浪人の過ごし方

レス13
お気に入り3

タナバタ

学ぶ

私は今年から一浪の浪人生です。 

高校三年生のときは誘惑に負けて遊びすぎてしまったことが原因です。
両親は寛大だったので浪人を許してくれて、おまけに予備校の近くに一人暮らし用のアパートまで借りてくれました。
そんな両親のためにもこれ以上負担はかけられないので今年こそは心を入れ替えて勉学に励みたいと思っています。
でも、私は一年という大きな受験計画をたてたことがないので情けない話ですが、正直どうたてればいいか困っています。

そこで参考にしたいので、もし、浪人を経験してらっしゃる方がいたら一年間どんな過ごし方をしたか教えていただけませんか? あと浪人の際の注意点やアドバイスもお願いいたします。(ちなみに国立系の大学志望です) 

ユーザーID:0257625669

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 自分の覚悟がどれほどあるか、によります。1

    一人暮らしをしながら浪人生活ですか。大変ですね。一人暮らしに慣れるのも大変ですが、「一人暮らし」の楽しみに流されず勉強するよう、自分をしっかり制御するのがなお大変なことと思います。

    …と、最初から厳しいですが、私自身の経験から言えば、まずは「自分の実力を知る」こと。苦手な教科は、一からやり直すくらいのつもりで、穴を埋めること。
    これは結構時間がかかります。私も予備校に通いましたが、予備校の休み時間はいつもこのための勉強で使っていました。
    予備校の予習・復習は完璧に(授業は予習で分からなかったところの確認、のつもりで)。
    予備校ならば予定に入れられていることもありますが、模擬試験は積極的に受ける。但し、復習できる範囲で。
    日々の勉強予定(授業以外のもの)はきつめに設定し、日曜だけは予定を入れず、その週に終わらなかったものをまとめてやるようにしました。
    いつ休むのか?寝る時間だけです。
    後は、気力がつきたかな、と思った夏休みに一日だけ休みました(遊びました)。
    それは予定内なので、翌日からまた勉強です。

    続きます。

    ユーザーID:4631787928

  • 自分自身の覚悟がどれほどあるか、によります。2

    夏は一学期の復習。夏期講習とその復習。最初の基本的な勉強その他は、10月までに終わらせて11月に総復習。12月の冬期講習に備えてです。
    12月には一年の総復習と冬期講習の予習・復習、あとは受験まで苦手なところをひとつひとつつぶしていきました。
    冬、休んだのは大晦日の午後から午前中だけ。
    午後から勉強してました。
    一日中、生理的に必要なこと以外は勉強だけでした。

    なぜこんな詰め込み方をしたかといえば、単純に時間が惜しかったから。
    私は一浪させてもらえたのもやっとで、これで受からなければ就職、ということになっていました。自分でも、二年間浪人生活、というのはとても緊張に耐えられそうにない、と思っていました。
    だから詰め込めるだけ詰め込んだのです。自分がやりたいだけ。

    以上は私のやり方ですが、トピ主さんにはトピ主さんの詰め方があると思います。
    ご自分の性格その他を考えて、「ここまでやって受からないなら仕方ない」と思えるまで、頑張ってみて下さい。
    予備校に通う、というのは計画なく過ごしてしまうことに対しての有効な手段ですから、それを柱にされたらいいと思います。

    ユーザーID:4631787928

  • 意見ありがとうございます。

    貴重な意見ありがとうございます。
    大変参考になりました。
    ついでと言ってはおこがましいのですが、赤本などはいつ頃やり始めたらよいか教えていただけませんか?

    ユーザーID:0257625669

  • 一人暮らしで予備校は忙しいかもしれません

    こんにちは。高校卒業後、体調を崩したこともあり多浪(通算7年)しました。内約は療養に3,4年、体調の調整に1年、予備校に2年通学です。
    予備校に行くと、結構多浪の人はいます。3浪とか。しかしそれ以上はよほどの信念というか、何が何でも合格するという意志がないと続けられないため、あまりいません。
    浪人を長くやってもメリットはないと思うので、集中して1,2年のうちに志望の大学に合格できるような学力をつけることが重要になってきます。
    現時点でのあなたの学力にもよりますが、仮に偏差値が5教科もしくは7科目トータルで65以上あるのなら、予備校の特待生が狙えるでしょうし、1浪で済む可能性が高いです。ただし朝から夜まで(起きている間は基本的に机に向ったとして)、毎日勉強に励んだ場合の話ですが。一人ぐらしだと、自分の衣類の洗濯だの蒲団干しだの、食料の買出しだので、雑用が多いので、予備校に自分を缶詰状態にするなどして、勉強時間を確保することが課題になると思います。赤本ですが、学力がある程度ないのにやっても出来ずに落ち込むだけですので、ざっと見てだめなようなら、秋以降に挑戦しましょう。

    ユーザーID:9665945732

  • がんばってください!

    10年以上前のことですが、私も浪人生でした。
    高校3年間は記憶が無いほどぼーっと暮らし、気付いたら受験。
    当時の偏差値は30で滑り止めの大学すら滑りました。

    で、浪人。これではマズイ!と思った私は4月に
    「予備校を休まない」「授業の復習は必ずする」
    を心がけて1年…公立大学(文系)に合格しました。

    予備校はしっかりとカリキュラムが組んであるのであきらめず
    ついていけば大丈夫だと思います。私は自宅でなかなか勉強できず
    自習室で夜まで勉強していました。あと土曜日か日曜日は一日
    休みをとることも気分転換に良いかと思います。
    頑張ってください。

    ユーザーID:0867239161

  • 赤本について

    たびたびすみません。
    赤本は、私の場合、春先に三年分やりました。
    なぜ春先か?出題傾向を見るためです。
    特定の出題傾向(論述など)は、春先から、他のことと一緒に準備したかったので。
    この際、出来不出来は気にしません。出来なくて当たり前です。
    出来なかったのは全部覚えるつもりでやりました。

    過去の問題は、10年以上集められれば別ですが、三年くらい前までのものであれば、当然自分の受験時には出題されません(他大学のものが出ることはあります)。
    試験慣れ、ということで時間内に解けるよう練習する、というのは時間のない現役時には有益ですが、浪人生ならば確実に実力をつけた方がいいと思いますので、赤本に振り回されないようにしてください。
    赤本は問題集としては解説が少ないため、あれに時間をかけるなら、他の問題集をやった方がいいと思います。

    ユーザーID:4631787928

  • 昔の話ですが。

    私も浪人しました。

    現役のころに推薦入試を受けて、滑って、一般受験に間に間に合わなかったクチです。

    私が浪人した頃は「女の子の浪人なんて」って感じの頃だったし、理系だったので、予備校での講義には女の子があまりいませんでした。

    それがよかったのか、予備校には朝8時から夜の8時までひたすらもくもくと勉強です。

    8時半に帰宅、食事、お風呂、簡単な明日の準備、12時に寝て、朝7時には起きる・・・という生活をしてました。
    絶対に夜型生活は駄目です。受験のときは日中にテストなので、朝方にした方がいいですよ。

    ちなみに赤本は春休み中に受験するであろう大学は3年分はやってました。

    模試は月に1度は予備校で受けられるような感じだったかな。

    ユーザーID:3291834880

  • 応援してます 1

    私も浪人経験者です。10年以上前の話ですが私の経験談を。

    私は私立文系で、英国社(日本史)の3科目受験。史学科志望だったため日本史は得意で、予備校では英語と国語のみを選択。現役生も来る単科の授業を2つだけ取りました。

    加えて、土曜日に私塾に通いました。ここでは受験はテクニック、という割り切った考えで授業が行われていたので、例えば英語では、構文を400文をひたすら音読させられました。400文を5分以内で音読できるようなったら、日本語訳だけを見ながら、400文を繰り返す。春に初めて、秋には400文をすっかり覚えきってました。

    その後、英熟語の700文暗記にとりかかりました。400文暗記すると、文法や構文がほぼ網羅されるので、英語の文問題・長文読解の力は伸びますよ。私の場合、英語は偏差値が60から61〜2をウロウロしてましたが、400文暗記後は70まで上がりました。

    大学時代に予備校生を家庭教師した際この方法を取り入れましたが、大成功でした。私の場合国語(特に小説文と漢文)が大の苦手だったので、苦労しましたが。

    続きます。

    ユーザーID:0780782936

  • 応援してます 2

    私は実家暮らしでしたので、1人暮らしのトピ主さんよりは楽だったかな。日中は予備校の自習室に朝早くから席取りして夕方遅く時には夜遅くまで過ごしてました。私の場合、周りの人が勉強していると、自分も負けていられない、と奮起するので、自習室は自分にとってよい環境でした。

    高校時代の友人とはほとんど連絡とりませんでした。携帯電話もメールもない時代で、誘惑が少なかったのも幸いしたかも。

    私はあまり体力がなかったので、日曜は出かけず、家で軽く復習する程度にしてましたが、秋以降は、とにかくガリガリ勉強してたかな。ラスト3ヶ月は、1日14時間くらい勉強してたと思います。

    おかげで私立の某有名大学に合格できました。

    トピ主さんの場合、これから1人暮らしになるので、大変かと思いますが、予備校の授業の始まる4月までに、1人暮らしの生活に慣れることや、自分の苦手科目、弱点を知り、どんな勉強方法がいいのか、どういう生活スタイルが合うのか、色々考えてみるといいかもしれませんね。

    応援しています。

    ユーザーID:0780782936

  • 赤本はいますぐ

    志望校があるのなら、すぐに赤本を開くべきです。直前に本番シミュレーションのつもりで赤本を開いて、全然できなかったら救いようがありません。今の力がどのぐらい足りないかを把握するためにも、早く赤本にトライして、読み込むことをおすすめします。

    本番のシミュレーションだったら模試がありますし、そこそこ有名な大学だったら予想問題集も出版されているはずです(私のころはそうでした)。「勉学に励みたい」という態度は立派だと思います。大学に入ってからも勉強をしてくださいね(勉強の種類が違いますが、こっちが本当だと思っています)。

    ユーザーID:8866493278

  • 一人暮らしじゃないほうがいいと思う。

    弟が一浪してました。 勿論予備校にギッチリ通っていましたが、授業がなくても朝早くに母の作ったお弁当を持って予備校に行き、図書室で勉強していましたよ。 休日も家ではなく図書館にこもって勉強していました。 勿論自分なりの休日を作って息抜きはしていたようですが、父が高齢で許されたのが一浪のみだったので、かなり根つめてましたね。

    なので、この1年がっつり勉強して来年笑いたいのなら、ご実家に住むことをオススメします。 一人暮らしだと、例えば栄養バランスの良い食事を作るとか、お風呂をわかすとか、掃除洗濯をするとか、結構こまごまと忙しくなっちゃうと思うんですよね。 それにひとりっきりだとついつい誘惑に負けてしまうかもしれないし・・・どうでしょうか?

    ユーザーID:0697248721

  • 一人暮らしは勧めません

    僕も浪人経験者ですが、浪人の時期というのは精神的な負荷があり、弱気になりがちな人も少なくありません。そんなときに家族と会話することで元気が出たりします。
    しかも一人暮らしだと勉強以外のこと、つまり洗濯や掃除といったことにも気を配らなければならないので大変なのは確実ですね。一人暮らしをするのなら大学に入ってからの方がいいです。

    あと、10日か1週間に一度はリフレッシュする日を設けるのもいいと思います。あまり根詰めて頑張ると途中で疲れてやる気を無くしてしまいがちなので。とは言っても勉強する癖を忘れないために最低1、2時間は勉強した方がいいでしょうね。

    勉強方法に関しては他の方がおっしゃっていることに賛同しますし、予備校でも指導してくれるはずです。

    途中で挫けそうになるかもしれませんが初心を忘れずに頑張ってくださいね☆

    ユーザーID:0947722085

  • 苦手科目

    私も10年以上前に浪人生でした。

    ものすごく当たり前の事ですが、ついつい得意科目ばかり勉強してしまい苦手科目は後回しになりがちですが、まずは苦手科目を克服されることをおススメします。得意科目でどんなに点が取れても、苦手科目が一つあると、トータルでの成績は伸びません。逆に苦手科目がなくて全教科そこそこ出来れば、何とかなるものです。私は夏の終わりになってから、慌てて苦手科目に取り組みだしたので、受験すれすれまで焦るハメになりました。
    1年なんてアッと言う間。同じ「合格」と言う目標に向かった頑張った仲間達とは、今でも連絡を取り合って仲良くしています。辛い事もあったけれど、今では良い思い出です。トピ主さんも、来年の春を笑顔で迎えられるように、頑張って下さいね!

    ユーザーID:2721667633

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧