”若作り”の本当の意味って・・・

レス6
(トピ主0
お気に入り0

生活・身近な話題

みるぽん

私は”若作り”の意味は、<自分の年齢より若く見えるような服装、ヘアスタイル、etc・・をして若く見せる”という意味だと思っていたのですが
ある人達は<もともと若く見える顔立ちなど>
の事をさして言われている事を知り、びっくりしました。童顔、という意味に近いような。

 例えば”あの人は若作りだから”と言っても
ニュアンスが全く変ってきますよね?
一体どちらが正しいのでしょう?
 

ユーザーID:1852911873

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • いいんじゃないでしょうか

    トピ主の意見の通りで。
    私もそう思ったし、念のため出版社の違う国語辞典を
    それぞれひいてみましたがやっぱりそう書いてありました。

    でももしかしたら地方によっては方言で
    お友達が言ったような意味で使うのかなぁ?
    そこまではわかりませんが、一般的にはお考えの通りの意味で良いかと思います。

    ユーザーID:4874323341

  • 本来は、トピ主の意味でOKだと思います。

    ただし、
    「若作り・の(化粧)」「若作り・している(人)」などと、形容詞的・副詞的に使う場合のことです。

    >例えば”あの人は若作りだから”と言っても

    このように「若作り・だから」と、
    「若作り」を名詞的に使ってしまうと、
    「若者のような造作をしている(顔立ち)=童顔」という使い方も可能になりそうな気がします。

    間違われたくなければ、
    「あの人は若作りしているから」と表現する事をお薦めします。

    ユーザーID:8505275873

  • トピ主さんの解釈で正解!

    [名・形動]年齢よりも若く見えるような化粧や服装をすること。また、そのさま。「年に以合わず―な(の)人」

    トピ主さんの解釈で正解ですよ。
    言葉の意味を勘違いしている方って案外多い
    ですよね。
    でも、わざわざ、トピを立てなくても辞書で
    調べれば簡単に分かりますよ。

    ユーザーID:0809155157

  • 最近意味が変わってきているのかな?

    私もトピ主さんと同じく、「若作り」といえば
    服装や化粧などを、実年齢より若く見えるようにすることと思っていました。
    若作りって、あまり、いい意味で使われないような気がするので、
    「若作りですね。」なんて面と向かって言ったことはないですね・・。


    童顔=若作りって違うような気がするけどなぁ〜?

    ユーザーID:3339988049

  • 揶揄でしょう

    「作る」のですから、童顔のように持って生まれたものを指すのではないと思います。
    あくまで化粧や服装。

    若作りとは多分に揶揄が含まれています。
    自分で自分を評するなら構わないでしょうが。
    童顔は揶揄とは言えませんので、ニュアンスが違うと思います。

    ユーザーID:3195517542

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 済みません・・・

    童顔とも違うと思います。

    格好がこざっぱりしているとか、若いように見せているなど、そのような意味合いに取れます。
    主に服装や髪型や喋り方などだと思います。

    私も童顔は一度も言われたことはないですが、
    皮膚の感じとか、
    歳より一回り老けて見られるのですが、
    若作りをしているとは言われます。
    (学生っぽい格好をしている、中学生みたい。
    など)
    でも決して褒め言葉ではないと思います。

    今ではないですが、髪型を、
    わざと前髪を短く揃えたり、ジーパンやジャージなどの、
    若く見えるような服を着たりしていたからだと思います。
    精神年齢も子供だと思っています。

    ユーザーID:5992276691

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧