癌ステージ3について

レス7
(トピ主0
お気に入り7

心や体の悩み

恋と黎のママ

皆様こんにちは。今私の父は食道癌で病院へ入院し、放射線治療と抗がん剤を終え来月の手術に向け、腫瘍がどのくらい小さくなったかという経過待ちです。
先日お医者様と話したところ、食道がんでも
父の場合は深刻なところまできているらしく、
すぐに手術ができず、(腫瘍が大きすぎ、他の器官にも摘出時に危険を伴うとのことで)腫瘍を小さくしてから手術となりました。しかし、転移の可能性も少なくはない、切開してからわかるとのことでした。
そこで、お聞きしたいのが、皆様のご親戚などで、
同じ食道癌で危険だったが、今は元気になった、と言う方のお話が聞けたら・・・と思っております。
よろしくおねがいします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ご心配ですね

    もう20年前ですが、母が食道頸部癌で手術しました。ステージはわかりませんが、発見当時腫瘍の大きさは6センチにでした。検査だけのつもりが、そのまま入院し、1年間入院していました。

    当初はなるべく他の臓器は温存する予定で、食道の病巣だけを切除して、コバルトをかけたのですが、縫合部分がうまくつながらなかったり、癌細胞が残ったりで、何度も手術を繰り返した末、声帯を含めて気官を切除しました。

    度重なる手術、声を失う悲しみ、闘病はとても辛いものでしたが、幸い生命を取りとめ、また術後の回復も目覚しく、話が出来ないことを除けば以前と変わらぬ生活ができるようになりました。肉声は失いましたが、訓練によって、器具を用いた発声が出来るようになり、意思疎通も可能でした。

    術後15年で、皮膚を使って再生した気官が狭窄してしまい落命しましたが、早めに兆候に気づいていれば、まだまだ長生きできたと思います。

    ご心配でしょうが、どうぞ希望を失わず、お父様を支えて差し上げてくださいね。

    ユーザーID:

  • 頑張ってくださいね

    お父様の事、ご心配ですね。
    私の父は61歳の時に食道癌の手術をしました。もう11年前のことです。「ステージ」を具体的にお医者様から聞いた記憶はないのですが、大学病院に初めて行ったときに「なんでこんなになるまで来なかったのか」と言われたくらいなので、初期ではなかったはずです。

    手術前に抗がん剤の投与を2クール受けました。外科手術は8時間以上の手術で、食道の病変をとり、小腸を移植して胃とともに食道の替わりにしたようです。頚部リンパ節も取りました。

    父は今72歳です。お酒も飲みます。急がなければなんでも食べられます。ゴルフもします。

    父の症例は先生がその後学会で発表したほどの好成績だったようですが、改めてHPなど見てみると、食道癌は当時よりも格段に治療の予後がよくなっているようです。

    お父様の生命力とお医者様を信じて頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • がんばって下さい

    私も父が一昨年の12月に食道がんの手術をしました。
    がんステージは2でしたけれど、13時間に及ぶ手術でした。
    食道を全摘出して胃を持ち上げています。
    リンパにも転移していましてので、取れるものはすべて取り除いています。
    その後、ICUに2週間、退院したのは術後50日後でした。

    父が退院したのはちょうど1年前になります。最初は病室から駐車場までも歩けないほど弱っていましたが、昨年の10月にはハワイ旅行に行けるほど元気に過ごしております。
    食道を取ってしまうと、飲み込むということが大変難しくなるため、思うように食事が取れず痩せてはしまっていますが、今は調子も良さそうです。
    現在は抗がん剤を毎食後に服用しています。診察は月に一度の頻度です。

    父の主治医からは、入院中は毎日家族が顔を見せるように言われました。死を身近に感じている患者にとってはどんな薬よりも家族がそばにいることが一番効くらしいです。

    お父様の手術、無事に終えられますことをお祈り申し上げます。

    ユーザーID:4797259437

  • 私の父も

    私の父も2年前の5月に食道ガンであることがわかりました。たしか、ステージは4に近い3。

    はじめに検査をした病院では手の施しようがないとのことで緩和ケアを勧められましたが、私が納得できず、セカンドオピニオンとしてガンの治療で有名な病院にかかりました。

    その病院では、「手術はできない(それほどひどい)けれど抗がん剤と放射線の治療で予後が良い」と言われ、4ヶ月間の治療を行いました。
    その治療の結果、父のガン(腹部リンパ節に転移していたガンも)は消え、今は定期検査を受けるために病院に行くくらいです。

    振り返ってみると、私が父の治療中に一番大変だったことは、「いつ死ぬかわからない」と考えている父と接する精神的な辛さでした。

    トピ主さんもさぞかし精神的にお辛い事と思いますが、どうぞご自分のお身体もご自愛しながら、この状況を乗り越えられますよう、陰ながらお祈りしております。

    ユーザーID:7603837777

  • 私の祖父も・・・

    もう、20年ほど前になると思いますが、私の祖父も食道がんの手術をしました。手術のあと、傷がつきにくく気管切開をしたりしてようやく退院しました。手術のあと8年ほど生きました。がんが直接の死因ではなかったのですが、幼い私でも大手術を頑張ったんだなー、と思ったものでした。その10年ほどたった私は看護師になっていましたが、食道がんの手術をしている患者さんをみて、放射線と抗がん剤の治療が順調に進んでいるのであれば、その後手術をしてもしなくても同じ生存率ならば、手術はしなくてもいいのではないかな〜、と思ってしまいます。たしか読売新聞の医療ルネッサンスにもそんな記事が数年前に載っていた気がしました・・・。よく担当の先生とお話をして、よりよい選択ができるとよいですね。

    ユーザーID:8288988947

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 皆様ありがとうございます。

    皆様励ましのレスをありがとうございます。来週やっと父の手術日が決まり、
    今週末担当医のお医者様とお話に行きます。今回の手術は大体10時間ほどになるとの
    事で、無事に腫瘍が全部摘出でき、成功できることを願いがんばってもらいたいと思います。皆様も本当に大変な思いをしてきて(サポートなど)、ここまで来られたんだな
    と思うと私も勇気付けられました。また経過がよければこちらの方にご連絡させていただきます。ありがとうございました。

    ユーザーID:3505062513

  • ステージ4でした。

     ご心配ですね。うちの主人(現在57歳)は6年前に右喉のリンパに癌が見つかり、数週間の検査の結果やっと喉頭部に原発の癌が発見されました。まず放射線治療をして、数ヶ月後に手術(7〜8時間)を受けました。声を失うこともなく(さすがにカラオケはできなくなりましたが)今ではすっかり元気です。
     最近になって、実はステージ4だったとドクターが話してくれたそうです。当時は腫瘍が大きいせいですぐ手術ができなかったことなど知らず、なぜ手術をすぐしてくれないのかとイライラしたり、疑問に思ったり、不安を感じたりの毎日でしたが、今ではよい先生に出会えてよかったと思っています。
     お父様の手術の成功を祈っています。

    ユーザーID:1896672016

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧