シドニーの物価高に驚きました。何故?

レス7
お気に入り1
トピ主のみ0

いるか

口コミ

以前住んでいたシドニーに13年ぶりに旅行したのですが・・・
東京並み、もしくはそれ以上の物価に驚きました。

私がいたころはペットボトルのジュースも80円くらいだったのに今や300円近く・・・日本の倍ですね。レストランもカジュアルな普通の店でもパスタ一皿1500円とかが普通だし。昔よく行った店に入ったところ、見事に値段が全て倍になってました。何もかも日本より安い、という印象だったのが全く逆になりました。
ブランドショップがたくさんできたのもびっくり。観光客の多さにもびっくり。
そもそもどうして物価があんなにも上昇したのでしょうか?観光客が増えて観光価格になった結果でしょうか。普通のオーストラリア人は生活していけるのでしょうか。オーストラリアのほかの地域も同じなのでしょうか?例えばメルボルンやパースなんかは?
浦島太郎のように驚いてます。どなたかご存知の方、お教えください。
昔を懐かしみにのんびりした旅を、と思ったのですが、急激な様変わりにショックを受けました(楽しかったけど)。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 物価高騰

    その通りですよ〜! シドニーの物価はすごく高いです。 ここ5年ぐらいでシドニーはすごく住み難くなりました。 

    例えば私の大好きなクロワッサンが10年以上前は1個90¢で買えたのに、今は1個$2.10です。 倍以上の価格になっています。 

    物価の上昇だけじゃなく、治安も悪くなっています。 

    大好きなシドニーだけど、引越しを決意しました。 だって自分達の家も買えないし、買ってもローンに追われるだけだし、私達は老後を楽しく過ごせないと感じての決意です。

    ユーザーID:

  • 為替じゃないですか?

    日本円にたいして上がってますよね、豪ドル。
    資源国なので金の値上がりの恩恵も受けてるかも。
    っていうか、円が安すぎるから見た目豪の物価が上がって見えてるのでは。

    ユーザーID:

  • 為替の関係では?

    オーストラリアは好景気なんですよ、ここ数年ずっと。だから物価も上がってるのは確かだと思います。

    あとは、豪ドルが高くなってる(円安)なのも影響してるんじゃないんですかね?
    13年前がどれくらいだったか思い出せませんが、ここ数年は豪ドルは強いですよ。

    ユーザーID:

  • それがデフレと言うものですよ

    それがデフレと言うものです。ここ10年ほど日本ではデフレが進行し貨幣の価値が高まっていきました。これは経済としては異常事態。

    海外では正常にインフレが進んでいたため、貨幣の価値は順調に下がり続けました。結果的に日本よりも物価が高くなっています。

    つまり日本で物の値段が下がり続けている間・・あるいは据え置きになっている間に、海外では物価が上がり続けていたのです。

    その他にここのところの円安の進行もあります。10年前に一ドル80円台だったのが、今では120円台ですからね。

    ユーザーID:

  • 高いです

    パースに住んでいますが、物価上昇すごいです。こちらに住み出した頃は約10年前ですが、マックカフェでアイスコーヒーを学校帰りによく飲んでいましたが、確か$1.50くらいだった記憶があります。今やカフェでお茶するのも、カプチーノ一杯が安くて$3ちょい、マックのセットもSサイズが$5超えたような気がします。
    ガソリンも昔はリッター70セントくらいだったのに、今や$1.20くらい。
    パースは今や不動産バブルの絶頂(少し落ち着いてはきましたが)で、ミディアムサイズの一軒家の平均が45万ドルとのことで、不動産ブームに乗り遅れた我が家は、まったく家を買えない状況です。
    もちろん家賃もすごい上がりようです。

    と、物価上昇はものすごいのに、旦那の給料は相変わらずです。ほんと生活大変です。日本のほうが食べ物も安いし、着るものも安いものあるし、生活し易いと思います。

    確かに海は近いし、きれいだし、自然がいっぱいで、のんびりするんはいいですが、現実問題お金がないと暮らしにくい国だと思います。

    昔は良かったなあ〜(遠い目...)

    ユーザーID:

  • 確かに。。。

    逆の立場にいるシドニー永住者です。1年〜1年半おきに帰国するたびに日本の物価の安さを痛感します。百均ショップであらゆる物を買いだめし、シドニーに送ったり、持って帰って来たりしています。安価で買える物に限らず、食料品やデパート等でしか手に入らないような品質の高い物も断然日本の方が安いです。シドニーの不動産ですが、ごく庶民的なエリアでも3BRの平均的サイズの一軒家ならミリオン(9千数百万円)の大台に乗ることが珍しくありません。

    初めて豪州に来たのが17年前ですが、その頃の円のレートは今よりはるかに弱かったと記憶しています。ということは、日本の物価が下がって行ったのと反対に、豪州の物価が上昇し続けたのではないでしょうか。昔は借金世界一とまで言われた豪州がその債務を帳消しにするような経済的回復をみせ、日本は逆に借金まみれになっているというのも、劇的な変化だと思います。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    皆様ありがとうございます。
    好景気なんですね。オリンピック効果?それだけでこんなになるんでしょうか。
    為替レートのせいで見た目高くなっている、というのも一理あるかもしれませんが、ドルだけで考えてもやはり2倍になってます・・・
    覚えているだけでは、ペットボトル1ドルが今は2ドル50〜3ドルに。
    3ドル程度で買ってた雑誌が5ドル〜6ドルに。
    いきつけの中華ファストフードは健在で、うれしかったのですが5ドルのものが全く同じ状態で9ドルに・・・
    ダーリングハーバーのあたりも次々とあたらしいビル、店が建っててほおおお〜〜全然違う〜〜と思いました。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧