扁桃腺肥大

レス26
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

TOM

妻が病院で子供が扁桃腺肥大と言われ、「手術した方がいい」と言われたそうです。手術は全身麻酔で行うそうで、妻は心配しています。確かに風邪をひく回数は若干多いのかなとも思いますが、子供もまだ8歳ですし、全身麻酔となると大手術なのかな・・・とも思っています。(風邪をひくと喘息のような咳が出ることがあります。)ただ、自分の周りにも扁桃腺肥大の大人も多く、そんなに無理して取る必要もないのかなとも思っています。同じことを言われて、手術した方のご意見をお聞きしたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手術はしていないけれど

    こんにちは。
    私も幼少から扁桃腺肥大といわれてきましたが、
    成人になったいままで手術はしていません。
    確かに幼稚園〜小学校中学年までは熱を出すたびに扁桃腺が腫れ、高熱になりました。
    親は医者(小児科)から手術を薦められたこともありましたが、
    耳鼻科の医師が
    「大きくなったら腫れて高熱を出すことは少なくなるし、扁桃腺は外部から進入するウィルスから守ってくれる役割をしているから、むやみに手術でとらないほうがいい」
    といわれてそのまま様子を見ることにしたそうです。
    確かに中学になる頃には、熱はあまり出さなくなりました。(年に1,2回)
    お子さんの熱や風邪の頻度がどのくらいかはわかりませんが、一年に5〜6回も熱を出し、そのたびに高熱が1週間くらい続くのであれば耳鼻科の医師に相談するといいと思います。
    スポーツをして体力をつけるとよいと思います。

    ユーザーID:

  • 俺も切ったよ

    24歳のとき過労で風邪をこじらせ、軽い肺炎と肝炎の疑いで入院しました。
    案の定、扁桃腺がすさまじく腫れ、切りました。
    それは全身麻酔で、れっきとした手術。
    切ってからは風邪をひいても喉が痛くなることはなくなりましたが、風邪を引いたシグナルがなくなったので、それはある意味不便です。
    私の場合は風邪を引くとまず喉が痛くなってので、気づくと発熱してるわけw
    まあ、他の医者にも相談してみましょう。
    最近は盲腸も簡単には切らない時代ですしね。

    ユーザーID:

  • 摘出した方がいい理由を詳しく聞いてください。

     「大きな扁桃腺」を無条件に摘出していたのは、もう40年以上も昔の話だと思います。だから、今は扁桃腺が大きい成人がいます。

     今でも扁桃腺を摘出する止むを得ない理由は、
    ・慢性扁桃炎
    ・急性扁桃炎を反復する
    ・扁桃周囲炎を起こした
    ・高度肥大で、発声・摂食に支障がある。
    ・高度肥大で、睡眠時無呼吸症候群の原因になっている。
    ぐらいです。

     でも、医者の中には、何故か、特に問題ないのに、簡単に「扁桃腺取りましょう」という人がいます。私も先日、咽喉を診て「あら、扁桃腺大きいですね。取った方が良いですよ。」と言われて、いまだにそんなことを言う医師がいるのかとびっくりしました。

     お子様は、親御さんが気付いていない「よっぽどの理由」があるのでしょうか。主治医か、他の病院の医師にもう一度相談してみてください。

     ちなみに、子供の扁桃腺摘出は全身麻酔でやりますが、手術の中では大手術というほどではないと思います。

    ユーザーID:

  • 扁桃腺肥大ですが手術しませんでした

    TOMさま お子様のことご心配ですね。

    私も扁桃腺肥大で、13歳のときに手術したほうが良いとお医者さまに言われました。聞いたところ、この手術は大人になるほど難しくなるそうで、ほとんどが子供の頃にしかしないそうです。
    当時、13歳という年齢は手術の上限ギリギリ(?)というニュアンスでしたので、私の両親も心配して、別のお医者さまにも診ていただきました。

    そのお医者さま曰く
    「普通なら手術するけど・・・あなたが私の娘なら手術しないかな」

    結局、この一言で手術せず、いまに至ります。
    確かに風邪をひきやすかったり、扁桃腺が腫れると40℃の高熱が出ますが、普段の生活において自分で気をつければ良いし、手術しなくてよかったと思っています。手術すると「声が悪くなる」という噂も聞いたことありますし(笑)

    TOMさまのお子様も、複数のお医者さまに診てもらったらどうでしょう?最近はセカンドオピニオンも一般的になってきていますし、いろいろな診断結果を見てから決めても良いのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • チョッと待って・・・

    扁桃腺肥大で手術?私の娘も学校の内科検診で扁桃腺肥大と言われました。クラスの女子半数(8名)が同じ様に言われましたが手術をした方がいいと言われた子は1人もいません。確かに扁桃腺が腫れ熱を出す事はよくありますが、スポーツを始めてからは熱を出す事も少なくなりました。もう少し様子を見てはいかがですか?

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 私も40年前に

    私は小学5年生の時に、京都大学系列の病院で手術しました。全身麻酔で根こそぎ取ってもらいました。
    以後、大きな病気どころか発熱する様な風邪も引いていません。
    当然ウガイと石鹸による手洗いは、頻繁にしていますが。
    医者が言う事には理由が有ると思いますが、もし、心配なら別の病院にて診察してもらうのも宜しいかと思います。元気な人生が歩めます様に!

    ユーザーID:

  • 全身麻酔ではなかったです

    私は4年生のときに扁桃腺をとりました。
    それもうん十年前です。
    でも全身麻酔麻酔ではなくのどだけの麻酔でした。
    注射後に車椅子に座って、座ったまま手術開始。
    終了後、そのままその車椅子にのり病室へ、、、
    手術後1、2日は声が出なかったので
    筆談でした。
    それまで毎年のように高熱をだして1週間ほど
    学校を休んでましたが、とってしまってからは
    高熱もでず快適です。
    とってしまってよかったと思っています。

    ユーザーID:

  • 切ってない人ばかりで恐縮ですが

    切った知人曰く
    「風邪引くと、逆にお腹に直来てよくない」そうです。
    医者はそんな事無いっていいますけどね。

    私は切っていません。
    近所の医者に切れと言われて、御茶ノ水の大学病院へ。
    そこで、「この子は体が弱いから切らない方がいい」と。
    風邪を引きやすいのは変わらずですが、さりとて
    それほど弱いとは思ってないです。

    余談ですが
    高熱ってたしかに大変ですが、れっきとした防御反応
    無理に下げる事はしない方がいいそうです。
    高熱を薬で下げると防御が崩れて、余計ウイルスが増殖したりして、余計に長引くそうです。

    ユーザーID:

  • 32年前に局所麻酔で

    私は、32年前で小学5年生の時に局所麻酔で手術しました。
    小さい頃は、風邪を引くたびに熱が出て喉に膿が出てきたものです。
    独特の咳は出るし、風邪をひくのが恐かったです。
    かかりつけの看護師さんに大変だろうと耳鼻科を紹介されて、手術しました。
    その頃は大人になると手術が大変で、小学4.5年頃が一番適した時期かなあ(小さい子は大変だし、中学生活が大変で、その前に)という事を聞きました。
    術中、術後と痛くて大変でしたが、今は風邪引いても喉の恐い感覚がなくなって本当に手術してよかったです。
    8歳だとまだ小さくて可愛そうなので、11歳頃がいい時期かなと思います。

    ユーザーID:

  • 私や他の人の場合

    現在28歳ですが、小さい頃から会う医師会う医師全てから「扁桃腺大きいねえ。手術した方がよいです」と言われてきました。悩みながらも最終的に中学1年のとき、親は私に扁桃腺切除の手術を受けさせました。全身麻酔と聞いて私たちもびっくりしましたが、短時間で終わる手術ですし、手術の危険性については心配されなくて大丈夫だと思います。さて、私たち家族が手術を決意した理由ですが、元々滅多に風邪を引かなかった私が、6年生のときに1週間ほど声が出ないような大風邪を引き込んだためです。大人になってさらにひどくなる可能性があるということと、大人になってから扁桃腺肥大の手術を受ける場合は子供が受けるほど簡単には行かず、術後の直りが遅く、大変辛い思いをするそうです。私の会社には、私と同い年で大きな扁桃腺を持っている人がいますが、風邪のたびに喉がものすごく腫れてしまい、1週間は会社を休みます。色々な方の話を聞かれて判断されるとよいですよ。

    ユーザーID:

  • 10うん年前の話ですが

    高校生の時に手術しました。カゼをひいた時にずっと喉が詰まった感じがして、あちこち病院をまわりました。地元では腕が良いと言われていた耳鼻科に行き、相談したところ「扁桃腺を取る手術は予約いっぱいなんだけど、とりあえず見せて」といわれたのに「やっぱり今すぐ手術しましょう」といわれました。
    手術は全身麻酔、2時間ほどで終わりました。数日話すのがうまく発音出来ず、喉も痛かったのですが10日ほどで退院しました。

    おかげさまで今は熱も出さないのですが、一つリスクとして、扁桃腺でブロックされていたものがリンパ腺まで行くので、重症になると辛いです。滅多にないですけど。

    まだ8歳との事なので、お医者様とよく相談、そして他の病院にかかってみることも良いかと思います。
    私の夫はよく扁桃腺で高熱を出します。もう30後半なのに・・・。かなり辛そうなので、取りなさいというのですが、大人になるとなかなか仕事の休みも取れずにいます。
    なので、取るかどうかの見極めはすごく難しいのですが、取った私としては良かったと思っていますよ。

    ユーザーID:

  • 摘出手術してもらいました

     私は、19歳の時に、扁桃腺炎による熱が度々出て、熱が出ると39度くらい出て、結構苦しい思いがありました。掛かりつけの内科医の先生から、「大学病院へ行ってこの悪い状態を診てもらった方が良い・・・」と言われ、紹介書を書いてもらい、大学病院へ行き、1ヵ月位してから、入院手術でした。
     麻酔は、全身麻酔でした。2週間くらいで、退院したのですが、その後は扁桃腺に関しては、何の問題もなく快適に過ごしましたよ。かえって、私の場合は、手術してもらって良かった人間だったと思います。 
     なので私は、トピさんが深く気にする程、心配は無いと思うのですが。今は、医療も進んでいるので、安心できる病院なら、問題ないのではないかと思われます。

    ユーザーID:

  • 検査は十分に

    長男が、15年ほど前に大学病院で摘出手術を受けました。4歳でした。

    扁桃腺肥大で、食べたものを戻したりして、ガリガリに痩せていました。
    検査入院したところ、睡眠時の無呼吸もあることがわかり、全身麻酔で摘出しました。
    1週間程度で退院しました。
    麻酔はかなり心配でしたが、今は熱を出すこともなく、元気に過ごしています。

    生活に支障があるようでしたら、手術も選択肢の一つだと思います。
    複数の病院にかかることも、一つの方法ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 30才を過ぎてから手術しました

    小学生の頃から風邪をひくといつも扁桃腺が腫れて高熱をだしていました。でも、大人になると扁桃腺の肥大はなくなることが多いとのことで、親は手術を見送ったようです。
    ところが、大人になっても状況は一向に改善しませんでした。年に何度も高熱で倒れて一週間近く会社を休まなければならないことが度重なり本当に困りました。特に、大きな仕事でガンバる日々が続くと、必ずといっていいほど最後の方でダウンしてしまいした。
    大人の扁桃摘出手術をやってくれる病院を見つけるまで苦労をしましたし、手術も全身麻酔で数時間かかりました。長年の発熱の繰り返しで扁桃腺の組織がボロボロ?状態となっていたのでスパッと切除できなかったそうです。
    しかし、手術をして大正解でした。
    それ以来、風邪をひいてもほとんど高熱にはならず、人並みに社会生活を送ることができるようになり、少しは出世することもできました。(笑)
    大人になってからの手術ですからリスクは覚悟しましたが、あの手術がなければ今日の私はありません。
    感謝しています。

    ユーザーID:

  • 手術していませんが大人になって

    時々扁桃腺にウイルスが入り、炎症を起こします。
    ひどい時には風邪と併発し、熱を出して辛いです。
    かかりつけの耳鼻科に行く度に、またなったねぇ〜と言う感じですが、扁桃腺が人より大きい分面積も広くなり(凹凸がある分大きさが2倍だとしたら面積はもっとですよね…)、凸凹のせいで浸入したウイルスが抜けにくく治りにくいそうです。
    熱を出す事は稀であること、薬を飲めば治まること(時間はかかりますが)、そして何よりも私本人が避けていることから手術は考えていません。
    お子さんが男の子か女の子か分かりませんが、私は妊娠した時にウイルスが入って熱を出すと…と言われています。
    それを考えるとちょっと不安ですが、一応問題なく生きています。
    ちなみに子供の頃は良く熱をだしたそうですが、医者からは中学生になっても続くようだったら考えれば良いといわれていたそうです。

    ユーザーID:

  • 手術はしない方が良いと言われ。。。

    私も幼少の頃、風邪を引くと扁桃腺が貼れ、お医者様から「扁桃腺肥大」と言われたけれど、扁桃腺は、色々なウイルスが体内へ入るのを防ぐので、切らない方が良いと言われ、今も共存してます。
    母は、子供の頃に扁桃腺を切ったため、何かと体調を崩しています。多分、ウイルスが体内へ入ってしまうためだと思います。

    子供の頃から、風邪だ!喉が痛い!、それ咽喉科だ!ルゴールだ!と、朝に晩に塗ってもらっていたため、小学生の頃には、舌を押さえる棒?がなくても喉をカポッと開けることができ、お医者様に驚かれ、中学生の頃には、咽喉科に行かなくても自分で棒の先に脱脂綿を巻いてルゴールを塗ることができるようになり、今では、特技となってます(笑)

    風邪を引くと、真っ先に喉がやられますが、扁桃腺を切ってしまって、大病をするよりは、自分でせっせとルゴールを塗っているほうが良いような気がします。
    でも、個人差があるので、一箇所のお医者様ではなく、他のお医者様にセカンドオピニオンを聞くのも良いかも知れませんね。

    ユーザーID:

  • とりました

    8才の時に、両扁桃腺を取りました。
    耳鼻科の診療台ありますよね。
    あそこで、着席姿勢でやりました。
    のどのみの麻酔でした。

    手術前、目の前に、ずらりと並ぶ手術道具を見て恐怖に泣きました。
    すると目隠しをされて、両手は両親にがっちり抑えられました。
    「わおーん」とずっと泣いてました。のどがよく見えるから
    もっと泣けもっと泣け・・なんて医者に言われて。
    終わって目隠しを取ったとき、周りに血で染まったガーゼが
    沢山あって怖かったです。

    印象はあっという間でしたよ。
    手術自体は、耳鼻科診療の合間の休み時間にやりましたし。
    入院は3日くらいで、その晩にはヨーグルトを食べました。

    それまで、熱がすぐに出るし、一日に何度も何度も病院に行くし、すごく大変でした。
    だから取って正解でしたよ。
    病院によるでしょうけど、私の病院はかなりざっくばらんでした。

    ユーザーID:

  • ウチは3歳で

    ウチの長男は2005年、3才で扁桃腺肥大・アデノイドの摘出手術をしましたよ。
    全身麻酔でした。
    「風邪を引きやすいかな?」程度なら、私も手術は考えなかったと思います。
    息子は常に滲出性中耳炎で抗生剤を飲んでました。
    それに何より、おじさんのような大きなイビキが気になってました。睡眠時無呼吸症候群のように夜中に呼吸が止まるんです。
    手術を受けるときには、やはり全身麻酔は怖かったですが、とにかく手術を痛いと感じさせず受けさせてやりたかったです。
    じっくり先生と相談してくださいね。

    ユーザーID:

  • 手術してませんが・・・

    手術していない者ですが、失礼します。
    年に2〜3回、熱をだして寝込みます。どうしてこうも弱いのかと悩んでいます。
    最近も寝込んだばかりで、辛かったです。
    その時、扁桃腺肥大の手術について少し調べてみたりしました。その時に
    「まだ小さいうちにとっておけばよかった」
    って思いました。
    大人になってしまった今はもう時間と勇気がありません。

    ユーザーID:

  • どうかなあ。。。。

    私は30歳になる年に取りました。
    手術は全身麻酔でしたが、約一週間で退院しましたから、
    本人はまあ、盲腸切ったぐらいの感覚です。(盲腸は全身麻酔ではないでしょうが)
    ただ、手術直後2日ぐらいは何も口に入れることができず、
    かなり辛かったのを覚えています。
    数日たっても、食事はおもゆ、おかゆがメインで、
    退院した頃には見事に痩せていて、手術のメリットといえばそれぐらいかな〜。

    果たして、切って良かったかというと、正直「???」です。
    私の場合、扁桃腺がかなり肥大していて、手術決定の直前には、
    最低年に1回は、のどを腫らして辛くて、耳鼻科で点滴を打ってもらっていました。
    だから切ったわけですが、結局、切った後ものどはよくやられて苦しんでいるし、
    むしろ今までひかなかった、風邪を引き易くなった気すらしています(奥様と反対ですね)。

    奥様の場合、文面から察するに、「切るべき!」という程でもないような。。。
    セカンドオピニオンを聞いてみられた方がよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 取っておいたほうが良かったと後悔。

     子供の頃から扁桃腺が大きくて、私なりに取りたいと思っていました。ところが、周囲は大人になれば問題解消する---と言って---結局、手術しませんでした。

     今になって思うと、取っておいた方が良かった---と思います。しかし、今更、手術はしたくない---というのも正直なところです。小学校の健康診断のとき、診察した医者が、周囲の人を集めて、私の喉を覗かせて、こんな立派な扁桃腺見たことないみたいな言い方をしていました。そのお医者さんは、当然、切除を勧めて下さったのですが、親が阿呆で、医者にも行かせなければ、何の心配もしていませんでした。大人になれば直る---の一点張りです。馬鹿な親を持つと苦労します。なんて、愚痴ってみたりして---。

     ちょっとしたことで喉を痛める。寝る時に、空気の通りが悪くなるせいかうつぶせで寝ないといけない。肺への負担もあるらしくて、肺にある程度の問題も抱えている。もちろん風邪を引きやすい。取っておけば、いろんな問題を抱えずに済むのかもなあ---と思います。大人の今でも、かなり大きな扁桃腺が残っていますよ。

    ユーザーID:

  • うちは手術しました。

    うちの子供達は全員手術受けました。上の子は1年生の時、下の子は年長の時です。
    小児病院内に小児耳鼻科がありまして毎月扁桃腺による高熱が2年間続き手術の話が出まして受けました。
    入院は上の子は10日、下の子は7日間でした。
    手術を受けさせる事にしたのは高熱が出てると7日間学校を休むようになるので勉強に支障が出たり、大きくなるに連れてからだの心配もあったので決めました。
    取った後は、風邪は時々引きますが熱は出さなくなりました。
    皆勤状態で学校に通ってます。(ものすごく元気になりました。)
    手術後は、ものすごく痛みが強いようで2日間は飲むのも辛そうでした。が、復活は早かったです。

    手術をして欲しくても基準(具合の悪さ)に達してないと断ると聞きました。

    扁桃腺の手術で一番心配なのは術後の傷口からの出血だそうです。止血が病院でないと出来ないので(傷口を縫うそうです。)入院が必要だそうです。
    落ち着くまで病院で居たから安心でした。

    ユーザーID:

  • とりました

    小1の娘が昨年11月に摘出手術を受けました。うちは慢性扁桃腺炎で乳幼児の頃から月1で一週間発熱のペースでした。(その間2,3日は40度近い高熱)

    摘出手術は全身麻酔で、術前検査を含め10日間の入院でした。お隣にもトピ主さんと同じ症状で摘出手術を受ける6才の男の子がいました。二人とも親の心配をよそに術後半日は「痛い」(というより喉が渇いて水が飲みたい)と泣いていましたが、翌日にはすっかり元気でした。小さいうちにとった方が断然術後が楽なようです。我が家は慢性だったので手術後、術中出血が多く痛がるかもしれないと言われましたが、隣の子は出血はなくあまり痛がらないと思いますと言われていました。費用は約15万ほどかかりました。

    うちの場合は年長の頃から摘出手術を検討していましたが、小学校にあがった娘が自分から手術をするといったのがきっかけでした。一学期も休むことがあまりに多く楽しい行事に参加できなかったのが辛かったようです。(入学式当日も熱を出していました)
    ただ、術後も発熱はありますし、ノロウィルスにもなりました。これから元気になることを期待しています。

    ユーザーID:

  • 数十年前の記憶

    私も毎年耳鼻科検診の後はその手のカードをもらっていました。しかしある時期から「とらないほうがいい」という話が主流になったと思っていました。理由は扁桃腺をとってしまうと肺炎なんかに却ってなりやすいから、ということでした。手術を受けられた方のお話しも多いですが「とったほうが」と言われた理由を医師にお尋ねになったほうがいいかもしれませんね。医師もいい医師もそうでない医師もいますからね。手術となったらそれは大事です。ご確認を。

    ユーザーID:

  • とりました

    ハンドルネームの数日前に手術しました。
    成人してからです。(全麻でした)
    扁桃腺の表面がかなり硬くなってルゴールを塗っても浸透しないので、針金の先に綿を巻き薬をつけ、扁桃腺に刺して治療をされたのをきっかけに、手術に踏み切りました。
    結婚、出産を考えると、抗生物質片手に生活し続けるのは困ることも多いと思ったのも取る切っ掛けにもなりました。
    ちょっとの無理をしただけでも、喉が痛み、病院に1日でも遅れていくと悪化して完治するまで長期になるのが、ほとんど病気知らずになりました。
    5歳で扁桃腺の本来の役割はなくなると、耳鼻科の先生が言ってました。(うちの子も大きいので)
    ただ高熱が出ることがほとんど無いので、無呼吸でなければ、そのままでも良いとのこと。
    生活に支障がなければ、あえてしなくても良いとは思いますが、無呼吸になるぐらい大きいのであるなら、した方が絶対いいと思います。

    ユーザーID:

  • 全身麻酔で手術しました。

    30歳過ぎてから扁桃腺がすごくはれて高熱が出て大変でした。
    そのときのお医者様に勧められてとりましたがそれから高熱を出すことも無く私は手術してよかったと思っています。
    その時に聞いたのは「年に3回以上扁桃腺で高熱を出すようなら手術したほうが良い」といわれました。

    ちなみに主人も30歳過ぎてからとりましたがそのときは局所麻酔でした。
    とても苦しそうだったので私は全身麻酔でよかったと思いました。

    娘3人は小学生の頃、扁桃腺肥大といわれましたが手術は勧められたことはありませんでした。
    言われてからはうがいと手洗いは徹底させたのが良かったのかもしれないなと思いました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧