開業・起業された方にお伺いします。

レス8
(トピ主1
お気に入り7

生活・身近な話題

アマリリス

50歳の夫が数年後に建築士事務所を独立開業すると言い出しました。今までずっとサラリーマンでしたので、応援したい気持ちはありますが正直不安です。

夫は私に「電話番やコピー取りをしてくれればいいよ。」と言っています。
私自身は建築関係の資格を持っていません。
でも時間のあるうちに、私なりに出来る限りの準備をしておきたいのですが、見当がつきません。

開業・起業された方で、これは事前にやっておいた方が良いとか、心構えや失敗談など、どんなことでも結構ですので、何かアドバイス頂きたいのですが。異業種の方の独立談も是非お聞きしたいです。よろしくお願い致します。

ユーザーID:1824621317

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 起業にあたりすること

    12年前に起業した50歳♂、たぶんご主人と同じ歳ではと思います。
    最悪のシナリオを頭に叩き込み、繰り返し計算した上で2年くらいは売上げ無いに等しくても生活なんとかなる様にしておいた方がいいと思います。
    何とかなるさで始めて、何ともならなくなったケースを山ほど見てきました。会社の看板背負っているときには、それなりにチヤホヤもありますが、外れてしまうとそう簡単に営業できるものではありません。建築関係だと独立後元の会社の下請け設計事務所になるケースが多い様ですから、それならそれで、なんとかなるのかもしれまんね。
    私の場合は最初の1年は収入ゼロ、どうなるかと思いましたが、貯金の取り崩しでしのぎました。その後お客さんが付いて何とか食えるようになり、今社員今50人、売上10億で何とか5,6千万の利益が出る様になりました。
    気持ちを支えてくれたのは、5歳と7歳の子供がいて生活の不安もあっただろうに、迷わず背中を押してくれた妻の存在でした。

    ユーザーID:4863537530

  • 自営業は、「雑務」が命!

    夫の「起業するぞ!」に引き摺られて5年。
    「雑務」こそが、営業の核だと感じています。

    電話の応対マニュアルから始まり、
    メールやFAX文書の雛形作りに、手作り名刺。
    お取引先の方の、ご家族の情報をお聞きしたら、必ずメモして次回に活かす…とか。

    昔は、「元の会社の取引先リストをコピーして、挨拶状を送って回る」
    という、顧客の横取りを堂々とやっていた人もいましたが、
    今は、「個人情報保護法」違反となります。
    即刻通報されて、すぐにポシャってしまった起業家も知っています。

    この「起業ブーム」に乗って、「起業商法」も出てきています。
    事務所を開設する人に、不要な備品やマニュアル集をセットで売りつけたり、
    HP開設で、オプションを増やして高額にしたり…
    「社長!」の言葉に乗せられ易い人は、要注意です。

    保険も、社保から国保になると、負担額は倍増します。
    国民年金への切り替えを怠ると、10数年後に泣きを見ます。

    「開業後1−2年は収入ゼロ」を覚悟した上、
    「出て行くお金は、今まで以上」という事も考慮して、
    それなりの蓄えを確認しておきましょう。

    ユーザーID:4489842597

  • うちも今月起業したばかりです

    うちの35歳の夫も先月一杯でサラリーマンを辞め、今月独立しました。

    私達が準備したのは、まずお金。いちおう2年ひっそり食べていけるだけのもの、そして緊急用を足したものです。そのへんはご主人がやってくれていると思いますが。うちは株を売って費用をつくりました。

    そして保険、携帯電話、銀行のアカウントの変更など。お得なもの、安くなるようなものの見直しです。

    最後に、私の職です。万が一何かがあったとき二人の生活費を稼げる仕事に転職しました。

    トピ主さんもお手伝いがコピーや電話番くらいのものなら、まずは週に何回かパートにでて食費など稼ぐと気持ち的に楽だと思いますが・・

    さらに心構えです。うちは失敗した時のこともよく話し合いましたが、成功した時のこともよく話し合いました。生活基準が上がった時の二人の関係や、従業員との付き合い方、会計をどうするかなど・・

    私は夫の専門の雑誌、あとは起業に関する雑誌を読み漁りました。全部は分からなくても、夫の状況が分かるだけでも手助けになると思っています。

    お互い、成功するといいですね。

    ユーザーID:9153160735

  • 簿記

    会社を辞めて個人事業主で仕事をやってます。

    旦那さんはおそらく最初は個人事業主として開業されるのだと思うのですが、そうだとすると確定申告をしないといけないので、簿記の知識があったほうがいろいろと便利でしょうね。
    旦那さんがビジネスを進めて、トピ主さんが経理的なことを担当するというのが、一つの形ではないでしょうか。
    事業をするのなら経理は避けて通れない道ですから。

    ユーザーID:9498871213

  • ううーむ

    これは、本当に難しい問題なのですよ。
    トピ主さんと似たような職業での会社を経営していますが、本当に今は建築士は難しい。
    サラリーマンで何をしていましたか?
    独立して、何をしたいですか?
    そして、上でも書かれていたように、最悪の場合の退路は用意されていますか?

    手伝う側のトピさん。これは正直、経営者の旦那さんより大変だと自覚して下さい。本音を言うと、手伝わない方がいいです。良い時は良いでしょうが、最悪の場合は家庭も夫婦関係も巻き込んでしまいます。
    コピーと電話取りだけ、なんてそんな事言ってられません(笑)。
    私は24時間巻き込まれ、しなくて良い苦労もどっさり抱え込んでいます。それでも家族4人暮らしていくのがやっとです。

    勿論、良い面もありますが今までのようなお金の使い方をきっぱり止める事から、はじめた方がいいかも知れません。
    フライパンの上の水のように、お金がなくなります。

    ユーザーID:3136954998

  • トピ主です。

    逍遥さま、ありがとうございます。
    私も、今の安定した収入がなくなることが一番不安なのです。子供の教育費もまだまだ掛かる年齢ですので、主人は、いままで独立を見送ってきました。

    ところが、先日主人が入院することになり、一時はこのまま手術室から戻ってこないかもしれないという状況になりました。
    その時に「このままでいいのか。主人の夢を、私達の生活の為に叶えられないまま死なせてもいいのか。それは絶対ダメだ。例え収入がなくなるとしても、私ががんばって働いて、なんとか夢を叶えさせてあげたい。」と、病院の家族待合室で強く思ったのです。

    結果、無事退院出来、私が思ったことを主人に伝えましたら、私の決心を待っていたかのように、独立準備を始めだしました。
    そうすると勝手なもので、またまた生活の不安が
    頭をよぎりだしたのです。情けないですね。

    逍遥様の奥様のように、もう迷わずに主人の背中を押してあげようと思います。とりあえず、2年分の生活費、教育費をしっかり貯めることにします。そして、主人にブレーキをかける様な言葉はもう言いません。ありがとうございました。

    ユーザーID:1824621317

  • トピ主です。2

    レス下さった皆様、貴重なお話をありがとうございます。読ませて頂いて、起業することよりも、その後順調に経営していく事がいかに大変であるか、そんなに甘いものではないという事がよくわかりました。
    あと数年後ということですので、雑務や簿記の勉強、万が一の為の自分自身の収入の道、お金の使い方の見直しなど、皆様に頂いたアドバイスをしっかり胸に刻んで、主人ともよく話し合い、綿密に計画準備していこうと思います。本当にありがとうございました。

    ユーザーID:2232123420

  • プラス思考で♪

     浪花のオカン さんに賛成です♪
     自分でやってないことにあやまったり、きちんと挨拶が出来るひとが会社を支えているんですよ♪

     私も自営業で6年目。最初はダメになるとか思って起業しませんでした。ともかくうまくいくと自分を信じていました。だんなさまを信じてあげて!

     パートとかに出ると、「あなたの収入だけでは頼りない」と暗に言ってるようなものなので、私なら避けて欲しいです。「あなたの収入に頼ってるの〜!」と内助の功でがんばりましょう。

    ユーザーID:6223112246

レス求!トピ一覧