上司へお歳暮をおくったところ。。

レス28
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

はるかりん

主人の上司にお歳暮をおくったところ、お礼のはがきがとどきました。それには「お心使いありがとう。どうか今後はお気遣い無く、このようなことはご放念くださいますように。。」と書かれてありました。これってもう来年は贈るなということでしょうか。。ちなみに今年の春から転職して、これからよろしくおねがいしますという意味合いでお贈りしました。今後どうするべきでしょうか??

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数28

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いりませんの丁寧語でしょう

    正直、礼儀正しいと思います
    来年からなにもしなくていいんですよ
    私はしまくってますが、ああ大変
    そのくせ、年始の挨拶に行った上司先で
    自分が送ったお歳暮のハムを持たされて帰って来ました(我が家からのハムだと忘れていたんだろう)
    かなりきつかった
    いりませんってことでもういいんですよ

    ユーザーID:

  • 贈らない方がいいです

    お歳暮、お中元というのはそもそも社内で贈るようなものなんでしょうか。
    少なくとも私の会社ではそのような習慣はありません。

    お歳暮を渡したから特別に面倒を見るとか、いい仕事を回す なんてことは普通はないと思います。
    今後は必要ないと手紙にあるのだったら、そのような習慣がないのでしょう。

    会社同士のお歳暮、お中元でもそのまま戻されることがありますよ。「受取らないポリシーです」と。

    気に病むことはありません。
    来年からは贈らなければいいだけだと思います。

    ユーザーID:

  • 贈らない

    今後はお中元お歳暮は贈らないほうがいいと思いますよ。
    お中元お歳暮は一切廃止の会社も多いですから。
    うちの夫の会社も一切禁止ですので、誰も上司に贈っていません。
    トピ主さんも、そういうハガキを頂いたのなら、今後は遠慮すべきだと思います。

    ユーザーID:

  • それは当然

    もう送ってこないでくださいという
    意味でしょう。
    しかし悪い意味に捉える必要は
    無いと思いますよ。
    そういうやり取りが負担になる人も
    いますから。
    もしくはトピ主さんの負担を慮っての
    ことかもしれません。

    今後はもう贈る必要は無いでしょう。
    相手の意思を尊重してあげてください。

    ユーザーID:

  • 典型的な社交辞令。

     書かれているのは、典型的な社交辞令の言葉ですから、これだけでは何とも言い難いです。
     来年のお歳暮は、上司へのお世話になり度によると思います。また、公務員などで収賄?になるからダメという職場もありますが、そういう仕事ではないですよね?

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 贈らない

    あきらかにお断りの文言ですから、それを無視して贈り続ければ
    かえって失礼だしご迷惑かと思うのですが。

    そうした贈答を禁止している職場もありますし
    禁止していなくても社風としてそういう習慣が無い場合もありますので、
    他の部下の方はその上司の方にお歳暮を贈ったのかどうかなど、
    まずはご主人に職場の雰囲気等を確認していただくのが先決でしょう。

    ユーザーID:

  • 割り切って、もう送らない

    今回はありがたく受け取ってくれたのでしょう。
    来年はしない方が懸命でしょう。

    ユーザーID:

  • そうです

    そうです、来年は贈らないでくださいということです。
    頂いて有り難いけれど恐縮です、こんなことしてもらっては困りますという意味合いでしょう。
    変わりに時節のご挨拶(暑中見舞い、寒中見舞い、年賀状)を送ってはいかがでしょうか?
    その方が上司に負担が掛からなくてお互いに気持ちが良いようです。

    ユーザーID:

  • どちらでも

    上司の気持ちはその上司にしか分かりません。
    ですから確かなことはあなたと同様誰にも分かりません。

    贈らないで欲しいということですから、額面通りなら贈らない方がいいことになります。
    しかしながら、迷惑だとは書かれていませんので、あなたが本当にお世話になったと心から思われるのなら、来年も贈ることは可能です。

    わたしは、贈って欲しくないと思ったときには、相手にそう伝え、贈られたものと同等の金額のものを相手に贈ります。そうすれば次の年からは贈られません。
    あなたも上司になった時は、今回のようなあいまいな返事はせず、相手にはっきり伝わるよう行動する方が良いかもしれません。

    ユーザーID:

  • 職場ルールは?

    うちの職場では、お歳暮・お中元はもちろん、年賀状もやりとり禁止です。
    こういう付き合いは互いの負担になるし(特に上司はお返しが大変)、「自分の面倒をよろしく」という悪い意味での授受につながりかねないという理由からです。
    例えば、トピ主さんのケースですと「他の職員よりも私を可愛がってね」という意味でトピ主さんが上司に金品をおくったと捉えられかねないのです。

    トピ主さんは転職されたそうですが、今の職場にはこういうルールはないのでしょうか。

    いずれにせよ、こういうことは今回限りになさったほうがいいようですね。

    ユーザーID:

  • しなくていいのでは?

    額面どおりに受け取っていいと思います。

    ユーザーID:

  • 儀礼廃止、、?

    そうでしょうね。
    その方のポリシーでしょう。悪気は全然無いと思う。
    無理になさると、かえってご負担をかけることになるのではないかしら、、。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    レスをくださった皆さんありがとうございます。地方の仕事で社員の人数が少なく、直属の上司は一人で主人と二人での部署なのでお贈りしました。あとは同じ部署に女性社員ばかりなのです。
    主人に面と向かっては特に何もいわれなかったようです。今後は年賀状、暑中見舞いなどだけにしてあとは職場で良き人間関係が築けたらいいということなのかなと理解します。

    ユーザーID:

  • これは贈っちゃまずいよ

    これはハッキリとしたお断りだと思います。
    贈ってもおくらなくてもいい、ではなく、「贈ってくれるな」ということです。

    昔は上司にお中元、お歳暮合戦をすることは普通だったかもしれませんが、最近ではこういうものを嫌う会社や上司も多いと思います。
    私のいた会社では通達が出て止めるよう言われていました。

    このような通達が出ているかいないかに関わらず、他の誰も贈っていない時に一人だけ贈ると問題になります。その上司と職場ではそれが慣例なのでしょう。
    上司の文面にある通り、止めるべきだと思います。

    ユーザーID:

  • うちなら・・

    もしその上司の立場だったら、特に何もお世話していないのに、よろしくの意味で贈り物されたら迷惑です。

    とりあえず受け取りますが、次回からは本当に贈って欲しくないです。そのことで、特別目をかけることは出来ませんし、贈り物したのにと思われるのも迷惑です。

    また、ハムは困ります。
    防腐剤、発色剤などが入っているので、普段からほとんど食べないのに、塊でもらうのはかなり困ります。

    以前もらったもので、気を使わなくていいのにと思いながらも嬉しかったのは、中華点心のセット。
    でもハムだったらがっかりです。
    なので、うちも人にあげてしまうと思います。

    ユーザーID:

  • 贈らなくて大丈夫

    私ならその文面で、とても丁重なお断りの表現だと受け取ります。送った側への気遣い(今回の感謝の気持ち)も上手に表現されているし、配慮ある方の対応だと思いました。トピ主さんご夫妻の気持ちは届いているでしょうから、迷惑だったかなと気に病む必要はありませんが、来年以降は差し控えた方が良いでしょう。

    ユーザーID:

  • もう一度、贈ってみてから

    一度だけ断られたので、はい、それではおしまい・・・と決めつけるのは、あまりにも短絡的かもしれません。

    もしかしたら、文面とは裏腹に上司の方はお歳暮が嬉しかったかもしれませんから。
    ただ立場上、断ったのかもしれませんしね。

    試しにもう一度、来年贈ってみて、その時にも同様のお断りのお手紙をいただいてしまったら、やめたほうがいいでしょう。

    会社内でのお歳暮等が必要か否かは、ここで論ずることではありませんが、本当に世話になった上司になら、何か気持ちをこめて贈りたいと考えても、それは間違いではないでしょう。
    私はそう考えます。

    私が上司で、本当にいただきたくない場合は、贈られた倍近い金額のものをお返しします。

    一般社会では、そういう返されかたをすると、次回からは贈らないでほしい、という意志表示だとされているようです。

    ユーザーID:

  • この意味は

    その上司にしか分かりませんが・・・

    家もお中元・お歳暮をいただいた時に、ありがたいと思いながら、同様の手紙を書いております。このような手紙を書いて「お気遣いなく」というのは礼儀ですし、「送ってはダメ」「迷惑」というものとは違うと思いますが・・・

    ユーザーID:

  • 会社の文化による

    私の会社では、上司への贈答の文化がありません。
    この夏、現所属に着任した際、部下の一人からお中元を頂きました。
    翌日、ご本人にお礼を申し上げた上で「今回は頂きますが、もう送らないように」とお伝えしました。

    ご主人の会社の文化に従うべきでしょう。

    ユーザーID:

  • 部下に対する心遣い

    あんまり深刻に取らないでいいのでは。
    目上の方が、目下の方に何か頂いた時の、心遣いだと思うのです。
    自分より、そんなに報酬を貰ってない部下に、お金を使わせるのが心苦しい、という意味で使われる言い回しなのではないでしょうか。
    私達夫婦が結婚した時に、職場の所長からお祝いを頂いたのですが、その時に添えられていたお手紙のお言葉に、「何かと物入りでしょうから、内祝いなどのお心遣いはご無用です・・」とありました。所長のお心遣いの温かさを感じました。これが逆の立場で同じ事をしたら、それこそ失礼ですけどね。
    ところで、職場に、贈答の習慣があるかどうかを先に確認した方がよかったと思います。職場によって、そういうの全くゼロの所もあるので、そんな中で、お一人だけ贈答ごとをしてたら、頂く側も迷惑になることもあるから・・。

    ユーザーID:

  • 本人にしかわからない

    うちの夫の会社では、個人によって違うようです。
    うちも夫の部下の方から、いただいた場合は、次回はご遠慮しますという文面を送付しますが、やはり送ってくださる方は、送ってくださいます。
    本心を言うと、ちょっと嬉しいです。物をいただけるのがうれしいのではなく、夫を気にかけてくださる人がいらっしゃるということがうれしい。もちろん次回は辞退するという手紙を出しているので、送られてこなくても普通なので態度は変わりませんが、それでも送ってくださっている方々のことは、私は覚えてしまうし、差はないと言っても、相手との交流はスムーズなのは事実です。私自身も送っている立場でもあるので感じることですが、辞退されても、迷惑だと態度に出されない場合は送っています。あくまでもうちのケースです。
    でもやはり、その方、会社によりけりだと思いますが。

    ユーザーID:

  • 多分やめたほうがいいと思う

    夫の仕事の関係の方で我が家にもお歳暮を送ってくださる方がいました。本人はただの気持ちと思っていたようですが、私たちにはどうしても負担でした。それで最初はわかってくれるかと思いそれとほぼ同額と思われるお返しを即刻送っていました。でも気づいてくれなかったので(倍返しにすべきだったか)、その次の年にトピさんの上司が書いたのとまったく同じ文面の手紙を送ったところもう送られてこなくなりました。こういうことは迷惑とはっきり書くことができないのでそのような文面になってしまうのでしょう。そこまでして書いてくるということはもう送ってくれるなという意味にとってよいのかもしれません。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    たくさんのアドバイスありがとうございました。
    夫も職場の同僚にも相談したようです。
    結果、来年以降はおくらないでおこうかとおもいます。
    以前、夫がお勤めしていたところは
    社長と、直属の上司に贈っていたのですが
    「お心遣い頂きありがとう」という文章が中心で
    このような文面のはがきははじめてだったので
    どうしたらいいかと思い相談させてもらいました。

    ユーザーID:

  • お歳暮を受け取る側でしたが

    小企業を経営していますが、
    社員の方からお中元、お歳暮をいただくことがあります。

    お世話になっていますという意味で送ってくださる方が大半だとは思いますが、
    中には送ったのだから待遇面を考慮してほしいとの意味の方もいるようです。

    こちらとしては頂き物をしたからといって査定に色をつけたりは出来ないので困ってしまうのですが。
    (でも人間ですので多少は心の中で差がついているのかも、、、)

    一番困ったのが、贈り物をしているのにこの待遇は何だと逆恨みされたことです。

    本当に気を遣わないでいいと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 本音

    もらう立場・・・つまり上司の妻なんですが、はっきり言って、いただけるものは何でも嬉しいですね(笑)

    部下の結婚祝いや出産祝いに毎年かなりの出費が
    かさみますし、受験生や大学生の子供の学資、家のローンなど、お金のかかることばかり・・・でも給料はそこそこで・・・(苦笑)

    添加物のハムでも、ダイエットの大敵のお菓子でもなんでも大歓迎。

    よそへ回せるものは回して、有効に使うことも出来ますから、お歳暮の品はとても嬉しいです。

    いつも贈ってくれる部下のみんな、ありがとう。

    でも、形式上、お心遣いはしませんように・・・と
    礼状を書きますよ。
    それで本当に来なくなると、ちょっとがっかり。

    本音と建て前・・・表と裏・・・ですかね。
    上司は辛いよ(爆笑)


    いただく側の中年主婦のつぶやきでした。

    ユーザーID:

  • ぽんさん

    一言言えば、同額でも十分でしょう。

    わたしは、今まで、数回の経験しかありませんが、いずれも「気を使わないで下さいね。」と言ってから、同等の金額のものを贈ったら、次の年は来ませんでした。

    件数が多くなると倍返し自体も大変でしょう。
    一般社会ではなく、倍返しをしても嫌味だと思われることのない社会の話だと思います。

    ユーザーID:

  • 同じ経験あり

    私も全く同じような事を主人を通じて聞きました。はい、その通りにしました。

    ユーザーID:

  • しなくていいですよ

    お中元、お歳暮はしなくていいと思います。うちは会社を経営しているので送って下さる方がいますがあまりうれしいものでもありません。相手様は何がいいかと試行錯誤の送って下さいますが、うちは主人が糖尿ですし、食べ物、飲物、お菓子など送って頂くと帰って目に入って主人も食べたくなりますし、迷惑です。先日は、仕事中にわいせつサイトを見て遊ぶ社員からお中元をもらいました。いつもはお歳暮のみをしてくださっていますが、今回はなぜか失態をまたしてしまったためのお詫び?あるいはこれで目をつぶってくださいとでもいいたいのかと腹立たしいものでした。贈り物して自分の立場をよろしくというのも、都合のいい話です。それより毎日の挨拶や行動で示すものだと思います。昔ながらのいい習慣が今はどちらかというと悪い習慣に思えます。年賀状や暑中見舞いも一緒です。いつも会う人に送っても新鮮さもありません。また全部印刷で書かれたものをいただいてもねぇ。自筆で丁寧に書いてあるならともかく。形ばかりにとらわれずに、心を送るべきです。よって、私はお中元、お歳暮は贈らなくていいと思います。それで動く上司なんて尊敬すべきに値しないでしょう。

    ユーザーID:4711466425

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧