人間関係の大掃除

レス35
(トピ主10
お気に入り30

家族・友人・人間関係

ダーリンは黒い猫

今年30代最後の年を迎える独身女です。

20代の頃に抱いた夢の挫折、病床の父の介護と死、失業、亡父がらみの墓地相続問題など、色々あって一昨年あたりから身辺整理を始めました。

衣類や小物、パソコン内の情報や機器、書籍などを見直し、いつ死んでも母や兄弟が遺品の始末に困らない程度に持物の量を抑えました。

現在、命の危険があるわけではありませんが、挫折した夢に代わる生きがいを求めて様々な事に手を出しすぎ、心身とも疲れ切ってしまったので、一度全部リセットし、気力と体力を回復させる事を当座の目標にしています。

最後の課題は人間関係の清算です。
夢に敗れた時点で友人達には価値ナシと見限られていますが、私自身が輝いていた時代の思い出を引きずってしまい、辛くなるとつい彼女達に電話をかけてしまいます。

今年、賀状を出しても返事のなかった人には、手紙も出さず、住所録のデータも抹消しようと決めたのに、まだ心が揺れています。

嫌われているのに付きまとうのをやめようと決意し、無事に成し遂げた方がいらしたら、お話を聞かせていただけないでしょうか?

これからの励みにしたいので、よろしくお願いします。

ユーザーID:4218670195

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 人間関係はどうなのかなぁ?

    物の身辺整理は、いいですよね。最近お掃除風水が流行っていますが、私も2年前から頑張っています。最近オークションも始めて、とにかく自分の持っているものを少なくして、きちんと管理しようと。これに関しては依存もないです。

    人間関係の整理・・・これはまた難しい問題ですね。風水関係の本にも、やはりそういう古いデータなども整理したほうがいいとあったような。でも、物よりもさらに勇気がいりますよね。私も、未だに10年くらい前、ネットで知り合って1回だけ会った人とかの電話番号とか携帯に入ってますよ(笑)。

    私自身が実践したわけじゃないんですが、削除しちゃって構わないんじゃないですか?もしどうしても連絡先が必要になったらどうにかして、調べられると思います。

    ただ私も大学時代、恋人に振られた経験があって、大学時代の友達(グループだったので)となんとなく連絡を取りづらかったのですが15年ぶりくらいに、なつかしい友人と電話で話す機会があり、それは良かったと思いました。でもその番号は、あとから調べたものです。だから大丈夫と思います。

    ユーザーID:1605719369

  • 例外かな

    ちょっとずれてるかな。

    今年、ある人が出したはずの年賀状が相手に届いてなかったということがありました。郵便局に問い合わすでもなくそのままになっています。

    ユーザーID:0016343076

  • 私もトピ主さんとほぼ同年代の女です

    トピ主さん程ではありませんが、私もここ数年色々な事があって、やはり同じように身辺整理を始めました。

    人間関係の精算は、確かに肩の荷が下りる面もあります。
    もし「相手に嫌われている」と感じるなら、まずは電話をやめてメールにしてみる事をお薦めします。それで返事が来ない人は、嫌われているか極度に忙しいか、のどちらかだと思いますので、こちらからは送らないようにすれば良いのではないでしょうか。

    しかし文面を拝見した限りでは、トピ主さんはまだ御友人達にかなりの未練があるようで、それがある限りスッキリ精算は出来ないと思いますよ。その未練が何処から来るのかを、見極める作業が必要かと思います。

    一つ気になる点があります。
    夢が破れた事でご自分の価値を低く見てらっしゃるようですが、夢を実現するには努力だけじゃなく運も必要だと思います。ご自分でやるべき努力はやったお積もりなら、そこまで卑下する必要もないのでは。

    変に自分を卑下する人というのは、周囲から見るとかえって鬱陶しいですから、もしトピ主さんが周囲から嫌われているなら、その辺りに原因があるのかもしれませんよ。

    ユーザーID:7253213966

  • 皆さんありがとうございます

    まふらーちゃん、うーむさん、サンミギリさんのレスを拝見しました。
    賀状に関しては、うーむさんのおっしゃるとおりトラブルかも知れないので、まだ完全に断ち切りたくない人には今年も出してみます。

    住所録に関してはまふらーちゃん(HNに「ちゃん」がついているので敬称を略させていただきました)のおっしゃるように、また縁が出来た時に調べれば済むと割り切って整理する事にします。

    サンミギリさんのおっしゃるとおり、自己評価が低い人間は確かにうっとおしいです。
    私の夢は文章を書いて生活することで、一時は出版社から数冊本が出ていました。
    しかし年間数百枚、良質な文章を生み出すだけの知力・体力が維持できず、編集者に見放されて現在に至ります。
    成人した以上、霞を食べて生きていくわけには行かないので、再就職して文章は趣味にとどめようと決めたのですが、友人達は私に作家にならないと駄目だ、OLや派遣なんて認めないと言い出し、徐々に劣等感が膨らんでいきました。
    私の未練の源は彼女達に「作家でなくても貴方が好き」と云ってもらいたいという願望から来ているのかも知れません。わがままですね。

    ユーザーID:4218670195

  • 前向きに・・・!

    トピ主さん、色々ツラい思いをされて少し後ろ向きになってしまわれているようですね・・・。(涙)私も似たような状況の時、周りにいた友人達から距離を置かれて寂しい時期を過ごした経験があります。

    私も当時、避けられているのを自覚しながらも、トピ主さんと同じように寂しくて自分から電話をしたりしてしまっていました。相手がイヤ声を出すとわかっていても・・・。でもある時、「この人達とはもう縁がないのかもしれない」と思い、自分から連絡するのを辞めたところ、そのまま絶縁になってしまいました。

    が、後悔はしていませんよ。苦しい時、後ろ向きになっている時にそばにいてくれる人って、きっと「親友」と呼べるぐらい親しい1人か2人なのだと思うのです。「一緒にいて楽しいだけの友達」って、どん底の時は離れてしまうものなのだと実感しました。

    それ以来、「この人はもう私から連絡しないと連絡をくれないだろうな」と思うような人は、だんだんアドレス帳から削除していくようにしています。名前を見て思い出すのもツライからです。新しい友達もまた出来るものですし、自分を大切にしてくれる人を大事にしていきたいと私は思ってます。トピ主さんも前向きに!

    ユーザーID:1143632159

  • お友達の真意は・・

    別のところにあるかもしれませんよ。
    トピ主さんの文章がとっても好きで、趣味なんてもったいない!って思ってらっしゃるとか・・・。

    もちろん生活のためですから働くというのは良いことだと思います。
    色んな経験が文章を書く上で役に立つ事もあるでしょうし。
    最初から文章は趣味と考えるのではなく、また本を出してもらえる文章を書くというスタンスなら、お友達も応援してくれるんじゃあないでしょうか?

    ユーザーID:8421702118

  • 勝手な事言ってごめんなさい

    でも同世代としてはまだまだ頑張って夢を追いかけてほしいな。
    ふっと力が抜けたとき又素敵な物が出来るかも!
    応援してます!

    ユーザーID:0138055553

  • 人間関係の大掃除って

    最近の流れから、もうかかわりあいたくない人と連絡しないで切ってしまうことかと思い、ドキッとしました。
    私は切られてしまうことが怖くて仕方ないのです。
    友人たちが見限っているなんて、トピ主さんだけの見方ではないですか?
    人はそれぞれそのときの状況によって相手には連絡出来ないときもあります。
    嫌われていると自分が思っているだけではないですか?

    整理するのを成し遂げるという表現あいだは、もうしばらくそのままでもいいような気がします。

    ユーザーID:4891196851

  • 夢の残骸(トピずれごめんなさい)

    お気持ちわかるなあと思って出てきてしまいました。そのような状況の中で人間関係という重要なことに関わる判断を安易に下してもあまりよい結果は出ないのではと思います。しばらく去るものは追わず、来るものは拒まずというスタンスをとって様子を見てはいかがでしょう。無理に電話なんてかけてはいけませんよ。

    それよりも気になるのは夢をあきらめたことで自己評価が低くなっていらっしゃるように見受けられること。あきらめた夢の残骸は絶対に後であなたを苦しめます。だからその残骸は拾っておいた方がいいです。年間数百枚が難しいなら、少しの量でも良いものを書いて発表しましょうよ。

    細々とたとえ生活の足しにはならなくとも書く道をぜひ探してください。小説じゃなくても、旅行記でもいいし、短編でもいいし、エッセイでも、何かあるでしょう。これは友達のためではなく、あなたの将来における良好な精神状態のためです。難しいのは承知です。わたしもまだ暗中模索です。自分に書くような気持ちで書かせていただきました。お互い楽しくゆきましょうね♪

    ユーザーID:8631802574

  • 大掃除の意図

    ころんさん、るきあさん、はむすけさん、にんげんさん、nyaさんのレスまで拝見しました。

    ころんさんも書かれているように、電話の向こうの嫌そうな声を聞くのは辛いです。普通に遊びの誘いをした時もだるそうに応対されると、「いけない、早く身を引かねば」と思います。

    立場的には私もにんげんさんと一緒です。決して「遊ぼう、会いたい」と誘ってくれる人を、気に入らないから切ろうとしているわけではありません。「切られる、切られる…」とビクつくのをやめて、新しい一歩を踏み出す為に、私が近づくと嫌がる人に近づくのを止めたいだけなのです。

    るきあさん、はむすけさん、nyaさん、応援のお言葉ありがとうございます。
    つかの間の作家生活で得た教訓は「自分の作品を愛しすぎるな。ポシャッた時に巻き返せなくなるから」です。
    N○Kのプロフェッショナルという番組で、ミュージシャンのスガシカオさんも、似たような事をおっしゃっていたような気がします。信念のない、薄っぺらな作品では人の心に届きませんが、のめりこみすぎても駄目。
    生きている間に、その微妙なバランスがつかめたらリベンジもあるかもしれません。

    ユーザーID:4218670195

  • 周囲の言動を受け止め過ぎ?

    トピ主さんは、周囲の言動を真剣に受け止め過ぎなのかもしれない、と思いました。
    実は私にもそういう傾向があって、その為に今まで色々と失敗を犯しました。

    試しに「作家にならないと駄目」といった人達に「目指して駄目だった時は、あなたが私を養ってくれるの?」と、冗談めかして聞いてみるのも一興かと思います。もしかしたら小説のネタになるような面白おかしい言動が、仕入れられるかもしれませんよ(笑)

    あくまで私の経験上の話ですが、「作家にならないと駄目」だのと口であれこれ言う人の方が、いざという時には冷たい態度を取るものです。思わぬ時に助けてくれたり、チャンスを運んで来てくれるのは、むしろ普段は音沙汰のない友人達ばかりでした。不思議な事ですが・・・

    ユーザーID:7253213966

  • おかげさまで勇気が出ました

    サンミギリさん、再びレスを有難うございます。
    自尊心が崩壊しまくっているので、他人の言動に振り回されてしまう自分が情けないです。
    作家だった自分は忘れ、純粋に文章が好きだった頃に戻れるように、今の孤独をやり過ごせるよう頑張ります。

    ありがとうございました。

    ユーザーID:4218670195

  • 来る者は拒まず、去る者は追わず

    トピ主さんが「嫌われている」と感じる根拠がよくわかりませんが、、、
    一番、楽なのは「来る者は拒まず、去る者は追わず」だと私は思って実践しています。(元から合わない人には、無理して合わせないでいると、「こりゃ、ダメだわ」と自然に疎遠になります。)

    年賀状ですが、出す基準は「もらえる人に出す」のではなく、素直に「出したい人に出す」です(返事をもらえているかをチェックしたことはありません)。
    住所録は整理しなきゃいけないものですか?パソコンの溜めておいて何か不都合はありますか?

    ユーザーID:2623672778

  • 許してください

    えぇ〜そんな〜。
    誤解です〜。
    私は貴女の事をけっしてそんな風に思っていません。
    価値無しと見限るだなんて。。。ごめんなさい。ただただ自分の事で精一杯なだけなのです。筆不精だし、年末はお父さんが亡くなったりと色々あってほんとに年賀状も出さなくてごめんなさい。いや、物凄くお世話になった方にも何年も連絡していない、きちっと礼を尽くしていません。

    しかし、私は親しかった貴女の事やお世話になった人たちのこと、心の奥で本当に感謝しているし、いつもみなさんの幸せを祈っています。
    どうぞ、許してください。そして誤解しないでください。
    私は貴女が今も変わらず大好きです。

    人間関係の清算も玉には必要かもしれませんが、一度に全部消してしまって後悔されませんように。。。
    私のような者もたくさんいると思うので。
    そして元気だしてください。
    貴女の夢、年齢制限ありますか?
    ずっと細々でも続けていってください。

    ユーザーID:7533359761

  • 実は私、執念深いのです

    えいぷりるさん、自分の事かとさんのレスを拝見しました。

    えいぷりるさんWrote:
    >トピ主さんが「嫌われている」と感じる根拠がよくわかりませんが、、、

    遊びに誘ったら「暇だけど、本を出してないあんたとは行きたくないな」と云われた場合とか、きちんとアポを取って計画を立て、先方の同意を得てお店に予約を入れたのに「別の人と遊ぶ約束ができた」とドタキャンされた時、嫌われているな、どうでもいいと思われているなと痛感します。
    「去るもの追わず」が実行できていないから、大掃除したいのです。

    許してくださいさんWrote:

    >貴女の夢、年齢制限ありますか?

    ありませんけど、お金がないと参考文献も買えませんし、ネタ集めの活動もできません。まずライフラインの確立ありきです。
    …といっても人生全て「ネタ」なので、日々の感情は書き留めています。(死後、決して残しておけない禁断のデスノート)

    >ずっと細々でも続けていってください。

    続けたいです。だから過去の傷をフラッシュバックさせる人と決別したいです。本当に縁のある人なら、切れてもまた出会えるでしょうから。

    ユーザーID:4218670195

  • 10年後、20年後の自分の理想像を目指して

    >遊びに誘ったら「暇だけど、本を出してないあんたとは行きたくないな」と云われた場合とか、きちんとアポを取って計画を立て、先方の同意を得てお店に予約を入れたのに「別の人と遊ぶ約束ができた」とドタキャンされた

    まずは、そんな人をどうして今まで友達だと思っていたのか?
    または、何か気を悪くさせてしまうことがなかったか、思いあたるふしはないのですか?
    「白紙」に戻したいような気持ちなんでしょうか?でも、逃げずにちゃんと考えないと、また同じように繰り返し「大掃除」をしなくてはならなくなるんじゃないでしょうか。

    それと、「縁」とは切ろうと決意したからといって、切れるようなものではないと思います。
    全ての「縁」は、現在の自分を形成しているんです。じゃなければ、現在の自分はありません。辛いでしょうが、ここは「成長の一過程」と前向きに捉えてほしいです。過去を生かすも殺すも、自分の心次第というではありませんか。

    ユーザーID:2623672778

  • つづき

    「フラッシュバック」については、発言小町のトピ「嫌な思いをした友達の忘れ方、、、 」を読んでみては?
    少し参考になるかもしれません。私も10年以上悩まされていましたが、最近やっと解放されつつあります、、、。

    ユーザーID:2623672778

  • お勧めのトピ、読みました

    えいぷりるさん、引き続き有難うございます。

    >まずは、そんな人をどうして今まで友達だと思っていたのか?

    後日、必ず謝罪やフォローがあるので「たまたま虫の居所が悪かったのかな?」と疎遠にしかけては復活を繰り返しています。
    イラストレーターや漫画家志望の人が多いので、本を出さない私は利用価値がないようです。
    昨年暮れにもひと悶着あり、年賀の返事の寒中見舞いが2月になって届いた人もいます。でも接触を持つとまた何かありそうなので、こちらからの連絡は避けようと考えています。

    人付き合いはかなり下手です。
    気を遣えば卑屈といわれ、気が緩むと無意識に強烈な毒を吐くので、言動には常に細心の注意を払っています。
    職場では自分なりに相手の表情や声音を見て、押したり引いたりしていますが、窮屈で窒息しそうです。
    身辺整理をして、自分と言う人間を見極める試みを繰り返しながら、窒息せずに生きられる道を探しています。

    ユーザーID:4218670195

  • たびたびすみません。パクリですが。

    >人付き合いはかなり下手です。
    云々

    とありますが、周りから「こう見られたい」自分に縛られている、というようなことはありませんか?または必要以上に強がったりしていませんか?

    人間は、「自分の弱さを隠さない」人間に惹かれる、といいますよ。(加藤諦三先生いわく)「感情を出したほうが、人には好かれる」とも。

    本当じゃない、取り繕ったような自分に、人は魅力を感じてくれるでしょうか?
    あなたも疲れますよね。

    「ごめん!わたし、人付き合い、下手なんだー。でも、よろしくね。」と、言えますか。

    ユーザーID:2623672778

  • 内面とは裏腹に「強そう」と云われます

    えいぷりるさん、こんばんは。

    現在、新しい職場に配属されて2ヶ月目にさしかかっています。
    強がっている気は微塵もないのですが、タイトル通り、内面では涙目でオロオロしていても、周囲に「毅然としていて強そう」と言われます。
    背中に脂汗をかいていても、端から見ると「にこやかに落ち着いて」行動しているように見えるらしいです。

    人付き合い苦手宣言は、指導係と同じ仕事に就くメンバーと最初に会った時に済ませました。
    私自身、今の自分は嫌いです。
    好きになりたくても好きになれる要素が見つかりません。
    それでもあせらず、明日は少しだけましな人間になろうと思います。

    ユーザーID:4218670195

  • もっと気楽に生きましょう

    せっかくそこまで決心したのだから、できるだけ何でも整理してしまいましょう。人間関係も含めて。そうするとだんだん大事なものだけが残ってきます。そしてその少しのものをより深く大切にすればいいんですよ。何をかくそう私も30代後半、彼氏なし、家にものはあまりなく(なのでいつもキレイ!掃除も簡単!)。人間関係も家族と友人1人〜2人(私ももともと人間関係が嫌い&めんどくさい)。本を読むのがすきですが、買うとものが増えると嫌なので図書館で借ります。人生さっぱりして気持ち良いですよ〜。人間は裸ひとつで生まれて、裸ひとつで死んでゆくのです。

    ユーザーID:7704246072

  • マンガ家です 1

    「ダーリンは黒い猫」さん。どうしても、声をかけたくてレスします。

    まわりのお友達、イラストレーターやマンガ家志望の人が多く、
    本をださないトピ主さんは価値がない、という判断なのですね。
    そういう人たち、知らないわけではありません。
    自分の夢を重ねている部分(自分の夢は自分で叶えろよ、と言いたい)プラス「イラストレーターや作家を目指す(その職についている)
    わたしたちはトクベツ」という選民意識はないですか?

    真摯にその職についている人なら、
    フツウを軽蔑することはないはずです。

    わたしは仕事がほとんどない時期がありました。
    その間に大きな精神的にダメージを受ける出来事がありました。

    その間の経験が、今も描き続ける力をくれたと思っています。
    トピ主さんのジャンルが何かはわかりませんが、
    経験は無駄にはなりません。
    今、目が出なくても、あきらめないで続けることで
    別ジャンルで道が開けるかもしれません。
    書かないでいる間に、書きたい!という情熱がうせても、
    それもまた人生です。
    その代わり、何か得ているはずです。

    続きます

    ユーザーID:4926116320

  • マンガ家です 2

    続きです

    で、本題に戻ります。

    わたしは、作家でないトピ主さんを認めないお友達は、
    切ってもいいんじゃない?と思います。

    真剣に目指している人、すでにその職についている人は
    その厳しさも知っているはず。
    「がんばって」「いつかその経験がいきるから、今は書けなくてもあきらめないで」とか、そんな励ましの言葉はかけても
    「書けないあなたは価値がない」なんて・・・!!
    それじゃ、トピ主さんはお友達にとって「作家っていうかわった職業の友達」というアクセサリーじゃないですか。

    トピ主さんが、今後、書くにせよ、書かないにせよ、こ自分で悩んで決めた結果です。
    それを価値がないなんていう権利、誰にもありません。

    ユーザーID:4926116320

  • Nさんのおっしゃるとおり

    人生、どうせ生きるなら、楽しく♪♪♪
     気楽に生きましょう!

    ごちゃごちゃと言ってきて、すみません。
    「シンプル いず ベスト」!!!

    ユーザーID:2623672778

  • まだまだ

    未練があるならこれまでのご友人を「整理」までしなくても、とりあえず一旦放っておいて、今の職場の人や、これから新しく知り合う方と親しくなれるようにしてみては?
    執筆活動についてどれぐらい未練があるのか分かりませんが、まだ書くつもりがあるなら、今の環境は新たなチャンスかもしれません。
    反対に言えば、人間を題材とするのに、40ぐらいではまだまだ経験不足だということです。早くに本を出版されたのはとても幸運だと思いますが、それはそれ。今与えられている全てを吸収して、これからもっともっと良いものを書いてください。
    創造的な仕事につく人は、個性的というか、創造至上主義のような雰囲気がありますが、それに振り回されていては、自分が新しく発見できる世界やそこに内在する価値を失ってしまいます。
    OL、派遣、良いじゃないですか。自分の生活を安定させることは、精神的な余裕を生みますし、取材では得られない実感を持つことができます。
    もし、「趣味」にとどめておこうというならそれも良いかもしれません。人生どのように変わるか誰にもわからないのですから。

    ユーザーID:5580660893

  • もっと心に柔軟性を

    辛口ではないのです。昔の自分を見ているようで・・、
    なんだかね・・。

    まず、夢に敗れた時点で人間って価値がないでしょうか?
    お友達ってそんなふうに、モノのように本当にあなたをそう思い、
    そう扱っているのでしょうか?

    捨てる捨てない、切る切らない。人とのつながりって、
    そういう安易な言葉で表現できるものではないと思っています。

    今の貴女はまだ気付いていない。
    もっと大人になって、広い視野と心で色んな事柄が見れるようになった時、
    きっと気付くはずです。

    ユーザーID:5625254155

  • 類は友を呼ぶ

    あなたの友達って、何か価値がないと友達になれない人達なの?作家じゃないあなたには意味がないというおつきあいに違和感や疑問を感じます。
    もしかしたら本が出た時に作家きどりで自慢するような行動をとりましたか?ささいなこと、例えば「締め切りが大変で〜」みたいな言葉でも「なんだかな」ととる人もいます。ひがみですが。もしそうなら今の状況もありえると思いました。

    あなたの友達って、私の周囲にいたとしても友達の部類に入りません。私が友達と思う人達は辛い時に寄り添ってくれます。難題にぶつかった時、結局解決するのは自分ですが、ほっとできる時間を与えてくれたり「乗り越えられる」という自信を与えてくれたりします。

    でも友達は自分をうつす鏡です。類は友を呼びます。数は少なくてもよい友達に恵まれるためには自分の行動も少し振り返ってみた方が良いと思います。

    ユーザーID:9075483384

  • ホッとしました

    なんだか私が書いているような文章だなと思いました。
    年も39歳だし・・・。
    私もいろいろあり、親にも頼れる年でもなければ(もともと頼れなかったのですが)、ついつい友達に依存してしまいます。
    私なんか、本当に何をしていいのかもわからない状態で、作家さんとして本を数冊出されているだけでも、私から見たら、いいえ、きっと世間の人からみたら、人生のやるべきことを果たされているように思います。私は今から何をしていいのかすらわからないので、占いに行くと、よく文章を書く仕事を薦められるのですが、私みたいな凡人にしたら、はあ?今更何を言ってられるのだろう?と思います。
    子供のときに漫画を描いたり、作文はよく文集に載ったりしましたが、本も沢山読むほうでないし、人に自分の書いた文章を読んで欲しいとは思わないからです。
    でも凡人として、ただ作家という言葉に、憧れはあります。
    後自分が書いた文章が本になったところを見てみたいとは思います。
    それはまるで子供のときに歌手になりたいと思ったような。
    だから本当にすごい!と思いますよ・・。
    私が友達になって欲しいくらい・・。
    ファイト!

    ユーザーID:8486667311

  • あかちゃんの古タオル

    赤ちゃんは、古いタオルを後生大事にしていて、
    それを捨てると泣いたりするものです。

    過去にしがみつくのは、これから先、過去よりも楽しく居られる自分になれる可能性が無いと信じているから。
    諦めちゃってるんだと思います。

    コツは日々を楽しく生きようと考えながら過ごす事。
    ただし、自分自身の頭で考えた「楽しい事」です。

    他人に言われて従属的に生きてるんじゃないですか?
    何をしてる時が一番楽しいでしょうか?

    ほら、考え出すと楽しくなりますよ
    これが楽しそう・・・そう思うものがあったらチャンス。

    具体化して実現させる。
    ここはちょっと難しいかもしれない。

    でも、やってみると楽しくて、病み付きになりますよ。
    注意点は、具体化するときに無理をしない、社会的に間違っていない。
    この2点ですね。

    男で紛らわすとか最低ですんで、その辺が注意です。
    頑張って下さいね

    ユーザーID:3715232005

  • 私は同世代漫画家です。

    トピ主さんへ
    作品を書いてないあなたに価値がない、という友人は、貴女の人格ではなく、作品を愛していた(もしくは作品を作る努力を愛していた)方たちなのは?と思いました。人格を愛されていたなら、オンオフともに友人ですが、作品を愛されていたなら、オンだけの付き合い、仕事上の付き合いだから、切れて仕方ないと割り切ってしまうのも、精神衛生上ありだと思います。そう考えて、お気持ちは少し楽になりませんか?才能ある、作家達に愛された作品を書けた人だったのです、貴女は。

    蛇足:作品を愛しすぎる、との言葉。「自分の作品を愛して、それを読者も愛してくれる」というインナーワールドがそのまま面白い作家と、「読者に愛される作品が作りたい。自分のキャパから、どれだけ愛される作品を提供できるか。」に重点を置いた作家と、大まかですが私の周りには二種おります。後者は、作品がコケても、立て直しを厭いません。読者嗜好にあったを提供することが楽しいからです。後者の考え方が、少しまじると、創作意識が変わるかも?と思います。
    創作自体を嫌いにならないで下さいませ。文字数制限で失礼な文章になってしまったことお詫びします。

    ユーザーID:7796567467

レス求!トピ一覧