スポーツ大好き娘(小4)が、オスグッド病になってしまった。

レス7
お気に入り1
トピ主のみ0

りんご

健康

小学4年の娘は、毎日、強豪バレーボールチームで、ハードな練習をがんばっています。今年は5年生が少ないので、レギュラー(アタッカー)なんです。

最近、膝のお皿の下が出っ張ってきて、そこを押すと痛いと言います。間違いなくオスグッドだと思いました。娘は絶対に練習を休みたくないと言います。床に膝を着いたときは痛いけど、それ以外では、あまり気にならないと言ってます。

せっかくスタメンになれたのに、休んで外されるのが我慢できないみたいです。どうすれば良いんでしょうか? オスグッド用のサポーターは、膝のお皿をカバーしてないので、バレーの時は怖いと言うのでまだ買っていません。

整形外科だと、診断はしてくれるけど治療はしてくれないと聞きました。接骨院などだとどうでしょうか? なにか良い食品ってありますでしょうか? もっと良い靴を買ってあげたほうがよいでしょうか? 

せっかくこんなにも打ち込めるものに出会えたのだから、長く続けさせてあげたいと思っています。娘はバレー以外のスポーツも大好きで、学校から選抜されて、水泳、バスケ、マラソン大会などにも出場しているのですが、やめるべきでしょうか?

ユーザーID:9554985594

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫ですよ♪

    こんにちは。私も小5からバレーボールやってまして、小6の頃だったかな?オスグット病になりました。その頃は膝が痛くて、特にレシーブで膝をついたりなどすれば激痛でした。病院にも通い、オスグット用のバンド等も試しましたが、動きにくくあまり使いませんでした。結局1年くらい我慢したのかな?今でも膝はポッコリなってますが、全然大丈夫ですよ。今だけの我慢です。頑張ってください。

    ユーザーID:6523464540

  • 治療よりも指導が大事です。

    オスグッド病は膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の力が繰り返し加わるために生じる骨端軟骨障害です。要は十分に骨が成熟していない部分に力が加わりすぎているために生じると言われています。積極的な治療よりは、運動量の調節による安静と十分なストレッチ、局所のアイシングなどのケアが重要です。

    サポーターも有用ですが、本人と周囲の十分な理解と運動前後のストレッチと運動後のアイシングに励むべきでしょう。長く続けさせたいなら、あまりいろいろなスポーツに手を出すべきではなく、限られた運動量を一番やりたい種目に絞るべきではないかと思います。

    ユーザーID:1625776585

  • 今を大事にする治療法

    医療に詳しくないのですが、オスグッドの治療法について研究しているサイトがありましたので紹介します。

    http://yokunaru.net/osugutto/

    早く良くなるよう、お祈り申し上げます。

    ユーザーID:2393264870

  • 痛かったですね。

    私もバレーが大好きで、成長期に散々激しい練習をしていました。
    その結果、同じオスグッドになってしまいました。
    骨が出てくる過程では、激しい痛みがありました。何かに当たると飛び跳ねるぐらい痛くて…。

    ですが、そのうちだんだんと慣れてきたのか、落ち着いてきたのか、痛みがましになっていきました。

    治療はこれと言って無いと言われ、将来気になるのなら(当たって痛みが残るようでしたら)骨を削るしかないと言われました。
    お友達は手術しましたが、その削るのがまた激しく痛いそうです。

    バレー自体には支障が無いとのことなので、サポーターをして頑張って続けていました。
    ストレッチと、冷却するぐらいでしょうか…。

    骨の成長が止まるまで痛みは軽減されるかもしれませんが、続くと思います。
    同じ部活ではなかったですが、私の周りでは何人かいました。激しい練習している名誉の負傷だね、なんて言っていましたが…
    やはり痛みはきついですからね。早く痛みのほうも落ち着かれるといいですね。

    ユーザーID:2241423603

  • 治癒をお勧めします

    オスグッド経験者です。
    小学校6年生の夏に傷め、病院で注射を打ってもらい一時期痛みがなくなりました。
    しかし中学1年の時に全力疾走をしたら痛みが再発し、歩くのも辛い時期もありました。
    痛みがなくなり運動できるようになったのは、中学校2年生の秋です。

    大した痛みもないからといってそのまま運動を続けると、痛みが増し、治癒に時間がかかることになると思います。
    小学4年生では、今運動を我慢した方が後々楽になるということを理解できないかもしれませんが、ここは安静にした方が良いです。

    私は、オスグッドの時に行ったある整形外科で「スポーツ選手としては大成しない」と絶望的なことを言われたことがあります。
    しかし、別の整形外科に通った結果、無事治りました。

    整形外科医にはいい加減な人が多いですから、対応が雑だったり、納得できないことを言われたりしたら、別のお医者さんに見てもらった方が良いでしょう。

    ※文字数オーバーのため、次のレスに続きます

    ユーザーID:6832444539

  • 「治癒をお勧めします」の続きです

    野球のイチロー選手も指導を受けている「初動負荷理論」という
    運動理論(?)のトレーニングでは、オスグッド病からの早期回復ができるそうです。
    以下のサイトに理論の概要と提携私設が載っていますので、
    参考にしてみて下さい。

    http://bmlt-worldwing.com/newpage2.html

    娘さんの膝が早く完治することをお祈りしています。

    ユーザーID:6832444539

  • 本当にそのオスグッド病ですか

    練習を休むよう指示されたり、動きに制限をかけられるのが嫌かもしれませんが、一度ちゃんと整形外科で診断して貰ったほうが良いのでは?
    軟骨が変形してトゲ状になってたり、また腫瘍とかの場合もあるし、私のように生まれつきの骨の変形がスポーツをすることによって痛みの原因かもわからないからです。
    それに成長期に無理すると30歳過ぎてくると身体のあちこちに不具合が出ることも。

    ユーザーID:4876433552

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧