育児に関する感覚の違い

レス41
(トピ主1
お気に入り10

妊娠・出産・育児

まめっち

1歳3ヶ月の子供を持つ母です。うちの子はまだ一人歩きができません。成長がゆっくりなのは承知ですが、私自身も1歳4ヶ月近くまで歩かなかったそうですし、遅いながらもハイハイ→つかまり立ち→伝い歩き…と、順を追って成長はしているのであまり心配はしていません。うちの子の成長について人からいろいろ言われることもしばしばですが、あまり気にしていません。

ですが、この間ママ友達が子供に向かって「まだ歩かないの?早く歩きなよ」と言い、歩く練習をさせられ、正直ムッとしてしまいました。その子その子の成長の早さがあると思うので、子供に向かってはそのようなことを言って欲しくなかったのです。
でもその後、たぶん感覚の違いなのだろうな…と納得しました。

そのような感覚の違いって、難しいですね。特に育児に関しては、それぞれの家庭の考え方があるので、余計難しさを感じます。
皆さんは、こういう感覚の違いを痛感した経験ありますか?

ユーザーID:7723550349

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数41

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ありますよ〜

    ありますあります。この先もずっとあると思いますよ。家庭のルールも子育ての考え方も子供自身の個性もそれぞれ。そこでうまくやっていくのは大変!自分をきちんと持たなきゃと思いながら悪戦苦闘の毎日です。

    小さいことでもいや小さいことのほうが意外と厄介だったり。この間も、小1は公園に一人で遊びに行かせるか行かせないかで考え方の相違。
    どうでもよさそうですが結構もめちゃうのです。
    子供を愛し、がんばりましょう!

    ユーザーID:5564167254

  • ありますよ・・・

    長男が1歳過ぎの頃だったでしょうか。
    食が極端に細い子で、体重もほとんど増えず毎日悩んでいました。数種のアレルギーのせいで制限もあったので、当時は本当に辛かったです。周囲のお子さんが何でも食べてどんどん大きくなっていくのを横目で見ているような毎日でした。
    そんな時、公園で集まっているお母さんの一人にこう言われたのです。
    「いいわね〜食べない子は食費がかからなくて!うらやましいわ!」
    呆然でした。食費がかからなくて助かるなんて思ったこともありません。お金がなくなるほどたくさん食べて欲しいと、どれほど思っていたことか。
    返す言葉もありませんでしたが、その人のことは今も覚えています。そういう考え方をする人もいるんだという、びっくり体験でした

    幼稚園〜小学校へと子供が成長するにつれ、まさにいろんなタイプのお母さんに出会い、私もずいぶん慣れました。いちいち驚いていられません。いちいち傷ついている暇もありません。
    ちなみに子供は今でも食べない子です・・・

    ユーザーID:3995157605

  • ありますよ〜!!

    最初にトピを読んでの感想ですが、そんなことを母親の前でする人、聞いたことも見たこともありません!!よく我慢しましたね。私なら「確かに遅いけど、この子のスピードがあるの!余計なことしないで!」とぶちギレですよ。お子さんもかわいそう!!ママ友ってことはその人も子育てしているんでしょう?普通は、自分が親になると、人の子の成長にも寛容になるんですけどね。私には、その人が変わった人にしか思えません。

    親同士の感覚のズレって結構難しいんですよね。2歳くらいになって、友達とも関わりあえるようになると、同じことをしても親によって「叱る」「叱らない」の差が顕著に出てきます。例えば、私は物で友達を叩くなんて言語道断!と思い、きつく叱るのですが、物で叩こうが砂を投げようが叱らない親もいますし。逆に、私があまり厳しくしないところで他のお母さんが叱っていたり…。

    見習うべきところは見習うにしても、ある程度は自分の価値観のもとでやっていこうとは思いますが、時々「私の育児は他の人からみたらどうなのかな?」と気になるのも事実です。

    ユーザーID:1400621690

  • これからですよ

    脅かすようで悪いですが・・・育児・子育てに関する考え方価値観の違いで、気持ちがドンヨリする事これからもあると思います。
    先日もありました。(うちは、子どもは小学生が2人です)
    どうすれば良いのか、どうすれば自分が平常心でいられるか、良い答えは・・・私はまだ見つけられないままです。
    ココで、愚痴る事もあるし、時間が解決する時もある。それぞれのストレス解消方もあるでしょう、それをする。子どもと関係ない事(仕事があれば仕事、趣味でもよし)に没頭したり・・・
    子どもにドンヨリ感を伝えなければ(なるべく)良し。他のママに自分と同じような気持ちにさせないように気配りできたらより良し。・・・って事かな。
    子育てに限らず、考え方・価値観の違いのある人と接するのは難しいよね。

    ユーザーID:1044308749

  • あります、あります

    家庭の教育方針の違い・・・というよりも、友人の育児について、感覚が鈍いなーと思ったことがありました。

    友人には、健康なのに1歳4ヶ月で歩けない子供がいました。「いいのよ、いいのよ。ゆっくりで。」と、友人。成長の早さについては気になりませんでしたが、全く子供に運動させていないことに驚きました。ある意味で育児放棄の一種?と感じてしまいました。ボール転がしをするとか、腹筋がつくように足上げをさせるとか、そういう刺激を与えず、膝に乗せてテレビや絵本を見たり、寝かせているだけなんですから。

    その後も、「食べたくないものは食べなくていいのよ。」「やりたくないことはやらなくていいのよ。」「行きたくないなら行かなくていいのよ。」・・・というので呆れていましたが、案の定、集団生活にはなじめず、学校にも行けず、就職もできず・・・24歳です。

    友人として、20数年前にこの状況を予想していたので、少しは耳を貸してくれていたらと思います。彼女は、「いいのよ、親が死んで食べるに事欠いたらきっと働くでしょう。」と。やっぱり、感覚が鈍かったんだ・・・と確信しました。大好きな友人なんだけどな。

    ユーザーID:5893421398

  • うちも遅いです

    同じく1歳3ヶ月の子の母です。

    うちの子もまだ歩きません。
    1歳2ヶ月でようやく何もつかまらずに立っていられるようになりました。

    トピ主さんと同じような経験いくつかあります。
    私も遅いことに関して気にならないのですが、まわりのほうが気にします。

    しかも身内ではなく赤の他人が…
    会うたびに「まだ歩かない?」ときくのが決まり文句の人もいます。
    ですので、知らない人に子供の年齢をきかれた時、「1歳3ヶ月です。でもまだ歩けないんですよ」と添えるようになりました。

    他人は人の子の成長に対して意外と厳しい目を持っていると気付いたからです。
    こちらが「まだ歩かなくて心配です」というニュアンスで言うと「個性があるから大丈夫よ」なんて言われますが、気にしていないことを気取られると、直接的ではなくても「まだ歩かないなんて大丈夫?」というようなことを言われます。
    しかも、大抵は子育て経験のある人。

    子供のいない人は、わからないということもあり、子供の現在のありのままの姿を受け入れてくれます。

    私は、感覚の違いというより、子育ての先輩風をふかしているようにしか思えませんが…

    ユーザーID:8946700736

  • 人それぞれ

    育児に対する考えや方針の違いを実感することなんてしょっちゅうですよ。
    今下の子が1才4ヶ月です(女)歩き出したのここ最近です。
    歩き出したらもう止まらないって感じで歩きまくってます。

    そういう言い方するママっていますね。
    基準が全て自分みたいなとこ。
    まめっちさんは都内ですか?
    ママ友から以前にこんな話を聞きました。
    歩く前にはめいっぱいハイハイをさせたほうがいい。
    最近の子供は歩く時期が早い。
    でも家でハイハイさせると都内の家はどうしても狭いから
    すぐ色んな物につかまって歩こうとするって。

    まめっちさんも自分のペースで育児がんばってくださいね。


    ユーザーID:1106774647

  • あります。

    成長、食事、服、しつけ、細かい事をあげたらキリないですね。

    トピ主さんのママ友達はちょっとやり過ぎな気が。周りに人が居たのなら、その方達はもしかしたら引いてたのかも。

    うちの子は歩くのは早かったですが、本に載っている月齢で出来る事が出来ないなんてザラでした。

    うちは、小さめなので動き始めるまで、親から通りすがりのおばちゃんまで、色々言われました。

    「紙おむつが悪いんじゃない。」と成長と何が関係あるの?と思えるような事まで。

    過ぎたら笑い話なんだけどね。

    ユーザーID:7549217420

  • よくあること

    上の子が7才です。
    よくあることだと思いますよ〜。
    しかも、子どもが成長するにつれて、差が大きくなってくると思います。

    衣食住のこと。
    教育のこと。
    しつけのこと。

    私のお付き合いの基準は、「いい人」になりました。
    子どもを持つまでは、感覚や話の合う人でした。
    でも、子どものことを考えると、人間的にいい人じゃないとなかなかお付き合いできないんです。
    多少、話が合わなくても人間的に信用できる人とお付き合いしたいと思うようになりました。

    「育児の感覚」の同じ人を探そうとすると大変だと思います。
    多少感覚が合わなくても、基準をある程度甘くして、でも、ここだけは!ということを明確に持っておくと、お付き合いがラクになるかもしれません。

    ユーザーID:9095688981

  • ありますねぇ

    それこそ、さーーまざまな事柄で感覚の違いを経験しています。
    要因としては、相手が自分の価値観を押し付けてくる場合、みんなそれぞれ違う体験をしてきていると気づいていない場合、人間は基本的に千差万別ということが見えていない場合です。

    お友達とするには、相手の理解度、自分の我慢の具合で判断していけばいいと思います。
    あまりにストレスになる相手とは挨拶程度の仲で十分と思います。

    ユーザーID:0314071580

  • 慣れてきますよ。

    3人の子どもの母です。1人目のときに同じような感じでした。私はもっと太刀が悪かったです。個性といいながらも我が子より遅いところがお友達のお子さんで見つけるとホッとしてたからです。

    いわゆるママ友の間では寝返りしたとか声を出して笑ったとか何か変化があると報告会でした。1通り成長が出尽くすと収まりましたがかなりプレッシャーでした。今は上の子は幼稚園ですが今度は成長ではなくて性格で判断されてきます。

    すぐに手を出だす子や言葉が汚い子は親もそういう親だからこうなんだと判断されるか、そうではなくて親はしっかりしてるけど子どもの性格で今親もがんばってるから見守っていようと思われるか。幼稚園で女の子を持つママは似たような悩みを持つ人が多いです。

    いま、成長がゆっくり目であるのであればこれから先も子どもは思い通りには行かないと教えてくれてる親孝行なお子さんと考えて、次来る課題にドンと待ち構えてましょう!いくつになっても人は人!と思わなくてはと私も毎日修行僧のようです。

    ユーザーID:1423241130

  • 分かるよ

    まめっちさん、こんにちは。
    無神経な事を言う人居ますねぇ。
    ママ友だけじゃなくても、おばあちゃん世代でも居ますよ。
    私のトピさんの立場ならムッとしますよ。
    でも、子供のために我慢するかな…。

    うちはおチビなのと言葉や行動が幼いので、それを気にしたりする時もあったりするのですが、
    比較されて「Aちゃんが小さすぎ、年齢の割りに幼い…」って言われた事もあります。
    ムッと来てもその場は口にしないようにしてますが、
    後で2人で会う機会とかに、何気なく気持ちを伝えますよ。
    気持ち分かっても何度も言って来るなら、友達止めます。
    トピさんも言われてる通りに成長はその子その子なんで、気にしても仕方ないんですけど。
    ムカついたのを思い出して。今でもおちびですが…。
    1人目じゃないですか?2人目にもなってくると遅い方が助かるって思い出すんですけどねぇ。
    どっかで競争心があるんだと思うんですよ。そういう人は。
    大きなお世話ですよねぇ。全く。元気ならいいんですよ。元気なら。

    じゃぁ、お互い子育て頑張りましょうね。

    ユーザーID:5940152727

  • 気にしない

    ↑これが一番ね。
    うちの子も 1歳半まで伝い歩きすらしませんでした。周りが 何でも早くて それが気になって毎晩 育児書見ては凹みました。何でうちの子はって

    自分の両親とですら 育児の感覚が違いますもん。

    自分流でいいんです。 元気に育ってくれさえすればね♪
    気にしない 気にしない
    にこっ♪

    ユーザーID:3909434873

  • 親だからこそ

    私の長女も1歳半でやっと物につかまらないで
    歩き始めました。今中学生ですが、ごく普通の子です。

    子どもに向かって言ってほしくない事を言われたら、
    どうか勇気を持って「言わないで」と言える親になって下さい。
    悪気はないと納得していてもです。

    感覚の違いは、あらゆる事にあります。
    それを当然として、相手を立てることもあるでしょう。
    人の意見から学ぶ心の広さも大切なことです。
    でも、子どもを守るのは親の役目です。
    子どもの為にならないと感じた事には、自分の感覚に自信を持って
    NOを言う強さも必要だと思います。

    トピ主さんは、自分と違う意見も上手に扱える
    懐の大きなやさしいお母さんですね。
    それぞれの考え方があるからこそ、
    自分の考え方もあっていいと、堂々としていましょう。

    ユーザーID:9360025262

  • 子育ては感覚の違いとの戦いでもあります

    我が家では保育園育ちだったので、保育園でハイハイの練習をさせられました。
    自宅ではそろそろ伝い歩きができそう、というころだったのですが、
    「腕の筋肉がつくから」という理由で、でした。
    でも子どもはよほどハイハイがかったるかったのか、
    本格的な伝い歩きだけになってしまいましたが。

    大きくなってからは、しつけや塾通い、勉強などなど、山のように周囲から出てきます。
    主に実親ですが。口出ししているほうは悪気がない分、始末が悪いです。

    最終的には、子どもがある程度大きくなると、自分でどうしたいか主張し始めます。
    それまでは、他とのバトルは山のようにあると覚悟したほうがいいかも・・・。
    頑張ってください。

    ユーザーID:3731393570

  • うちの子も遅かったです

    うちの子が歩くようになったのは1歳5ヶ月でした。

    自宅で手を持って立たせてみたり、歩かせてみても嫌がりハイハイばっかりで
    「この子はのんびりペースなんだ」と、いつか自然に歩くようになるのだし!と
    気にせず、本人が自分から歩きたくなるのを待ちました。

    うちの子は他の子より半年ほど成長が遅れていると、その後市の健康診断で言われ
    数ヶ月に1度、追加健診と言う形で呼び出されましたが
    そこでも「他の子よりも出来ること」よりも「他の子より出来ないこと」ばかり見られ
    色々と「一般的には」「平均では」と気に障ることをバンバン言われました。

    近所にも同じ年齢の子供がいて、その子のママによく比べられました。
    「まだ歩かないの?」「まだ○○出来ないの?」と、言われる度に腹立たしかったです。

    感覚の違いもですが、子供の成長は個人差があるのにとよく思いました。
    考え方の違いもあるのでしょうが、大きな問題がない限りは
    他人に「遅い」と口出しされるのは、ストレスになって嫌でした。

    子供の成長をゆっくり見守って、一緒に成長し、その成長を心から喜んで
    そんな時間が私には大切です。

    ユーザーID:0192962413

  • もちろんありますよ

    8歳5歳2歳の子供たちを育てています。
    育児は千差万別。常に感じていますよ
    けれど、考え方が合わないなとか、耳が痛いかも、と思っても聞き流さないようにしています。
    そういう考えの人もいるんだなって思うこともあるし。
    もちろんトピ主さんのケース相手の方が余計なこと言ってる気がしますが、親が気にしなさ過ぎるというか深刻に思わなかったことで、子供が結果的に辛い思いをするケースが無きにしも非ずです。

    子供のことをゆったりと見つめるには、十分な知識や経験が必要で、たいていは焦ったり比べたりしてしまうのが常なんですよね。
    そうなりたくないがために「これでいいの!」と頑なにならず、知識を広げる意味で聞いておくのも相手に腹を立てずにやり過ごせる方法かと思います。

    私の妹の子ですが、今年1年生になる甥が、発達障害があることがわかって、今母親である妹は大変な思いをしています。
    私を含め周りは、専門機関へ相談を勧めていたのですが、両親が「本人のペース」を頑なに信じたため、就学前健診で言われたようです。
    こういうケースもあるってことで。

    ユーザーID:5877629224

  • それって・・・

    感覚の違いで済まされることなんですか?そのお友達の感覚が私にはわかりません。
    これからもお付合いがある人なのでしょうか?そうだとしたら、今のうちにはっきり言っておいた方がいいかもしれません。「うちにはうちの子育てのやり方があるので、過度な手出しはやめてほしい」と。そうじゃないと、今後似たようなことがたくさん起きますよ。トピ主さんだけでなく、お子さんも嫌な思いを毎回することになります。これから少しずつ大人の会話がわかるようになればなおさらです。
    もちろん子育て感の違いはいつでもどこでもありますが、トピ主さんの友達の場合、そういうレベルではないと思います。
    今のうちに根本を断ち切っておくことをお勧めします。

    ユーザーID:2067595471

  • ひとそれぞれ

    ”感覚の違い”最初に感じたのは、二人目を出産した病院で。同室の人と、同じ2歳の子(第一子)がいたのですが、面会のとき、子育てスタイルの違いを感じました。愛情は感じられましたが、子供を犬っコロみたいにしか扱っていないんです。子供は、真剣に相手にされないことで、かえって安心しているようでした。私が、大人に接するように丁寧に話しかけているのを見て、笑いながら「子供にそんなこと言ってもわかるわけないでしょ!」とはっきり言われました。

    大人扱いされるのは、思考力の育っていない幼児にはむしろ負担なのかもしれない、と思い至りました。でも、私自身が幼な心に”子供扱いしやがって”と苦々しく思っていましたので、そのスタイルを変えようとは思いません。

    育児には、いろいろな考え方があり、どれが正解とは言えません。いつもと違う育て方の中に晒すのは、良い刺激になると思います。

    ただ、何回も子供が嫌がるようなことをするならばその人から子供を引き離します。逆に言うと、子供が嫌がっていなければ、気にしません。人とのかかわりの中でしか、親も子も生きられないのですから。

    ユーザーID:2556909237

  • あります、あります!

    昨日のことです。下の子が近所の一つ年上の友達の家に行きました。
    いつものことですが、おもちゃの取り合いでけんかをしてました。
    子供の大半がそうなようにうちの子が手に取るもの全てを取られるのですが、その子のおもちゃなのでうちの子に「貸してってきちんと言わなくちゃ駄目なのよ」「一緒に使わせてってお願いしてみたら?」なんて注意していました。

    でも、毎回そのうちの親御さんは何も言いません。「私なら『貸してあげなさい』って言うかな」と思う一方で、「子供のけんかは子供のけんか。私が口出ししすぎなのかな?」と反省したりもしてました。
    その後、うちの子が遊ぶものを全て取られて退屈そうなので、グズリ対策で持ち歩いているおもちゃを渡しました。するとお友達はそのおもちゃまで取り上げてしまい、うちの子が抵抗するとおもちゃで叩くわ押すわ…それでも相手の親御さんは何も言わず…これは少々驚きました。

    不思議なことに、子育ての感覚が合わない人とは人としても感覚のズレを感じることが多い気がします。
    人間として何を大切に考えているか。それが子育てに反映されるからなのだろうなと思っています。

    ユーザーID:4219917760

  • あります。

    子供が1歳になったばかりの頃。牛乳を温めて飲ませていたらあるママ友に「こんな小さい子に牛乳飲ませるなんて非常識!!」ときつい口調で非難されました。

    うちの子はアレルギーもないし、何が非常識なのか正直わかりませんでしたが、そのママ友はとにかく「よく平気ね。子供が心配じゃないの?」としつこく言われました。

    ところがそのママ友のお子さんは、うちの子よりたった3か月大きいだけなのに、もうチョコレートやイクラを食べ、コーヒーを飲んでいました。

    「ねえ、牛乳はダメなのにコーヒーはいいの?」と聞くと「うちは大人が大丈夫なものは子供でも大丈夫、って考えだから。」とすまして答えたので仰天してしまいました。その割にはしょっちゅうおなかを壊して下痢していたみたいなんだけど。

    その他にも食べ物を口移しで与えたり、チョコレートを持ったまま遊ばせたり、キモチワルイことばかりするそのママ友とは次第に疎遠になりましたが、今思い出しても不愉快な思い出です。

    1歳のときから温めた牛乳を飲んで育ったわが子は今では高校生。ここ数年間、学校は皆勤、健康そのものです。何が非常識だったんでしょうね。

    ユーザーID:4871259853

  • これからどんどん・・・・

    子供の成長は10人10色なのにね。
    子供の成長具合に余計な口を出す人って案外多いですよね。

    「まだ歩かないの?」「まだしゃべらないの?」
    「まだ○○出来ないの?」・・・何を尺度にそんなこと言うんだか。
    「何歳から歩き始めたか」なんてのは、
    小学生になったらもう話題にもならなくなります(笑)

    私も子供が赤ちゃんの頃は
    「早くお話が出来るようにならないかなぁ〜」
    と願ったものですが、小学生になった今では逆に
    「お願い!ちょっとの間で良いから黙ってて!」
    って思ったりしますしね(笑)

    無神経に人の子の成長に口出しをして来る人は多いですが
    そんなの気にしてたら身が持ちませんよ。
    (これから先、あらゆることでそういう価値観の違いがあります)
    「成長がちょっとくらい早くても遅くても、
    大きくなったら変わらないものですよ〜〜」とゆったり構えちゃいましょ♪

    ユーザーID:7536218206

  • これからもっと経験しますよ

    小学生の女の子を2人を育てていますが、親の価値観はものすごく違いますよ。トピ主さんは1才3ヶ月だそうですが、これからもっともっと経験しますよ。

    育児に対する感覚の違いがあるのは当たり前だと思うのですが、問題は他人の育児を攻撃する人がいることです。

    ちょっと子どもが問題のある行動をすると、<しつけがなってない><わがままを許しすぎる>等、自分の育児を否定されるような無責任な発言を浴びせられること多数です。

    それでへこんだりすることもあるのですが、謙虚な気持ちでその意見を参考にさせて貰いながらも、自分の育児を見失わないようにしたいと思っています。

    ユーザーID:6352947497

  • 同じでした。

    私は子育ても終わった50歳台の女性ですが、30年近く前でも同じでしたよ。どこにでも自分が一番正しいと思っている人は多いものです。家の長女も歩いたのは1年3ヶ月でした。病院に行ったらとまで言われましたよ。でも家の子は親が言うのも何なんですが、知的好奇心が旺盛というか何でも「これナニ?」と聞く子で3歳までに字とか覚えてしまったんですね。それって当時では早かったんです。そしたら「そういうことは良くない。聞かれても教えたらいけない。」って言われました。

    保母さんの資格が有る人で自信満々なんですね。でもそれからも勉強の事で困ることも無かったし、親である私自身の事を考えると上出来と思っています。言われた方は引っ越されたので後は解りませんが、子供は親が責任を持つものですから、腹が立つのは判りますけど流すのが一番です。また反対に他所の子の事を色々自分の物差しで口出ししてはいけないと自戒しております。

    ユーザーID:5495150813

  • 気にしないで

    まめっちさん、おはようございます。
    私は2歳4ヶ月の女児のママです。
    私も初めての子だったのでわからないことばかりで
    本当に色々な人の意見に振り回されてました。
    みんな悪気はないのでしょうが色々言う人っているんですよね。

    私は母乳で育てたいと思ったのですが、
    最初は足りなくて、娘はよく泣いていました。
    しょっちゅうしょっちゅうおっぱいをあげていたらそれをを見た友達や親戚のオバサンに
    「可哀想だからミルクを飲ませればいいのに」
    と何度も言われ、とても嫌な気持ちや不安な気持ちになっていました。
    1年経ってもオッパイをあげていたら
    「まだあげてるの?!おかしいよ。早くやめなきゃ」
    なんて言われて、キー!と

    2年以上経って思うけど、他人の言う事は気にしなくていいと思います。
    人の子は人の子、自分の子は自分。
    口を出してくる人の言葉には、耳を傾けるように見せてにっこり笑って
    「そうね。ありがと」といって、聞き流しちゃっていいと思いますよ〜

    そして、本当に信頼できる同じような子育ての考え方を持っている友達や先輩の意見だけ参考にして下さいね♪

    ユーザーID:3412828358

  • たーんとあるよっ!

    我が家の長男は1歳4ヶ月で歩きました。
    それまでは、ハイハイもせず、ヒドイ言葉を投げかけられたこともあります。
    相談した小児科の先生には、
    初めて補助輪なしの自転車に乗るのと、
    同じくらいの勇気がいるのよ、
    この子は、用心深いのよって言われました。

    正直安心しました。
    やはり、その家その家の価値観でしょうか・・・
    他にも、子供が外で遊びながらオヤツを
    ダラダラ食べるのが私は嫌でした。
    小学生ぐらいになれば、
    友達とそういう楽しみもあるでしょうが、
    2、3歳なるかならないかの子供には、
    キッチリと食事の仕方を教えるべきの
    我が家の考えがあったので、貫きました。

    少々ご近所ともトラブルありましたが、
    細かいことかもしれないけど、
    逆にこういう家もあるのよと
    わかってもらえますようにと願いもあって。
    でも、時がたてば懐かしい思い出です。
    まめっちさんは、お子さんが歩き出すのが楽しみでしょう。
    でも、歩きだしたら・・・大変ですよーーー!!

    ユーザーID:9764564407

  • ありましたー

    「甘やかせて育てるのは良くない」という考えを持っているおかあさんがいました。
    なぜか、若いおかあさんに多かったです。
    泣いても抱かないおかあさんには、「抱っこしすぎですよ!」と言われる始末…
    まだ0歳1歳じゃんよ!と思いました。
    「うちはスパルタだから」と言い放つおかあさん。泣き止まないからといって、部屋に閉じ込めることをしていました。
    2歳にも満たない子どもに厳しくしつけるって、限度があると思うけど…と思いました。

    ちなみに、うちの子は歩き始めたのが1歳半。それまで自分で立つこともできませんでしたよ。
    かなり心配したけど、いまでは普通に動き回る2歳児です♪

    ユーザーID:5395467149

  • いろんな人がいます

     3人の子ども(小学生2人・園児1人)の母です。いろいろな人がいますよ〜。子育てに関しては、その家庭・子どもそれぞれのやり方や性格があるのですから、もう、全部まともに受け止めるとやっておれません。自分の家庭・その子どもに合ったやり方を、自分で手探りで見つけていくしかないように思います。もちろん、これは!と思うようなことを他の人の子育てから学ぶこともありますし。正直言って、よそはよそ、でもいいことは取り入れてみる、その程度のリアクションが楽ですよ。

    ユーザーID:9446564505

  • 全く同じ人はいません

    もちろんあります。まだ離乳食の時期にうちの子なんて外食先でパスタとか食べてたわよ、と自慢するママ友もいれば、ジュースをお代わりしたいと泣いている私の娘を見て、欲しいだけ与えないから執着するのよ、って言う(彼女の子供は2歳前で前歯が虫歯の進行止めで黒くなってます)ママ友。テレビは壊れたことになっていていっさい見せない家庭、電池や電気を要する玩具は与えない主義の家庭、本当に色々あります。それぞれ子供のために良かれと思ってやっていることですね。私は完璧な育児をしている訳ではないし、色々なお母さん達とのお付き合いの中で、良いところを盗んだり、人の振り見て我が振りなおしたりと、視野を広く持ってプラスにして行こうと思ってやっています。

    ユーザーID:9922849095

  • 会話って難しいよね。

    そうですね。感覚の違い・・・。
    トピ主さんがそう思えるのなら、
    なるべくは流してしましましょう。

    これから先、比べられるようなこと、多々あります。

    『この子はこの子!』と強く思えるのなら
    お子さんも伸び伸び育ってくれるような気がするなぁ。


    お友達がどのような口調だったのかはわかりませんが、

    お子さんに向かって
    「早く歩けるようになるといいでちゅね〜」
    手を引いて「1・2・1・2・・・」

    なんて会話は身近ではよく見かける光景ですし・・・。
    私もやっていました。

    「まだ歩きたくないんでちゅ。」
    「ママの抱っこが好きなんでちゅ。」

    なんて軽く赤ちゃんを代弁してみたらいかがでしょう?

    ユーザーID:8425097981

レス求!トピ一覧