恋愛・結婚・離婚

戸籍上の離婚歴について

レス11
お気に入り4

ラッキー

男女

最近離婚しました。結婚して23年目のことです。離婚後前夫が私との結婚が4度目という事が義兄妹により聞かされました。本人からは何も聞いていませんが、戸籍謄本上の記載が無いのです。戸籍には残らないのでしょうか?

ユーザーID:2610268298

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数11

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • それは本籍地を移動したのです

    要するに戸籍上の本籍地を移動して新たに戸籍を作ったので、今の戸籍には離婚したことが書いてないのでしょう。
    しかし戸籍に転籍したことが記載されているでしょうから、それを追っていけば、離婚歴がはっきりするでしょう。

    ユーザーID:5021549644

  • 可能性として…

    1前の3回は事実婚だった。(婚姻届を出していない。)
    2トピ主さんとの結婚前に、本籍地を移した。
    3本籍地のある市町村で、戸籍の電算化をした。

    1の場合は、当然届出をしていないのですから、戸籍には載りませんよね。通常、戸籍は出生や婚姻などの事実をどんどん書き足していくものですが、2や3のように、戸籍自体が新しく作り替えられる場合は、離婚のように、すでに終了している事実(つまり結婚が)は転記されません。バツイチを隠すためにこの手を使う人がいますよ。

    ユーザーID:4513155450

  • 転籍すれば消えます

    同じレスがつくと思うのですが、離婚したかどうかは、転籍(本籍を移す)と消えてしまうのです。
    転籍すると転籍した時点からの情報しか載らないからです。
    ただし、離婚した事実が消えるわけではもちろんなく、除籍という形でたしか80年は残るはずですから調べる事は可能です。
    でも、通常は戸籍謄本しかみないので、パッと見では過去の経歴まではわかりませんよね。

    本人が結婚相手に隠したいだけではなく、お子さんのためにもバツイチの形跡を消しておきたい。と思い離婚後再婚前に転籍する人は結構いるようです。

    ユーザーID:1902444591

  • 戸籍の洗濯

    戸籍の記載事項のうち、出生にかかわるものは決して消えませんが、結婚や離婚、養子縁組や養子離縁に関する事項は消えます。
    転籍するのです。
    俗に“戸籍の洗濯”などと言われています。
    ここ十数年で言えば、本籍地の市区町村が戸籍の電算化(コンピュータ化)すると、戸籍の再製と同じで消えていると思います。
    除籍も取り寄せて、出生〜現在の戸籍をすべてそろえてみないとわかりませんね。

    ユーザーID:4538841395

  • いくつかあります。

    1.他の市町村に転籍する。
      (その時点で離婚した前妻とか、結婚して新戸籍を作った子供など、もとの戸籍から
    除かれていた人については、新しい戸籍に記載されません。)

    2.戸籍の改製があった。
      (縦書きの帳簿式から電算化されるなど。
       新しい戸籍に記載されない人については1.と同じ)

    3.一旦親の戸籍に戻って、再婚のとき新戸籍を作った。
      (再婚した時のことからしか記載されない)

    4.戦前の戸籍では結婚しても新しい戸籍は作られずにそのままの戸籍に残っていたので、前の結婚がその当時で、旧制度のうちに離婚して、再婚が新制度の戸籍になってからなら、前の結婚は、今の戸籍では分かりません。

    ユーザーID:2393990822

  • もしかしたら・・・

    ご主人、トピ主さんとの結婚前に、本籍を移動されたのではないでしょうか?
    以前、テレビの企画でやってたのを見た事があります。
    本籍を移動すると、戸籍謄本上の×は消えるんだそうです。
    ただし、戸籍をさかのぼって調べればすぐ分かりますが。


    ユーザーID:4866214084

  • 今となっては…

    前夫の方の戸籍がどのようになっているかで異なってくるかと思います。

    <以下夫氏で婚姻した場合を想定しています>
    ずっと同じところに戸籍を置いたままで、婚姻、離婚を繰り返されていれば個人事項欄に婚姻と離婚の明記がされます。(ただし改正がかかっていれば最新の戸籍には改正前の事項は記載されません)
    ラッキーさんの前に仮にどなたかと婚姻、離婚していても、離婚後に転籍(本籍を異動させること)すれば事前の婚姻、離婚事項は新しい本籍の戸籍には記載されません。
    前夫の戸籍をたどっていけば事実はわかるのでしょうが、ラッキーさんは既に離婚なされて、戸籍上他人になっておられるので、前夫といえど戸籍をとることはできません。(少なくとも以前の婚姻関係を調べるという目的では無理です)
    現在の戸籍に記載されていることが全てではありません。

    ユーザーID:1033614378

  • 記載されますよ。

    戸籍に記載されなかったら違法ですよ。私は2度離婚していますが今の戸籍には3度目の今の夫との結婚の記載しか乗っていません。なのでだれも2度離婚しているなんて私が言わない限り知りません。ただ除籍謄本とか言うのを取ってみると今までの経歴が全部のっているはずです。でもそれは本人か本人の実父母しか取れないと思いますよ。あとは住居地が変わっトいれば住民票から探せるとは思います。欧米は戸籍制度が無いので事実を本人から聞くしかないですけれど日本の戸籍の間違いは無いでしょうし、もし仮にも離婚歴がわからなかったら婚姻届は出してなかったのかもしれませんよ。

    ユーザーID:4414178667

  • ありえます。

    トピ主さんは、まだご覧でしょうか?

    戸籍謄本は、本籍地を異動するとその時点からの事実の記載になります。
    なので、何度婚姻・離婚を繰り返しても、転籍すればそれまでの戸籍は過去の本籍地の戸籍謄本に記載が残るだけで、新本籍には記載されません。
    お手元の戸籍謄本はどの時点からのものになっていますでしょうか。それをご確認のうえ、以前の本籍地があるようでしたら、それを取り寄せれば事実がわかるかと思います。

    戸籍謄本の取得方法、解読方法は、最寄の役所に問い合わせしたら教えてくれますよ。


    ユーザーID:9924892689

  • トピ主です。ありがとうございました

    皆様のレスとても分かりやすく拝見しました。こんなにたくさんの方からの情報にありがたく感謝しています。
    世間知らずの私ですが、成人した子に、『外に兄妹いないよね。』と質問があり知りたかったのでした。
    認知の場合も気になっています。

    ユーザーID:0395030218

  • 戸籍の洗濯なんて、できません

    例えば、それをされた方のどちらかの親が亡くなった場合、その親名義の
    銀行口座は凍結されます。その口座からお金を引き下ろすためには、相続権の
    ある人全員の戸籍謄本が必要です。
    相続権者である子供の場合、その両親の戸籍に記載された日から現在までの
    連続した戸籍で「子と証明」するので、結婚・婚姻届の提出の過去はこの時点で

    ばれます。

    まあ、これは本人の子供に見せる必要のない書類なので、その時は何とか
    ごまかせたとしても、いずれ自分が死んだ後、今度は妻や子供が上記と同じ
    作業をするので、その際

    ばれます。

    死んだ人に過去に結婚歴があり、相続権のある子がいないかの確認をするため
    生まれてから死ぬまでの、連続した戸籍を全て提出するからです。

    本人が死んでから「実はお父さんは…」とわかってしまうのも、後味の悪いもの
    ではないでしょうか?
    死んでしまえばもう本人は何も感じないから良いと言うことでしょうか?

    戸籍の洗濯を完遂するには、自分が死ぬ前に預金口座などは全て解約しておくこと、
    相続税を払うほどの財産を残さないことですかね。なんだか、虚しいですね。

    ユーザーID:0768515486

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧