結婚祝いとお香典

レス3
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 香典のみでしょうね

    この場合「おめでとう」はもう言えないので お香典のみです。

    中止という事ですから、お祝いは その時か、もしくは喪があけた時に持参するのが良いと思います。

    でも 喪があけてすぐにでも披露宴があるなら、その時でも良いと思います。

    私は友人の場合、いつも先に1万〜15000円の品物を贈っています。
    その後に披露宴では3万包んでいます。

    今回のような不幸もあるので、披露宴があったとしても、お祝いは品物だけでも先に渡しておいて悩みません。(これは今後のご参考に・・・)

    トピ主さんは、披露宴があるので渡さなかったとの事ですが、大抵の方はそうなんじゃないでしょうか。
    だから ご友人の方もわかってると思いますので、喪があけた時にお祝いしてあげましょう。

    ご友人のお父様・・残念ですね・・
    見たかったでしょうね。。

    ユーザーID:

  • 友人の場合なら、本人に聞いてみます

    こういう場合のしきたりはよくわからないし、家によって考え方がそれぞれだと思うのですが、お香典と結婚祝を一緒に持参するのはよくないと思います。私なら、まずはお香典だけ。

    そのうえで、四十九日が明けた頃に、友人に電話をかけ、「四十九日も明けたので、結婚のお祝いを渡したいと思っているのだけど、まだそういう気分じゃないかな?もし、一年の喪が明けるまで待ったほうがいいなら、そうさせてもらうけど」って聞いてみると思います。

    大切なのは結婚を「祝う」という気持ちですから、友人が祝ってもらいたい気分になっていないときに、押し付けても意味がないので。

    喪中ということを大切に考えているお家の方なら、「気持ちは有難いけど、今は遠慮したい」とおっしゃるでしょう。その場合は、お祝いにと思っていたお金を使わないように来年までとっておけばよいと思います。

    ユーザーID:

  • 尋ねてみればいかがでしょう?

    実際にそのようなケースに遭遇したことがないのですが、
    お香典はお香典として渡し、
    「ところで結婚式はどうするの?」と聞いてみたらいかがでしょう。

    「式はしない」のであれば、別途贈り物や御祝を渡せばよいでしょうし、
    「喪があけてからする予定」というのであれば、そのときに渡したらよいかと。。

    式をする予定はなく、婚姻届を出すだけなのがわかっていたとしても、
    やはり別のときの方がいいかと思いますよ。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧