料理好き、料理上手な方教えてください

レス16
(トピ主1
お気に入り8

趣味・教育・教養

はるる

いつまでたっても料理が上達しない主婦5年生です。

料理の本で手順通り、分量通りやれば美味しく作れますが
いつも本の通りのものを買い、作っていると食費が物凄くかかり
それを減らそうと思いあるもので作ろうと思うと
必ず味が薄い、味が冴えない、見た目が悪いなど失敗の連続。

食材は宅配で頼んでいるので週に1度まとめ注文なのですが
注文前に1週間のレシピなど作れず
いつもとりあえずの野菜や混ぜてできる素などを買っていて
いつまでたっても料理が上達しません。

そこで料理が好き、料理上手な皆様に
これは必ず買いなさいと思う常備物があれば教えて頂きたいのです。
必ず買うものは今のところ納豆と豆腐と牛乳しかないです。

作るのは夜だけで、朝は主人が食べないのでなし
昼は夜の残りを私は食べています。

最近しょうがの重要性にやっと気がついたというレベルの低さ
少しはまともに料理が作れるようになるような
アイデアもお待ちしております
よろしくお願いします。

ユーザーID:0088047105

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 料理の達人ではありませんが・・・

    トピ主さんが分量どおりに作っておいしく作れるのなら、決して料理べたではないと思います。でも、センスに欠けるのかもしれませんね。

    家にある材料で適当に作る時に大事なことは、やはりポイントは省かないことです。例えば、バターと醤油でいい味を出しているものを、バターの代わりにマーガリンを入れたらおいしさは全然変わってきますし、青じそやしょうがを使う料理でそれを省いてしまうと全然違う料理になります。その基になる料理の味のポイントを抑えていれば、たとえば牛肉が鶏肉になっても、ほうれん草が小松菜になってもあんまり影響なくおいしくできると思いますよ。

    あと、「素」というのを利用されているようですが、どれも単純な調味料で作れるのでそれにまずトライしてみてはどうでしょうか。「素」というものは画一的な味になるうえ、化学調味料も多く含まれているので避けた方がいいです。あと、レシピを事前に考えるなんて大変です。その時に安いものを買って、買ったものの中で工夫するほうが効率的ですし、その工夫を楽しんで下さい。

    ユーザーID:3309192112

  • 調味料揃ってますか?

    調味料が大事です。

    私が常備している物は砂糖、塩、胡椒は当然ですがその他に
    ●日本酒
    ●みりん
    ●醤油
    ●味噌
    ●かつおだし
    ●昆布だし
    ●煮干だし
    ●鶏スープ
    ●野菜だし(ベジタブルブイヨン)
    ●チリパウダー
    ●イタリアンシーズニング
    ●オイスターソース・・・
    等々他にも相当な数の調味料を揃えています。

    高価な食材を使わなくても調味料が揃っていれば美味しくなります。
    特に酒は大量に使います。和食だろうがイタリアンだろうがどばどば使います。

    それと味見をよくします。本に頼っていては調味料の配分も載っているのであまり味見をしないのでは?
    本に頼らず自分で味見をして足りない物をちょっとずつ加えたほうが自分好みでもっと美味しくなります。

    それと失敗を恐れないことです。
    私にとって料理とは理科の実験と同じです。
    「え?これにそんな物入れるの?」って人が思うようなことでも自分のアイディアでどんどんやっちゃいます。
    今のところそれで失敗したことはないです。(何故ならちゃんと味見をするので。)
    トピ主さんも失敗を恐れず頑張ってください。

    ユーザーID:8062148351

  • 途中途中で味見をする

    例えば、煮物。
    「さしすせそ」の順番で味付けしますよね?
    だから、砂糖を入れた状態で甘さを確認。みりんを入れて更に確認。
    醤油は少しずつ入れて好みの味になったか確認。

    慣れないうちは、味見の回数を多くすると上手くいきました。

    あと、料理のコツは出汁だと思います。
    出汁の取り方を覚えると、一味も二味も違います。
    (かつおだし、昆布だしは簡単ですよ。いりこだしは、ちょっとめんどくさいかな。)

    もう一つは、思い切ってヨシケイなどを利用すること。
    毎日、夕飯の食材と作り方を届けてくれるので、迷うことがありません。
    普段自分が作らない料理も作るので、不思議なことに、料理が上手くなってます。
    (現在、利用中なので)

    あと、薄味なのはいいことだと思います。
    足りないと思ったら、食卓で塩や醤油をかければいいのでは?

    ユーザーID:8978157353

  • わかりにくい

    >いつも本の通りのものを買い、作っていると食費が物凄くかかり
    それを減らそうと思いあるもので作ろうと思うと
    必ず味が薄い、味が冴えない、見た目が悪いなど失敗の連続。

    例えばどんな料理ですか?良く分からないのですが、肉じゃがの肉を減らすとおいしくなくなりますよね。要の物は減らさない方がいいと思います。

    又野菜の量を減らしても味の調整は出来ると思います。「おいしい」と感じる事が出来るのなら、おいしくなるような味付け、例えば「甘さが足りない」と思えばお酒やお砂糖をおいしいと感じるまで少しづつ(いきなりドバッと入れてはいけません。)していくんです。

    料理本は、その通り作っておいしいものもありますが、そうでないものの方が多いです。その時はとりあえずレシピ通りに作って、最後に味をプラスするんです。そのプラスする量をメモしておいて、レシピに書き足すと、次は完璧なものができますよ。

    後、カレー、ハヤシライス、チャーハンなどにはにんにくとしょうがが不可欠です。それからウェイパーという調味料があればカレーもおいしく出来ますよ。とにかく、味を足す時は少しづつね。

    ユーザーID:0935780751

  • 似たような経験があります

    私も料理の本ばっかりみていて時間ばかりとられてものは出来ないし・・・という経験したこと、何度もあります。お好きな料理の食材でぱぱっと作れるものを買うことをお薦めします。(ちなみにうちも宅配です)乾物なんかは味付けは同じですし傷まないのでお嫌いでなければお薦めですね、ひじきとか切り干し大根とか豆類とか干し椎茸とか。調味料が少なくてもできるもの、例えばひじきならだしに醤油、みりん、お酒、砂糖、油あたりで仕上がるのでいわゆる常備菜のようなものとして献立に含むことも可能です。また乾物ついでですがひじきも煮物だけでなくオリーブオイルでにんにくや唐辛子と一緒に炒めてひじきのペペロンチーノもできます。これなら和の食材から洋に変身です。乾物のような手近な食材を使って短時間で仕上がるものは本当に重宝します。お料理の本も作り方が細かくないものや(グッチ○三さんのとかオレンジ○ージや○タスクラブといった感じの)トピ主さんのお好きな食材特集の本なんかはいかがでしょうか?私もまだまだですから「おいしいものを食べたい」願望だけは人の数倍強いのでがんばります。

    ユーザーID:7648039113

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • うーんさんに賛成

    はるるさんは完成品もしくは完成間近しか味見していないのでは?
    砂糖だけだとこのくらいの甘味か〜。
    みりんが加わるとこれくらい。
    そしてしょうゆがこの量入るとこの味になるのねって。
    中華などの合わせ調味料もそんな感じで味見しながら合わせていったらどうでしょう?
    ちなみに「○○の素」の原材料表示を見て参考に混ぜてみてもいいかもしれません。多い順に書いてありますから。
    また、この分量に大さじいくつのように覚えるのではなく、比で覚えたらどうでしょうか。しょうゆとみりんが1対1とか。1対2だとこんな味とかね。
    がんばってください!

    ユーザーID:9221425738

  • 料理はきもち

    はるるさんは、食べることが好きですか?私はとても食いしん坊です。そして、料理が好きです。料理が好きな人は、食べることも大好きだと思うのです。食べることに興味のある人は、料理にも熱心になると思います。

    何かひとつの料理を「マスター」しようとすることから始めるのではなく、こんな時はこんな物が食べたいな、という気持ちににしたがって料理していくと、とても自然に、簡単に、おいしい料理が作れると思います。

    おいしかったな、また食べたいなと思ったものの味や素材を頭の中で想像してみて下さい。料理のコツがつかめてくると思います。

    ユーザーID:8734087855

  • 日々勉強です

    結婚もうすぐ3年。
    料理が上手かはわかりませんが、夫は美味しいと言ってくれてるので
    よしとしてます。
    料理を作るのは好きなほうです。

    私が常備してる野菜は
    人参、たまねぎ、ジャガイモ・・・この3つがあれば何でもできる!

    ネギ、生姜・・・薬味として欠かせない!

    あと、冬場は白菜を切らせません。
    白菜って意外とレパートリー多いんですよ。
    煮物、おひたし、味噌汁やスープの具。
    インスタントラーメンの具にもなるし、浅漬けもできる。


    料理にはセンスもあると思います。
    味見は何回もすると、舌が慣れて味がわからなくなるので
    連続でするときは口をすすいだ方が良いです。
    調味料の役割と、入れたときにどんな風に味が変わるか
    を覚えると良いと思います。

    私は外食したときに美味しいと思った料理に
    どんな調味料が入ってるか、考えながら食べてます。
    そうする様に、母に言われて育ちました。
    料理は日々勉強ですね。

    わたしもまだまだ、実家の母にはかないません。
    お互いがんばりましょうね☆

    ユーザーID:4141885968

  • 料理上手ではないですが。。(ごめんなさい)

    今年結婚10年目です。元々家でご飯は作っていましたが、若くして結婚したので、毎日となるとレパートリーが少なくて困っていました。
    新婚当時、「100円で作れるおかず」みたいな本を一冊購入し、ぼろぼろになっていますが今も愛用しています。材料を変える、味を少し変えるなどの応用が利くので、自分でもうまくアレンジ出来るようになりました。

    あとは、食べる事が好きになった事。以前は大して食に興味がなかったのに、食べ歩きが好きな友達が出来てから、すごく興味がわきました。「これは何を使っているんだろう?」とか、「家で再現したい!」と思う味に出会うと、料理が楽しくなり、失敗も多いですが自分で色々試すようになりました。
    さらに料理上手な友達が出来たので、手料理をごちそうになったり、おいしいレシピを教えてもらったりしているうちに、自分なりのやり方や味付けが出来るようになりましたよ。

    ちなみに私、つい最近まで「目分量」で調味料が入れられない人でした(笑)10年経ってやっとテキトーが出来るようになりました・・・。

    ユーザーID:3046171442

  • 1つ1つの味を知ろう。

    まず食材、調味料、香辛料そのものの味を覚えましょう。
    食材1つ1つの味を把握すれば料理本を見なくても予定通りの味を出せるようになると思います。

    私は料理が好きで、好奇心で色んな調味料を買ってみたり使ってみたりしたせいか、外で食べて美味しいなと思ったものは何が入っている、どういう味付けだと分かるので大体再現して作れますし、食べた事のない料理の料理番組やレシピを見て知らない食材ではない限りどんな食感、どんな味か予想できます。
    ちなみに一度食べた味を家で食べたい、もうちょっとこうしたら私好み・・・と作ることが多いので料理本を見て作るのはお菓子とパンだけです。
    でも何でも作れるし、オリジナル料理も多いし、残り食材で料理考えるのはワクワクします。

    一つ一つの味を知れば自分が作る料理にこれはうちでは常備品という物が決ってきますよ。

    うちの常備品は色々ありますがこれが違うと味が違う!ってものは塩です。
    食塩は使わず、岩塩とか海塩用途によって使い分けています。量と使い方次第で料理や食材の甘味、塩味、深み等が変わるので面白いです。

    ユーザーID:5525259256

  • トピ主です

    皆様レスをありがとうございます。

    まず、味見の件なのですが
    一応味をみるんですが、味音痴なのでしょうか
    美味しいと思えないというか
    何が足りないとか、漠然とわからないんです。
    甘さが足りないような気もするし、塩味が足りないような気もするし
    本の通りにやる場合こういうものなんだと納得して作ってしまいますが
    自分で配合すると「何かが足りない」といつも思います。
    出来上がるとやっぱり何かが足りなくて
    どうも物足りない味になり、極めつけに味を見たときはいいと思ったのに
    必ず出来上がると味が薄いです。
    お味噌汁なんかも、味を見ると丁度いい濃さなのに
    実際食卓に上げて飲んでみると薄いなぁと思うので
    最近少し濃いと思う程度に仕上げることにしました。

    欠けているもの入れないというのは
    主に薬味的な部分だったりします。
    たとえば、ニンニクがないからパスとかそういう感じです。
    当然風味が変わります。
    調味料が揃っていないというのはそのとおりです。
    まず調味料と味見の回数ですね
    正直食に興味がないのも事実です。
    だから上手くならないのかも知れません

    ユーザーID:0088047105

  • 食べる。これに尽きます。

    料理上手になるには、まずは他人の作った物を食べる事。
    少し手の込んだ料理を食してみましょう。それで、食材と調味料を考えます。この味は何から出来ているのかを味わいながら食べます。料理の際はそれを再現する事を心がける。

    レシピをただ読んでいるだけじゃ上達しません。考えながら作りましょう。
    どうしてその切り方なのか?何故その手順なのか?ここで入れる調味料はどんな効果があるのか?
    生姜の重要性に気が付いたのは、良かったですね。その調子ならきっと出来ます。
    出来上がった物を食べる時は、調理中に疑問に思った事が解決出来ているかを確認します。
    まずは1週間実践してみて下さい。きっと変わります。
    上記の何故?が解決出来ると、自然と素材や調味料を換えた料理が出来るようになり、レパートリーが増えます。
    所詮、調理方法なんて、生・塩もみ・焼く・煮る・茹でる・蒸す・揚げる、ぐらいしかない。味付けも塩・醤油・味噌いずれかの塩味を付ける訳です。全てこれらのバリエーションなんだから、考えるのはそう難しくないはず。

    ユーザーID:0713198418

  • 基礎編

    1. 料理の本を替えましょう。料理の基本や一人暮らしを始める人への入門書のようなものが良いでしょう
    2. 薬味的や香辛料は省略しないようにしましょう。無いと,味が薄く物足りないように感じるはずです。塩や砂糖の使用量を抑えるのに,香辛料を使うぐらいです
    3. 調味料はケチらない。味噌,醤油,ポン酢等は,安売りしているものよりもちょっと高いものを選んでみましょう
    4. 道具も揃えましょう。例えば切れない包丁はダメ。チルドのシュウマイや豚饅でも電子レンジよりも蒸すほうがおいしい
    5. 味見はし過ぎも良くありません。味見する前に,水で口を濯ぎましょう
    6. (味噌汁以外は)薄味は食卓でも修正できます。薄味に作りましょう
    7. 「キャベツだけでできるxx」や「麻婆茄子の素」というようなレトルト半製品を上手く利用しましょう。こういうものは,買い置きにしておいて,キャベツや茄子が安いとき=旬に使えば良いのです

    ※「化学調味料」→「旨味調味料」です。現在のものは植物由来であり,化学合成品ではありません。使い過ぎは問題ですが,目の仇にするようなものではありません。

    ユーザーID:4277274621

  • めんつゆ、いいです

    嫌いでなかったらめんつゆは結構重宝します。お水で薄めるだけで各料理ごとの水との比率も書かれてあります。煮物によし、簡単な炒め物にもちゃちゃっと使えるときもあるし実際のめん類の時も本当に便利です。うちは○んべんのめんつゆが好きでしたが転居して○んべんのめんつゆの手に入りにくいところにいます。また転居したら探します。

    ユーザーID:7648039113

  • なるほど

    トピ主さんの2度目のレスを読んで分かりました。何が足りないか分からない。それは舌が鍛えられていないんです。ならば食べ歩きをして下さい。毎週は無理でも1か月に1,2回、ランチを食べいくのです。そして例えばドレッシングが美味しかったらその日にすぐ再現してみるのです。

    又年に数回のアニバーサリーにはちょっと奮発して高級なレストランに行ってください。それを繰り返して技を盗むんです。

    私に関して言えば、お料理が全く出来なかったのに新婚の最初の夕食は無謀にもミート−ソースにキッシュ、かぼちゃのスープとパンを全部手作りしたんです。ところが何とまぐれにも大成功してしまいました。そして主人の「美味しい」と言って喜ぶ顔に何とも言えない満足感を味わったんです。

    元来の負けず嫌いから「うちの嫁さんの料理は上手い」と言わせるために一味違うランクが上のものを目指して頑張っています。と言っても素人以上プロ未満ですけどね。

    とにかく舌を鍛える事から始めて下さいね。今の気持ちがあればだいじょぷぶ!

    ユーザーID:0935780751

  • お昼ごはんで練習する

    夜ごはんの残りを昼に食べると経済的ですよね。
    私もそうしてました。
    でも「私、料理が下手だなあ。レパートリーも増やさないと・・・」と思って以来、自分のお昼ごはんの時間を、料理の練習タイムに当てていました。
    たとえば「揚げ出し豆腐がつくれるようになりたい」と思ったら、自分の昼ごはん、毎日揚げ出し豆腐(笑)
    毎日毎日作っていると、「ああ、つゆの味はこれくらいの濃さが美味しいんだな」とか、「揚げ時間はこれくらいがちょうどいいんだな」とか、大体わかるようになってきます。
    それで、大体上手に作れるようになった頃に、初めて夕飯の食卓に登場させます。
    主人に初・お披露目タイム〜

    煮物なんかもこうして練習してました。
    「昨日はちょっと甘すぎたな。という事は、昨日より砂糖は控えめにして作ってみよう」とか、応用がききます。
    昨日の今日だと記憶も新しいですしね。
    で、少しづつ上達・・・というか、自分好みの味、主人好みの味の料理がつくれるようになりました。

    でも毎日同じもの作って食べると飽きるから、飽きた時は無理せず別の料理を(笑)

    ユーザーID:9315755468

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧