現在と過去のパートナー

レス13
(トピ主0
お気に入り2

恋愛・結婚・離婚

ぷちっこ

時々「一番好きだったのは元彼、でも今の旦那はその彼とは違う安心感があって一緒にいて楽だった。」と言うようなご意見を拝見します。

そうではなく「元彼も旦那様も同じようなタイプで、でも元彼とは縁がなく、今の旦那様と縁があったので結婚した」と言う様な方、いらっしゃいませんか?
今の旦那様への最高時の感情よりも、元彼への最高時の感情の方が大きかった、と言う方です。

来秋、結婚予定なのですが、結婚が現実になって、明らかに元彼への思いの方が大きかった事を実感してしまっています。
今の彼と元彼は似たようなタイプで、元彼にはなかった大きな違いがあると言った事は正直思いつきません。
もちろん今好きなのは今の彼です。
元彼とダメになった時、次は絶対に違うタイプの人と付き合いたいと思ったにも関わらず、好きになったのは似たようなタイプの人でした。
頭で考えたような人にも出会いましたが、好きになる事はできませんでした。

マリッジブルーだよと自分を納得させるも、何かアドバイスいただけたらと思い、よろしくお願い致します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 後悔しています。

    同じく元恋人のほうがとても好きだったのに居心地がいいというだけで結婚しました。
    しかし結婚するとまた更に相手のあらが見えてくるのですよ。「好き」が根本になく相手が当時は学生でしたので私の給料を頼りにしていたり、子供を産んでくれることなどが恋愛期間中は恋をしていた気分で好きが根本にあったものだと思いました。でも今さら気がつきましたが、彼にとっては一番の根本の「条件」が愛情ではなかったのです。愛していたら不妊症の私を責めることはないです。子供というのは目的ではないから。本来相手を好きになり結婚するそれが自然だからと思うのです。
    私は元彼氏ほど好きではなかったのですが(比べてしまいますよね、結婚前ならなおさら)、安心していられるあたたかさだけ。
    そんなものはどんな恋愛にもついている(激しい激しくないは別として)

    その人を愛している。
    それが一番の基礎にないならば考えてみるのもいいかもしれません。

    ユーザーID:

  • 運命の人?

    あんまりもてた経験がないので参考には全くならないと思いますが。現実的な事を言うと結婚ってただ好きなだけではできないものです。その後に自分の家族以上に面倒くさいこと、嫁姑問題、家計の問題その他、結婚前は見えてなかった事が山のように雪のように降り積もります。「自分の」手でそれを解決するつもり、自分で難題を解決する気力、そして何よりも「この人を幸せにる」という強い意志のようなモノがないと多分無理です、相手が誰でも。「相手に幸せにしてもらおう」と思っているうちは最終的に自分も相手も幸せになれないと思います。元の彼と戻れないならなんとかする。今の彼で不満足だったら次の人を探す。自分が主語にならないと幸せは遠ざかります。指輪するのも何を思っても何があっても二人で歩く心づもりの証。雰囲気で結婚するんだったら自分も相手も不幸にしますから止めた方がいいですよ。こればっかりは自力本願でないと道は開けないです。これが結婚の現実です。生意気でごめんね。

    ユーザーID:

  • そうですねぇ…。

    喉元過ぎれば何とやら…ではりませんが、人間、「嫌な事」や「都合の悪い事」は、時間が経てば忘れる傾向にあると思います。

    別の表現で申し上げるならば、「思い出は美化される」と言う事なのですが。

    更に申し上げるならば、その人の目から見える世界が広がれば、「囚われる」事は少なくなっていきます。
    これには、良い面も悪い面もありますが、端的には「近視眼」ではいられない…と言う事かもしれません。
    解りやすく「夢中になれない」と表現しても良いのですが。

    「過去の想い出」は「今がある」から「比較」出来る訳でして、これらを踏まええて申し上げるなら、

    「あの頃は、若(青)かった…」と言う事なのではありませんかね?

    個人的な結論を申し上げるならば「今あるモノ」
    過去に目を奪われて、その本当の価値を見落としていたりなどは、していませんかね?

    「婚約者との未来がどうなるのか?」

    少なくとも、その権利と責任の半分は、貴女が握っています。過去は変わりませんが、未来は貴女が選ぶのですよ?
    振り返ってばかりだと、進む先を見失ってしまう…と、私は想います。

    ユーザーID:

  • 結局

    あなたの人生を受け入れ、あなたと人生を歩み、自分の時間と心を生涯、あなたの為に使ってもいいと考えてくれたのは、元彼ではなく、今彼だったということです。

    いくら似たタイプの人であったとしても、そこまで決心してくれる男か、そうでないかという差は、すごい違いです。今彼以外にいなかったということですよ。

    ユーザーID:

  • 比べることが間違い

    >来秋、結婚予定なのですが、結婚が現実になって、明らかに元彼への思いの方が大きかった事を実感してしまっています。

    >もちろん今好きなのは今の彼です。

    ・・・何だか矛盾していませんか?

    判断の基準が元彼になっているような気がします。

    こんな状態で今の彼と結婚しても「ああ、元彼だったら・・」と思いかねません。

    いっそのこと今の彼と結婚しないことです。

    あなたの中で、元彼が「いい思い出」となるまで他の人と結婚することは危険です。

    結婚は「今好きだから」では成り立たないのです。

    結婚とは、楽しいことも嬉しいことも辛いことも嫌なことも、全てを共有し人生を一緒に歩むことです。

    「この人のためだったら、どんなことをしてもいい」
    くらいの気持ちが無いと。

    昔の彼と比べられてる「彼」が可愛そう・・

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 大方の人がそのようですよ

    良く、二番目に好きになった人と結婚するっていいませんか?

    色んな方の話を聞くと
    「一番好きだった」
    「生涯で一番愛した」人は

    だいたいが
    元カレ
    元カノ らしいです。

    一番好きだった人と結婚している人はかなり少ないでしょ。
    また、一番好きだった人と結婚して幸せになる人ももっと少ないかも。

    得られなかった相手はどんどん美化されるだけ。

    目の前の人を大切にしたほうが幸せですよ。

    ユーザーID:

  • 比べないで

    婚約者と元カレを比べないようにしてください。

    婚約者があなたと元カノを(心の中では)比べていて、”今のあなたと同じ思い”を抱いていたと想像してみてください。
    人は口にしたり、態度にあらわしていることが全てではありません。

    誰とも比べずに、”彼自身”だけを見ていってください。もっと好きだった元カレは現実の世界に現在は存在しないのです。”心(覚悟)を決めたのだから動かさない”ことが今後のあなたの心の幸せへの近道だと思います。

    ユーザーID:

  • 現在に不満があるのでしょうか?

    私は好きになるのは似たタイプの人ばかりです。でも、似ているだけで、全部が同じではないので、比較したことはありません。

    同じようなタイプだとしても、私のことを結婚相手として真剣に考えてくれたのが、今のパートナー。とくに、お互いが重視している点が一致したのが、結婚に踏み切る決め手でした。

    私には、過去と現在を比べて過去の人への思いのほうが強かったという経験がないので、いまひとつトピ主さんの感覚が理解できないのですが、過去と現在を冷静に比較するのって、無理があると思いませんか?

    過去のことは、かなりの部分が「よい思い出」の世界になっているはずで、元彼がトピ主さんの心を傷つけるようなことはもう言いませんよね(会っていないわけですから)。一方、現在のことはむしろ日常の些細な衝突など、直接心に影響を与えがちなので、引っかかる点もいろいろ出てきそう。

    でも、気持ちが固まらないなら、結婚の時期を先延ばししてはどうですか?

    ユーザーID:

  • 縁だと思いますが

    結婚って、縁がなければ難しいものだと感じています。そして、結婚後何かトラブルがあっても、「縁あって結ばれたのだし、ここは頑張ろう」と思えるからこそ、二人で問題の解決に向かって努力していけるのだろうと思っています。

    私は、好きになるのは同じようなタイプの人ばかりだし(でも当然のことながら、「全く同じ」わけではありません)、過去にお付き合いした人は皆素晴らしい人ばかりでした。何年たっても「いい人だったなあ」と懐かしく思い出します。

    でも、主人と比較するのは不可能です。

    主人の場合、どこが素敵などという客観的に説明できる要素以上に(それもたくさんありますが)、「縁あって結婚しようということになった」点で、別次元の人だと思っています。

    過去の人との比較云々よりも、「この人との縁を大切にしたい」という気持ちがあるのかどうか、じっくり考えてみてはどうでしょう。

    ユーザーID:

  • わかる気もするけど・・・

    結局元彼とは結婚に至らなかったかったんですよね。

    私も今の主人が一番安心出来て楽で、もちろん大好きで結婚したけど、たまに旦那がヘリクツ言うと、元彼はそんな事言わなかったのに〜とか、たまに思います。よく思い出したら元彼のほうがわがままだったのに、思い出は美しい?いいとこしか思い出さないんだよね。

    あなたは今彼のどこを結婚の決め手に?
    今彼と結婚したい、ついて行けると思ったので結婚することにしたのでは?
    そんなに好きな元彼と何故別れたの?
    安心できる今彼の良さもよく考えたほうがいいよ。

    ユーザーID:

  • 最高と最低

    >今の旦那様への最高時の感情よりも、元彼への最高時の感情の方が大きかった、と言う方です。

    とは言っても、どんな方も元彼とは結局は破局に至っているわけですよね。最高時は「超ラブラブ・サイコー」でも最低時は「破局」です。

    婚約者とは結婚して、余程の事がない限り一生添い遂げます。破局には至らない(ハズ)です。まあ結婚したら「こんな奴サイテー」と3日に一度は叫んでいるかもしれません(でもそれでいいんです。皆さんそうです。だから小町も賑わうのです)。

    では「最高」と思うことは?

    「最高」を二人で探すのが結婚だと思う。それは「超ラブラブ」とは違うものかもしれません。恋人とではない「夫と二人だから幸せ」と思えることがあるのですよ。だから3日に一度「サイテー」と叫んでも離婚しないで皆さんやっていける。だって結婚の幸せを知ってしまったから。

    トピ主さん達はすべてこれからじゃないですか。
    長い時間をかけて探すんですよ。彼と二人で。

    どうかトピ主の「今」を大切にしてください。

    ユーザーID:

  • う〜ん・・・

    過去は美化される思います。
    元彼は美化されていませんか?
    今彼の欠点を目にしたとたん、元彼は、
    違ったなど・・。今彼さんを大切にしてください。

    ユーザーID:

  • マリッジブルーだよー。

    そんなもんだよー。
    元彼とわかれて、違うタイプを好きなりたかったけど、今のご結婚される彼を”好きになった”んでしょ?好きで縁があって結婚するんでしょ?
    結婚が決まった後、彼が浮気したとか、自分が問題を起こしたとか、そういう事がなく、大騒ぎなくスムーズに結婚式にいどむ女性が感じるマリッジブルーって思うなぁ。
    しあわせなのよー。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧