接客業のコツ

レス15
(トピ主0
お気に入り3

キャリア・職場

お殿様

 明日から新しい職場で働くことなりました。化粧品雑貨などの販売です。
 接客業は結構長いのですが、感情のコントロールが難しいです。

 え?と思うお客さんや自分勝手なお客さんに対してもスマートに対応したいと思っても、顔に出てしまうんです。あー、今引きつってるかな、かっと顔が熱くなってるな、と自分で思います。指摘はされませんが。

 お金をもらっているプロだから、とか仕事だから当たり前とか見聞きしますが、そんな簡単に割り切れません。根暗で根に持つ性格なので余計です。

 短気だけど、接客するときこうしてる、こんな風に思うと良いよ、こうすると気持ちが楽になるよ、などの実用的なコツはありますか?

 私が短気で自己中なので、自分でもそう自覚している人で接客業をしている方の意見が聞けるとうれしいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の場合は・・・

    逆ギレされたり理不尽な怒りをぶつけられると、
    店員だって同じ人間です。腹も立ちます。
    そんな時は、あぁこの人はかわいそうな人なんだ、と
    こちらが上から目線になって、逆に優しく・丁寧に対応するように心がけてます。

    すごく嫌なお客さんでも、店員が凛と接客していれば、自分が惨めなことに気づくのか、ちゃんと冷静になってくれるものです。
    お互い頑張りましょう

    ユーザーID:

  • そうね〜顔では、にこにこと声は、大きくね!

    接客業の初勤務おめでとう御座います。
    確かに、接客は、人に気を使いますよね。お客様には、10人10色だし、人によっての使い分けは、確かに厳しいですよね!お気持ちお察しします・・・

    そうですね!まずは、肩肘を張らず自然な笑顔で、声は大きく何度もお辞儀をすること(中でも、嫌なお客様も大きな声で、ありがとうございました〜と言われれば嫌な気がしないはずですよ)

    指摘されないだけ貴方の接客は最高のはずですから自信を持って下さいね。

    ユーザーID:

  • まず、相手の行っていることを受け止める

    看護師をしています。

    もう、ご存知かもしれませんが、コミュニケーションの技術として、まず、相手の言っていることを受け止めることが大切です。

    「何だよ!」ってことを言い出す患者さんもいらっしゃいますが、こちらがいきなり「でも、」と話を始めるのはよくありません。相手にすると、自分の言ったことを初っ端から否定されることになるからです。

    まず、「はい。そうですか、○○と思っていらっしゃるんですね。○○ですか。はぁはぁ。」と相手の言い分をこちらがよく理解したことを伝えます。(この時の表情とか態度が大切!)

    そうしてから、「お気持ちは分かりますが、これこれこうなんですよ〜。」と伝えるようにしています。

    とにかく相手を否定しないことですかね。
    態度や表情は自分で気をつけるしかないと思います。

    ユーザーID:

  • 女優になる

    自分で自分自身を演じる。
    理不尽な要求に耐えて成長する演技をしている
    自分に酔う。

    ユーザーID:

  • 女優になること!

    4年間、百貨店化粧品勤務しておりました。

    本当にいろんな人が来ますよね・・・
    同じ人間だと思われてないんじゃないかと何度も思いました。
    タイトル通り女優になることです。
    本当の自分だったら、絶対怒ってる!と思っても
    女優さんのように成りきる!!謝る!頭下げる!
    これしかありません。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 私の場合

    私も短気で「接客業にはむいてないな」と思うことが多いのですが、こう考えるようにしてから気が楽になりました。(ただあまり大きな声では言えない方法ですが…。)
    明らかに常識のないお客さん、また本当に自分勝手だなと感じるお客さんを相手にする時は、「私は今この間だけこの人と関われば済むけれど、世の中にはこの人と一緒に仕事をしたり、近所に住んだり、お義父さんお義母さんと呼ばなきゃいけない人もいるんだよなあ」と考えるのです。
    その方々には大変申し訳ないですが、私自身はあまり腹が立たなくなりました。いかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 給料貰って、武者修行

    以前、接客の仕事をしていました。予想もしていないような、とんでもなく腹立たしい事を言う人っていますよね。
    だけど、自分で短気と分かっておられるようだし、いやな客に遭遇したときは「きたきた〜〜!やな奴来たぞ〜」と、挑めばいいと思います。
    もちろん、言い返したり、言い負かそうなどと思ってはいけません。
    他の方のアドバイスにもあったとおり、まず相手の言い分を聞く事って大事です。
    好きなだけ言わせて、それから臨機応変に。
    目が怒っていても、口角を上げて(笑)
    そんないやな人が、身内や姑じゃなくて良かったと思うと、腹も立たなくなってきますし、そういういやな客こそが、あなたを成長させてくれるのです。
    お客は友人ではありません。
    いい人ばかりだと、つまんないですよ。
    変な人に対応できればできるほど、たいがいの事では腹も立たなくなってきますよ。

    ユーザーID:

  • マイナスをプラスに転じる方法をストック

    数年前の話です。定番の口紅がなくなったので探しに行くと、化粧品売り場のお姉さんが「流行の新色です。CMでXXさんも使っていますよ」と薦めてくれました。
    けれど私が使うと今ひとつ輪郭がボケてパッとしない。すると彼女は言いました「XXさんは肌がつややかで若いから、お客様には無理だったかも」
    私は無言で口紅をふき取り、その場を歩み去りました。

    確かに私はCMのモデルさんほど美しくはないですが、そんな風にこき下ろされると購買意欲は消し飛びます。
    トピ主さんは流行の色が合わないお客様に遭遇しても、ちゃんと似合う色を提案できる人になってくださいね。

    ユーザーID:

  • 接客業は難しい・・・

    私も百貨店で販売していました。
    いろんなお客様の相手をするのは気疲れも多く、表情に出なくてもささいな一言が命取りになり、お客様相談室に上司と共に呼び出され謝る事も過去に経験しております。この時ほど「接客業は難しいなぁ」と痛感しました。

    その件以降私が心掛けていたのは「逆の立場(自分がお客様)になった時、こんな接客はうれしい・こんな接客は気分が悪い」という意識を持って、日々販売に励んでいました。

    急に意識を持つ事は出来ませんので、自分が買い物に行った時には販売員の接客態度を観察し、良い点は取り入れ悪い点は自分も気を付けよう!と少しづつ勉強していました。

    すぐには出来ないと思いますが、少しずつ意識改革するのはいかがですか?

    と偉そうに言ってる実は私も「究極の気短者」で、嫌な客が来た時や上司と意見が衝突した時などは、休憩時間によくバックヤードのごみ捨て場に置いてあった不要ダンボールを、蹴り散らかしてストレス発散していましたよ。後片付けはちゃんとしていましたが・・・。

    ユーザーID:8915545077

  • こう思って接客していました。

     学生時代〜35歳までずーっと受付(接客)業をしていました。

     私がその際に心がけていたのは「常に相手の立場になって考える事。」「私にとってこのお客様は1/1万人だけど、このお客様にとってはたった1回だけの出会いなんだ」って思って接客していました。

     だから常に私にとっても初接客のお客様、という気持ちで接していました。

     それでもムカつく時はトイレへ行って鏡を見て「よし!大丈夫!」と槇原さんなみに自分を励ましていましたよ。

    ユーザーID:4282861950

  • 私も販売員でした。

    初めまして。
    ずっと以前ですが、ある百貨店で販売員をしていました。大学を卒業してすぐのことです。
    当時社会経験もなく、失敗は数知れず・・
    婦人服のコーナーでした。
    あるオジサンが奥さんのジャケットを購入され
    裏に英語でネームを入れて欲しいとのこと。
    私は、はい承知しました、と言いながら
    所定の用紙に書こうとしました。
    すると、そのオジサンは、パッと私のペンをとり、あ、オレが書く、こんなデパートの店員には英語は解からないだろうから・・と。
    私は英語とフランス語が解かります。専門でしたので。ま、文学部ですけどね。
    でも、ありがとうございます、と言って
    ニッコリ笑ってお願いしました。
    奥さんもふんぞり返っておられました。(笑)
    私はいろいろな人がいるのだなと妙に感心しました。
    トピ主さん、偉そうにしている人はかわいいものですよ。自分の滑稽な姿が見えてないですから。
    私は、それより、もの凄い人なのに控え目で心の中を爪の先ほども見せないにこやかな人の方が怖いです。

    ユーザーID:3143268980

  • 私も販売員をしてました、続きです。

    続きを書こうとしましたが、ハンドルネーム
    忘れました。今さっきのことなのに。。涙。
    たぶんこれだったと思います。

    今、若者の間に見下し症候群なるものがあるそうです。新聞の受け売りです。
    根拠もなく、自分の周りにいる人たちが
    バカに見えて仕様がないというものです。

    自分は何もできないにもかかわらずです。
    ベッドに寝たままでも、ああオレは天才だと思えるらしいです。
    ですから、これから偉そうにした人たちがいっぱいになることも考えられます。

    いちいち相手にしていたらキリがありません。

    が、接客業は自分を育てるにはとてもいいお仕事ですよ。
    気が付くと大人に成長できています。

    会社にいる間にスキルを磨いてください。
    お給料をもらって勉強もできるチャンスです。

    トピ主さん、ガンバ〜〜♪

    ユーザーID:3143268980

  • ゲーム感覚で

    私は接客業を学ぶために週末ウェイトレスを始めました。

    ホント、色々な客がいますよー。市内では高級の部類にはいるレストランですが最初に想像していた品の良い教養のある客ばっかりでは決してありません。若者が集団で来てほとんど注文もせずに居座るとか、威張りんぼのオジサンとか、何をしても文句ばかりの人とか。

    でも扱いの難しそうな人が来たら逆に目標を設定してやる気を感じちゃうことにしています。私はそういう客が席に着くと「よし、食事が終わって席を立つ頃には絶対に笑顔にさせてみせるぞ!」って心の中に誓います。

    だから客のタイプをあれこれ分析して効果的ストラテジーを組んであの手この手で満足させようと試みます。相手が無理難題を言おうが要求が多かろうが私にとっては目的達成までに投げかけられる挑戦です。

    いくら頑張っても決して満足しない客っていうのは世の中いますよね。でも驚くほど態度が変わる人っていうはもっと多いです。いやな客を相手にするというのではなくて、単に自分のコミュニケーション能力を試し磨いていく良い道具だと思うのはどうでしょうか?

    ユーザーID:2062479430

  • 接客

    私も接客業をしています。
    「この人がお客さんになってくれるから私のお給料がでるんだ・・・。」と感謝の気持ちをもって接するようにしています。

    あとは、嫌なお客さんのことはすっぱり忘れて、いいお客さんの事を覚えておく。
    これが精神的にもいいようです。

    ユーザーID:8416262173

  • 心にシャッターを降ろす

    トピ主さんは短期で自己中だとおっしゃいますが、お客様からの反応を心できちんと消化しようとなさる、心の優しい方なんだと思います。

    私も接客歴は長いです。 15年を超えました。 そんな私が自分の心を守るために身につけた接客の技は、相手が理不尽な事を言い出したと思った瞬間に私の心のシャッターをサーっと降ろす事です。

    相手に心を沿わせる事もなく、相手の痛みや気持ちを理解しようとする事もありませんが、それだけに自分の心を傷つけられる事もありません。 私の生身の心は鉄のシャッターで守られ、お客様とのやり取りはシャッターの表側のみで行います。

    シャッターの表はそれこそプロの技でお客様の気持ちを理解しようとしているという最高の演技をします。 その中で自分の出来る、するべき最高の仕事をするのです。 これでほとんどの場合は自分の心を売る事もなく、お客様とのトラブルも処置できます。

    冷たいと言われるかもしれません。 本当の接客業じゃないとも言われるかもしれません。 でも、接客業とはボランティアではないのです。 心無い相手にいちいち心を沿わせていては自分の心が滅入ってしまいます。

    ユーザーID:5574637091

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧