が1866年生まれですので、9才年下の妻ということですね。

    ユーザーID:

  • おくればせながら、レスありがとうございます。

    ロンドンドン様、ステラ様。さっそくレスくださっていたのですね。今日、友人から指摘があるまで、私の投稿はボツになったとあきらめていました。年末のご多忙中、ありがとうございました。

    ロンドンドン様。
    そうです、このサイトの右の一番上の絵です。そうですね、彼女の師匠や兄弟弟子から調べてみます。

    ステラ様。
    MFAのサイト、行って見ました。外国で知り合いに遭遇したようなうれしさです。「家庭の花」だったんですね。どうみても「家屋の義」としか読めなくて、これで謎がとけました。悲しいというかおかしいというか、ロンドンドンさんが貼ってくださったサイトでは「家庭の花」が「Kaoku Nobei」になっていますよね。唖然とするいい加減さですね。時間があるときにこのギャラリーにメールを送ってお知らせしようと思います。それにかれらは漢数字でかいてある数字も読めないらしくて、12枚が1月から12月の各月に対応していることも気がついていないようですね。ですから12枚セットをこんなにばらばらで売ってしまって。きっと作品に心があったら泣いていることでしょう。

    ほんとにありがとうございました

    ユーザーID:

  • 役にたつかな?

    先日オークションで、画名が秀方?、
    印が年方の明冶〜大正頃の版画があり、いろいろ気になり探していると、こんな資料がありました。
    どうにか納得ってところですが、この版画、何時刷られたかは?です。
    役にたつ資料かは疑問ですが。

    秀方
    本姓市川、水野年方の妻となり、水野姓となる。
    明冶8年〜昭和19年(70歳)
    水野門下の塾頭となるのち、師の妻となり、年方没後画名をあげ、各種画会で受賞する。(鈴木浩平)
    出典:原色浮世絵大百科辞典 第二巻
    昭和57年8月5日発行 大修館書店発行

    ユーザーID:

  • おらっちゃさんへ。

    おらっちゃさん、

    「画名が秀方?、印が年方」って、いったいどっちなんですか、って絵にむかって問いたいですね。

    私の絵は、画名は「秀方」ですが、印は「秀方女」とあります。

    今日、額屋さんから、絵がマットな金色の額に入って帰ってきました。まったく西洋風の家(在外です)の白い壁に不思議にあって、そこだけしっとりとした感じです。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧