現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

子供の要求をどこまで聞いていますか

みなみ
2007年2月7日 10:14

6歳、今年小学生になる娘がいます。

娘は、これが買いたい、今日はこれが食べたい、あそこに行ってあれをしたいと良く言ってきます。ほとんど遠慮がありません。
私は2人姉妹でしたが、両親に(絶対必要な物以外は)物をねだったり、要求したことが一切なく、少し面食らっています。
兄弟がいないことでわがままなのでしょうか?

私も夫も、子供の要求は半々くらいで応えていますが、どうしても「高いから」という理由のみで拒絶することが多いように思います。
みなさんは、どの程度まで子供の要求を受け入れていますか。
また、拒絶する場合、どのような理由づけをしていますか。
御意見いただければと思います。

ユーザーID:9752758367  


お気に入り登録数:8
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:15本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
それって我侭って言いますか?
S.
2007年2月7日 18:41

希望を言うだけで我侭とされるのはびっくりです…
世間に出たら、希望は言わないと察してもらえないし、言ってもいつも叶うものではありません。
「また今度ね」「誕生日にね」「今日はもう予定があるから」「このあいだしたばかりでしょう」じゃだめなんでしょうか?

兄弟がいないってむしろ言わないでも親が察してくれるもんだから、世間に出ても希望を言えないまま押しのけられてしまうものだと思いますが…

ユーザーID:1907838793
親の好み
どーなぷ
2007年2月7日 23:32

小3の娘と二人暮らしの母です。

あれが食べたい、これがしたい。普通じゃないですかね。ウチの娘もしょっちゅう言ってますよ。ただ、言ってみてるだけの時と、本気でほしがっている時があるので、その見極めは大事だと思っています。

我が家のルールは、まず”おかーさん(私)”が納得すること。おかーさんの稼ぎから支出するので、私自身(←とりあえず興味を持ったらやってみるべき、がモットー)が面白いと思えないもの、オカネを出してもいいと思えないものだったら、財布のヒモはほどけません。

もうひとつのルールは、ほしがって駄々をこねたり泣き喚いたりしたら、絶対に要求は通らない(私自身も興味を持っていたとしても)、です。おかーさんが難色を示したものについては、言葉でなぜ、どれほど欲しいのか、なぜ、どれほどやってみたいのか、説得が成功すれば娘の勝ち(?)になります。

まあ、要は親の好みと気分、でしょうか。高いから、は立派な理由ですが、理屈じゃなく、スポンサー(親)がそれにはお金を出したくないという説明があってもいいと思っています。

ユーザーID:3360673707
あなたには必要ないと言います
ゆうこ
2007年2月8日 9:24

3人姉妹の母親です。
一番下の娘は気軽に「あれ買って」「これ欲しい」と要求してきます。値段に関わらず、安価なものでも必要ないと思えば買いません。

娘はそれをわかっていて言っているような部分があり、一度あっさり「わかった」というと面食らって「いいよっ、いい、いい」と大慌てでした。おねだりをして甘えているのだと思います。一種のコミュニケーションという感覚です。
タイトルの言葉の他には「大人になって働いたら自分で買いなさい」とか「こづかいを貯めて買いなさい」とか。取引はしない主義なので「テストで100点とったら」とか「○○ができたら」は言いません。

誰の言葉だったか忘れましたが・・
「子供をだめにするのは簡単だ、ほしがるものを全て与えてやればいい」という言葉があります。
周囲を見ると納得できる例が何人かいます。

ユーザーID:0390044884
かなり聞いてますが
りゅうりゅう
2007年2月8日 10:15

5歳双子(2卵性男女)の父親です。子供たちの要求はほとんど聞いてます。
おもちゃが欲しい:紙粘土やスカルピーや厚紙やプラ材で私が作ってしまう(一緒に作る事もあります)。製作の工程も見せるのでかなり興味を持って見ています。一緒に作るときは楽しそうです。娘のアクセサリーもホームセンターやユザワヤで材料買ってきて作っちゃいます。クリスマスや誕生日は欲しがっているオモチャを買うこともあります。

あれが食べたい:一緒に買い物へ行き一緒に作ってしまう、毎週末やってます。
あそこへ行きたい:これは毎週行っている何カ所かの自然公園を指定する場合が多い(たまに天気が悪いと屋内プールへ行きたいと言います)。遊園地などへは行きたいと言いません。今までに2回ディズニーへ行きました、「楽しかったね」とは言いますが「年に一度ね」という約束をしているので我儘は言わないです。

考えてみると100%に近いくらい要求を聞いております、子供に甘いかもしれませんね、私は。最近息子が天体望遠鏡欲しいと言うので悩んでいます。
また毎日接している妻とは当然違うと思います。妻の方がかなり厳しいかな?

ユーザーID:9829834203
予算を決める
ぼんど
2007年2月8日 12:45

簡単に言えば、予算(お小遣いの)上限を決めましょう。
子供からの要求については、その範囲でお子さんの欲しいものを与えましょう。で、そのことはお子さんに説明する。

また、時にはお小遣いを超えた物を与えてもいいでしょうが、きちんと理由をつけたプレゼントにするなどしましょう。

最近、お金の大切さをわかっていない若者が増えていますし、お店などで騒ぐ子供も増えています。

子供に物を買うのも躾のうちですから、将来お子さんが恥をかかないようにするにはどうすればいいかを考えて育てればいいと思いますよ。

ユーザーID:6953408706
希望は希望として。。
まちか
2007年2月8日 14:10

言うことは自由なのではないでしょうか?但し。いつもいつも、自分の希望が通るばかりでは無いという事が大切だと思います。
物は、お誕生日や特別な日以外はNO。食べ物は、最近食べたものとのバランスを考えて、OKがNOか。
高いという理由のみで拒絶って言うのは、子供はちょっと納得できないのではないかしら?
今からその辺の線引きを親子としてしっかりやっておかないと、思春期になった時に、困ると思います。
頑張ってください。

ユーザーID:6972286411
今年中3の娘ですが
那由
2007年2月9日 10:27

私も娘の要求に嫌悪や怒りを感じたりします。

くるくる寿司は生ものが嫌いだから嫌、でも一人前3500円の寿司は食べたい。
○○チャンちみたいに自分の部屋に大型プラズマテレビが欲しい。
はあ?どこの金持ちの娘じゃ!!友達の○○チャンの家と一緒にしないで、
あそことは親の資力も考え方も違うんだから!とぶち切れたら、
「冗談言ってるのにわかんないの?」と軽蔑したように言う。。。
お寿司は娘ラブの夫がせっせとお小遣いで連れて行くので、
そんなお金があるのなら、もっと家計に入れてくれ・・・パートのほかに単発バイト探しまくって働いてるのにと思います。
でも娘はホント思いつきでもし実現したらラッキーと思って言ってるっぽい。
塾に数十万かかったときには、「冬季講座行ってもいいの?」って心配そうに聞いてきたから。
家はブランド物の洋服なども欲しい、下着もそこら辺のスーパーとかで買ったようなものじゃなくおしゃれなものとか言い出したので、お小遣いを破格の金額あげて、靴下も靴もパンツも洋服も、全部これで買ってと自分でやりくりさせてます。

ユーザーID:5899639750
決まりを決める
小学生の母
2007年2月9日 11:43

子どもはいろんな要求をしてきますよ。ズケズケだったり遠慮しながらだったり・・・ですが・・・私は、親に言えない子ども(トピ主さんと似てるかな?)だったので、自分の要求も含めて、自分の考えを素直に口に出来る子どもで良いと思っています。(親には言うけど、祖父母や言ってはいけない人・場面では抑える事も出来るし)
いろんな要求があると思いますが・・・今日食べたい夕食は〜〜なんてのは、出来る時はするし、できない時は次回ね・・・って感じです。
高価なおもちゃなどは、うちは誕生日かクリスマスにサンタさんにお願いしかないです。それ以外は、お小遣いを貯めるとか、臨時収入(お年玉のような)から・・・です。
ホイホイ子どもの要求を聞くばかりでなく、我慢させる時も必要でしょうね。
決まりは各家庭の事情でいいと思いますよ。

ユーザーID:2599482398
トピ主です
みなみ(トピ主)
2007年2月9日 22:37

皆様、御意見ありがとうごさいます。
小学生の母さんの御意見まで読みました。

確かに、自分の意見を言うことは、悪いことではないと思います。
自分が言えない子供だった分、娘のはっきりした性格が好きでもあります。
ただ、娘の場合、祖父母など「言ってはいけない人」にもずけずけと言いたいことをいう傾向にあります。
どちらの家から見ても、孫は1人だけなので可愛がられているのですが、その点については厳しく注意しています。
夫も一人娘に甘く、厳しく言うのは私だけなので、一人で引き締め役を頑張りたいと思います。

ルールの決め方や、子供への言い方は、非常に参考になります。
自分の経験がないこともあり、気づくといつも「これは高いからだめ」「安いからいい」というだけの判断基準になってしまっていたので、これではダメだとトピを立てさせていただいたのですが、きちんとしたルールを設定する必要性を感じました。
出来るものは、子供と一緒に作るというのもいいですね。

できましたら、またご意見いただきたく思います。

ユーザーID:9752758367
高いから・・・
ももんが5
2007年2月10日 19:15

今7歳です。年長さんの頃、要求に「高いから〜」と言っていたら真似をして、スーパーで「ママ〜!!これ高いから買えない〜??」
周囲のおばちゃんに笑われました・・・100円以下のお菓子でした。オヤツを買う約束を先にしていたので「数字が3つじゃないから、いいよ〜」と言いましたが、笑ってしまいました。

それ以降は「大人になったら(自分で働いて)好きなだけ買いなさい」「お誕生日までに考えてどうしても欲しかったらね」「お父さんと相談」「今日は約束してないよ」「自分のお金でね」など言うようにしています。

口では色々要求しますが、実現する時になると子供も考え込むので、大半の「欲しい〜」には「そうだね〜ママ(パパ)も欲しいなあ」と答えています。「またね・今度ね」は我が家の場合、ずーっと覚えているようなので禁句になってます。

そんな訳で要求の3分の1以下しか応えていません。
外食の要求には、給与日・ボーナス時などの「家族イベント」
玩具は「誕生日・クリスマス」
その他(旅行など)は親の都合で絞込み、決めています。
今のところは納得してますよ。

ユーザーID:4605203689
育てたように子どもは育つのね
中高生の母
2007年2月12日 17:53

我が家の子どもたちはすでに中高生ですが小さかった頃どうしていただろうと思い出してみました。新米母だったころの私は手作りおやつ神話にはまっていて子どもたちにスナック菓子など市販品を与える事を良しとしない堅苦しいおかあさんでした。。。そのために子どもたちは小学校に入学する頃にはスーパーへ付いてこなくなっていました。なんせ子どもたちの希望なんて聞く耳持たない母でしたから。

子どもが小3になって1週間200円程度のお小遣いを与えるようになり、「子どもがお楽しみで使うお金」という位置づけだったので体に悪そうなおやつでも漫画でもお小遣いの範囲で口出しはしない事にしました。同時に高価なおもちゃ(ゲーム機など)もお小遣い、お年玉を貯めて買うというルールを作りました。

子どもが生まれた時点で祖父母からのプレゼントも誕生日、クリスマス、子どもの日以外は丁重にお断りしていましたし、多分サプライズの少ない子ども時代だったと思いますが、現在金銭感覚は常識をわきまえているように思います。

物にしろお金にしろ、子どもに与える時が親の意識を試される時です。与える側にこそルールが必要かもしれません。

ユーザーID:2565443817
トピ主です
みなみ(トピ主)
2007年2月16日 12:36

中高生の母さんの意見まで読みました。

我が家でも、「今度ね」は言いません。
子供ってそういう記憶力だけは異常にありますね(笑)

私が気になっているのは、ルールをあまり厳格に設定してしまうと、
親に言いたいことが言えなくなったり、大人になって反動でお金使いが荒くなったり、お金さえあれば・・・という考え方になったりしないのかなということです。
私は、そもそも欲しい物があんまりない子供でしたので、金銭感覚が乏しかったなとは思いますが、反面、お金が欲しい〜お金があれば〜と思ったことはありませんでした。

あれもこれも欲しいけど、親が厳しくて我慢していた子供時代を過ごされた方は、その点はどうだったのでしょうか。

ユーザーID:9752758367
拒否した後の反応は?
Jeria
2007年2月16日 14:43

お子さんの要求を拒否した後の反応はどんな感じですか?ダメなら仕方ないなってかんじですか?それとも、ひっくり返って泣き叫ぶ感じですか?

ウチにも息子が一人いて、一人っ子なのでやっぱり、自分の要求はストレートに言ってきますよ。でも、小学生になってからは拒絶して荒れたことは無いですね〜。

すぐにのめない要求だったり(例:ゲームが欲しいなど)、とりあえず欲しいと言ってみているような場合は、こちらも判断を保留して「ふ〜ん、これが欲しいんだ」とか「○○に行きたいんだ。へ〜。」くらいの反応で様子を見ています。息子も本気の時は、食い下がってくるので分かります。食い下がってくれば、その時はこちらも真剣に検討します。検討する=買ってあげるではありませんが。

ルールは、あまり厳格に決めすぎない方が良いですよ。厳格すぎるためにトピ主さんの考えているようになってしまった人たちを知っています。

例外的に要求をのんであげるときには、「今回は特別よ」と言えば、お子さんもこれは特別なことでいつもは無理なんだなって分かると思いますよ。

ユーザーID:9066417402
高いから…ではなく
YOU
2007年2月16日 15:02

本当に必要かどうかを考えさせたらどうですか
高くても必要な物や価値のあるものはありますし
安くても必要のない物はありますよね
約束を決めると言うのは有効だと思いますが
状況によって内容を臨機応変に対応するのもアリかと
うちは息子がお金の計算ができない小さい頃 スーパーで
『ひとつだけね』と約束して好きな物を買ってやってましたが
ミニカー付のラムネ(300円程度)を毎日買わされました(笑)
算数を習うようになって今は『100円までね』と言っています
娘は200円のガチャポンを『いちどやってみたい』と言うので
『何が出てくるかわからないよ』と言ってやらせてみたら
とても200円の価値があるとは思えないマグネットシートが出てきて
ガッカリした様子で『もう二度とガチャポンはしないよ』と言っていました
大人の対応が違うと戸惑うと思われがちですが 子どもが納得するように
後でフォローしてやればOKだと思います

ユーザーID:4416130986
トピ主です
みなみ(トピ主)
2007年2月20日 9:46

確かに、拒否した後食い下がってくることはほとんどありません。
本人がこだわるものについては、必要かどうかを再度一緒に考えてみるという方法もありますね。

私の中では、きちんとした基準を作ろうと思っています。
今までは、自分の中にも基準がなかったので、それは絶対必要だなと思いました。
ただ、どうしても子供が欲しがるものは、少し考えてあげるようにします。

ご意見くださった方々、大変ありがとうございました。

ユーザーID:9752758367
 
現在位置は
です