料理教室について教えて下さい

レス36
(トピ主4
お気に入り11

男性から発信するトピ

まさちゃん

50代男性です。

料理教室について教えて下さい。
料理教室では「基礎」についてどのようなことを教えてくれるのでしょうか?
私は所謂割烹料亭の板前になる人が修行中に教わるであろうこと、例えば
1)鍋の洗い方,保管方法
2)まな板の使い方,後始末方法
3)包丁の基本的使い方
等々とかも教わりたいと考えているのですが、そのようなことも教えてくれますでしょうか?

妻が指の腱鞘炎になり料理を作るのが大変になってしまいました。
平日は無理なのですが、せめて休日ぐらいは私が料理を作りたいと考えております。

以前より退職したら主夫になるつもりでした。
炊事に関しては退職前に料理教室に通い基礎を学びたいと考えておりました。
「ビーフストロガノフ」を作りたい訳ではないので複雑,高級な料理の作り方より、そのような内容を学びたいのですが、料理教室ではそのようなことを学べるのか教えて下さい。

ユーザーID:9803303938

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 楽しいですよ

    奥様思いの旦那様で素晴らしいですね。実は父も定年退職後まずしたことがお料理教室通いでした。ベターホーム協会(検索してみてください)が家庭料理を長年安価で普及してきた実績もあり男性のみの基礎からのコースも充実しています。お米の研ぎ方から教えてくれます。父は余程楽しかったらしくて介護で中断するまで3年通い、友人も作りました。私も父の勧めでその後習うようになりました。体験教室もありますので問い合わせてみてはいかがでしょうか。10年後母が何ヶ月も入院した際も父は家のことが一通りできますので安心でしたし、母をいたわる姿を見て、私と姉も孫達も改めて父を見直しました。頑張ってください!

    ユーザーID:6501703496

  • 私の夫(55歳)も料理教室に参加しています。

     行政が開催している「男の料理教室」で、費用は実費だけです。トピ主さんが挙げられた1)2)は、料理のプロセスとして、講師や助手の手際を見て覚えるか、個人的に質問する方が良いと思います。3)は、夫のテキストに入っていました。その他、ダシの取り方や味噌汁、おからや煮つけなどシンプルな料理と併せ、良い調味料を使うこと、薄口と濃口醤油の違いなど、食が健康や体型を表し、生きることに繋がっていることを学んでいるようです。
     私は、43歳で、フード系のスクールに通ったり仕事もし、お料理大好きです。また、マクロビオテックやローフード、精進料理、薬膳なども取り入れ、素材もオーガニックから自然農法の物に拘ってきたのですが、夫がようやくそのことに気づいてくれて嬉しいです。また、夫が長身の体を曲げ一生懸命、お料理を作ってくれる姿は愛おしく、私も手放しで「美味しい!」と言っています(笑)
     クッキングスクールなら体験があるところも多いので、そこから選んでも良いと思います。また、同じ受講時間。試食の時間や後片付けの合間、講師や助手になんでも質問されれば良いと思います。

    ユーザーID:7908956296

  • 大丈夫ですよ

    「手厳しい」方もいらっしゃいますが、料理教室は「料理ができない人」を教えるところ。
    コースによってレベルがありますので、「基礎」や「基本」とつくコースを選んでください。

    私もベターホームですが、男性専用コースもあります。
    包丁の扱い方はもちろん、食材の保存方法も、中華鍋の場合はどうやって洗って、その後は…と1つ1つ指導してくれます。
    個人的に質問しても教えてくれます。

    翌月の授業で「前回の授業の復習を家でしたのですがここが上手く行かなくて」と相談すればアドバイスをしてもらえて勉強になります。
    普通のコースで男性と同じ班になったことがあるのですが、みなさんベテランで逆に教わってしまいました。

    確かにこんなこと親から教わるのが本当かもしれませんが、我が家はそういう団欒を持つ事ができませんでした。
    「お母さん教えて」とやりとりできる家庭が羨ましいです。

    ユーザーID:0658349953

  • 私もベターホームをおススメします!

    奥様をいたわるとても優しい旦那様ですね。
    私はまだ独身ですが、こんな素敵な旦那様がいたら
    涙がでてきちゃうくらい嬉しいです。

    本題ですが、私も以前ベターホームの基礎料理を
    習っていたことがあります。
    料理の基礎に加え、トピ主さんのご質問にもあるような
    調理器具の扱いについてもとても丁寧に教えてくださいます。
    また、男性のみのコースもあり、若い方からご年輩の方まで
    幅広く人気があるようです。ぜひ検索なさってみてください。

    ユーザーID:9280999706

  • ベターホームに通っています

    先生は皆、親切です。質問があれば聞ける雰囲気です。1〜3のことは、先生に聞かれてはどうでしょう。

    ユーザーID:2223021486

  • 男性から発信するトピランキング

    一覧
  • 素晴らしい!

    素晴らしいご主人だと思います、応援いたします。

    私も皆さん同様、ベターホームがおすすめです。
    私も4教室ほど通っていました。

    あれほど基礎から学べて、ちょっとしたテーブルマナー、食材豆知識、調理の常識まで教えて頂ける料理教室は他にないと思います。しかも受講料が良心的。

    派手に宣伝をする料理教室も増えてきていますがいいかげんな所もあるんですよ。大学新卒で採用した若い人を講師に仕立て、やたらノルマを課したり・・(友人が経験しました)。

    ベターホームは講師の方が一流です。とても厳しい試験が何度もあり、それで初めて教室を任されるそうですよ。男性はやる気のある方が多いので、歓迎されると思いますよ。頑張って下さいね。

    ユーザーID:1846942769

  • 私の料理教室体験

    結婚前に、「辻クッキング(http://www.tec-tsuji.com/cooking/class-w/wb2-kiso-nyumon.html)」に通いました。ある程度基本的なことはできたのですが、自分の知っていることが、本当にキチンとしたことなのか疑問に思って入りました。
    驚いたのは60歳前後の男性が多いことでした。最近は定年離婚を防ぐためにこの年齢の男性が料理教室に行くのが流行っているそうです。料理教室で知り合った男性同士が仲良くなって、一緒に通っている姿はとても楽しそうでしたし、オジサン達とチームになると、とっても面白かったです
    他にも、カルチャースクールで「男の料理基礎」みたいなのがあるみたいですよ。(http://www.asahi-culture.co.jp/cgi-bin/lecturetable.cgi?mode=info&id=524
    「男 料理 カルチャー 料理教室」などの単語を適当に組み合わせて検索すると出てくると思います

    ユーザーID:7578664414

  • 楽しいと思いますよ

    男性のためのお料理教室はかなりの人気だと聞いたことがあります。皆さんお勧めのベターホームのお教室は友人が通っていましたが、包丁の持ち方から習ったとのこと。
    主婦暦の長い私ですが、機会があれば正しい包丁の使い方(研ぎ方、選び方なども)なんて習ってみたいです。

    ユーザーID:8880103169

  • 応援します!

    奥様の為に料理を作ろうとしている旦那様は素晴らしいですね。私は書き込みを拝見して、素敵なご夫婦と感じました。

    さて下記質問ですが、

    Q料理教室では「基礎」を教えてくれる?
      ⇒料理教室にもよると思います。
       初心者向けの所に行けばよいかと。
       鍋の洗い方,包丁の基本等、普通に先生に質問すれば、答えてくれるでしょう。
       ※勿論奥様に質問しても答えてくれる…とも思いますが…?


    Q普通の家庭料理を学びたい
       ⇒勿論普通の家庭料理を教える教室もあります。

    とぴ主さんが何処にお住まいか解りませんが、
    東京ガスで行っている料理教室はシッカリしてますし、値段もお手ごろで宜しいかと。
    また「男の料理コース」等もあり、男性同士で料理を楽しむコースも設けられています。、「だしの取り方」「野菜の切り方」など、基本から指導しています

       ⇒http://www.home.tokyo-gas.co.jp/cooking/


    しかし料理は「愛情」です。
    奥様に料理を…との事なので、何より美味しい料理を作れるかと思います。頑張って下さい。

    ユーザーID:6518534535

  • 奥深い。

    1)鍋の洗い方,保管方法
    2)まな板の使い方,後始末方法
    3)包丁の基本的使い方
    上記を私は調理師専門学校に入って初めの頃に教わりました。意外と奥深いんだなと思いました。

    鍋の種類によってはたわしのみで洗う、クレンザーと金だわしで洗う(磨く)とか、まな板の洗い方、使う包丁によっての持ち方、包丁の研ぎ方。

    包丁の持ち方もみなさんこう使っていると思いますがこれは主婦の持ち方です・・・と驚きましたが、トピ主さんは料理人になろうという訳ではなく・・・と言う事ならば「使い終わったら洗い残しがないように洗ってください」程度しか教わらないかもしれません。包丁も危険な持ち方、使い方をしていたら指摘してくれる程度ではないかと思いますが、質問をすれば喜んで教えてくださると思います。

    初心者教室や最近目にするようになってきた「男の料理教室」等その教室に行ってプログラムを聞いたり見たり、見学をするのはいかがでしょうか。

    ユーザーID:1130024445

  • 頑張って下さい♪

    鍋やまな板の洗い方・保管方法は奥様に聞くといいです。腕は使えなくても、口が聞けないという事はないでしょうから。包丁の一からの使い方は、男の料理教室で丁寧に教えてくれますよ♪腱鞘炎って、結構辛いですよね。私も母もなった事があるので、よく分かります。うちの場合は、祖母が生前病気の為に母が時々お見舞い&介護に行っていました。その間、父がやっていたのですが、元々物作りな父は料理に味をしめて色々作れる様になりました。トピ主さんもこれをきっかけに料理する事の楽しさ覚えると思います♪

    また「手厳しい妻」さん、本人がやる気になってるのに何のアドバイスもなく文句だけでは、ちょっと冷たいんじゃないでしょうか?主婦が具合悪くても、病気になってもまったくやろうとしない人も中にはいるので、その人達に比べればまだいいと思います。

    ユーザーID:0994657115

  • ベーターホーム私も勧めます!

    ベターホームに通っています。回し者ではないけれどお勧めです。
    基礎の時も現在も、1教室に1人は男性が居ります。
    お若い方よりもトピ主さんと同年代の方が多いです。

    私が現在とっている教室では同テーブル4人のうち
    2人がトピ主さんと同年代です。とても楽しいです。
    ちなみに私は20代後半です。
    男性クラスもありますが、普通のお教室も考えてみてください。
    いろんな年代の男女が料理をするってとても面白いものです!

    基礎のコースは本当に丁寧です
    和食の基礎コースをお勧めしますよ〜


    ユーザーID:1090874999

  • 一応 説明(言い訳)

    手厳しい妻さんへ。
    ハッハッハ。なるほど手厳しい。もし図星ならムカッとするかもしれませんが。

    小学1年の時から家の掃除は私と1歳下の弟の仕事でした。
    高校2年の時、家で和裁をしていた母を見ていたからか「和服が欲しい」と言い出しました。すると「1年間夕食の後片付けをしたら作ってくれる」と。で、そのとおりにしました。
    社会人になって洗濯は主にコインランドリーでワイシャツはクリーニングに出すと出費が嵩むので自分でアイロンをかけていました。

    結婚した時、私にできる家事(掃除,夕食の後片付け,洗濯及アイロン掛け)が私の仕事でした。
       #これで充分か否かは別として。

    つまり、掃除に関して言えば約45年の経験があります。経験を積めばそれなりに工夫もします。しかしプロの清掃業者にはかないません。仕事の段取りひとつとってもノウハウの塊で45年経験を積んだアマの及ぶところではありません。

    妻,母,娘(私は子供無しですが)に聞くのもOKですが、あくまでもそれはアマの経験者です。プロには及びません。

    (続きます)

    ユーザーID:9803303938

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 続きです

    鍋の洗い方でも「鍋底の煤は洗い落とすべきか?」
    1)ピカピカだと熱を反射する。煤は黒く熱吸収が良いのでそのままが良い。
    2)煤はほぼ純粋炭素で、炭素は金属に比べ熱伝道が悪いのでなるべく洗い落とす。
    のどちらでしょうか?これに正確に答えられるアマがどの程度いるでしょうか?

    ステンレス包丁の砥ぎ方は?その頻度は?
    1)雑貨屋で市販されている包丁砥器を使い、切れ味が悪くなったら直ちに砥ぐ。 (これで充分)
    2)市販の包丁砥器は包丁を悪くするので、できることなら砥石を使って砥ぐ。
    のどちらでしょうか?

    恐らく皆さんも各所で自分なりに工夫し、それなりの知恵とノウハウは蓄積されているでしょうけど、どうしてもプロには適いません。

    そのようなプロとしてのノウハウ,知恵を学びたいと考えている次第です。

    ユーザーID:9803303938

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • まわりから学べることもある

    男性向けの料理教室ってなべの扱いまで教えてくれるのですか。
    それは知りませんでした。

    それはともかく、料理教室で学ぶのは先生からばかりではありません。
    同じグループの人たちの行動から学ぶことも多いのです。

    私も料理教室に行ったことがありますが、漆器の扱い方や鉄なべの片付け方など、実家の母もやってなかったことをいろいろ覚えました。
    その意味で「出かけていって人と触れる」ことは大切なのだと思います。

    ユーザーID:4580979906

  • 私が言いたいのは、本当の優しさ・料理とはどういうことか

    です。

    普段からお優しい方ならば、奥様が今まで風邪や子育ての大変なときに、洗い物をしてあげたりしなかったのでしょうか?その際、「鍋はこれでいいの?」「まな板はこれでいいの?」というコミュニケーションはなかったのでしょうか?

    確かに女性の私でも、あやふやな基礎はあります。包丁さばきも下手です。ですから、本当の基礎を料理教室で学ぶのは大事だと思うし、機会があれば、自分も行ってみたいです。

    でも!!

    怪我をした奥さんを前に、見よう見まねで包丁をもって台所に立ってみようと思わないんですか?トピ主さんが、ここで聞いて料理教室に通って、1品2品マスターにする間に、奥さんの腱鞘炎は治っているかも?

    50代ということで、小さいお子さんはいらっしゃらないと思うので、切羽詰まってないでしょうが、本来、人は「おなかをすかせた人においしくて栄養のあるものを食べさせたい」という気持ちで台所に立つのではありませんか?知識とか格好とか、味や見栄えじゃないんですよ。素人なんだから。

    プライドを捨てて、理論より行動で示すのが優しさでは?

    ユーザーID:5868432885

  • ベターホームか辻をお勧めします。

    料理を習いたい意気込み、すばらしいですね。
    私は現在ベターホームに通ってますが、
    以前、辻にかよってました。辻ですと献立式でならう「基礎」のクラスもありましたが、基本のきから習う「お料理入門」もあり、そこで出しの取り方、魚のおろし方、揚げ物の基本などをならい、大変参考になりました。男性用のクラスもできたほど男性人に人気あったみたいですよ。

    ベターホームなら和食のクラスをおすすめします。
    習ったあと家出復習すると、上達しますよ!がんばってください。

    ユーザーID:4324323564

  • それはなかなか <その1>

    難しい。

    鍋の洗い方は、フレンチなら鍋に顔が映るくらいに磨き上げますが、中華はあまり鍋底を磨きません。和食はその間かな。でも、行平の底に煤でもついていようものなら、先輩に庖丁の柄で殴られるでしょうね。
    家で使う鍋でも、底に煤がついていたら鍋を仕舞う場所があっという間に汚れますよ。

    ステンレス包丁の砥ぎ方は?その頻度は?
    プロはステンの庖丁をあまり使わないのでは?
    調理師専門学校の1年生は、初めにはがねの庖丁を買い、その庖丁の研ぎ方を学びます。以来、一日の仕事の終わりに庖丁を研ぐように仕込まれます。それは、はがねの庖丁は使った後にちゃんと手入れをしないと、アッという間にサビサビになるせいもあります。

    でも、家でそこまでする必要があるほど食材を切るのか?砥石を使って研ぐ必要があるほど質のいい庖丁なのか、とか、色々の条件があるでしょうね。

    ユーザーID:1728895392

  • それはなかなか <その2>

    そんなわけで、プロの方法論は必ずしも家庭で即、役に立つものではないのです。プロに聞いても、家庭用は違うからなぁと、言葉を濁されることもあります。

    仰っているようなことを知りたいのであれば、調理師専門学校のほうがオススメです。

    結局、奥様を助けるためと言うよりは、ご自分の知識欲を満たしたいのかな。男性はそういうのが好きですよね。でも、それは悪いことではないので、ぜひ一生懸命学んで、お家で美味しいものを作ってご夫婦で楽しんでください。

    ユーザーID:1728895392

  • 学べないと思います

    トピ主様の二回目のレスを読みました。
    残念ですが「料理教室」は、あくまで素人が対象なので、そのようなレベルまでは学べないと思います。

    それこそ、割烹料理屋の板前見習いでもなさるのならともかく、腱鞘炎で苦しんでいる奥さんの代わりに台所に立つだけですよね?
    奥さんは、包丁砥ぎの極意なんかどうでもいいから、とりあえず今日の夕食を用意して欲しいと思っているのではないでしょうか。

    ユーザーID:8028116101

  • ヨコ気味ですが

    私も料理初心者で教室に興味があり、ベターホームやABCクッキングスタジオのサイトを見たりしていました。

    皆さんのレスを読むとベターホームはなかなか良さそうですね。サイトで授業風景の動画を見れるのですが、女性の中に男性も混ざっており、楽しそうに料理をしている姿が印象的でした。

    トピ主さん、お料理がんばってくださいね。

    ユーザーID:8657436913

  • まずは、料理を作ってみよう!

    2度目のレスを読みました。
    トピ主さん、完ぺき主義者ですね。

    料理教室へ行ってた時期はありましたが、プロとしてのノウハウを教わろうって思ったこと無いです。作るのに必死でしたから(笑)

    先生は調理師免許持っている人もいますが、全員プロの料理人で修行してた経歴があるわけでもないですし。
    料理教室へ行っていて先生になったって人もいるくらい。

    料理教室へ行く前に何か作ってみてはどうですか?
    ネットで検索すれば色んなレシピがありますよ。
    10分で出来るとか、アイデアレシピとか面白いですよ。
    そんなんじゃダメですか?

    ニンテンドーDSで「しゃべる!DSお料理ナビ」っていうのがあります。しゃべって手順を詳しく教えてくれるソフトです。2007春に「しゃべる!DSお料理ナビ まるごと帝国ホテル」が出ます。

    帝国ホテルをはじめ日本を代表する名店の料理長が考案した家庭で入手できる食材・器具使ってする家庭料理のレシピ集です。料理長のアドバイスや料理の知識をまとめた料理辞典も入ってます。これこそ超一流が教えてますよ。

    料理教室は、やはり出費がかかりますしね。

    ユーザーID:7625270721

  • 私の父が男の料理教室の講師してます。

    タイトルどおりなのですが、父は昔某高級ホテルのコックをしてました。現役引退してからは近くの公民館で「男の料理教室」を頼まれ教えています。

    教室をのぞくと、60代の男性の多いこと!父は「奥様に先立たれても子供に迷惑かけないように」と一から丁寧に教えているそうです。トピ主さんのような質問もよくある質問だそうで、誰かに聞かれるたびにみんなで復習しているそうですよ。(父曰く、皆忘れるのが早いそうで。。)

    でも和気あいあいとしててなんだかほほえましかったり、うらやましかったりする雰囲気ですよ。

    ユーザーID:2915924329

  • きっと満足されますよ

    トピ主まさちゃんさん、「基礎」を学びたいなら、お考えの通り料理教室にぜひお越しください。
    ご希望の1)〜3)の内容については、基礎クラスや初心者クラスに入って、レッスンの中、または実技(料理の実習)中で必ず学べます。

    私は女性で(女性だからというわけではありませんが)、親から教えられたり、生活の中で「基礎」を身につけましたが、所詮それは「我が家流」だったりするんです。
    たまに自治体や企業の行う単発の料理教室に行くのですが、「基礎」をしっかり教えてくれる場面ではないのに、講師の手つきなどを見てるだけでも、我が家流とは違うノウハウを見たり知ったりするので勉強になります。
    4〜60代のベテラン主婦の方々でも、ほんのささいな基礎知識やノウハウに対しても「へ〜、こうやって洗うといいのねぇ」とか、「家はこうやって手抜きしてたわ〜」などと、目からウロコの様子だったりしてます。
    ですから、「家庭で学ぶ」のも大切でしょうが、意欲のあるトピ主さんは、料理教室の初心者クラス、基礎クラスなどで学ぶとより一層満足されると思いますよ。
     

    ユーザーID:3606125351

  • 頭の固そうな人ですね

    私の通っている料理教室には、お試し制度がありましたよ。
    どこのお教室にもあるのではないでしょうか?
    その時に、あなたの聞いてみたい(習ってみたい)事を「こちらの教室では教えてくださいますか?」と聞いてみたらいいのではないでしょうか?
    入会してから、「教えて貰いたいこと」と、「教えて貰うこと」が違っていたらお互い悲劇ですからね。

    でも、私だったらあなたみたいな頭の固そうな人とは一緒に習いたくないなぁ。
    マンツーマンで教えてくれる教室のほうがいいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:9156512208

  • プロとアマの料理の大きな違い

     2度めです。

    >1)ピカピカだと熱を反射する。煤は黒く熱吸 収が良いのでそのままが良い。
    >2)煤はほぼ純粋炭素で、炭素は金属に比べ熱 伝道が悪いのでなるべく洗い落とす

     それを学んだからと言って、生きる、健康管理をする料理、生きている限り永遠に続く料理の日常の中にどれだけの価値があるのでしょうか?

     私は、プロとアマの両方で料理をしてきました。また、食品業界でも働いていたので、化学物質が何種類かあれば醤油も豚骨味も肉、魚介類やポーションのミルク…なんでも作ることができることも知っています。

     タイトルに戻ります。プロとアマの料理の大きな違いです。プロと言えども、お店が潰れたらプロとは言えません。料理人でも、再就職は難しいです。プロは、料理や店・スタッフの空間がエンターティメントで確実に儲けがなくてはいけません。

    アマの料理は、毎日なので、健康で美味しく続けられるか。しかも、貴方が退職されれば、年間3食×3○○日で考えなくてはいけません。

    ユーザーID:7908956296

  • またまた 一応 説明(言い訳)

    皆さんありがとうございます。

    暫くROMしようと思っておりますが「とりあえず料理してみたら」とのアドバイスがいくつかありますので。

    結婚して数年後より、たまの日曜日に料理はしています。 と言っても簡単なもので、カレー,お好み焼き,素麺等は私の担当になっています。 今は妻が考えてくれた献立に従って土日に料理しています。

    以前より漠然と感じていましたが、2回/週料理するようになってつくづくと思ったことは…。
    1)包丁の使い方はこれが正しいのか?
    2)まな板は木製,プラ製どちらが良い?
    3)何かを茹でる時、その最良の鍋とは?
    等々、何をするにつけても「あるべき姿は何なのだろうか?」です。

    どんなものでも基礎を知っている(実践できなくても)のと知らないのとでは雲泥の差があります。

    家庭用ステンレス包丁を砥石で砥ぐ必要があるとは私も思っていませんが、差は殆ど無いのか大変な差があるのか、を知っているか否かで日々の活動に差が出てきます。

    調理師学校とのアドバイスも、考えもしなかったことで成程と思いました。

    他にもアドバイスがあれば宜しくお願いします。

    ユーザーID:9803303938

  • トピ主のコメント(4件)全て見る
  • 基本的に料理教室は料理を作るところ

    2度めの投稿です。
    いろいろみなさんご意見があって面白いですね。
    私の意見は料理教室へ通う前に料理をしてみては?でした。
    (トピ主さんは家のお掃除などをしているのでおそらく簡単な料理はやってみたことあるとは思いますが)

    料理の基礎を学びたいと書いていたんですが、2度目の投稿は包丁の研ぎ方・鍋の洗い方の云々・・私から見たらマニアックな問いかけです。
    お掃除を家でやってきたキャリアからの出てきたことだとは思いますが、料理教室はあくまで料理を教えてもらうところです。器具の洗い方や手入れの仕方まで教えてくれるかどうかわかりません。

    料理教室によって異なるとは思いますが、材料・器具はあらかじめ用意されており、生徒さんはテーブルへ行って先生の指示の元、料理を作る。使用した食器は各自で洗い戻して終わりです。包丁や器具は私のところでは洗いませんでした。スタッフさんが洗っていたと思います。

    やはり、体験してみて自分に合いそうだないけそうだなと思うなら入ってみてはどうでしょうか?トピ主さんの奥さんは、料理教室へ行くことには賛成しているのですか?

    ユーザーID:7625270721

  • 日々実験!

    そうですね、私だったら・・
    疑問に思ったことは、実験してみます。で、自ら体得するんです。
    ステンレス包丁を砥石で研いだらどうなるか?
    私の経験では、あるものは、切れなくなり、あるものは切れがよくなった。。という結果に。

    いきなり実験するのは怖いから、学校に通って知識を得るのもいいですが、
    費用がかかるし・・ということであれば、図書館のお料理コーナーを覗いてみる、とか、調理器具の使い方、手入れ法をネット検索する等の手段はいかがですか?

    でも実験に凝るあまり、奥様の体を気遣って台所に立たれた初志を忘れないでくださいね。
    結局、家庭のお料理は、家族の健康に気遣った美味しい(そして安価)を毎日作り続ける、ことが頂点ですからね。
    お道具はその料理を作り出す手段に過ぎないんです。

    難しい手入れの必要なお道具を使う・学ぶより、料理初心者のトピ主さんに合った使いやすいお道具を探し、それに馴染んでいくことも
    検討されてはいかがですか?

    ユーザーID:2202659748

  • 専門書物色はいかがですか

    熟年男性向け料理教室は、いままで妻任せでまーったく料理をしてこなかった男性に、毎日の家庭料理の最低限のところが自分で作れるように教える、というのが主な目的だと思います。
    また、調理師免許については、食材の基礎、道具の扱い方、調理の理論に加え、食品衛生法等、飲食店の経営に必要な事柄も習うことでしょう。

    トピ主さんは、普段の家庭料理は今までもやっているし、できる。でも、調理に関する疑問がたくさんあるので、それを解決したいのですよね。
    でしたら、学校も結構ですが、大きい本屋で、プロ向けの専門書、料理人が自分のポリシーを満載して書いた本などを見てみるのが手っ取り早いのではないかと思います。調理科学については、家政学・生活科学の専門書に調理関係の理論本がいろいろあります。シュークリームはなぜふくれるか、青菜をゆでるときに塩を入れるのはなぜかetc...

    本屋で物色は、費用かかりませんので、とりあえず見てみてはいかがですか?

    ユーザーID:9127851454

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧