旅行・国内外の地域情報

昔、小学校に忍者が来た件について

レス18
お気に入り8

ナウスリィ

口コミ

私、現在34歳ですが、地元広島の小学校に通っている時、忍者が来ました。

忍者といっても普通のおじさんで、石を割ったり
忍法?で金縛りをかけたりしてみせました。

確か伊賀の「はくりゅうさい」か、「はくゆうさい」か
そんな名前だったことを記憶しています。

この不思議な人について何か情報をお持ちの方は
いらっしゃらるでしょうか?
(ふと、その時のことを思い出して物凄く気になって
しまったもので…)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数18

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 書かれたのはトピ主さんかも

    検索をかけたら同じことをブログに書いていらっしゃる方がいましたけど、トピ主さんのブログでしょうか。

    もし別人なのでしたら、Googleで
    忍者を見た日。
    と入れて検索してみてください。
    2006年6月25日に書かれてありました。

    ユーザーID:

  • 見た見た!

    見ました、その忍者のおじさん!北海道の小学校にも出張してきましたよ。「伊賀流忍者」と名乗っていたのでうちのクラスにいた伊賀さんが喜んでいました。
    「忍者を見た日。」でぐぐってみたら、同じ内容だったので同一人物なんでしょうね。懐かしいなぁ〜〜

    ユーザーID:

  • 来ましたよ〜

    私も良く覚えています。
    年齢は39歳。四国の小学校の3年生の時のことでした。
    忍者さんが、自分で自分の心臓を止める術をかけたときに、
    選ばれた6年生が確認していましたが、私は自宅に木の音を聴くための
    聴診器を持っていたので、それで確認したい!という衝動にかられました。

    火を大きくしたり、その他様々な術を使っていました。
    外見は、普通の年配のおじさんでした。

    ユーザーID:

  • ウチの学校にも来ました!!私もずっと知りたかった!

    30年ほど前の小学校時代、九州です。
    ある土曜日の全校集会で体育館に集まったときに、
    50代後半〜60代くらいの白髪の恰幅のよい男性が
    「私は忍者です」と言って、いろいろなワザを見せてくれました。

    見たものを一瞬で記憶して、それを再現するワザ

    生徒数人を選び、彼らをステージで走らせ、「エイッ!」か「ハッ!」か
    忘れましたが気合いをいれると、その場で生徒たちの足が棒のようになって動かなくなりました。足がカチカチになってて…。

    催眠術みたいなものをかけて、男子生徒一人の意識を失わせ、100センチほどの高さの台の上に寝かせました。
    足もとと頭の部分だけを支える形で。で、彼の腹の上に他の生徒を何人か座らせたのです!彼の体がポキッと折れるんじゃないか?とヒヤヒヤしましたが、彼の体は硬く硬直したまま。催眠をとかれるまで棒状態でした。

    先生たちはいたって真剣そのものでしたよ。
    有名進学校だったし、冗談で生徒をだますような雰囲気はみじんもありませんでした。

    ユーザーID:

  • 忍者が来た

    私の小学校にも来ました。たしか伊賀白竜斎ナントカという普通の背広を着たおじさんでしたが、石を割ったり、時計を触らずに針を動かして時間を変えたり、後ろから人(小学生を壇上に上がらせて)を操ったりした記憶があります。マジックでは無いような感じでした。いまでも不思議に思っています。そのあと2年くらいしてテレビにも出ていた記憶があります。
    その後どうされているのか、また他にも見られた方がいればお聞きしたいです。

    ユーザーID:

  • 目撃者その3

    私も見ました。なんと熊本県の山奥の小学校で・・・
    いまから約30年前に現れました。
    やってることも体つきも記憶どおりです。
    こうなると忍者の正体が知りたいですね。

    しかし、九州、広島、北海道とは全国ツアーだったのかな〜

    なんか修行で来たといっていたような気がする。
    山奥なんでそのまま納得していました。

    ユーザーID:

  • わたしのばあいは・・・

    35歳です。私が見たのは愛媛の小学校で5年生の時、体育館で全校生徒(おそらく1200人ぐらい)が見ました。その人のことは名前も素性も覚えていませんが、ふつうの格好(スーツ?)のふつうのおっさんでした。

    覚えている技は、生徒を一列に歩かせて、「えい!」とやると足の裏が床にくっついて歩けなくなったり、生徒を一列に並ばせておっさんが腕をゆら〜とやると、その方向へみんな倒れたり、おっさんの親指と人差し指にひもをかけて両方から引っ張っても指が離れなかったりみたいなことです。それでおっさんは技をやる度、「やればできるっ!」と叫ぶのです。

    大人になって、「気」を取り上げた番組なんかを見ると、そのおっさんを思い出します。あれは夢だったんじゃないか?と思うこともありましたが、このトピで現実だと
    再確認しました。

    余談ですが、後日、見物代として200円小学校から徴収された様な気がします。子供心に「何で強制的に見させられて、金取られるわけ?」と感じましたが、もちろん払いました。おっさんはあのショーで24万ほどのみいりがあったことになりますね。そういう商売だったのかなー?

    ユーザーID:

  • 私もー

    驚きの喜びで読ませていただきました。
    30代前半の者です。私も忍者が小学校に来ました。広島の片田舎です。
    同じ学校に通っていた弟とこの年始に「すごかったけど、あの人はいったい何者だったんだろうね」と話をしたとこです。
    他の学校にも出没していたとは!!
    催眠をつかっていたのではと想像しますが、小学生の私には衝撃的でした。もう一度みてみたいなぁ。
    他にもご覧になった方、お話を聞かせてください。

    ユーザーID:

  • 懐かしい。

    このトピを読んで思い出しました。
    私が通っていた小学校にも来ました。
    私は広島の北部出身で40代前半です。
    この忍者の名前は忘れましたが、
    あまり背が高くなく、ガッシリ(小太りだったかも)した
    おじさんだった記憶があります。
    昔、自分の事が載っていた雑誌を見せたり、
    素手で石を割ったり、児童の中から一人選んで催眠術?をかけたりしていました。


    ユーザーID:1637059536

  • 息子さん?

    昔、30年くらい前ですが「俺は本当は忍者なんだ」と言ってる知人が居ました。靴屋さんの店員さんなんですが、本業は忍者なんだそうです。
    先祖代々忍者で「夜は布団で寝たことなんかないよ。鴨居に足の指引っ掛けてねるからね」とかケムにまいていました。
    当時その人はまだ若いお兄さんだったんですが、その人のお父様は現役の忍者でテレビとかによく出ていました。皆さんのお話を聞くにつれその忍者の人は靴屋のお兄さんのお父様かもしれない、と思いました。

    ユーザーID:3680205766

  • 私も見ましたよ

    私は37歳ですが、やはり小学校4年生くらいのときに忍者のおじさんが学校に来ました。
    北海道の、しかも相当な片田舎ですが、全校集会というか特別鑑賞会みたいな時間に忍者をよんでそのワザを披露してもらったのを記憶しています。
    みなさんのレス同様に、背広を着た普通のおじさんが時計を触らずに針を動かして時間を変えたり、心臓を止めたり、催眠をかけて体を硬直させ、その上に子供を座らせたり・・・
    学校の先生方も本当に驚いていました。
    こうしてみなさんのレスを見る限り、全国行脚されていたんですね。年代も同じようですし・・・
    とても懐かしく思い出しました。

    ユーザーID:5144838945

  • 「やればできる!まねをしない!」

    私(36歳)と妹が通った小学校では、石を素手で割った後に、タイトルのような雄叫びをあげていました。家に帰ってから「言ってることに無理があるね」と兄妹で語り合ったのを覚えています。名前は「忍者白雲斎」さんでした。

    ユーザーID:6286333994

  • 来ました

    昭和40年代前半に九州の小学校にも来ました。
    ふつうの50歳ぐらいのおじさんが、30センチ大の石を手刀で真っ二つに切ったり、壇上に上がった子供5人に気合をかけて、足が床に着いて一歩も動けなくなりました。 3歳年下の妻(同じ市内の別の小学校)に聞いたら、全然聞いた事がないと言ってました。 

    ユーザーID:2307434692

  • 私も見た

    私の現在37歳です。小学生の時、体育館で見ました。
    あのころ、一年に一度くらい、鑑賞会というものがありました。
    忍者が来たのは、そのなかの一回でした。
    なんか、特徴的な声で「忍者、ハクリュウサイ」とかいう
    物真似がクラスで流行りました。
    懐かしい、思い出しもできないような記憶を、よみがえらせてくれて
    トピ主さんありがとう。
    あの忍者が何者だったか、今も私、分かりませんが。

    ユーザーID:5009021042

  • 北海道で見ました

    このトピを見て私も思い出しました。トピ主さん、どうもありがとう!
    2?年前、佐呂間の小学校に通っていたころ体育館で見ました。
    皆さんが見た忍者さんと同一人物かも…
    特徴は、
    ・中年男性
    ・口癖は「やればーできるっ!」
    ・手で石を割っていた
    ・一瞬で黒板にかかれているものを覚える記憶術を披露
    ・内臓の位置を変えて?縄抜けみたいなことをやっていたような(うろおぼえ)

    見る前は「なんで忍者なんか見なくちゃいけないの?」というウサン臭さを子供ながらに感じましたが、
    見た後は「時代劇でしか見たことことがない忍者が本当にいたんだ!」と感動してしまいました。
    今思えば奇妙で貴重な体験でした。

    ユーザーID:2460152538

  • 全く同じです!

    ビックリしました。私とまったく同じ経験です。

    当方も現在34歳。広島県山県郡の小学校でした。
    「石を割った」「金縛り」全く同じ記憶です。

    これ、知らない人に話しても、絶対信じてもらえないんですよね…

    同じ経験の方がいて嬉しいです。

    ユーザーID:4482414409

  • 25年ほど前に忍者が来ました

    現在33歳です。私も子供の頃からずっと気になっていました。小学校の3年生くらいの頃、高知県の小学校に伊賀の忍者がやってきて、いろいろな忍術を見せてくれました。60歳前後のおじさんでした。全校生徒が体育館が運動場に集まって忍術を見た記憶があります。記憶に残っているのは、おじさんの内臓を宇宙においてくるとか言って、突然おじさんのお腹が細くなってズボンがぶかぶかになって両手で支えていました。それから、宇宙から内臓を取り戻すとか言って掛け声をかけると、おじさんのお腹は元通り大きくなりました。もう一つは、生徒を何人か集めて横一列に並ばせて、おじさんが掛け声をかけると、みんなが一斉に左や右に傾いてキープ、といった術でした。この時、私も選ばれたくて手を挙げましたが、女の子は危ないからダメだと断られた記憶があります。

    ユーザーID:2789897616

  • 精神一到何事かならざらん。

    私の中学校(宮崎)にも来ました。今、43ですから、ここに投稿している方と同じ時期ですね。中学生でしたから、かなりはっきりと覚えています。名前は確か白雲斎、伊賀忍者だといってました。かなり太った方でした。

    あれじゃ、早く走れない忍者だと馬鹿にしてましたが、パフォーマンスは凄いものでした。彼がパフォーマンスで強調していたのは、これは奇術ではなく、誰でも訓練すれば、このくらい出来るようになると。。。
    それを君たちに見せたいと言っていました。パフォーマンスの後に必ず、精神一到何事かならざらん、と叫んでいました。精神を集中させれば、不可能なことと思えても訓練で達成できるといってましたね。いろんなパフォーマンスを見せましたが、やはり歩いている人をエイと叫んで金縛りにするのが衝撃的でした。

    今思うと、催眠術ですね。当時サッカーをやってたので、あの技術を学んで県大会に出たいなとチームメートと半分真剣に思ったものです。黒板に書かれた数字を瞬時に覚えるのは、目に太陽の残像を残すように、一瞬にして、風景を焼き付ける訓練をすれば、誰でも出来るようになると言ってました。懐かしいですね。あの方はどうなったんでしょうね。

    ユーザーID:1139440640

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧