どうして突然あがり症に?!

レス5
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

チッチキ

タイトル通りなのですが、
ある日突然、あがり症になった方結構いらっしゃいますよね?私もそんな一人なのですが、私の場合、高校の授業中、朗読を指名された途端、急にドキドキが始まり、声が出なくなり、ひざがガクガク・・・それまでは逆に目立ちたがり屋で、人前でなにかをするのが得意だったのに。
発症は、そのときの精神状態などが関係したりするのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 起こりうる

    はい、ピアニストでそのような方がおられました。
    大学受験まではまったくあがったことがなく順調な人生を歩んでこられたのですが、受験で急に上がってしまい浪人を余儀なくされたようです。

    それまであがったことがなかったので、あがった時の対処の仕方もわからなかったらしいです。

    私は凡人なので昔から何かあるとあがっていました。このような方もおられるのですね。

    ユーザーID:

  • 私の場合

     人前に立って説明する仕事をしていたのにもかかわらず、職場のボーリング大会で急に『一言お願いします』と言われてマイクの前に立ったときに、手足が震えて声もぶるぶるになってしまいました。
     その時の『恥ずかしい』という気持ちがトラウマになって、人前で発表というときには今でも大体あがってしまいます。
     自分なりの分析ですが別に特別な精神状況というわけではなく、事前の準備がなく急に順番が回ってきたというところで少々パニックになったのだと思います。付け加えれば少々良く見られたいというのがあったのかもしれません。
     先日久しぶりに研修会で発表の機会があったのですが、まあまあうまく話せたので成功体験となって次回からあがらなければいいなと思っています。
     元々人前が好きな人であれば、成功体験を得れば簡単に元に戻れると思いますよ。大丈夫。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    デンスケさま、えんぴつさま、お返事ありがとうございます。

    人生の岐路を決め兼ねない場面での緊張による失敗はひどいトラウマになりそうですね(涙)・・・
    私はそこまで大変な場面ではないですけど、やはりあれ以来、常に緊張してしまいます。

    私の場合、発症当時、長年の家庭内の不和によるストレスから顔面神経痛になったりと、かなり神経が過敏になっていました。

    もし、何らかの精神的状況が原因でそういうことが起こりうるのなら、自分の子供にはそういうことのないよう育てていきたいと思ってます。

    ユーザーID:

  • 朗読

    私も同じく突然にあがり症状になりました。
    そして同じく突然あてられた朗読でです。
    私の知っている人も朗読であがり症になった人がいます。
    突然+朗読=あがり症
    になったりする人、多いのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 社会不安障害

    「人前での極度なあがり症」。以前は性格によるもの、といわれていましたが、現在は、脳内の神経伝達物質のバランスの乱れが原因、といわれています。最近の医学では、昔なら「こころの病気」といわれたもののほとんどが、「脳の病気」といわれています。

    発症の要因はひとつではありません。そのひとの脳の素質、そのときの体調、ストレス具合、その他さまざまな条件が重なり合って初めて発症します。従って、治療法もひとつではなく、最近は薬物療法や認知行動療法がポピュラーです。その薬を売り出し中の製薬会社がHPつくってますから、のぞいてみられては。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧