お年玉をあげられませんでした。

レス20
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

こーらす

実母と近距離別居している三十代の独身♀です。
昨年夏、母方の従兄が小3、小2の兄妹を遺して亡くなりました。
実母から「姉さん(従兄の母、私の伯母)も奥さんもショックが大きいままだから、寒中見舞いなどもしないように」と言われ、「そっとしておいてほしい」ということと解釈して季節の便りは遠慮しました。
年が明け、毎年のことで子どもたちにお年玉を送りたいと思ったのですが、「子どもたちの寂しい思いを増すばかりだ。思いやりがない」と言われ、母の意志に背いてまでは送れませんでした。
実際、伯母や従兄の奥様にとっては、従兄に関係する人から連絡があるだけでも、つらいのかもしれません。
でも、まだ小さい子どもたちにはお年玉をあげたかったです。楽しいこともあるんだ、と新年を迎えてほしかったです。
それも、ひとりよがりの、思いやりのない考えなのかな……
来年、今年の分までお年玉をあげようと思って、イノシシの絵柄のポチ袋にお金を入れて置いてありますが、なんとなく寂しかったので、誰かに気持ちを尋いてほしくて書き込みました。
お叱りでも構いませんので、応えていただけると嬉しいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数20

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • イノシシのぽち袋は・・・

    トピ主さんの気持ちはわかります。
    でも、小学生だって親が亡くなった辛さって相当だと思います。
    イノシシ柄のぽち袋を来年渡されたら、「あ、お父さんが亡くなった年のだ」と少なからず思うでしょう。
    私がその子供の立場だったら、「おばちゃんの都合で去年はお年玉もっていけなかったから、合わせて入れてあるからね」と来年のお正月にそっと伝えるだけにして欲しいです。
    幸せもあるんだよって、親が亡くなった事がたかが数千円数万円じゃ埋まりませんよ。
    そのときだけですから。

    ユーザーID:

  • >通りすがりさん

    レスありがとうございます。
    おっしゃるとおり、イノシシのポチ袋はダメですね。
    配慮が足りませんでした。ご指摘ありがとうございます。
    ただ、お言葉ですが、私は「お年玉で子どもたちを幸せに」などとまで考えていません。
    彼らの悲しみをお金で埋め合わせようとも思っていません。
    「ちょっとした楽しみ」=「しあわせ」とまでは思い上がっていないつもりです。
    でも、そうした「楽しみ」さえも負担になるかもしれないんですよね。
    そのあたりは、もっと注意深く接しなければ、と思いました。
    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 泣けました

    読んでいて涙がでてきました。
     イノシシ柄のポチ袋に入れて、幼い子ども達を心配してあげているトビさん、本当にお優しいですね。

     辛いとき、慰められても何の助けにもならないけど、後でふと思い出すと、「何の得もないのに私の事、励ましてくれたり、そばにいて心配してくれてたな〜」と心が温かくなった経験があります。
    お年玉、あげちゃいけないのかな・・・。小さい子は敏感だから、だれかがかまってあげて心配してるよ、と思ってくれているだけでも少しは助けになるんじゃないかな。私も幼い子をもっているので、もし私が同じように子どもを残して死んだら、だれかが私の子どもに小さな気遣いをしてくれたら本当にうれしいですが。

    ユーザーID:

  • 難しいですね

    家族を亡くす辛さは、他の人にはきっと計り知れないものなんですよね。

    トピ主さんは、そのご家族とは以前から仲が良かったのですか?

    お年玉に関して言えば、私は「送る」ものではなく、
    「渡す」ものだと思います。
    会って、新年の挨拶をして、その上でのお年玉です。

    例えば、普段からよく会って遊んでいて、お年玉だけじゃなく、
    誕生日やクリスマスなどにもプレゼントしている間柄なら、
    父親を亡くした子供に「おばちゃんを頼ってね!
    元気だそうね!」などの優しさを見せるのはわかります。

    でも、滅多に会わないのに、お年玉だけ送って、
    中途半端な関わり・優しさは、何も意味がないと思います。

    ユーザーID:

  • 思いやりないかねえ?

    お年玉なんて、子供にとっちゃ、ないよりあった方が嬉しいと思うけど。だって、毎年やってた事でしょお?母が亡くなってから途絶えるなんて、泣きっ面になんとかじゃない。
    子を思って、やるなと言う人が子の気持ちにたけた人とは思えないけど。
    悲しみをそれで埋めようとしてるってレスは検討違いもいいとこだよ。なんでそうとるんだ?
    まあでも、お年玉ってのは、正月行事だから、喪中は控えるって考えは、そう悪くない気がするけど?
    来年あげたらいいよ。会う機会があったら、何か買ってあげてもいいかもしれないし。
    子へ身内の愛情が少しでも多いのはいい事だと思う。これからも、見守る気持ちでいてあげて下さい。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • >ぽちさん

    レスありがとうございます。
    お子さんがいらっしゃるのですね。
    私が言うのも変ですけれど、どうか元気でお過ごしください。
    「(もしものとき)気遣いがあったら嬉しい」とおっしゃっていただいて、嬉しかったです。
    気の遣い方には細心の注意を払う必要があることを忘れてはいけませんが、気の持ちようは間違っていないのかも、と心強くなりました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • >りょうさん

    レスありがとうございます。
    お年玉は「渡す」もの、私もそう思います。
    しかし、従兄一家は遠方在住で、私の母が身体を壊して長距離を動けなくなってからは気軽に会うことができません。
    この前に会ったのは二年ほど前、従弟(亡くなった従兄の弟)の結婚式のときです。
    会う機会はあまりなくても、親同士(母と伯母)が仲の良い姉妹なので、クリスマス、誕生日、そして、お年玉といった節目にはなにがしかのものを贈り、子どもたちからカードなどが返ってくるのを楽しみにしている、という感じでした。
    母が身体をこわしてからは、プレゼントに添える手紙も私が書いていましたし、こういうことがあったから子どもたちと関わろうとしている、というわけではないのです。
    近くにいて会える状況ではないのに中途半端に優しくするべきではないのでしょうか。
    たしかに、遠くの親戚より近くの他人、ということもあると思うのですが……
    あらためて、ご意見いただければ、嬉しいです。

    ユーザーID:

  • 私も泣けました

    トピ主さんの温かい気持ちは素晴らしいと思いました。
    小さな子供たちへの思いやりが伝わってきました。

    お母さまがおっしゃる事もよく分かりますので、今年はお年玉をあげる事が出来なかったけれど、トピ主さんがそのようにいつも気持ちを向けていてあげればいいのではないかと思いました。
    私も、友人が幼い子供を遺して30代で亡くなってしまいました。遠くからで何も出来ませんが、いつもその子供たちとご家族と友人の事を心に留めています。

    ”イノシシのポチ袋を用意していた”という所にはなんだか胸が切なくなって思わず泣けてしまいましたが(感性が似ているのでしょうか?)、トピ主さんも早く元気を出してくださいね!そして来年は”ネズミのポチ袋”でお年玉渡せるといいですね!子供たちも今よりは少し元気になっている事を願いつつ。

    ユーザーID:

  • 答えが出るものではないと思います。

    むずかしいですよね。お葬式に関しては地域によってしきたり、常識が違うので亡くなった方にとって叔母様にあたる貴方のお母様がお年玉も慎むべきとおっしゃるならあげなくて良かったという事にしませんか?
    あげたいという気持ちを慎まれたトピ主さんは「あげるべきじゃなかったんだ」とか「あげなくてよかった」と納得したいのでは?と思いナマイキなことを書いてしまいました。
    ご気分悪くされたなら謝ります。

    子供でも悲しみは同じだと思いますが、お年玉をもらって嬉しくない人は居ないのでは?と思うのが正直な私の気持ちです。
    「送る」という表現をされているので年末年始にお子さんとは会ってないなら、会った時に「お年玉」ではなく「お小遣い」としてあげるのはどうでしょう?

    私の両親の実家同士は車で30分程度の距離ですが、両親と私は遠方の為、帰省ラッシュをさけ普通の連休に帰省することが多く、お年玉を送ってくれる人もいましたが、会いに行って「お菓子でも買いなさい」とお心付けを頂いてました。
    もし1年に1度もらうならば子供でも顔を見て手渡ししてくれる方が倍嬉しいものだった気がします。

    ユーザーID:

  • 涙が出ます。

    喪中にお年玉を渡すことが、常識の範囲なのか非常識なことなのか私には分かりません。

    でも、私なら、自分の為に心を痛めてくれている人がいるというだけでとても幸せです。
    トピ主様の子供達に対する優しさに鼻がツンと・・・してしまいました。

    私も遠い過去、父を亡くしました。
    その頃の私と重ね合わせてしまったからかもしれません。

    今は小さくて分からないかもしれません。
    でも大人になってから、優しくされた記憶がとても支えになるのではないですか?
    トピ主様のお気持ちは子供達に素敵な財産になるはずです。

    私は、お年玉の件はどちらでもいいと思います。
    トピ主様、元気出してください。

    ユーザーID:

  • たくさんの人に支えられて大きくなりました

    わたしが4歳のころに母が亡くなりました。
    それ以来、祖母父、母の兄弟、父の兄弟、いとこたちの心遣いを受け取りながら、成長しました。
    彼らの小さな善意の積み重ねで、自分は愛されていると実感できて、ひねくれることもなく大人になれたのだと思います。
    小学校の入学のときのランドセルは、叔母が買ってくれました。洋服は伯母が送ってくれました。入学式の写真はその洋服とランドセルで、うれしそうに笑ってます。
    大学を卒業するまでずっと、何やかやと世話を焼いてくれました。
    感謝の気持ちでいっぱいです。

    トピ主さんの、お母様の
    お年玉を送ることが、寂しさを増すことや気の毒な結果になるというのが理解できません。
    考えすぎではないかと思います。
    もっと、シンプルにストレートに考えて、行動してもいいと思います。

    ユーザーID:

  • そっとしておいて あげる? 1.

    亡くなった従兄さんの奥さまと同じ立場のものです。
    夫が亡くなったとき、三人の子どもたちは小・中・高校生でした。 
    それまでは、お互いそれぞれの子どもたちにお年玉のやり取りをしていましたが、亡くなったとたんその後のお年玉どころか進入学、就職、成人式のお祝いまで全くいただけません。

    夫が亡くなってから何が嬉しいかというと、私たちのことを気にかけていますよ、という気遣いが感じられたときです。 
    というのは、何だか世間から忘れられているな、とかウチのことなど気にかけてくれる人なんていない、とか感じることがあるからです。

    お母さまが、「そっとしてあげる」ためにお年玉もあげてはいけない、というのは理解できません。 あなたたちのことを気にかけていますよ、という意図がお年玉という形で示されたら、それも亡くなったご主人方の親類からだとしたら、とても嬉しいことです。

    ユーザーID:

  • そっとしておいて あげる? 2.

    ウチの場合は「そっとしておく」といった思い遣りというよりも、血縁である兄弟が亡くなったからもう無関心、といった印象なので、心が冷える感じです。 

    夫がいる間から今に至るまで誠意をもってきちんと付き合ってきたのに、亡くなった途端、血縁である父方の伯父伯母から関心を持ってもらえない子どもたちが、不憫だなと思います。
    でも、私の方からは盆暮れ、お彼岸には必ず訪ねますし、成人した子どもたちも都合がつけば一緒に連れて行って、私の代で子どもたちの縁を切ることがないように繋いではいますが、子どもたちも既に愛着を失くしてしまっているようです。 

    お年玉やお祝いをいただくのが嬉しいのは、その背後に私たちを気遣ってくれる愛情を見るからなのです。 ウチは11月の末に亡くなりましたが、年始の挨拶は控えても子どもたちの年に一度の楽しみは奪えないからと、私の妹たちからは例年通りお年玉が届きました。 その年のお年玉は、母親として殊のほか嬉しかったです。

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます。(1)

    >pepeさん
    まだ「喪中」なのは確かなんですよね。
    そこに思い至らなかったことを母は怒ったのかな、とふと思いました。
    お盆に会えるかもしれないので(うちの母の体調次第)、会えたら、お小遣いとしてあげるなど、考えてみます。
    ご意見ありがとうございました。

    >しろくまさん
    はい、子どもたちへの気持ちは、いつも持っていたいと思います。
    来年のお年玉は顔を見て渡せるといいのですが。
    そして、笑って受け取ってくれれば良いなぁ、と願っています。
    なんかもやもやした気分だったんですが、すこしづつ元気になってきました。
    ご意見ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます。(2)

    >のんさん
    書き込みを読んで、自分でうなずいてしまいました。
    たしかに、私は「納得したい」のだと思います。
    気分悪くするなんて、とんでもありません。
    ご指摘、ありがとうございます。
    答が出ることではない……おっしゃるとおりです。
    母は母なりに、子どもたちのことを考えているのでしょうし……
    ほかにもおっしゃってくださる方がありましたが、顔を見る機会があれば、お小遣いでわたす等、考えます。
    ご意見ありがとうございました。

    >ももやまのきんさんさん
    従兄の子どもたちと同じような立場でいらしたのですね。
    そういう方に、私の持った気持ちは「迷惑ではない」と思っていただけると、ほっとします。
    お年玉にこだわらず、子どもたちのちょっとした支えになっていければ、と思いました。
    元気をいただいた気がします。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます。(3)

    >おでんさん
    書き込みを読んで、なんだか心が温かくなりました。
    おでんさんは、きっとすてきな方なんだろうな、と思います。
    お年玉の件はシンプルに考えたいのですが、母に強くとめられると、強行して送ることもできませんでした。
    何か機会があれば、なんらかの形で「おばちゃん、ここで見てるからね」みたいなことを子どもたちに伝えられたら、と思っています。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • それでよかったのかも

    あながちお母様の言葉が間違っているとは思いません。
    お子さんのためと言うより、ご主人を亡くされた奥様のためでしょう。

    そりゃあ お子さんは喜ぶかも知れません。しかし、喪に服してひっそりとお正月を迎えている未亡人には「なんで夫は死んでしまったのか、他所には楽しいお正月が来ているのに。ちっとも目出たくないのに。」という思いで一杯でしょう。寒中見舞いも止めてくれというならまだ立ち直っていないはず。好意をそのまま受け止められるか分かりません。そっとして差し上げたらどうでしょう。

    お子さんがお年玉を貰うと親も一言お礼の電話なり一筆書くでしょう。そうするとどうしてもお礼だけでは済まず、今の状況や心境に触れたりなにか言わなくてはなりません。まだお辛いと思います。

    お子さん方には何かの折にお小遣いとして渡されるといいと思います。

    ユーザーID:

  • yさんの意見に同意いたします

    10年前になりますが、我が家も主人を亡くした時、
    子供が中1と小1でした。
    お年玉はともかく、心遣いを感じる度に、パパが
    いなくなってもあなた達を気遣う人がこんなに
    いるんだよと、話をしたものです。
    主人の弟から、時々中1の息子に電話があったようです。
    思い出すのは辛いけれど、パパの話が聞けるのは
    嬉しかったのではないかと思います。
    私事ですいません。トピ主さんのやさしい思いに
    ついしゃしゃり出てしまいました。

    ユーザーID:

  • >yさん

    旦那様を亡くされたとのこと、おつらいことを思い出させてしまい、申し訳ありません。
    おっしゃるように、「従兄が亡くなったから、いきなり(お年玉を)送らない」というのは、かえって不人情ではないか、と私は感じました。
    ただ、他にもおっしゃっている方がありますが、お礼だ何だと親(従兄の奥様)が気を遣わねばならないとなると、負担をかけることになるので申し訳ないのかな、と……
    こちらが「気にしないで」と言っても、気にされる方は気にされるでしょうし、傷つくこともあるでしょうから。
    でも、今年にかぎって、お年玉が届かないことに子どもたちは傷つかないかと、それが気にかかります。
    機会を見て、子どもたちに気持ちを届けられればと、今はそう考えています。
    レスありがとうございました。

    ユーザーID:

  • レスありがとうございます。(4)

    >さまんささん
    おっしゃること、よく解ります。
    子どもが小さいので、どうしても、親気付で送ることになりますし、親としては黙っていられないですよね。
    なので、次の機会を見て……というのが正解なのかもしれません。
    ただ、ひょっとしたら、子どもたちはお年玉を楽しみにしていたかも、と思うと、やるせないです。
    これは、あちらの気持ちを考えない私の我儘な感傷に過ぎないかもしれませんが……
    レスありがとうございました。

    >みるきーさん
    悲しいことを思い出させてしまい、申し訳ありません。
    yさん、みるきーさんのようにお考えになる方もあると知り、気持ちが元気になりました。
    ありがとうございます。
    おそらく、従兄の奥様は悲しみが大きすぎて「そっとしておいてほしい」ということなのだと思います(それを母が知って伝えてきた)。
    お盆を機会に、と考えていましたが、それより早いうちでも、折があれば、子どもたちに気持ちを伝えたいと思いました。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧